蛇崩川 1

蛇崩川は、世田谷区弦巻付近を水源として、上馬、下馬などを通り、中目黒へと
達する目黒川の支流である。
全区間が暗渠であるが、その殆どは緑道となっており、迷わずに歩くことができる。

蛇崩(じゃくずれ)の由来は、目黒区のサイトによると、昔、大水の際、崩れた
崖から大蛇が出たことによる(「新編武蔵風土記稿」)という。
また、砂崩(土堤崩をいう古語)が、「じゃくずれ」に転化し、付近を流れる蛇
行屈曲した川の状態から、「蛇崩」の文字を当てたという説もある。
明治22年(1889)から昭和7年(1932)までは、目黒村大字上目黒の字名とし
ても使用されていた。

蛇崩川の谷頭は、馬事公苑の東、弦巻5丁目のJRA弦巻公園付近となる。
また馬事公苑の脇には品川用水が通っており、その品川用水からに引水もあった
と言われている。
2014-03-22_11.jpg

車道より一段下がった歩道、水路跡と思われる通路も見ることができる。
2014-03-22_16.jpg

数百メートルほどいくと大山道と交差する。
大山道との交差部にある小公園には、大山道を行く旅人の銅像が設置されている。
2014-03-22_23.jpg
その脇にある説明板によれば、大山道は赤坂見附から青山、世田谷、二子、溝ノ
口、長津田、伊勢原を経て大山に達する道であるという。
元々は雨乞いのために雨降り山とよばれる大山に参詣する大山詣であったが、
次第に信仰は口実となり、帰りに東海道へ出て江ノ島や鎌倉で遊ぶ物見遊山の
旅に変化していったという。

蛇崩川はその小公園の右側を通り、ここからは歩行者道となっている。
但しその先には、東急バスの弦巻営業所があり、迂回を強いられる。
2014-03-22_24.jpg

その北側にあるのは、曹洞宗の鶴松山実相院
天正16年(1588)の創建で、開山は天永琳達大和尚、開基は世田谷城主の吉良
氏朝とも、子の頼久ともいう。
吉良氏朝は天正18年(1590)、小田原北条氏の滅亡に際し上総国に逃亡、徳川
家康が江戸入府後、再び世田谷に帰ったが、世田谷城は廃城となり、この地に閑
居した。(『烏山川3』参照)
2014-03-22_8.jpg

バス営業所の向かい側から蛇崩川緑道が始まる。
緑道はこの先、世田谷区から目黒区にかけて続き、下流の中目黒手前まで達する。
2014-03-22_26.jpg
緑道沿いにある説明板によると、かつて蛇崩川には56本の橋が架かり、下流の
下馬には、水輪の直径が3.6mの大きな水車があったとのことである。

車止めなどに水道管のオブジェが取り入られ、ユニークである。
2014-03-22_31.jpg

緑道の南側に弦巻神社がある。
創建年代は不詳、「新編武蔵風土記稿」(天保元年刊行)には、「それぞれ小さな
祠で、村民の持ちである。そのはじまりは、年月不詳である。」と記されていると
いう。
明治41年(1908)、弦巻1丁目の向天神社と同4丁目の八幡社を合祀し、現在に
至る。
2014-03-22_35.jpg

蛇崩川はもう1つ、桜新町2-14付近から始まる流れがある。
こちらは歩道化された道路が住宅街の中を続くだけだが、交差する道路を見ると、
ここが僅かに凹んだ地形となっていることがわかる。
2014-03-22_40.jpg

2つの流れは、弦巻中学校西交差点付近で合流し、弦巻通り沿いに600mほど、
東進する。
2014-03-22_53.jpg

その後、左に折れて、再び歩行者専用道となる。
北沢川や烏山川もそうだが、世田谷区内の緑道は整備が行き届いており、清々し
く歩くことができる。
2014-03-22_56.jpg

2014-03-22_63.jpg

駒留陸橋で環七と交わるが、その北には駒留八幡神社がある。
徳治3年(1308)、当時この地の領主であった北条左近太郎入道成願が社殿を
造営し、経筒を納め駒留八幡としたという。
その後、世田谷城主吉良頼康は、その子の追福のため、八幡宮に一社相殿とし
て祀り若宮八幡と称した。
2014-05-17_64.jpg

環七を越えて、更に緑道が続く。
車止めには旧橋名の駒留橋の文字が掲げられている。
蛇崩川は、ここから大きくと右へカーブしていく。
2014-03-22_66.jpg

カーブした先、今度は玉川通り(国道246号線)と交差する。
2014-03-22_71.jpg

その玉川通りを渡った先に、小さな祠の伊勢丸稲荷神社がある。
境内には昭和7年に書かれた由緒板があり、それによると江戸時代初期、上馬の
広尾祥雲寺(『渋谷川2』参照)の所有地内に村民持の稲荷神社として発足、祥雲
寺稲荷神社と呼ばれていた。
明治に入ると伊勢の森天祖社に合祀するが、その天祖社が駒留八幡神社に併合
される際に、伊勢丸稲荷神社として改称・独立、さらに大正15年にこの地に移転
したとされる。
2014-03-22_76.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】 目黒川周辺マップ を表示

次へ 目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本