黒目川 3

妙音沢の横には斜張橋の市場坂橋がある。
中小河川にしては立派な橋だ。
131012_157.jpg
下流側のは市場坂橋の旧橋もあり、現在は歩行者用の橋となっている。
旧橋の左岸には地蔵があり、心霊スポットとして有名なようだ。

市場坂橋を過ぎると、右岸には新座市営霊園が続く。
その崖下からも多量の水が黒目川に流れて出ている。
131027_003.jpg

更に歩いていくと、左岸に畑中ホタルの里という施設がある。
ビニールハウス内のビオトープでホタルを飼育している。
131027_012.jpg

その先、川越街道のバイパスそして旧道を越えて北上する。
その旧川越街道、この付近は膝折宿という宿場町であった。
膝折宿は室町時代らの古い宿場町と伝えられ、江戸時代には民家が立ち並び、
特産品を売る市も立ち、この地方の商業の中心地だったという。
少し離れるが、旧道を川から東側へ500メートル行くと、、脇本陣の高麗
家住宅
(屋号は村田屋)が残されている。
安永・天明期(1772~1789)頃の建築とされ、当時の旅籠の建築様式が残さ
れているという。
(個人宅であるため、建物内に立ち入ることはできない)
131027_023.jpg
なお、本陣は、街道をはさんで反対側、西に数十メートルほど行った郵便局
あたりにあったらしい。

川越街道の前後、一時的に遊歩道が途切れる。
いずれは整備されるのだろうが、現在は近くの道への迂回をする必要がある。
131027_029.jpg

川では多くの太公望が釣り糸を垂れていた。
コンクリート護岸が続く23区内の中小河川では見られない光景である。
131027_035.jpg

黒目川は朝霞台の南東500メートルほどの地点で東武東上線と交差する。
131027_043.jpg

その手前には土木学会デザイン賞受賞の掲示がある。
131027_041.jpg
河川の改修にあたり、付近の住民や市民活動団体の参加により計画を策定し、
自然環境の保護実現させたことが受賞につながったようだ。
近年、多雨化に伴い各地で河川改修工事が行われているが、このような事例
を取り入れて、治水と環境の両立を実現していくよう検討いただきたいと思う。

東上線を越えると、川は逆コの字型に蛇行していく。
所々に見られる水門は、用水路のためのものであろう。
131027_047.jpg
私事で恐縮ではあるが、今から30年以上前、東上線を利用して通学しており、
その頃、この辺りは農地が広がっていたことを記憶している。
今でこそ、住宅が立ち並ぶようになったが、この先、まだ広い畑がかなり残っ
ている。

川沿いにある近未来風の建物は、朝霞市総合福祉センターはあとぴあ
131027_052.jpg

花ノ木橋の先、右手にこんもりとした森が見える場所が朝霞城山公園である。
舌状台地の先端部に立地しており、岡の城山と呼ばれる。
室町から戦国時代の築城とされ、「新編武蔵風土記稿」の中で大田道灌や、
その曽孫新六郎康資との関係について述べられているが、城主名やその由来
等は不明である。(案内板より引用・編集)
131027_058.jpg

下の写真は物見櫓跡、接近する敵情を察知するため。展望のきく場所に設け
られたが、現在は木々が生い茂る。
131027_063.jpg
公園内にはアスレチック施設などもあり、子供達が興じていた。


黒目川は左に曲がり、その先に笹橋がある。
131027_069.jpg

その笹橋の南側の台地の上に柊塚(ひいらぎづか)古墳がある。
6世紀前半の前方後円墳とされ、前方部は後世の耕作などにより削られた
ものの、後円部の墳丘はかなりよい状態で保存されている。
数度にわたる調査では人物埴輪、円筒埴輪、馬形埴輪などの埴輪なども出
土されている。
131027_088.jpg
墳丘部への立入りはできないが、周囲は柊塚古墳歴史広場として公園整備
されている。

黒目川の最下流の橋である東橋の脇には、わくわく田島緑地という小公園
がある。ビオトープが整備され、付近の掲示板によるとここでもホタルの育成
が行われているようだ。
131027_072.jpg


その東橋から数百メートルほど行くと、黒目川は新河岸川に合流して終わる。
(写真左が黒目川)
131027_084.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】黒目川・落合川周辺マップ を表示

目次
 
スポンサーサイト

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本