神田川 3

塚山公園の東側に、鎌倉街道が通る鎌倉橋がある。
130223_0113.jpg
その脇に鎌倉橋についての説明板があり、
それによると橋名の由来は、「鎌倉街道が通るので鎌倉橋」という説と、「大田道灌
が江戸城を築く際、家臣に命じて下高井戸八幡神社(後述)を建立させ、鎌倉の鶴
岡八幡宮の神霊を勧請したおりに鎮座地に近いこの橋を鎌倉橋と名付けた」という
説があるようだ。
1つ目の説は単純だが、2つ目の説はちょっと無理があるかもしれない。

ちなみに、以前、この橋の北側には釣堀があったが、いつしか埋め立てられ、マン
ションに変わってしまった。

下流に200メートルほど行くと、右岸に藤和緑地がある。
川沿いではソメイヨシノが多い中、ここにはシダレザクラが植えられており、異色だ。
この南側の高台には、鎌倉橋の説明に出てきた下高井戸八幡がある。
130223_0119.jpg

その下高井戸八幡神社、創建は長禄元年(1457)、前述の通り、太田道灌が
江戸城を築くとき、工事の安全を願い、鎌倉の鶴岡八幡宮の神霊を勧請して創建
したものといわれる。
2014-01-25_3.jpg

川辺にはサギなどの野鳥やコイなどの魚も見ることができる。
鳥や魚を眺めながら歩くと、川沿い散策も楽しい。
130223_0124.jpg

神田川は永福と下高井戸の間を緩やかに流れていく。
かつてはこの辺りは田園地帯であった。
高井戸から方南の間では、水田に供給するために分水されていた。
現在でも、所々に分水路跡が道路として点在・確認することができる。
130223_0126.jpg

荒玉水道道路を過ぎると、右岸に大きなグラウンドが見えてくる。
130223_0131.jpg
ここはかつて、東京電力の総合グラウンドであった。
福島第一原発事故以降、東電は資産を売却し、杉並区が買い取った。
今は一時的に仮開放しているが、将来的には公園として整備・開放する予定である。
公園が整備された暁には、この辺りの雰囲気も変わるのだろうか。
東日本大震災の影響が、こんな場所にまで及んでいるのである。

古地図を見ると、その先の永福橋の北には大きな養魚池が描かれてる。
今は住宅が立ち並びその面影はない。

右岸の川沿いにカルタ風に描かれた10枚の絵がある。
カルタの頭文字をつなげると「神田川の思い出」となる。
130223_0137.jpg
  かわせみさん    野紺菊の青
  んんと考えるだ   おなが鴨
  だみ声の尾長    もんしろ蝶の舞
  雁が二羽      いぬたで
  わらびの野     田園
さすがに「ん」はキツいが、うまく切り抜けている。(笑)

この辺りで南東に向かって流れていた神田川は北西へと向きを変える。
写真に見える橋は永高橋、川沿いのあった永福高校に因んだ橋名だが、永福高校
は統廃合されて杉並総合高校となり、この地には無い。
橋名だけが残るだけになってしまった。
130223_0148.jpg

その北側、数百メートルほど行った場所にあるのが曹洞宗の万歳山永福寺
この周辺の地名である「永福」(旧永福寺村)の由来となっている寺院である。
寺伝によれば、開創は大永2年(1522)で、開山は秀天慶実と伝えられる。
小田原落城後、北条氏の家臣であった安藤兵部丞が、当寺の住職をたよって
この地に帰農し、永福寺の檀家となり、村の開発につとめたといわれている。
2014-04-19_0002.jpg

源流の井の頭公園から並行していた(高井戸以東は多少離れたが)井の頭線と
交差し、ここで別れを告げる。
その数十メートル先で、井の頭通りとも交差する。
130223_0152.jpg

その先、左岸には和泉熊野神社がある。
旧和泉村の鎮守で、文永4年(1287)の創建という。
130223_0159.jpg

方南第一橋から永福橋の間で護岸整備工事が進行中であった。
既に中井橋から下流の殆どの区間で完成し、歩いた時は井の頭通りの神泉橋
付近で工事が行われていた。
元々、無機質なコンクリートの垂直護岸であったが、綺麗な白い護岸壁に変わり、
橋も架け直された。
130223_0160.jpg

環七の手前に神田川・環状七号線地下調節池の取水口がある。
環七直下に内径12メートルの巨大トンネルを整備し、洪水時に川に流れる水を
取水し、一時的に貯留する施設である。
平成9年に完成し、その後、善福寺川、妙正寺川にも同様の取水施設が設置された。
総延長4.5km、貯蓄量54万立方メートルの巨大施設となり、神田川中流部の治水
安全度が向上した。
130223_0177.jpg
実際、完成前は大雨が降る度に、下流の中野区弥生町付近の浸水被害の報道
をよく耳にしたが、近年はその報道も無くなった。

方南橋脇の神田川流域掲示板に内部の写真があったので掲載しておこう。
写っている人と比べるとその巨大さがわかる。
東京都などによる見学会が何度か開催されているようなので、機会があれば行
ってみるといいかもしれない。
130223_0182.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】神田川周辺マップ を表示

次へ 目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本