新宿糀谷村用水

新宿糀谷村用水は、蛸の手で六郷用水南堀から分かれ、糀谷を経由して東
京湾へと流れ出ていた用水路である。

蒲田高校脇にある用水の説明板(後述)には次のように記載されている。
新宿糀谷村用水は、道塚村・蒲田新宿村から糀谷村の南、荻中村の北を
通って浜竹用水へと続き、南前堀へ流れて東京湾に落ちていました。
用水は、農業用水としてはもちろんのこと、生活用水として欠くことの出来
ないものでした。
そのため、「生命の水」とも呼ばれていました。


また説明の後半では、「鮒やめだかが泳ぎ、ホタルが飛びかっていました。
とも記されている。
現在では考えられないことだが、六郷用水自体が相当の清流だったこと
が想像できる。

本編では、上の説明文にある浜中用水、南前堀を含めて、追っていくこ
ととしよう。

下丸子付近で分かれ、矢口を流れてきた六郷用水南堀は、蛸の手で子の
神堀や中宿堀に分かれるが、新宿糀谷村用水もその分水の1つである。
蛸の手があった地は、現在、京浜東北線の電車車庫となってしまっており、
目にすることはできない。
2016-09-17_5.jpg

車庫から北東方向に伸びる道路がかつての用水跡であり、水路跡によく
見られるように、緑地帯がある歩道として続いている。
2016-09-17_7.jpg

東海道線を越えると、用水は都立蒲田高校の校内を流れていた。
迂回していくと高校脇の小さなスペースに新宿糀谷村用水跡として展示さ
れており、そこに掲げられている説明板に、冒頭の説明文が記されている。
六郷用水自体の説明は各所にあるが、支堀の説明がなされているのは珍しい。
2016-09-17_16.jpg

そこから数十メートルほど行った場所に小さな祠の新宿稲荷神社が鎮座する。
由緒は不明、倉稲魂神を祭神としている。
2016-09-17_23.jpg

その先、新宿糀谷村用水の跡は道路として東へ続いている。
蛇行している道路形状が、水路であったことを物語っている。
2016-09-17_26.jpg

やがて京急本線を越え、その先も第一京浜や環八と交差していく。
2016-09-17_29.jpg

環八との交差後、用水は右へと曲がり、環八と京急空港線との間を進ん
でいたようだ。
2016-09-17_35.jpg

糀谷駅の手前で京急線を越え、線路沿いを歩いていく。
2016-09-17_38.jpg

糀谷駅脇には嘉吉2年(1442)、僧一心が開基したという真言宗寺院の
王堂
がある。
2016-09-17_40.jpg

駅を過ぎて、おいで通りという商店街を入っていく。
タイルを敷き詰めた道路の商店街だが、かつてここが水路であったという
ことは、あまり感じられない。
2016-09-17_41.jpg

さらに歩いていくと、道沿いに糀谷地蔵堂が建てられている。
脇の説明書きによると、享保元年(1716)、荏原郡糀谷村に安置されたという。
戦時中の空襲により焼失したが、戦後、地蔵を掘り出し、修復して再建した。
2016-09-17_43.jpg

商店街から続いてきた道路は、京急線に近い道路と合流、そこには歩道
が続いている。
2016-09-17_46.jpg

この道を暫く辿ることになるが、途中、右手の京急線踏切脇に三徳稲荷
神社と糀谷観音堂が鎮座している。
三徳稲荷神社は宝暦6年(1756)の建立、関東大震災や戦争で被災、
戦後一時期、米軍に土地を接収されたが、返還後に再建されたという。
2016-09-17_50.jpg

隣接する糀谷観音堂は、踏切死亡事故で命を落とした人達の魂を弔うた
めに安置されたもの。
2016-09-17_48.jpg

用水跡に戻り、更に東進する。
浜竹図書館の案内板が見えてくるが、この辺りがかつての荏原郡浜竹村で
あり、浜竹用水と呼ばれた区間であったのであろう。
ちなみに浜竹村は明治12年(1879)、糀谷村へ編入されている。(Wikip
ediaによる)
2016-09-17_54.jpg

大鳥居駅の北で産業道路を渡り、数十メートルほどいくと羽田道の碑がある。
羽田道は旧東海道の内川橋際から分岐して羽田へ至る古道で、羽田
弁財天への参詣や、羽田付近の海産物を江戸へ運ぶ道であったと記されている。
ここには浜竹用水を渡るための権助橋という名の橋が架けられていたそうだ。
2016-09-17_61.jpg

その先、南前堀緑地が二本の道路に挟まれた形で続く。
2016-09-17_64.jpg

長さ350メートルほど、幅20メートルほどの緑地で、緑地内には児童遊具
が設置され、近所の子供たちの良き遊び場となっているのであろう。
2016-09-17_66.jpg

緑地を出ると、眼前に首都高速羽田線が迫ってくる。
2016-09-17_72.jpg

首都高速は南前堀の上に建設され、現在でも高速の下は小型船舶の停
泊地となっている。
但し、用水堀ではなく、跡を利用した入江である。
2016-09-17_72.jpg

その水路が海老取川へと出る地点に南前堀水門が設置されている。
海老取川は多摩川の分流ではあるが、既に東京湾の潮汐により水位が
変化する河川であり、汽水域となっている。
海老取川の対岸にはモノレールが走り、羽田空港の整備場の建物群が
並んでいる。
2016-09-17_78.jpg



目次
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本