葛西用水 3

さらに歩いていくと外環道が行く手に現れる。
この外環道沿いには綾瀬川と中川を結ぶ綾瀬川放水路が造られており、
葛西用水は放水路を伏越で交差している。
2017-05-20_91.jpg

こちらは交差手前に設置されている除塵機、かなり大きなものだ。
2017-05-20_95.jpg

外環道の南で、伏越から再び地上に現れる。
2017-05-20_98.jpg

伏越から数十メートルほど歩くと、キタミソウ自生地の説明板があった。
植物には疎いが、説明板によるとキタミソウは絶滅危惧種に指定されて
いる植物で、10月に芽を出し、11月~4月の間に2度小さな花をつけ、
その後、種子の状態で水底で夏季を越すという。
残念ながら5月下旬だったため、その姿を目にすることはできなかった。
2017-05-20_101.jpg

草加市青柳の地を南下していく葛西用水。
2017-05-20_106.jpg

青柳堰に設けられた水門、いにしえ風に造られたものであり、上部には水
門を上下させるモーターらしきものが置かれていた。
2017-05-20_110.jpg

こちらは右岸に設けられた小さな水門。
2017-05-20_112.jpg

その先、桜並木が1.3kmほど続く。
春には壮観な風景となるのであろう。
2017-05-20_114.jpg

用水の両岸の遊歩道が続き、親水施設も設けられている。
かつての農業用水は、現在では市民の憩いの場として変化を遂げている。
2017-05-20_116.jpg

用水は草加市から八潮市へと入っていく。
伊草天神橋の西にある伊草天神社、創建年代は不明、旧伊草村の鎮守
社であったようだ。
2017-05-20_121.jpg

用水には再び葦が生い茂るようになる。
2017-05-20_124.jpg

左岸にひっそりと立つ地蔵尊。
2017-05-20_127.jpg

その先、左岸には松之木どんぐり遊歩道という遊歩道が続く。
2017-05-20_130.jpg

県道54号線が架かる馬場新橋の先、右岸に真言宗豊山派の正保山観
音寺
が建つ。
天文3年(1534)不動坊として開基、その後、坊跡を元和7年(1621)、長
清律師が開山したという。
本堂前にあるイチョウは樹齢400年と伝えられ、八潮市の天然記念物に
指定されている。
2017-05-20_135.jpg

葛西用水にはますます葦が茂り、水面さえ望むことができなくなってしまう。
2017-05-20_139.jpg

葦の間に現れた古い水門。
2017-05-20_142.jpg

首都高速6号三郷線が目の前に迫ってきた。
2017-05-20_145.jpg

三郷線を越すと、左岸から八條用水が合流してくる。
八條用水は葛西用水と同じく瓦曽根溜井から流れ、葛西用水の東側を流
れてくる用水路。
最初に記したように、農業用水としては葛西用水より古い。
2017-05-20_150.jpg

その先でつくばエクスプレスと交差する。
左へと行くと同線の八潮駅が近い。
2017-05-20_153.jpg




次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本