野川 2

小金井街道が架かる新前橋の先で、前原小学校の下を抜けてきた現水路と旧
水路は合流し、再び野川沿いを歩けるようになる。
130803_068.jpg

その新前橋の北側、前原坂下の交差点脇に金井原古戦場碑がある。
南北朝時代の正平7年(1352)、南朝方の新田義貞の子義宗・義興等と、北朝方
の足利尊氏がこの地、金井原から人見原(府中市)にかけて戦が繰り広げられた。
双方10万の軍勢というから、相当大きな戦いが繰り広げられたのだろう。
この戦いで足利方は敗走し、石浜(諸説あるが、荒川区の隅田川沿いが有力)にて
軍勢を立て直し、その後、新田勢を打ち破る。
130803_069.jpg

その北東、国分寺崖線下にある真言宗豊山派の金蔵院、創建年代は不詳だか、
「新編武蔵風土記稿」によれば、永禄9年(1566)、阿闍梨尭存が中興したと言
われる古刹である。
江戸時代は天満宮(現小金井神社、後述)の別当寺であった。
明治6年(1874)には公立小学校の尚絅学舎が置かれ、その後、大正期には、
小金井村役場が置かれた。
2015-03-08_124.jpg

そのすぐ南には浄土真宗本願寺派の雲龍山西念寺がある。
元和7年(1621)、本願寺別院の末寺として釈宗練法師が江戸浜町に開いたが、
明暦3年(1657)の振袖火事により本願寺別院とともに築地へ移転、更には関
東大震災で被災、昭和3年(1928)に当地へ移転した。
2015-03-08_120.jpg

天神橋を北へ行くと、その橋名の由来ともなった小金井神社が鎮座する。
創建は元久2年(1205)と古く、当時の里人が菅原道真公のの徳を敬い社殿
を建立、天満宮と称したという。
明治3年(1870)に小金井神社と改称、小金井の里の総鎮守として崇敬された。
2015-03-08_114.jpg

その先、左岸の国分寺崖線下に洋画家・中村研一のアトリエ跡をはけの森美術館
(旧中村研一記念美術館)として公開している。
美術館裏の庭は美術の森として整備されており、ここにも湧水が見られる。
東京の名湧水57選指定)
また、美術館前の崖下を通る道はハケの道とよばれている。
130803_082.jpg

美術館裏から流れ出た湧水はハケの道と交差し、その先はけの小道と名づけられた
細い遊歩道に沿って流れ、野川へと注いでいる。(但し野川合流付近は暗渠)
130803_089.jpg

小金井新橋の先から武蔵野公園の中を流れる。
昭和39年に開園された都立公園で、約23万7千㎡の広さを持つ。
川の左岸に広がる草地は野川第2調節池、普段は遊び場として開放されている。
(その下流に第1調節池がある)
130803_097.jpg

公園の北側に新しく階段ができた。
崖上の住宅街からにアクセスが良くなり、また災害時の避難路としても確保され
たようだ。
こうして見上げると、改めて国分寺崖線(ハケ)を実感できる。
130803_101.jpg

西武多摩川線が見えると武蔵野公園は終わりとなる。
その西武線に沿っているのが二枚橋(写真は下流側がら撮影)。
130803_108.jpg
この二枚橋には、大蛇伝説が複数存在するようだが、その一つを紹介する。
江戸期、ここには一本の丸太橋があり、小金井とこの南にある染屋村を結ぶ交通
路であった。
染谷の庄屋の息子は小金井の山守の娘と恋仲になり、夜毎、この橋の袂で逢瀬を
重ねていた。やがて庄屋の耳に入って怒りを買うこととなり、二人は激流の野川
に身を投げてしまった。
その後、娘の怨念が大蛇となって住みつき、もう一本の丸木橋に化けて村人を惑
わし、川の中に落としていた。
このことから二枚橋と呼ばれたという。(或るは庄屋が供養にと大木を二枚に割
って立派な橋を作り、霊を慰めたという説にある)

二枚橋の先、今度は野川公園が広がる。二枚橋が架かる道路を挟んで2つの公園
が連続している形となっている。
この野川公園は昭和55年の開園、面積は約40万㎡と、更に広い。
以前は隣接する国際基督教大学のゴルフ場だったそうだ。
130803_110.jpg

公園内の野川の北側には自然観察園がある。
四季折々の野草や野鳥、昆虫などが見られ、花々にカメラを向ける人々も多く
見かける。
130803_119.jpg

櫟橋の先にはわき水広場があり、流れる湧水で水遊びをできるようになっており、
多くの家族連れで賑わう。
130803_122.jpg


野川は富士見大橋で東八道路の南側へと抜ける。
130803_125.jpg

御狩野橋で交差する人見街道を西へ100mほど行くと、新撰組組長近藤勇の墓
がある龍源寺がある。
慶応4年(1868)、勇は板橋で斬首されるが、甥の宮川勇五郎(後に勇の娘たま
と結婚し近藤家を継ぐ)は肩の鉄砲傷を目印に首のない遺体を掘り起こし、生家
近くの龍源寺に葬った。
(但し墓所は板橋など他にもあり、遺体の行方には諸説あるようだ。)
130803_133.jpg

さらに西へ100mほど行くと、野川公園本門脇に近藤勇の生家跡がある。
敷地内には産湯の井戸が残る。
130803_137.jpg
近藤勇は天保5年(1834)、上石原村の豪農、宮川久次郎の三男として生まれた。
昭和18年に軍部による調布飛行場建設の際、滑走路の延長線上にあるという
理由で立ち退きを要請され、取り壊されてしまった。
現在でもこの頭上を飛行場に離発着する飛行機が通過する。

野川は近藤勇の目にどう映ったのだろうか。

《参考文献》
『小金井市の歴史散歩』 小金井市教育委員会編


より大きな地図で 【川のプロムナード】野川・仙川周辺マップ を表示

次へ 目次
 
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本