和泉川(笹塚支流) 1

杉並区和泉に端を発して、甲州街道の北側を流れ、菖蒲橋下流で神田川に合流する
和泉川、全区間が暗渠である。
アクセスが良くて歩きやすく、また暗渠に漂う独特な雰囲気も味わえるために、暗渠愛
好家には人気がある。

この和泉川、正式な名称ではない。神田川笹塚支流とも称されるが、ここでは和泉川
という通称名を用いて紹介していくこととする。

なお、 tokyoriverさんが詳細な記事を書かれているので併せてご一読頂きたい。

和泉川はその中流まで、北側と南側の2本の支流が並行して流れていた。
その上流部は環七の西、和泉1丁目付近から確認することができる。
写真は南側流路の上流付近、京王線代田橋付近の甲州街道から北の住宅地へと入
っていくと、小さな谷があり、そこには水路跡の暗渠道が東西方向に走っている。
明治期や大正期の地形図をみると、「谷戸」という地名が表記されている。
2014-04-12-7.jpg

東へと向かって南側流路の暗渠道を辿ると、和泉明店街という商店街を横切る。
沖縄タウンとして有名な商店街であり、沖縄の名産物を売る商店や飲食店が立ち
並ぶ。
2014-04-12-14.jpg
もともとはどこにでもある普通の商店街であったが、寂れた商店街を活性化する
ために、『沖縄』を町興しのテーマとして平成17年に沖縄タウンとしてオープン
した。

その沖縄タウンを通り過ぎ、環七の手前まで来ると、マンホール銀座ともいうほど
にマンホールが続く通路へとつながる。
2014-04-12-18.jpg

こちらは北側流路の開渠、北側流路は住宅の裏手を流れているが、環七の泉南
交差点の西側にある自動車ディーラーの脇ではこのような光景を目にすることが
できる。
2014-04-12-22.jpg

もう一つ、和泉川には京王線の南側から流れる支流がある。
再度、明治期・大正期の地形図を見ると、「荻久保」という地名を確認できる。
京王線の南側に並行する道路との交差部には、写真のようなコンクリート蓋を
見ることができる。
2014-04-12-31.jpg

この支流には、玉川上水の幡ヶ谷分水が流れ込んでいたという。。
幡ヶ谷分水は笹塚駅近くで取水され、東から西へと流れ、環七と甲州街道が交
差する大原交差点付近でこの支流に合流していた。
玉川上水の流水方向が他とは逆方向であったため「逆さ川」とも呼ばれていた
という。
現在の甲州街道沿いに流れていたため、その痕跡を追うことはできないが、笹
塚駅付近の玉川上水にはその分水口がある。
2014-04-12-75.jpg
この幡ヶ谷分水については、その取り入れに際しての逸話が『幡ヶ谷郷土誌』に
紹介されている。
幡ヶ谷分水の取水口は五寸四方という小さなものであった。
当初はそれで事足りたが、水田面積が広がるに伴い、用水は不足するようになった。
また徳川時代には玉川上水からの取水は厳しく規制され、それを破ることは重罪
に値したが、明治期に入り所管が変わると、農民達は取水口を拡張し、検査時の
み元に戻すという策を繰り返した。
しかしながら、やがて検査官の知る所となり、コンクリートで規定の寸法に固めら
れてしまう。
すると農民達は知恵を絞り、次の手を考える。
玉川上水新水路(後述)の建設に伴い、弁天社を移転する必要が生じたが、取水
口付近へと移し、弁天様の池と称して池沼を作った。
当然のことながら湧水は無かったが、夜陰に乗じて上水と連絡させる横孔を掘り、
あたかも水が湧き出たように見せかけ、弁天池からの水を用水路へとつなげたという。

支流は甲州街道と交差し、さらに北上する。
このような細い支流であるが、杉並区と渋谷区の境界線となっており、興味深い。
2014-04-12-34.jpg

和泉川は荻久保の支流を合流し、水道道路の北側を東へと進む。
写真右に見える道路は水道道路、玉川上水の水を淀橋浄水場へ引き込む水路と
して造られた玉川上水新水路で、明治31年(1898)に竣工、昭和12年(1937
)まで使用され、その後道路に転用された。
2014-04-12-36.jpg

この先、北側水路は一般道を進むことになるので、南側水路の暗渠道を進む
ことにしよう。
2014-04-12-44.jpg

南側水路にはかつての橋の欄干も残されている。
その欄干には堺橋と書かれている。
2014-04-12-39.jpg

その先、富士見丘高校に行く手を遮られるが、十号坂通りの先、再び暗渠道を
辿ることができる。
区立笹塚中学の北側に沿って道は続き、そこには石垣も見ることもできる。
2014-04-12-50.jpg

和泉川は笹塚の北側を通り、やがて中野通りに達する。

《参考文献》
『幡ヶ谷郷土誌』 幡ヶ谷を語る会編


より大きな地図で 【川のプロムナード】神田川支流マップ を表示

次へ 目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本