大横川 2

小名木川と交差した後、大横川は更に南下する。
前項冒頭で説明したように、ここは亥ノ堀と呼ばれていた区間である。
2017-02-18_83.jpg

途中、福寿橋という鋼製トラス橋が架かっている。
昭和4年(1929)、震災復興橋として架けられた橋で、今なお重厚な趣き
のある橋梁である。
2017-02-18_86.jpg

福寿橋の次の大栄橋の南で、今度は仙台堀川と十字交差する。
2017-02-18_89.jpg

仙台堀川と交差した先、大横川の右手には木場公園が広がる。
(公園は仙台堀川の北側にもあるが、大横川沿いからはやや離れている)
木場公園はもともと貯木場であった場所。
昭和44年(1969)、新木場への移転を受けて防災都市計画の一環として
大規模公園の設置が決まり、平成4年(1992)に開園した。
2017-02-18_102.jpg
江戸時代初期、材木置場は日本橋に設けられていたが、寛永18年(1641)
の大火により焼失、それを契機に深川に木場が設けられ、その後、猿江
を経て元禄14年(1701)、当地に移った。
以来、新木場への移転までの約300年間、木材流通の中心地として機能した。

木場公園の南端付近で、左から横十間川が合流する。
合流とはいっても、ポンプを利用して横十間川の水を大横川へと放流している。
そのため、川底から泡が湧き出しているのを見ることができる。
2017-02-18_93.jpg

この辺り、川沿いには河津桜が植えられている。
訪問時、ちょうど満開の時期であり、早春の街に鮮やかな彩りを添えていた。
2017-02-18_96.jpg

永代通りが架かる沢海橋を越すと、川は右へ90度カーブして西へと向き
を変える。
2017-03-04_2.jpg

そのカーブが終わった場所で、大横川南川支川を分ける。
支川は汐浜運河までの400メートルほどの水路、残念ながら水路沿いを
歩くことはできない。
2017-03-04_8.jpg
なお、かつては支川との分岐点付近で、東から洲崎川が合流していたが、
現在、洲崎川は埋め立てられ、川跡には洲崎川緑道公園が続いている。

支川と分岐した先の左岸に洲崎神社が鎮座している。
五代将軍綱吉の生母桂昌院の守本尊である弁財天を、元禄13年(1700)
江戸城中紅葉山より遷宮、洲崎弁天社とした。
当時は海沿いにあり、潮干狩りなど行楽の名所であったという。
2017-03-04_12.jpg

州崎弁財天社
江戸名所図会州崎 弁財天社』 (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

境内には東京都指定有形文化財の波除碑がある。
寛政3年(1791)、深川洲崎一帯に襲来した高潮により、多くの死者・行
方不明者を出した。
幕府はその後、弁天社から西方一帯を買い上げ、空き地としたという。
波除碑はその空き地の北方の両端に2基建てられたもので、寛政6年頃
の建立である。
2017-03-04_17.jpg

洲崎神社からすぐ先、大横川に赤い橋が架かっている。
新田橋という名前の橋で、木場の開業医、新田清三郎氏が、亡くなった
夫人の供養の意味を込めて、昭和7年(1932)に架橋したものである。
元々は新船橋という名であったが、人望が厚い新田医師は地域の人々
から愛され、新田橋と呼ばれるようになったという。
2017-03-04_22.jpg

現在の橋は平成12年に架け替えられたものだが、以前の橋は八幡堀
遊歩道(後述)脇に移築・保存されている。
2017-03-04_43.jpg

大横川は西へと直線的に進む。
先ほどの支川分岐点あたりからは、大島川と呼ばれていた区間だ。
2017-03-04_26.jpg

今度は平久川と交差、平久川は仙台堀川と汐浜運河を南北に結ぶ水路である。
2017-03-04_29.jpg

平久川を渡ると、もう1基の波除碑が保存されている。
洲崎神社内の波除碑より破損が激しい。
2017-03-04_35.jpg

東富橋の南岸に松平定信の海荘跡に説明板がある。
寛政の改革で知られる松平定信(1759~1829)は造園家としても有名
だったようで、隠居後の文化13年(1816)に抱屋敷を入手した。
園内には二つの池を掘り、築山を配して、桜やツツジ、松や楓などの草木
を植えて楽しんだという。
2017-03-04_60.jpg

海荘の様子は『深川入船町御邸松月斎真写之図』に描かれている。
深川入船町御邸松月斎真写之図
(国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

ここで、少し北にある富岡八幡宮に立ち寄ってみる。
寛永4年(1627)、永代島と呼ばれていたこの地に長盛法師により創建された。
江戸時代、将軍家の手厚い保護を受け、庶民にも信仰された。
現在でも多くの参拝客で賑わいを見せる。
2017-03-04_54.jpg

富岡八幡宮の東側には八幡堀遊歩道が200メートルほど続く。
八幡堀は北を流れていた油川(現:首都高速深川線)の支堀であり、
八幡宮を取り囲むように造られていた。
震災復興事業などで埋め立てられたが、東側の一部だけ遊歩道として
整備されている。
2017-03-04_48.jpg
遊歩道の中ほどに架かっているのは八幡橋、もとは楓川(現在は首都高
速都心環状線の一部)に架けられていた弾正橋を昭和4年(1929)に移
設したものだ。
明治11年(1878)に製造された単径間アーチ形式の鉄橋であり、国の
重要指定文化財に指定されている。

大横川へと戻ろう。
東富橋から川沿いに遊歩道が設けられている。
木場公園の南から暫くは川沿いを歩けない区間が続いているので、久々
の水辺の遊歩道という感がある。
2017-03-04_61.jpg

巴橋の南に牡丹住吉神社と称する小さな祠が鎮座する。
享保4年(1719)、佃島漁民の網干場の土地が与えれれ、深川佃町と称した。
当地に佃島住吉神社から分霊した小祠を祀ったと言われる。
深川佃町はその後、「つくだ」または「あひる」と呼ばれる花柳街へと発展
し、明治維新まで繁栄した。
2017-03-04_64.jpg

石島橋の親柱は異色の存在、思わず目をひかれる。
2017-03-04_67.jpg

石島橋の先、東側には古石場川親水公園がある。
古石場川は大横川と平久川を結ぶ短い堀で、河川名の古石場は江戸時
代に石置場があったことに由来する。
古石場川は埋め立てられたが、現在、公園内には人工水路が設けられて
おり、憩いの場となっている。
2017-03-04_69.jpg

清澄通りが架かる黒船橋から西側を望む。
2017-03-04_74.jpg

越中島橋の先、左岸には古い倉庫が並んでいる。
2017-03-04_75.jpg

隅田川の手前、右から大島川西支川が合流する。
現在、支川は屋形船などの停泊地として利用されている。
仙台堀川と結ぶ800メートルほどの支堀、前項記載の通り、大島川は河
川法改正により大横川に改名されたが、なぜかここだけは旧名称が残っている。
2017-03-04_80.jpg

そして大島川水門、昭和33年(1958)、高潮の侵入などから地域を守る
ために造られた。
水門の先で大横川は隅田川へと合流する。
2017-03-04_81.jpg

《参考資料》
『ゆこうあるこう こうとう文化財まっぷ』 江東区教育委員会編
『川の地図辞典 江戸・東京/23区編』 菅原健二著 (之潮)



目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本