千川上水 2

青梅街道を渡ると千川上水は暗渠となり、道路沿いを進む。
上水沿いの道路はその名も千川通り、もちろん千川上水から名づけられ
た道路名である。
暗渠の上は千川上水緑道となっている。
(残念ながら辿った時は改修工事中であった。)
2017-01-21_86.jpg

立野橋交差点脇に小さな祠があり、上石神井立野の庚申塔と、出羽三山
百八十八ヶ所観音供養塔
が収められている。
庚申塔は宝永9年(1704)、上石神井立野村の人々により建立されたも
のである。
また、観音供養塔は天保13年(1842)の建立で、出羽三山と四国・西国・
坂東・秩父出羽三山・百八十八ヶ所観音の文字が刻み込まれているという。
2017-01-21_89.jpg
この庚申塔・観音供養塔の説明板には千川上水の説明もかなり詳しく記
されている。

立野橋交差点から150メートルほど進んだ左側に上石千川児童遊園とい
う小さな公園があるが、この傍には田中水車と呼ばれた水車があった。
説明板によれば、上水流域には10基以上の水車があり、この田中水車は
最後まで残っていた水車で、昭和40年頃まで製粉が行われていたようだ。
写真は園内の説明板に掲載されている在りし日の田中水車である。
2017-01-21_95.jpg

公園内には水車をイメージした児童遊具もある。
2017-01-21_96.jpg

千川用水は西武新宿線上石神井車両基地の南側を進んでいく。
2017-01-21_99.jpg

西武新宿線との交差の手前で、千川用水は一瞬だけ顔を見せる。
わずか十メートルほどの区間だけだが、開渠となりその姿を確認できるの
は嬉しい。
ただ、前項で記したように通水は中止されているため、現在は空堀となっている。
これより先、千川上水が姿を見せることはない。
2017-01-21_102.jpg

その脇、西武線との交差地点には「千川上水橋梁」の文字を確認すること
ができる。
2017-01-21_107.jpg

その先、通りの左側が幅広い歩道となっており、千川上水がその下を通っ
ていることが判る。
ここからしばらく、千川上水は練馬区と杉並区の境界線となっている。
2017-01-21_108.jpg

並木が続く道路を進んでいく。
2017-01-21_110.jpg

新青梅街道と交差した先、道幅は狭くなる。
淡々と道路を歩き続けることとなるが、千川通りに沿っていけばよいので
迷うことはない。
2017-01-21_112.jpg

環状八号線を過ぎて数十メートルほど行くと、旧早稲田通りと交差する。
ここには八成橋が架けられており、そこには八成水車と称する水車があっ
たという。
八成橋はこの少し先のバス停にその名を残している。
2017-01-21_114.jpg

八成橋から約120メートル先、左手に「右 長命寺道」と記された道標が
建っている。
高野台の長命寺方面と江古田、落合方面の岐路に建てられていた道標
であり、江戸時代に建てられたものだという。
高野台にある長命寺は「東の高野山」として人々から信仰を得ており、こ
の道標も参詣者のために建立されたのであろう。
なお、ここには三兵橋が架かっていたようだ。
2017-01-21_118.jpg

千川通りを歩き続けていくと、中野区上鷺宮へと入っていく。
とは言っても中野区内の区間は700mほど、中野区の北をかすめる程度
で、その先は再び練馬区となる。
2017-01-21_121.jpg

西武池袋線富士見台駅の南側、富士見台五差路に達する。
ここには九頭竜橋が架かっていた。
この付近の千川上水は一番深く、谷のようになっていたらしい。
2017-01-21_123.jpg

その先、千川通りの左側には、桜並木が植えられた広い歩道となる。
しばらくは西武池袋線の南側を東進することになる。
2017-01-21_125.jpg

中村橋駅近くまで進むとと、その緑地帯の中に九頭竜弁財天の祠を見る
ことができる。
弁財天の他に「弘法大師」、「子庚申」などと書かれた石碑が立ち並ぶ。
花が活けてあるところをみると、地元の方々によって大切に祀られている
のであろう。
この九頭竜弁財天は、もともと先ほどの九頭竜橋の脇に建っていたが、
昭和31年(1956)頃の暗渠化工事の際、一時的に行方不明となったら
しいが、昭和49年(1974)、この地に再建された。
2017-01-21_127.jpg

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会



次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本