《番外編》 仙川桜ガイド

仙川は小金井市から流れる河川であるが、上流域は殆ど水が流れない。
このガイドでは仙川に水が流れる野川宿橋からを追ってみる。

◆ 野川宿橋~京王線橋梁
人見街道の野川宿橋脇に水循環施設があり、そこから放流されている。
川岸には菜の花が咲き乱れ、春を感じさせてくれる。
菜の花は、この先も仙川の河川敷に続く。
sen_001.jpg

東八道路と交差し、左へとカーブすると、その先に仙川公園、そして丸池公園
(上流部)があるが、川沿いに桜並木が続く。
公園内はそれなりのスペースがあり、グループや家族連れがビニールシートを
敷いて花見を楽しんでいる。
sen_002.jpg

sen_003.jpg

丸池公園の下流部にも数本の桜がある。
菜の花とのコントラストが綺麗である。
sen_004.jpg

丸池公園を過ぎると、しばらくの間、桜は殆ど見られない。
中央高速と交差後、更に進むと、右手に東部下水処理場があり、その敷地沿いに
桜が植えられ、桜並木を見ることができる。
sen_005.jpg

その先は、所々に点在する程度となる。
弁天橋手前には、川に枝を垂れ下げている老木もあり、見事である。
sen_006.jpg

京王線の橋梁手前の左岸には枝垂桜がある。
sen_007.jpg



◆ 京王線橋梁~小田急線橋梁
京王線の橋梁を過ぎると、その先、学校や幼稚園、マンションなどに桜を見るこ
とができる。
sen_008.jpg

祖師谷中橋の先、駒大野球部のグラウンド沿いにある桜並木。
sen_009.jpg

そのグラウンドの先、宮下橋からは祖師谷公園に入る。
川沿いだけではなく、公園内いっぱいに見事な桜が広がり、多くの花見客で賑わう。
sen_010.jpg
ここの桜は明治45年(1912)、尾崎東京市長が友好のためにワシントンへ贈っ
た桜の苗木を平成2年に栽植したもので、いわゆる里帰りをした桜であるという。

周辺の自治会が主体となる桜祭りも開かれ、近隣住民が弁当などを広げて、春
の休日を楽しむ。
sen_011.jpg

公園を抜け、鞍橋から下流には枝垂桜も植えられている。
桜並木とまではいかないが、徐々に川沿いの桜も増えてくる。
sen_012.jpg

仙川はその先、成城学園の敷地の中を流れていく。
川に面したグラウンド脇にも桜が植えられている。
sen_013.jpg

小田急線橋梁手前には、見事な桜が川に枝をのばしている。
sen_014.jpg



◆ 小田急線橋梁~野川合流部
小田急線橋梁から500mほど行った打越橋から、東宝スタジオ脇の桜並木が
始まる。
ここは、仙川流域の中でも、桜の名所として知られる場所でもある。
sen_015.jpg

川の両岸にはスタジオや住宅展示場などの敷地が迫っているため、ここでは川
沿いの遊歩道を歩いて楽しむスタイルとなる。
仙川には所々に段差があるため、静寂の中に水音が響き渡る。
sen_016.jpg

sen_017.jpg

そしてこの区間では、夜間にライトアップが行われており、それも桜の名所として
ここが有名な理由でもある。
sen_018.jpg

夜桜をみながら散歩を楽しみ、また途中の橋の上では多くの人が夜桜にレンズを向
ける光景が見られる。
sen_019.jpg

世田谷通りの先は、再び所々に桜が見られる程度となってしまう。
sen_020.jpg

鳥居田橋の下流、100メートルほどの区間、遊歩道沿いに桜が見られるが、それ
が仙川沿いの最下流の桜であり、その先、多摩堤通りに達すると仙川は野川に合流
する。
sen_021.jpg


  
目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本