逆川(北の川)

深大寺一帯の湧水を集めて流れ、野川に注ぐ約1.5kmほどの逆川、またの名を
北の川と称する。
逆川の名は、東京西部の川は西から東へと流れるのに対し、東から西へと流れる
ことから名付けられたという。ただ、地図を見る限り、全体的に逆川は西から東
へと流れている。

深大寺一帯は国分寺崖線に沿っていることもあり、多くの湧水地点があるようだが、
逆川の水源とされているのは、本堂の西、深沙大王堂の裏手にある湧水である。
2016-01-16_83.jpg

その水源から数分ほど歩いた場所に深大寺水車館がある。
かつてこの地に水車があり、明治末期に地元住民が水車組合をつくり、金を出し
合って建てた水車小屋があったという。
水車館は無料の展示施設で、かつて深大寺周辺の農村の風景写真や道具を
中心に展示物が陳列されている。
130914_093.jpg

水源から流れ出た逆川は、門前の道路に沿って深大寺方向へ向かう。
道沿いには深大寺名物の蕎麦屋や土産物屋が立ち並ぶ。
水車のある蕎麦屋もあるので、逆川そのものは知らなくても参道脇の水路を思い
浮かべる方も多いかと思う。
130914_098.jpg

右手には亀島弁財天池がある。
池の中には小島があり、弁財天を祀る小さな祠がある。
130914_100.jpg

そのまま逆川を進むと、左手に深大寺の山門が見え、入ると正面に本堂がある。
130914_106.jpg
深大寺は天平5年(733)満功上人が法相宗の寺院として開創、その後、貞観年
間(859~877)に天台宗に改宗している。
深大寺という名は水神である深沙大王に由来する。さすがに湧水が豊富なこの地
ならではの名前であろう。

深大寺
江戸名所図会深大寺』         (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

境内の池に流れ込む湧水、この池の水も逆川へと流れ出ている。
130914_110.jpg

逆川は山門の東側で南へと向きを変え、バス通りを越える。
道路を渡ると道路沿いに流れ、開渠を確認することができる。
130914_119.jpg

その先は神代植物公園分園の水生植物園へと続く。
本園は有料だが、こちらは無料で入園することができる。
この地は、かつては水田として利用されていたが、その後はヨシやガマが生い茂る
休耕田となっていた。
昭和44年に調布市が環境保全の目的で買収、その後、東京都の湿生植物
園として計画が進められ、昭和60年に開園した。
130914_127.jpg
園内は湿地帯が広がり、木製の遊歩道が続く。

水生植物園の西側の丘陵の上には、深大寺城址公園が広がっている。
深大城は「ふるき郭」と称する古城を、扇谷上杉朝興が天文6年(1537)に再
築したものと言われる。
当時、江戸城を北条氏綱に奪われた朝興は挽回を期するため、、多摩川対岸
の小沢城(稲田堤付近)に対抗するために古城を再築したが、氏綱が直接本拠
地の川越城を攻めたことから、その軍事的価値は失われ、そのまま廃城となったという。
2016-01-16_80.jpg
城址は公園として整備され、芝生広場には発掘した屋敷跡の柱を石で表現している。
また写真右の盛り土は、再現された空堀である。

植物園を出た逆川は暗渠で中央高速を潜るが、その中央高速の南側へ廻ると、
開渠となって流れていく川を確認することができる。
130914_134.jpg

はしご状開渠が下流に向かって続くが、残念ながら住宅の間を流れていくの
で、川沿いに進むことはできない。
そのため、川に並行する住宅街の中を進むことを強いられる。
130914_138.jpg

柏野小学校の西側ではコンクリート蓋の暗渠道となる。
この柏野小学校、西側をこの逆川、東側をマセ口川という2つの野川支流に
挟まれた形で立地している。
130914_140.jpg

小学校の前を通る佐須街道と交差すると再び開渠となるが、ここでも住宅の
間を抜けるように流れていく。
130914_146.jpg

その先、やっと川に沿う一般道が現われるが、すでに野川との合流点の150
メートルほど手前。
130914_151.jpg

逆川は、一の橋と大橋の間で野川に合流する。
清流が勢いよく流れ出て、階段状に落ちて野川へと流れ出ている。
130914_158.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】野川・仙川周辺マップ を表示
  
目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本