仙川 3

仙川は京王線手前、甲州街道の仙川橋から世田谷区に入り、野川との合流地点
まで同区内を流れる。
2014-01-19_59.jpg

宮前橋の南側に給田六所神社がある。
府中六所宮(現大国魂神社)の御分霊を招請して鎮座、天文年間(1532~1554)
の創建と伝えられている。
祭神は大国魂大神、天照皇大神ほか六柱、明治6年(1873)に村社に列し、同
42年(1909)、給田地内にあった神明社を合祀した。
2014-01-19_63.jpg

仙川は給田・祖師谷の住宅街を通り抜け、駒大野球部グラウンド沿いを流れ、
祖師谷公園に達する。
公園は、昭和50年(1975)、旧東京教育大学(現筑波大学)の農場跡地を利用
して開園された。
仙川沿いにある公園としては最大のもので、川沿いには親水テラスも設置されて
いる。
2014-01-19_70.jpg

ここで仙川を離れ、東に位置する釣鐘池に立ち寄ってみる。
豊富湧水池であり、この付近には縄文時代中期の住居跡も確認されているという。
釣鐘池の由来は、近隣の寺院が他教との争いのあげく寺の鐘を被って池に身を
投げたという説、また日照りで農民が困窮した際、これを救うために僧が釣鐘を
抱いて池に身を沈めたところ、大雨が降ったという説がある。
2014-01-19_82.jpg

釣鐘池を出た水流は、開渠やがて暗渠となり、大石橋(だいしばし)の先で仙川
へ放流されている。
2014-01-19_86.jpg

その大石橋の右岸、橋から100mほど行くと、祖師谷観世音堂(正面)と薬師
(写真左)が建っている。
2014-01-19_89.jpg
観世音堂は承応3年(1654)祖師谷村信徒一同の誓願により建立、元禄13年
(1700)に再建、今日に至っている。
薬師堂は享保11年(1726)創立、明治中期に当境内に移設されたものという。
住宅地の中に突如現れた歴史的遺産の堂宇という感じだ。

次の稲荷山橋から先、成城学園の敷地内に入る。
木々が生い茂り、突如として渓谷に入りこんだような錯覚を覚える。
2014-01-19_94.jpg

小田急線を過ぎると、川の両岸に東宝スタジオの敷地が広がる。
昭和7年(1932)に建てられ、数多くの名作がこの地で生まれた。
両岸には桜が続き、桜の季節にはライトアップも催される。
2014-01-19_110.jpg

世田谷通りの大蔵橋の先、右岸に大仏がそびえ立つ。
世田谷東光山妙法寺のおおくら大仏で、高さ8メートルのブロンズ製である。
この大仏は回転するようにできていて、昼間は本堂方向を向き、夜は世田谷通り
の方向を向いて、交通安全などを祈念している。
2014-01-19_115.jpg

その妙法寺は日蓮宗の寺院、創建は寛永14年(1637)、大蔵本村の村民が宇
奈根の常光寺に依頼して造られた寺であるという。
日詮上人により開山された。
2014-01-19_118.jpg

その先の左岸、大蔵三丁目公園の崖下には湧水池がある。
かなり豊富な湧水であり、その一部は仙川に落とされている。
また、一部は六郷用水の親水水路(丸子川(後述))に引き回されているという。
2014-01-19_121.jpg

東名高速道路の高架橋の先には仙川の浄化施設がある。
ここでは礫間接触酸化法という方法によるもので、水中の石に付着した微生物の
働きを利用して仙川の水を浄化している。
また、仙川の水の浄化だけでなく、導水管を通して谷戸川と谷沢川に水を供給し
ている。
2014-01-19_130.jpg

左岸に自動車学校を見ながら進むと、西谷戸橋の左側に急坂を見ることができる。
この坂上には国交省関東地方整備局指定の関東の富士見100景の標識が建
てられており、『東京富士見坂』と記載されている。
2014-01-19_138.jpg
但し、東京富士見坂というのは、この坂の名称ではなく富士山が見える東京の坂
の総称である。
この坂自体に正式名称はなく、岡本三丁目の坂と呼ばれている。

こちらは、坂の上からの富士山の光景。(200mmの望遠レンズにて撮影)
2014-01-19_145.jpg

西谷戸橋の先、左岸には六郷用水丸子川)が顔を見せる。
六郷用水はこの手前から仙川の左岸に並行して暗渠となって流れ、西谷戸橋で
開渠となり、数十メートル先の水神橋で左に折れていく。
手前の自動車学校脇では、コンクリート蓋暗渠を確認することができる。
2014-01-19_151.jpg

実は仙川は昭和三十年頃までは、野川ではなく六郷用水へと流れこんでいた。
六郷用水は現在の仙川右岸方向から左岸へと流れ、そこに仙川が流れ込むよう
な形であったことが古地図を見ると判る。
昭和三十年代前半にそれまで六郷用水に流入していた流末を分離し、野川に合
流させるための放水路を造ったのである。
水神橋から先の500mほどの区間は、この時に作られた放水路ということになる。
(『六郷用水1』参照)
2014-01-19_153.jpg

多摩堤通りの鎌田橋の先で、仙川は野川に合流して終了する。
仙川を流れてきた水は階段状に野川へと流れ落ちていく。
合流した水は2kmほど野川を流れて、多摩川へと注ぐことになる。
2014-01-19_157.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】野川・仙川周辺マップ を表示

目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本