白子川 2

白子川は関越道と外環道の大泉JCTのループの中を突き進む。(といっても、J
CTの方が後から出来たわけだが)
川の右側の工事現場は、白子川地下調節池の建設工事。
内径10m、長さ3.2kmに及ぶ調節池になる予定で、目白通りの下を東進し、石
神井川の高松橋付近(環八練馬中央陸橋付近)に達する。
2014-04-27_78.jpg
JCT内に架かる橋は比丘尼橋(びくにはし)。
比丘尼という美貌の尼僧が善兵衛という名主と恋仲になったが、恋は成就せず、
尼僧は白子川に身を投げたという伝説があるそうだ。

その東側、坂を上がったところにあるのが、精進場稲荷神社
創建年代は不詳であるが、豊島郡土支田村下屋敷精進場の鎮守社として祭祀
されていた。
昭和44年(1969)、関越道用地として境内地の一部が買収され、その後、残さ
れた土地に社殿等が新築された。
2014-04-27_81.jpg

新橋戸橋の先、左岸にある橋戸公園の下にあるのが、比丘尼橋下流調節池
こちらこちらは、平成14年の完成で212,000立方メートルの貯留量という大規
模なものだ。
かつて台風や集中豪雨で幾度となく水害に悩まされた白子川流域は、調節池
の建設や護岸工事により治水対策が進められている。
2014-04-27_80.jpg

この先、弥生橋から向下橋の間は川沿いの道は無くなるが、向下橋から遊歩道
が復活する。
右岸にはあかまつ緑地と称する公園が続く。
2014-04-27_86.jpg
なお、あかまつ緑地の先には薬品工場があるが、右岸沿いの道は全薬橋の先
で途切れるため、左岸沿いの遊歩道を歩くことをおすすめする。

別荘橋の橋詰には、天明8年(1788)建立の地蔵と、嘉永3年(1850)の庚申
塔が建ち並ぶ。
2014-04-27_93.jpg

その別荘橋から北へと行くと八坂神社がある。
旧橋戸村の鎮守で、京都八坂神社を勧請して創建された。
この辺りの字を「中里」といったので、「中里の天王様」として村人に親しまれた
という。
2014-04-27_95.jpg

八坂神社に隣接して、中里の富士塚がある。
高さが約12m。径が30mあり、練馬区内最大の富士塚である。
明治初期、講中によって造られたといわれているが、文政5年(1822)の石碑
があることから、江戸時代にはその原型があったとされる。
2014-04-27_96.jpg

別荘橋に戻り、更に下流に進んでいくと、清水山憩いの森という公園がある。
この公園内にも湧水があり、東京の名湧水57選に選定されている。
湧水から流れ出た水は公園内を流れ、不動橋の上流で白子川に落ちる。
2014-04-27_107.jpg

また、この清水山憩いの森は東京23区内における唯一のカタクリの自生地と
して知られ、春先には小さな紫色の花をつけるという。
(片栗粉はこのカタクリの根茎から抽出したものであったが、少量しか採取で
きないため、現在はジャガイモで代用されている)

不動橋の次、下中里橋の右岸からもまた大量の水が流れ出ている。
こちらは稲荷山憩いの森の湧水からの流れである。
2014-04-27_110.jpg

湧水から出た水は暗渠となって白子川に達する。
かつては土支田4丁目地域の水田灌漑の補助水としても利用されていたという。
2014-04-27_112.jpg

さらに歩いていくと、今度は左岸から湧水が白子川に落ちている。
中里幼稚園の敷地内からの湧水である。
敷地内には当然のことながら入れないが、外から覗くと湧水池があり、幼稚園
のプールに利用されている様子が伺える。
2014-04-27_120.jpg

右岸には八坂小学校、八坂中学校が続くが、その間の道を南へ行くと土支田
八幡宮
がある。
詳細な創建年代は不明であるが、鎌倉時代末の創建と伝えられる。
江戸時代の古文書には八幡社他三社の記載があり、明治時代に合祀、「北野
神社」と称した。
土地の人々からは字名に因んで「俵久保の天神様」と呼ばれ親しまれていた。
現在の土支田八幡宮と改称されたのは戦後のことである。
2014-04-27_116.jpg

八坂中学校の対岸は埼玉県和光市となる。
この先は、ほぼ都県境に沿って流れていく。
都県境は川の左右に振れるが、これはかつての白子川の蛇行の跡である。

越後山橋の先、川の周囲は緑が増す。
2014-04-27_124.jpg

この付近の右岸には山八水車と呼ばれる水車があった。
文化13年(1816)の開業で、製粉所で使用されたもの。
川の改修工事に伴い、水車はその機能を停止したが、現存するという。
但し残念ながら、企業の敷地内にあり一般には非公開となっている。
(左岸から対岸建物の写真を撮影したが、この建物内に水車があるのかは不明)
2014-04-27_128.jpg

芝屋橋からしばらくの間、川沿いの道はなくなる。
そのため、近くの道路へ迂回せざるを得ない。
笹目通りを越し、小源治橋の脇には、土蔵を持つ古民家を目にすることができる。
2014-04-27_134.jpg

その小源治橋から下流方向の光景。
2014-04-27_137.jpg

小源治橋の先、右岸側の道路を辿っていくと、長久山妙安寺がある。
開山は駿河蓮永寺の日雄上人、開基は板倉伊賀守勝重。、
勝重は、徳川家康江戸入府以前からの重臣で、家康入府後、勝重はこの辺り
を知行したので、早速上人を招いて当山を創建したものと思われる。
山号の長久山は、徳川家の武運長久を祈願して名付けたという。
2014-04-27_144.jpg

その先、光が丘公園北方にあった於玉ヶ池からの支流(暗渠)が東から合流する。
2014-04-27_146.jpg

子安橋手前には出世稲荷神社がある。
創建は不詳、川越街道を往来する川越城主出世の祈願をしたところから名づけ
られたという伝えがある。
2014-04-27_151.jpg

《参考文献》
『白子川を知っていますか -水辺再生に向けて-』 白子川汚濁対策協議会編
『ふるさと練馬探訪』 練馬区立石神井公園ふるさと文化館編


より大きな地図で 【川のプロムナード】白子川周辺マップ を表示

次へ 目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本