谷端川 1

かつて豊島区要町を水源として板橋、大塚を経て神田川へ流れ出ていた
谷端川を取り上げる。
現在、神田川の支流(開渠)としては善福寺川や妙正寺川が知られるが、
それよりも長く、神田川最長の支流であったが、下流域では昭和10年前後
から、上流域も戦後に暗渠化工事が行われ、昭和39年(1964)に全域が
暗渠化されてしまった。
現在は道路や緑道にその跡を残すのみである。

水源は要町二丁目にある粟島神社(後述)境内の弁天池とされるが、宝永
4年(1707)、奉行所に北方を流れる千川上水に樋を設けることを願い出て、
以降、千川上水から分水した水(長崎村分水)を合わせて流域の田畑を潤した。
谷端川は豊島区や板橋区など上流域での名称で、下流の文京区内では
小石川(もしくは礫川)と呼ばれていた。
また千川上水から水をひいていたため、江戸期の文書には千川分水とも
記されているという。(現在でも「千川」と表記している説明板もある。)
このように谷端川には様々な呼称がつけられているが、特に小石川とい
う名前は地名として現在も残っているので、こちらの方が馴染みがある
かとも思う。

今回は千川上水からの分水地点からスタートすることとしよう。
東京メトロ有楽町線・副都心線の千川駅の小竹向原寄りに千川用水跡の
道路がある。
おそらくここが、用水からの分水地点と推定してよいのではないだろうか。
2016-10-29 10 30 29

その地点から要町通りを250メートルほど南進すると、斜め右へと入って
いく道路がある。
千川上水からの分水はここを流れていたようだ。
2016-10-29 10 46 51

更に200メートルほど進むと、左手に粟島神社が鎮座している。
境内の由緒碑には次のように記されている。
ここは清水の湧出する静謐の地であった
泉は溢れ川となってこの地を潤し のちに谷端川の源泉ともなった。
清泉をめぐって樹木が鬱蒼と茂り 神韻の地として畏敬された。

境内には小さな池があるが、現在は住宅地の中の社であり、往年の雰
囲気を感じることはできない。
2016-10-29 10 50 57
創建年代は不詳だが、鎌倉の末期頃から罔象女(水の神)が祀られ、い
つしか弁天様として地元民に親しまれるようになったらしい。
また、江戸期から大正末期まで、雨乞祈祷の聖地となっていたと由緒碑
に記されている。

粟島神社の先、一般道を更に歩き続ける。
この辺りでは、谷端川が流れていた形跡を見つけることはできない。
2016-10-29 11 37 23

途中、左手に千早フラワー公園という児童公園があり、園内には都営大
江戸線(当時は12号線と称した)の試作車が展示してある。
平成3年に豊島区が東京都交通局から譲り受け、公開・展示しているものだ。
2016-10-29 11 45 46

谷端川跡の道路を歩いていくと、そのまま椎名町駅北口のサンロード商
店街に入っていく。
2016-10-29 11 50 07

粟島神社から谷端川は南下を続けてきたが、西武池袋線を渡る東へと
向きを変え、更には山手通りを越えた先で北へと流れを変える。
この辺り、北から舌状台地が張り出し、川はその台地に沿うように流れていた。
2016-10-29 11 58 02

椎名町駅の北、舌状台地の先端に真言宗豊山派の金剛院がある。
大永2年(1522)、聖弁和尚によって長崎村に開創された。
当初は現在地より北西へ800mほどの場所にあったが、延宝年間(1673
~81)火災にあい、現在地へ移転した。(元禄年間という説もあるようだ)
2016-10-29 12 09 23

金剛院の門前には、道標地蔵尊が建てられている。
寛政8年(1796)の建立で、道標を兼ねており、左右には「北・下板橋道、
南・ほりのうち道」と刻まれている。
2016-10-29 12 06 35

山手通りを超えて、400メートルほど行くと向きを北へと変え、西武池袋
線の線路に突き当たる。
道路は行き止まりとなるが、手前には児童遊具があり、ちょっとした遊び
場となっている。
2016-10-29 12 24 36

再び西武線を迂回すると、谷端川緑道が始まる。
ちょうど山手通りの東側に沿うように続く緑道で、東武東上線の下板橋ま
で3kmほどの長い緑道だ。
(厳密には、川越街道を境に谷端川南緑道と谷端川北緑道に分けられている。)
緑道沿いの所々に緑道散歩マップが掲示されており、マップにはかつて
谷端川に架けられていた橋の名前が記載されている。
2016-10-29 12 31 26

線路との交差部から150メートルほど行った道路沿いに羽黒神社が鎮座する。
延宝年間の創建とされ、山形の出羽三山より分霊された。
2016-10-29 12 35 50

緑道は立教大学の西側、西池袋の住宅街の中を進んでいく。
2016-10-29 12 45 15

途中には、水生動物をイメージしたタイルなどもあり、淡々と歩いているわ
りには飽きない。
2016-10-29 13 01 59

行く手に首都高速池袋線の高架橋が見えてくる。
谷端川緑道は豊島区と板橋区との区境となっており、川が行政界を分け
る典型的な例である。
2016-10-29 13 12 48

川越街道を越すと谷端川北緑道、とはいっても相変わらず住宅街の中を
進むタイル張りの緑道が続く。
2016-10-29 13 34 15

途中の車止めには、かつてのいる橋の名が記されてものもある。
2016-10-29 13 36 51

東武東上線まで北上したあと、進路を北から東へと進み東上線の留置線
沿いを進んでいく。
2016-10-29 13 39 11

下板橋駅の西側踏切脇で谷端川は東上線と交差していた。
かつて橋梁があった場所の手前は、現在、自転車置き場として活用されている。
2016-10-29 13 45 48

《参考資料》
『旧谷端川の橋の跡を探る』 豊島区立郷土資料館友の会



次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本