二ヶ領用水 根方十三ヶ村堀 2

第三京浜を越えた先も根方十三ヶ村堀(以下、根方堀と略)は、暗渠とし
て道路の左側に続いている。
この水路は、資料とした『二ヶ領用水支流水路復元図』では上小田中堀
の記載されている。
2017-05-04_58.jpg

道脇にある小さな祠、水の神である弁財天を祀っているようだ。
2017-05-04_60.jpg

その先の左側に関神社が鎮座する。
慶長10年(1605)、武田信玄家臣の末流、原勘解由左衛門勝久が此の
地に移住したが開墾が進まず、近江国の関蝉丸神社に祈願したところ霊
示があり、社殿を造営した後、開墾が進むようになったとの言い伝えがある。
2017-05-04_66.jpg

上小田中の住宅街を進んでいく。
2017-05-04_68.jpg

その先、左側にひと際目立つ寺が見えてくる。
真言宗智山派の大谷山宝蔵寺、川崎七福神の弁財天となっている。
創建は永正17年(1520)、原勘解由左衛門勝光が開基とされている。
2017-05-04_72.jpg

蛇行して進む根方堀、ここの暗渠は鉄板の蓋となっている。
2017-05-04_77.jpg

やがて、前方に南武線の高架橋は見えてくる。
2017-05-04_78.jpg

その南武線まで追っていくと水路は中原電車区の中へと入り込んでしまう。
2017-05-04_82.jpg

ここは電車区を右(西側)へと迂回することになる。
その迂回の途中にある又玄寺と新城神社を訪ねることとする。

こちらは正覚山又玄寺、臨済宗の寺院である。
2017-05-04_84.jpg

電車区の西端の南側には新城神社、元禄7年(1694)の創建、新城村の
守り神として鎮座した。
毎年10月の祭礼に行われている囃子曲持は、力持ち曲芸と祭り囃子が
一緒になった芸能で、川崎市の重要習俗技芸に指定されている。
2017-05-04_90.jpg

さて、電車区の中に入っていった根方堀は、その南側へ出てくる。
更には電車区向かい側の個人宅の中へと入っていく。
2017-05-04_91.jpg

1ブロック南の道路に廻り込むと、その先は一般道へと出て、道路右側に
暗渠の歩道が続いている。
2017-05-04_95.jpg

道路は南へと向きを変え、最終地点の江川へと目指して進んでいく。
2017-05-04_97.jpg

今は住宅が続く街並みであるが、数十年前までは田園風景が広がって
いたのだろうか。
2017-05-04_99.jpg

この道に交わる水路敷らしき通路を発見、おそらく田圃の間を縦横に流
れる水路跡であろう。
2017-05-04_100.jpg

暗渠は道の右から左へと移り変わり、なおも暗渠蓋が続いていく。
2017-05-04_103.jpg

その先、暗渠蓋は無くなってしまうが、これは道路整備したためだろう。
2017-05-04_108.jpg

先ほどの電車区から1.4kmほどあるいていくと、江川へと出る。
現在の江川は、せせらぎ遊歩道として人工水路が流れているが、以前はこ
の辺りで水を落としていたのだろうか。
2017-05-04_109.jpg

《参考資料》
『二ヶ領用水支流水路復元図』 ※川崎市立中原図書館所蔵



目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本