マセ口川

調布市深大寺南町四丁目にある都立農業高校神代農場を水源とする野川の支流
マセ口川(ませぐちがわ、別名:佐須用水)を追ってみた。
マセ口とは、付近の小字名から名づけられたものだが、そのマセ口という字名
の由来は不明のようだ。

まず、神代農場と三鷹通りを挟んで向かい側、青渭神社に立ち寄ってみる。
祭神は水波能賣大神・青沼押比賣命、創建年月は不明であるが、古代の先住民
が水を求めて居住した際に、祠を建て水神を祀ったと伝えられる。
かつて社前には湧水から出た大池があり、青波をたたえていたことから青波天
神社とも称されていた。
130914_005.jpg

境内には樹齢数百年という大欅があり、江戸名所図会にも描かれている。
青渭神社2
      (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

さて都立農業高校神代農場からマセ口川を追い始めてみる。
前身は青年学校の射撃用地、昭和23年(1948)に農業高校の付属農場として
譲渡された。
毎週木曜日には一般公開しているそうだが、この日は土曜日のため入れず、
仕方なく西側沿いに歩いていく。
130914_008.jpg

農場沿いに歩いていくと、柵の下に池(心字池)を望むことができる。
農場内にはかなり深い谷となっており、湧水を湛えていることが想像される。
130914_014.jpg

歩いていくと中央高速手前、右手に小さな池ノ上神社がある。
絵堂(旧字名)の鎮守社で創建は不詳、明治40年(1907)に里の稲荷社と
池ノ上の稲荷社を合祀して、池ノ上神社となったとのこと。
池ノ上という名前が興味をそそる。
130914_021.jpg

その中央高速の手前から左手、谷(池ノ谷)へ下りていく階段がある。
谷へ下りると、神代農場から流れ出るマセ口川の清流を見ることができる。
130914_028.jpg

その脇、別の湧水からの小さな流れも合流している。
130914_027.jpg

ここから南へ深大寺自然広場が続くが、残念ながらマセ口川は暫く暗渠と
なってしまう。

中央道のガードを潜ると広場内に野草園がある。
園内には約300種類1万本以上があるとのことだが、開園期間は3月か
ら10月まで、また期間内においても休園日が多いので、訪問時には注意
が必要である。

その野草園の入口近くには湧水があり、かなりの水量が湧き出ている。
130914_037.jpg

また野草園の北側、中央道の盛土下から、小さな湧水がある。
野草園の係の方の話では、数年前に突如として湧き出したとのこと。
130914_049.jpg

本流は暗渠であるが、野草園内と盛土下からの湧水は、園内の水路を
流れていく。
130914_041.jpg
なお、この水路も野草園の端までいくと地下に吸い込まれ、本流の暗
渠と合流しているようだ。

自然広場を出て南へ向かうと道沿いに暗渠を確認できる。
周囲には田園風景が広がり、爽快な気分で川を追っていくことができる。
130914_054.jpg

クランク状に暗渠が曲がり、道路の蓋暗渠となる。
130914_058.jpg

柏野小学校の脇(一部校内を通る)を通り、佐須街道を渡ると、その先
マセ口川は開渠となる。
ここでも周囲は農地が広がり、マセ口川が農業用水として利用されてい
たことを実感できる。
130914_062.jpg

水門があり、その先は梯子状開渠が続く。
130914_066.jpg

駐車場の脇を流れていくマセ口川。
130914_074.jpg

野川へ近づくにつれ、周囲は住宅街になる。
水路には草が生い茂り、蔓がフェンスにからみついている。
130914_077.jpg

細田橋の脇でマセ口川はに合流する。
流出口から水が流れ落ち、1.2kmほどの小河川は終了する。
130914_081.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】野川・仙川周辺マップ を表示

目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

興味深く拝見しました。マセ口川は以前その存在を知らない頃、野川をジョギングしてて偶然〔自分なりに〕新発見して嬉しかった憶えがあります。神代農場、いつか入ってみたいですね。中流辺りの蓋暗渠も見事ですが、上流付近の天然の表土〔?〕を走る流れも自然を豊かに感じることができ、大好きです。ありがとうございました。

Re: No title

> kohmoyoronさん
マセ口川の存在自体は、暗渠仲間の皆さんの記事で知っていましたが、実際に歩いたのは今回が初めてでした。
私も上流付近の雰囲気、大好きです。
いつか神代農場も行ってみたいですね。平日に休暇を取得して行くというのはなかなかできませんが、実現したらこの記事も追加修正・拡充してみたいと思います。
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本