FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《番外編》 石神井川桜ガイド

石神井川沿いの桜は、東京の桜の名所の一つとして取り上げられるこ
ともあり川沿いに桜並木が続く場所が上流から下流までいくつも存在する。
石神井川は小金井公園の北を上流端として流れが始まるが、最上流部
では住宅などの間を抜けることが多く川沿いを歩くことは殆どできない。
そこでここでは川沿いの遊歩道が始まる東伏見付近から紹介することにする。
なお石神井川では上流から中流部にかけて河川整備工事が進んでいる。
場合によっては桜の伐採などが行われ、今後状況が変わる場合もあるこ
とをご了承願いたい。

◆ 東伏見~石神井
東伏見稲荷神社脇の東伏見橋から始めるが溜渕橋までは整備された護
岸が続き、ここの区間には桜はない。
溜渕橋の先、石神井川は武蔵関公園沿いを流れていく。
公園内には富士見池があり、池沿いに桜が所々に植えられている。
ただし、桜はポツンポツンと花を咲かせている程度。
2018-03-24_4.jpg

2018-03-24_5.jpg

武蔵関公園を出ると石神井川は西武新宿線と並行するが、その400メートル
ほどの区間で桜並木が続く。
2018-03-24_8.jpg

ここは桜とともに電車を撮影できる鉄道撮影地としても有名。
2018-03-24_18.jpg

武蔵関駅の北側、川は住宅街の中を進む。
桜は橋の袂に植えられている程度。
2018-03-24_20.jpg

次に桜並木が出現するのは上石神井アパート沿いの区間。
ただこの付近でも河川整備工事が始まっており、余談を許さない。
2018-03-24_23.jpg

その先は整備工事が終了し新しい護岸が続くが、桜は殆どない。
僅かに小ヶ谷戸橋脇の石神井緑地という小公園に数本の桜が見られる程度。
2018-03-24_28.jpg

上御成橋から先、石神井公園団地脇にも、以前は見事な桜があり、
川へと延びる枝が川沿いの遊歩道の通行の障害になるほどであった。
しかし、河川整備によって桜は伐採され、味気なくなってしまった。
2018-03-24_29.jpg

蛍橋脇のさくらの辻公園内に僅かに桜が数本残されている。
2018-03-24_34.jpg

◆ 石神井~豊島園
茜歩道橋から先、新しい護岸が続くが、遊歩道脇に桜が植えられている。
工事後に植樹されたのだろうか、若木が多い。
2018-03-24_38.jpg

山下橋から先、石神井川は沿いには広い遊歩道が設けられ、両岸には桜が
植えられている。
石神井公園にも近く、公園への散策を兼ねて花見をする人々も多くみられる。
2018-03-24_46.jpg

2018-03-24_48.jpg

笹目通りを越えて石神井川は北へ向きを変えるが、そこにも多くの桜を
見ることが出来る。
2018-03-24_51.jpg

練馬高野台駅の東で西武池袋線と交差した後も、桜並木は更に目白通りまで続く。
2018-03-24_54.jpg

目白通りと環八が交差する練馬中央陸橋脇の貫井橋から先は、桜が途絶える。
わずかに個人宅の庭に植えられた桜などが確認できる程度。
この区間では、川の両岸に一般道が並行し、桜を植える余地がない。
僅かに一般家屋の敷地内などに植えられた桜を見るだけになる。
2018-03-24_64.jpg

◆ 豊島園~中板橋
豊島園を迂回して下流側へと出ると、南宮橋付近から左岸に桜並木が始まる。
2018-03-24_71.jpg

練馬区総合運動場脇を流れる石神井川沿いに桜並木が続く。
2018-03-24_74.jpg

新大橋で一旦、桜並木は途切れるが、高稲荷公園から先、今度は右岸に
桜並木が始まる。
2018-03-24_79.jpg

この辺りは地下鉄氷川台駅にも近く、散策する人も多い。
2018-03-24_83.jpg

やがて城北中央公園に達する。
川沿いの公園には芝生広場もあり、シートを広げて花見を楽しむことができる。
2018-03-24_88.jpg

城北中央公園を過ぎると、暫く桜はない。
マンション前に植えられた桜などを見る程度となる。
2018-03-24_92.jpg


環七および川越街道を越え、東武東上線の鉄橋の手前、左岸に桜並木を
確認することが出来る。
2018-03-31 10 49 56

◆ 中板橋~板橋~王子~隅田川合流
東上線のガードを潜ると、素晴らしい桜並木の風景が展開する。
ここから、板橋を越えて王子までは桜が絶えることなく続き、石神井川の桜
として紹介される場所であり、石神井川の桜のハイライトともいうべき区間である。
2018-03-31 11 07 49

川沿いは花見客で賑わい、石神井川に架かる橋の上では多くの人々がそ
の風景を写真におさめている。
2018-03-31 11 12 05

板橋で中山道と交差した先も、桜並木は更に続く。
2018-03-31 11 51 33

こちらは旧河川道跡に造られた小公園。
2018-03-31 11 54 41

加賀地区を流れていく石神井川、桜が続き飽きさせない。
2018-03-31 11 59 36

石神井川は次第に音無渓谷に入っていく。
川は深くなり、その上に架かるように咲く桜は見ごたえがある。
2018-03-31 12 16 10

川沿いの公園は花見を楽しむ人々が多く、賑わいをみせている。
2018-03-31 12 37 22

こちらは遊歩道、板橋から王子までゆっくり歩いても1時間もかからないため、
花見散策コースとして最適、実際花を楽しみながら歩く人も多い。
2018-03-31 12 45 59

埼京線のガードを潜った後も、桜並木はなおも続く。
2018-03-31 13 04 46

遊歩道脇の花壇に咲いていた菜の花。
2018-03-31 13 07 28

渓谷沿いに桜が続き、見事な風景が続く。
都内の他の河川とは違った趣があり、ぜひともお勧めしたい散策コースだ。
2018-03-31 13 13 43

2018-03-31 13 15 12

2018-03-31 13 25 43

京浜東北線王子駅手前の音無親水公園も花見宴会スペースとして利用
されている。
王子付近の桜の名所と言えば、飛鳥山公園が有名であり花見客で混むが、
こちらは穴場なのかもしれない。
2018-03-31 13 53 34

王子駅を過ぎると桜は殆どない。
僅かに川沿いの学校の校庭などに桜を確認することが出来る程度。
2018-03-31 14 56 07

石神井川最下流の桜は豊石橋・新堀橋付近に咲く数本の桜。
この先で石神井川は隅田川へと注ぐ。
 2018-03-31 15 06 32

目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。