野川 1

野川は、国分寺市東恋ヶ窪の日立製作所中央研究所内の大池を源として、世田谷区
玉川1丁目(二子玉川駅付近)で多摩川に合流する全長20.5kmの一級河川である。
川の北側には国分寺崖線(通称:ハケ)があり、崖線から湧き出る水などを集め
て流れていく。
古く(先史時代)は、古多摩川の川筋とされ、その古多摩川が国分寺崖線を形成
していったとされる。

まずは野川の源流である日立製作所中央研究所内の大池
普段は閉ざされ武蔵野の自然が守られているが、春(4月)と秋(11月)の年2回、
一般公開が行われ、開放日には多くの見学者で賑わう。
(写真は2010年春公開時のもの)
2010-04-04_24.jpg

その大池の北側にある湧水地点、園内にはこの他にも数箇所の湧水があるようだ。
2010-04-04_34.jpg

大池の水は、西武国分寺線およびJR中央線を潜って線路の南側へと流れ出る。
いよいよ野川のスタートである。
130803_002.jpg
この地点は国分寺駅から西へ10分ほど歩いた場所にあるが、途中、急坂を
下りていく。
国分寺崖線の凄さを感じることができる。

野川は暫く住宅街の中をはしご状開渠となって進んでいく。
残念ながら川沿いを歩くことができる箇所は殆ど無く、近くの道路に迂回して
歩かざるをえない。
130803_011.jpg

国分寺街道が架かる一里塚橋の上流側で元町用水が合流する。
元町用水は、武蔵国分寺付近の真姿の池湧水群を水源として、当地で野川に
流れこむ。
途中、お鷹の道と称する遊歩道が水路沿いに整備され、国分寺市の観光地の
一つとなっている。
130803_018.jpg

合流地点脇には、天保3年(1832)建立の石橋供養塔、延享2年(1745)建立
の庚申塔および不動明王碑(建立時期不明)がある。
石橋供養塔については、由来説明板に「常に人に踏まれている石橋を供養す
る意味と、石橋を渡って村内に疫病や災いが入り込むのを防ぐ意味があると
伝えられています
」との記載されている。
石橋供養塔
(写真左:石橋供養塔、写真右:庚申塔および不動明王碑)

さらに野川の北、国分寺駅の南側に都立殿ヶ谷戸庭園がある。
大正2年(1913)から4年にかけて、江口定条(後の満鉄副総裁)の別荘として
整備され、昭和4年(1929)には三菱財閥の岩崎家の別邸となった。
園内の湧水は東京の名湧水57選にも指定されている。
110115_0203.jpg
そして、園内の次郎弁天池から出た水は暗渠として流れ、もみじ橋脇で野川に
合流している。

その先も、国分寺南部の住宅街を突き進む。
途中には直角に曲がるという珍しい光景を見ることもできる。
130803_022.jpg

鞍尾根橋の脇で、東京経済大学キャンパス内の新次郎池からの流れが合流して
いる。
2014-09-28_104.jpg

新次郎池は、周囲の5箇所から水が湧出し、以前はわさび田として利用されて
いたという。
北澤新次郎学長の時代(1957~67在任)に池として整備されたことから、新次
郎池と呼ばれるようになった。
東京の名湧水57選の指定を受けている。
2014-09-28_95.jpg

この鞍尾根橋を境に、野川の様相はガラリと変わる。
川の両岸には緑地帯が広がり、川辺を歩くことができるようになる。
この川辺の緑地帯は下流まで続き(中流以降は立入り不可)、人々の憩いの場
として、また多くの野鳥などの生活の場として活用されている。
このような護岸整備は、都区内の他の中小河川にはあまり見られず、野川の特
徴となっている。
130803_029.jpg

西之橋付近の左岸では、旧流路跡を利用した散歩道がある。
野川の旧流路跡はここだけではなく、この先も何箇所に見られる。
現在は河川整備の結果、緩やかな流れとなっているが、以前はかなり蛇行して
いたことが判る。
散歩道の脇には人工水路が設けられ、子供達の遊び場にもなっている。
130803_037.jpg

その先、野川の北側に貫井神社がある。
境内のひょうたん池に架かる赤い橋が鮮やかだ。
130803_047.jpg
創建は天正18年(1590)貫井弁財天と称して祀った。
明治維新の神仏分離令により、明治8年(1875)厳島神社と改称、更には貫井村
字一ノ久保鎮座の貫井神社を合祀、以降、貫井神社と称した。

神社本殿の左奥に湧水があり、ここも東京の名湧水57選に指定されている。
先ほどの旧流路遊歩道脇の水路の水は、この湧水から取り入れている。
130803_042.jpg

また大正12年(1923)には、湧水を利用して、長さ50mのプールが造られた。
(昭和48年廃止)
神社前にある貫井プールの碑には、青少年の体育向上と精神鍛錬に貢献した
と記載されている。
130803_049.jpg

貫井神社に隣接しているのが、真言宗の貫井山真明寺、かつては貫井弁財天
の別当寺であった。
創建年代は不詳、一説には永祿12年(1569)海宥の中興とも伝えられるが定
かではない。
延宝6年(1678)、大日堂と合併して当地に移転されたとされる。
2014-11-16_19.jpg


荒牧橋の先で、滄浪泉園からの支流が合流する。
滄浪泉園は三井銀行役員・衆議院議員などを歴任した波多野承五郎氏の別
荘地、現在は、庭園として開放(有料)されている。
国分寺崖線を巧く利用して作られた庭園で、静寂の中に小鳥たちのさえずりが
響き渡り、こちらもまた東京の名湧水57選の指定を受けている。
2014-09-28_125.jpg

池を出た水路は、遊歩道脇を流れて野川へと向かう。
2014-09-28_116.jpg

こちらが野川との合流地点。
130803_055.jpg

野川の川辺の所々に水辺に降りることができる石段があり、子供達が川遊びを
楽しむことができるようになっている。
また犬を散歩させながら川辺を歩く近隣住民の方々を見かける。
ただし緑地も放置すると雑草が生い茂ってしまうため、行政から委託された
業者が草刈りを行っている。
この環境を維持するのも、相当大変なようだ。
130803_058.jpg

やがて野川は、前原小学校の校庭の下を暗渠となって通っていく。
130803_060.jpg

その校庭の脇に野川の旧流路が遊歩道として残っている。
この水路跡を見ると、かつては狭い河川だったことがわかる。
130803_065.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】野川・仙川周辺マップ を表示

次へ 目次
 
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本