大丸用水押立堀

今回は大丸用水押立堀を紹介する。
資料には押立用水堀や新田堀という文字も見えるが、本ブログでは押立堀と
称することにしよう。

まず、用水を辿る前に、押立という地名から簡単に説明してみよう。
その由来は、
・多摩川の洪水で村内の水田が押し切られたことから押田、転じて押立となった。
・押立左近太夫資能がこの地に住み、鎌倉将軍家に仕えた。
・多摩川の堤防工事で人夫を大勢押し立てた。
など諸説あるという。

もともと、押立村は多摩川の北岸(現:府中市押立)にあったが、江戸時代に
度重なる洪水に襲われ、多摩川は流路を変え、南北に分断されてしまった。
それでも北側の「押立本村」と南側の「向押立」は同一の村として扱われて
いたという。
行政上、押立村が分断されたのは戦後、多摩川南岸地区の稲城村への編
入・合併の動きが強くなり、昭和24年(1949)、村議会および都議会の議決
を経て稲城村へ編入された。

南武線の南多摩駅から、菅堀沿いを歩くこと500m、菅堀から押立堀へ分
岐する箇所がある。
写真の左側が押立堀である。
2016-06-04_4.jpg

住宅沿いを流れていく押立堀、暫くは南の菅堀と並行して流れていく。
2016-06-04_5.jpg

耕整橋の手前で、末新田堀が押立堀の上を越えていく。
末新田堀は、押立堀の始点より数十メートルほど上流で菅堀から分岐、暫
くこの用水の北側を流れて、この場所で交差、再び菅堀へと水を戻す。
2016-06-04_12.jpg

田圃の脇を流れる用水、訪れた時はちょうど田植えが始まる時期であった。
2016-06-04_18.jpg

市道(いちょう並木通りと言うらしい)と交差する手前のタチアオイが綺麗だ。
2016-06-04_19.jpg

その市道を渡ったところで、右に水路を分ける。
『稲城市文化財地図』ではこの水路は新田堀一派と記載されている。
2016-06-04_25.jpg
暫くはその水路と並行するが、実はその手前、先ほどのタチアオイの先で
左に小さな水路を分けており、ここから先は押立堀を中心に3本の水路が
並行して流れているのである。

水路沿いを歩くことはできないので、迂回して水路を眺める。
草が生い茂っているため、3本の水路を同時に写すことはできないが、3
本の水路は並行して流れ続けている。
この辺りは素掘であり、大丸用水の原風景が残っているようだ。
2016-06-04_28.jpg

その先で住宅が途切れ、目の前に畑が広がる。
畑の向こうに見える道路は多摩川の土手を通っている。
ここで一度、用水は限りなく多摩川へと近づくのである。
2016-06-04_33.jpg

並行していた新田堀一派はここでお別れ、畑の手前の道路を右へと曲が
っていく。
その新田堀一派は道路沿いに暗渠で進み、大丸用水本流の菅堀へと水
を落とす。
2016-06-04_34.jpg

さすがに畑の中に入って追いかけるわけにもいかず、大きく迂回してその
先の住宅地へ足を運ぶ。
家の間を清流が流れており、清々しい。
この辺りで東長沼から押立へと入っていく。
2016-06-04_38.jpg

その先は100メートルほどの区間、暗渠となる。
2016-06-04_45.jpg

その区間を抜ける再び開渠、ちょうど季節が良かったのか水路脇にアジ
サイが咲き乱れていた。
2016-06-04_50.jpg

ここで、多摩川土手沿いにある天満天神社に立ち寄ってみた。
由緒は不明、木の茂みに囲まれた小さな祠といった神社ではあるが、昔
日の面影を残すようでかえって興味深い。
2016-06-04_48.jpg

先ほどの紫陽花脇の水路を抜けると、住宅の間、そしてその先は畑の
中を進む水路が見える。
こちらは押立堀から分かれた本田堀という水路であり、押立堀の本流
は暗渠となって左折、1ブロック先の梨花幼稚園脇から開渠となる。
2016-06-04_54.jpg
ただ、水量は本田堀のほうが明らかに多い。
事前に調べていなければ、この本田堀をそのまま追いかけてしまうだろう。
本田堀は、稲城大橋の都道を越えた後は暗渠となって進み、稲城第四
小学校の西で北堀へと合流する。

稲城大橋の南を通り、押立堀はその先も開渠となって進む。
写真奥に見える小さな小屋は、水路を跨いで建てられており面白い。
2016-06-04_59.jpg

この北に押立地区の鎮守である島守神社が鎮座する。
創建は年代不明、江戸時代には押立村の西のはずれにあったが、明治15
年(1882)、この地に遷座したという。
俗に天王様と呼ばれている。
2016-06-04_66.jpg

島守神社から東へ100メートルほど行ったところに押立の渡しの説明板がある。
2016-06-04_64.jpg
現在の稲城市押立と府中市押立町を結ぶ渡しで、人の往来や農作物の
運搬に利用されたという。
但し、多摩川の流路変更に伴い、上流もしくは下流方向へ若干の移動は
あったようだ。
昭和10年に下流の多摩川原橋が、同17年に上流の是政橋が架設され、
その昭和17年(1942)に廃止された。

押立堀は民有地に入ってしまうが、押立の渡し説明板がある市道(四中
通り)に顔を出してくる。
そこには押立堀公園という小公園がある。
公園のシンボルとして建てられているのが火の見櫓、用水が櫓の下を潜
るように建てられている。
2016-06-04_76.jpg
実はこの火の見櫓は、別の場所にあったものを平成10年(1998)にこの
地に移設したものである。
櫓の下には説明板があり、それによると押立地区では大正8年(1919)に
大火があり、翌々年に火の見櫓が設けられたという。
戦時中には鉄材供出により一時は撤去されたが、戦後、櫓が再建された。
その歴史を刻むために公園内にて保存しているようだ。

また、この押立堀公園は市民の手によって開設された公園で、近隣住民
が企画から工事まで携わった珍しい公園だという。
公園内にはこのことを報じた当時の新聞記事が貼られていた。
2016-06-04_77.jpg

公園の東、水路はいったん市道から離れ、堀沿いには遊歩道が設けられ
ているが、市立四中脇で再び道路へ出てくる。
2016-06-04_80.jpg

その後は市道の下を暗渠となって流れている。
但し、道路はきれいに整備されており、水路を感じさせるものは何もない。
2016-06-04_82.jpg

市道を400メートルほど歩いていくと、右側から別の水路が合流してくる。
これは先ほど分けた本田堀から更に分かれた支流であり、押立堀と本田
堀の間を流れている用水である。
合流後、その北側で少しだけ顔を見せるが、また暗渠となってしまう。
2016-06-04_85.jpg

鶴川街道を越えた先で、押立堀排水機場という建物があった。
2016-06-04_90.jpg

排水機場を過ぎると、押立堀はそのまま多摩川へと向かい、多摩川原橋
の下流側で多摩川へと放流される。
上流の大丸用水堰で取水してから、5kmほどの地点である。
2016-06-04_92.jpg

《参考資料》
『稲城市の歴史と文化財』 稲城市教育委員会
『稲城市文化財地図』 稲城市教育委員会



目次
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本