根堀川 2

根堀川は調布市南部の崖線下を流れていく。
相変わらず川沿いに進むことはできず、迂回しながら追いかけていくことになる。
(写真の右岸の通路は管理用)
2016-06-25_87.jpg

宮下橋の左岸、崖の上には上石原若宮八幡神社がある。
創建年代は不明、応神天皇の皇子仁徳天皇を祭神としているので、若宮
八幡と呼ばれ、上石原村の鎮守であった。
慶応4年(1968)、甲陽鎮撫隊を率いて上石原村に到着した同村出身の
近藤勇は、この神社の方向に拝礼し、戦勝を祈願したと言われている。
2016-06-25_82.jpg

川は三面コンクリート護岸の無機質な状態で続いている。
2016-06-25_92.jpg

鶴川街道が架かる石原橋からの風景、石原橋は街道の坂の途中に架か
っているため、このように上から根堀川を眺めることができる。
2016-06-25_93.jpg

桜堤通りに架かる新稲荷橋から撮影、川はわずかに蛇行している。
この辺りには小島用水の取水口があり、根堀川北側の水田を潤していた
というが、取水口の痕跡はない。
2016-06-25_106.jpg

この新稲荷橋の東には調布市郷土博物館があり、調布市の歴史を展示している。
川や用水などの展示は殆どないが、近藤勇生家(野川2参照)の再現模
型があり、なかなか興味深い。
新稲荷橋から歩いて数分の場所なので、立ち寄りをお勧めしたい。
2016-06-25_103.jpg

その先、根堀川は京王フローラルガーデンの中へと入っていく。
園内には川底から水が噴出している箇所があるが、これは多摩川の伏流
水が出ているのだという。
フローラルガーデンに入園しなくてもその上流側から水の噴出を見ること
ができる。
なお、この情報は郷土博物館の職員の方から伺ったもので、この場を借り
て御礼申し上げたい。
2016-06-25_111.jpg

フローラルガーデンを抜け、京王相模原線と交差した後、根堀川は多摩
川第二緑道として現れ、京王多摩川駅至近のマンションや住宅街の中を
抜けていく。
だだ、この緑道は、近くの京王閣競輪場で競輪開催時には封鎖されてし
まうので、その際は近隣の道路に迂回することになる。
2016-06-25_119.jpg

500メートルほどの緑道の先、根堀川は再びその姿を見せる。
今までは川沿いを歩くことができなかったが、ここからはようやく川に沿っ
てあるくことができるようになる。
ただ、三面コンクリートの護岸で覆われていて、これといった特徴もないの
で、川歩きとしては面白味に多少欠けるところがあるかもしれない。
2016-06-25_121.jpg
  
2016-06-25_125.jpg

調布市染地へと入り、多摩川北岸の桜堤通りに沿って根堀川は流れていく。
川の右岸には、多摩川河川敷に設けられた公園や企業グラウンドが続く。
2016-06-25_128.jpg

川はかなり深く掘られているため、川の水を確認できるのは所々に架けら
れた橋の上に限られてしまう。
2016-06-25_133.jpg

川の左岸、川と道路との間には遊歩道が設けられている。
所々に彫刻が建てられており、それらを鑑賞しながら歩くことができる。
2016-06-25_136.jpg

その先で突如として根堀川は右へと進路を変え、多摩川へと向かう。
2016-06-25_139.jpg

多摩川の土手へと足を運ぶと、調布配水樋菅と称する水門があり、根堀
川は多摩川へと合流する。
そこは二ヶ領上河原堰堤から下流へ800メートルほど行った地点である。
2016-06-25_142.jpg



目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本