江古田川

江古田川は練馬区豊玉南3丁目の学田公園付近を水源とする妙正寺川の支流で
ある。
下徳田橋より上流(練馬区内)は暗渠、下流(中野区内)は開渠となる。
また、練馬区内では中新井川と称している。
学田公園付近を水源と記したが、江戸時代、学田公園付近の湧水が枯渇し、北を
流れる千川用水から中新井分水という水路をひき、灌漑用水としての水を補給した。
(中新井分水と称する水路は3本あり、この水路はその中で最上流に位置するもの
 である)

ということで、今回は中新井分水をスタートとする。
千川通りと目白通りが交差する豊玉北六丁目の交差点から西へ数十メートル、
ビルの谷間にある細い通路が中新井分水の始まりである。かつて、千川通り沿い
を流れていた千川用水からここで分水されていたのであろう。
また、この通路は豊玉北と中村北の町界であり、そんなところにも分水の名残が
感じられる。
20131230-002.jpg

細い水路を抜けると住宅街の中を行く一般道となるが、一方通行でありながら、
両側に歩道があるという、いかにも水路跡の道路といった感じだ。
20131230-003.jpg

スタート地点から八百メートルほど行った左側に、前述の学田公園がある。
学田とは、明治9年(1876)、この西にある南蔵院境内に創設された公立小学
校(現:豊玉小学校)が明治17年(1884)に現在地に移転した後、学校の運
営資金を生み出すために、村人たちが沼地になっていたこの地を開墾して、学
校田を作ったことに由来する。
20131230-004.jpg
昭和15年頃の土地区画整理事業により公園になり、学田公園と名付けられた。
付近にはかつて中新井池と称する湧水を源とした池があったが、江戸時代後期
に枯渇、前述の通り、中新井分水が開削された。

学田公園からは、自然河川としての江古田川が始まる。
(練馬区内では中新井川と称されているが、便宜上、江古田川とさせて頂く)
先ほどの道路が公園の南で途切れた先、数百メートルほどの遊歩道となるが、
その遊歩道の途中で、川は南から東へと向きを変える。
そして遊歩道が途切れた場所にある交差点の名は学田橋
20131230-005.jpg

その北側にあるのが、富士稲荷神社。享和3年(1803)、山城国紀伊郡の稲荷
本宮(現京都伏見稲荷神社)を遷して祀ったという。
20131230-006.jpg

富士稲荷神社の一画は現在、富士稲荷公園となっているが、公園内にあるクス
ノキは徳川家光のお手植えといわれ、付近の農家はこのクスノキを守るため、
徴税を免れたと伝えられている。
20131230-020.jpg

環七を越えると、旧中新井村の鎮守である豊玉氷川神社がある。
境内末社には北野・須賀・稲荷・三峯の各社があり、創建は不詳だが、主神は
北野神社が最古で、次いで須賀神社、そして大宮の氷川神社の分霊を勧請し
て氷川神社を主神としたという。
6月15日に行われている須賀神社の祭礼は「天王様の祭り」と言われ、その
御輿の渡御は田んぼの中を暴れまわるというので、「中新井天王様の暴れ御
輿」として近隣には有名だった。
20131230-008.jpg

なお、境内には金子ゴールデンの碑がある。
明治33年(1900)、中新井村の金子丑五郎がわが国初のビール麦品種として
「金子ゴールデン」を育成し、初期のビール醸造に大きく貢献したことを称えている。
20131230-007.jpg

豊玉氷川神社に隣接しているのが、真言宗豊山派の正覚院
寺伝によると太田道灌が長禄年間(1457~60)江戸城築城の際、ここ中荒井
の陣屋にあった道灌崇敬の天満宮を守るため別当寺として創建したのが当寺で、
市ヶ谷から立退かせた一農家を開基檀徒としたといわれる。
(この時代の社寺は単なる信仰の対象というだけではなく、支配領域を示すマー
 キング的色彩をもっていたらしく、また道灌は領民を移住させることにより堅固
 なものとしたらしい。)
20131230-009.jpg

