稲付川(北耕地川) 2

姥ヶ橋交差点の北側の一角に下へと下りる階段がある。
この階段を下りていくと稲付川のかつての川筋へとなる。
階段脇には「稲付の小径」という散歩道の案内板が掲げられており、川跡
を含む赤羽駅への散策案内が記されている。
稲付川からやや離れるのでこの記事では取り上げないが、赤羽駅近くの
静勝寺は大田道灌が築いたとされる稲付城跡であり、機会があれば訪問
をお勧めしたい。
2016-09-25_55.jpg

階段を下りると狭い暗渠道が北東方向へとのびている。
2016-09-25_58.jpg

道路の左右は崖となっており、前項で歩いてきた用水跡とは雰囲気が明
らかに違う。
道の下からは下水道であろうか、水音が聞こえ、川跡の様相が強くなっている。
2016-09-25_60.jpg

道路右側の広めの歩道がかつての水路であろうか。
かつてはこの辺りに水車があったとされ、そのことは左手の台地へ上る
坂(階段)に水車坂と名づけられていることにその証を残す。
(水車坂は写真奥の自動車の辺りを左へと入る。)
2016-09-25_64.jpg

川跡の道路は一本道であるため、容易に辿ることができる。
2016-09-25_65.jpg

稲付川が流れる谷筋が判るように左手の丘から俯瞰してみた。
木々が生い茂る場所が向かい側の丘であり、その間を稲付川が流れていた。
現在でこそ住宅が立ち並ぶが、かつては川沿いに田圃が広がる風景が
展開されていたのではないだろうか。
2016-09-25_69.jpg

その左手の谷が途切れたところに曹洞宗の岩淵山鳳生寺がある。
文明10年(1478)の建立で、大田道灌が開基したと伝えられている。
元々は岩淵宿にあったが当地に移転、そのため岩淵山を号しているという。
2016-09-25_72.jpg

西が丘小学校の北側を通り抜けていく。
その先には、埼京線の高架が見えてくる。
2016-09-25_75.jpg

ここで再び稲付川左側の丘へと上り、稲付香取神社と法真寺を訪ねてみた。

稲付香取神社の創建は不明、旧稲付村の鎮守であった。
この神社の本殿(奥殿の中に安置)は、三代将軍家光が霊夢を見たこと
により、上野東照宮の旧本殿を移築したものと伝えられる。
また、稲付村は十七世紀半ばの郷帳に「御神領」と記され、寛永寺領に
属していたようだ。
2016-09-25_78.jpg

神社の西側には、日蓮宗の稲付山法真寺がある。
天正元年(1537)、日寿上人により開山された。
2016-09-25_82.jpg

稲付川跡へと戻り、新幹線や東北本線を越えて流れていた。
前項で記載したように、稲付川は用水路として使用されていたので、
水路はこの辺りで幾筋かに分かれ、現在の赤羽の東側の田圃を潤してい
たようだ。

ガードを越えた先に続く道路があるが、川はこの道路の右側、大日本印刷
赤羽工場の敷地内を流れていたようだ。
2016-09-25_84.jpg

稲田小学校の南を過ぎて、更に東へと向かう。
この辺りは神谷の住宅街となっているが、特に川の痕跡は見当たらない。
2016-09-25_87.jpg

都営住宅の先に、ようやく蛇行する歩行者用通路があった。
2016-09-25_89.jpg

その歩行者用通路を抜けると北本通り(国道122号線)へと出る。
道路を渡った先に古い橋の欄干があり、その先に梯子状の開渠がある。
隅田川の手前になって、稲付川はようやくその姿を現わす。
ただ残念ながら、この地は隅田川沿いの2つの工場の境界にあり、そこ
を辿ることはできない。
2016-09-25_92.jpg

仕方なく、北本通りを400メートルほど南下し、環七が隅田川に架かる新
神谷橋へと廻り、橋の上から合流地点方向を遠望してみた。
できれば隅田川の対岸から合流地点を見てみたかったが、対岸もコンク
リートの高い堤防(通称「カミソリ堤防」)となっており、橋の上から眺める
しか術がなかったのは残念だ。
2016-09-25_95.jpg



目次
   

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本