石神井川 3

山下橋の下流、南田中団地付近では緩傾斜護岸が整備されている。
石神井川では異色の護岸ではあるが、石神井公園とともに近隣住民の散策
コースとして利用されているようだ。
131214_014.jpg

その南の台地の上に南田中稲荷天祖神社がある。
田中稲荷神社は、元和元年(1615)村民が勧請勧請 して鎮守として創建、
天祖神社は元田中村にあったが、社殿朽損により明治13年(1880)当地
に合祀、昭和50年に合併して南田中稲荷天祖神社となった。
昔、「風向絶佳絵の如し」とうたわれた場所であるが、今の崖下は団地が
並ぶ。
131214_016.jpg

笹目通りを過ぎると川は左に曲がって北上し、練馬高野台駅の東側で西武
池袋線と交差する。
131214_020.jpg

富士見橋を東へ行くと、一山稲荷神社がある。
享保2年(1717)稲荷大神を奉斎し、谷原村内の増島氏を中心に村民が社殿
を造営、文政年間には御嶽一山講が設立され、崇敬者、村民が共に維持経営
に当ったという。
明治期に入ると一山講が盛んになり、谷原村の旧家出身の増島大伝が明治八
年(1875)当社境内に一山神社を建て、布教に励んだ。
地元では「一山様」「谷原のおんたけさん」の名で知られる。
131214_032.jpg

北上した石神井川は、右に曲がり、再び東進する。
131214_034.jpg

大野橋の北側には、東京ガス練馬整圧所のガスタンクを望むことができる。
131214_037.jpg

その先、100メートルほど目白通りと並行し、目白通りと環八が交わる練馬
中央陸橋交差点を斜めに横断する。
131214_041.jpg

道楽橋の北西約100メートルほどの十字路の角には宮田橋敷石供養塔がある。
文化4年(1807)、清戸道に敷石を並べて交通の便を図ったことを記念して
建立されたものである。
131214_047.jpg
宮田橋は石神井川の細流に架けられていたもので現存はしていない。
また清戸道は神田川に架かる江戸川橋を起点とし、武蔵国多摩郡清戸(現
清瀬市)へ通じる古道で、清戸の農産物を江戸へ運搬するのに利用された。

また、道楽橋の北方には高松八幡神社がある。
創建年代は不詳だが、康平年間(1060年代)、源頼義が前九年の役の後、
当地に社殿を建て戦勝に感謝して八幡宮を創建したという。
頼義は先に鷺宮八幡(鷺ノ宮駅の南方にある)を建て、その後、当社が
創建されたので、鷺宮八幡に対して若宮八幡と称される。
131214_050.jpg

神路橋と西田中橋の間で、支流の貫井川が右岸から合流する。
下石神井5丁目付近を源流とし、南田中、富士見台、貫井を経てこの地
で石神井川と合流する全区間暗渠の支流である。
131214_059.jpg

石川橋の先、川はとしまえんの敷地内に入るため、迂回を強いられる。
ここは前述の石神井城と同じく、豊島氏の居城、練馬城の城址でもある。
豊島景村により元弘元年~3年(1331~33)頃の築城とされたと伝えら
れる平山城である。
豊島氏は石神井川を遡上し、勢力を西に広げていったため、、石神井城
ができると、練馬城はその支城となった。
落城は定かではないが、長尾景春の乱による石神井城落城と同時期であ
ると推定されている。
131214_063.jpg
なお、Web等で調べた限りでは、園内には城址の痕跡はほとんど残され
ていないようだ。

としまえんを左岸もしくは右岸に迂回することになるが、ここは左岸
(北側)を廻っていくことにしよう。
としまえんの北側にはこの付近の地名の春日町の由来ともなっている
春日神社がある。
創建年は不明だが、鎌倉時代、工藤祐宗が、源頼朝に従って奥州征伐
に向かう途中、先祖の藤原氏の氏神である春日大社の祭神をここに勧
請して、戦勝を祈願したのにはじまるという。
131214_064.jpg

隣接して真言宗豊山派の寿福寺がある。
開創は不明だが、寺の記録には慶安2年(1649)の記録があるので、
それ以前の創建と思われる。
天保年間(1830~1844)に上練馬村に寺子屋を開いていた河野鎮平
の筆子碑は区の文化財に指定されている。
131214_069.jpg

迂回して中之橋に出ると、としまえん内を流れてきた石神井川に再
会できる。
131214_072.jpg

《参考文献》
『ふるさと練馬探訪』 練馬区立石神井公園ふるさと文化館編


より大きな地図で 【川のプロムナード】石神井川周辺マップ を表示

次へ 目次
 
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本