江古田川は、道路のグリーンベルトとなって、東に向かって真っ直ぐと向かって
いる。
大正期の地図をみると蛇行しているので、この直線は区画整理によるものであ
るようだ。
20131230-010.jpg

下徳田橋から先、江古田川はその姿を現す。
川底にU字溝が設置されており、僅かな水がそこを流れている。
20131230-011.jpg

江古田川は江古田の森公園を逆U字のように舌状台地の淵を廻り込んで流れ
ていく。
20131230-012.jpg
この江古田の森公園の地は、古くは将軍の鷹狩場として、また大正9年(1920)
結核療養のためのの東京市療養所が開設、その後厚生省へ移管、国立中野療
養所となった。
平成5年、国立国際医療センター(新宿区)に統合されて、跡地の一部が公園
化されたものである

また公園内には調節池も設置されている。
普段は僅かな水流の江古田川であるが、豪雨時は濁流が流れる。
20131230-013.jpg

西原橋を南に行くと、真言宗豊山派の東福寺がある。
天正年間(1573~1593)江古田村の村民村民次郎右衛門が開基となり、武州
御嶽神社の社僧、源教上人の教化を受け、堂舎を建てたのが始まりとされるが、
詳細は不明。
将軍家光が鷹狩りの際の本寺で休息し、吉宗は御膳所に指定していた。
境内には御膳所跡の碑がある。
20131230-014.jpg
門前には中野区教育委員会による御膳所跡の説明板があるが、それによると鷹狩
は将軍の遊興であるとともに、江戸近郊の農業・治安の維持の役割もあったという。
また、村内の農民たちは、鷹場役人に監督され、野鳥の見張りや鷹場の維持に使
役され、農作業や家の修理にいたるまで制約を受けていたそうだ。

東福寺のさらに西には江古田氷川神社がある。
寛正元年(1460)、素戔嗚尊を祀ったことに始まるとされ、当初は牛頭天王社と称
していたが、元禄9年(1696)に氷川神社に改称されている。
太田道灌が豊島氏との戦いに際して戦勝祈願を行ったという伝えが残る。
同社に伝わる江古田獅子舞は中野区指定無形民俗文化財に指定されており、秋
の例大祭(10月第1日曜)には、保存会の人々により奉納されている。
20131230-015.jpg

江古田川は江古田の住宅街の中を蛇行しながら南進する。
残念ながら川沿いには道はなく、近隣の道路に迂回を強いられる。
20131230-016.jpg

下流の大橋と不動橋では、親柱に橋の説明が記載されている。小規模の橋に説
明があるのは珍しい。

大橋を通る道は、幅4mほどの江戸道(もしくは石神井街道)と呼ばれる道で、石
神井、鷺宮方面から葛ヶ谷村(現西落合)、雑司ヶ谷を通り江戸に向かっていた。
橋のたもとには水車小屋があり、千川上水からの江古田分水の流れで水車を回
していたという。
20131230-017.jpg

続けて不動橋、橋詰には垢離取(こりとり)不動尊が祀られており、大正期までは
万垢離(まんごり)という祭事があったと記載されている。
不動尊の前に5色の幣束を飾り付けた梵天が立ち、大山や富士山に代参する村人
達が川に入り、体や3mほどの木の太刀を洗い清めた。水ごりの後、梵天を先頭に
洗い清めた太刀をかつぎ、かけ念仏も賑やかに行列をし、氷川神社に向かい五穀
豊穣、家内安全を祈願したそうだ。
20131230-018.jpg

新青梅街道が架かる江古田大橋の先で、江古田川は妙正寺川に合流する。
その合流地点の脇には、妙正寺川の項で取り上げた江古田原沼袋古戦場の碑
が建っている。
20131230-019.jpg

《参考文献》
『決戦 ―豊島一族と太田道灌の闘い』 葛城 明彦著 (星雲社刊) 


より大きな地図で 【川のプロムナード】妙正寺川周辺マップ を表示

目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本