大丸用水北堀 1

稲毛大橋の南で菅堀から分かれ、矢野口、菅野戸呂地区、菅稲田堤地区
を流れる大丸用水北堀を追ってみた。
北堀はまたの名を中野島用水と称し、中野島村を通って現在の登戸駅付
近まで水を供給していたらしい。

菅堀との分岐点である喧嘩口から散策をスタートする。
ここでは菅堀から北堀および中堀が分かれている。
写真ではあまりよく映らないので恐縮だが、写真右側に流れる水路が本流
の菅堀であり、写真左側の場所で北堀と中掘が分かれている。
2016-04-29_10.jpg
この喧嘩口という名称、菅堀の項で記したようにその由来は明らかではな
いが、かつての用水を巡る水争いを連想させる名前である。

その先で稲城大橋から続く都道19号線と交差する。
その道路はアンダーパスする地下道と側道から成り立っているが、地上と
地下の間を大丸用水は函渠(箱渠)で通っている。
写真のように、地下道上の空間に函渠が渡されており、手前から北堀、中
堀、そして菅堀の順となっている。
2016-04-29_14.jpg

都道を渡った先、北堀は住宅の間を抜けていく。
草が生い茂っており、流れを殆ど見ることはできない。
2016-04-29_15.jpg

そのような状況なので、ここは北堀の南側を並行して流れる中堀を追っていこう。
中堀は暗渠として流れ。一般道の歩道として利用されている。
所々にあるグレーチングの中を覗くと、水流が確認できる。
2016-04-29_16.jpg
中堀はこの道路沿いに流れ、途中で開渠となった後、800メートルほど先
で北堀へ合流する。(合流地点は後述)

中堀沿いに歩くとは言っても、やはり北堀のことが気になる。
途中の横道から覗いた北堀の様子。
2016-04-29_20.jpg

都道から400メートルほど行った地点から、ようやく水路沿いをあるくことができる。
2016-04-29_23.jpg

水路沿いの歩行者道を歩いていくと、次の橋からやや広い道が用水路沿
いに続くようになる。
水路南側の家々には通路橋が架かるが、なかには居酒屋の入口の橋も
あって興味深い。
2016-04-29_24.jpg

稲城第四小学校の手前では、北を流れる押立用水堀からの支流、本田堀
が合流する。
2016-04-29_27.jpg

さらには小学校から100メートルほど行くと、今度は南から先ほど説明した
中堀が合流する。(橋の下のため、写真では見えにくい。)
合流した水をあわせ、北堀の水量は増していく。
2016-04-29_31.jpg

その先、一般道から離れ、右へゆっくりとカーブしていく。
150メートルほど綺麗に整備された遊歩道が続く。
遊歩道は駅へ往来する通路として利用されているようだ。
2016-04-29_34.jpg

カーブした先で南武線の高架が見えてくる。
2016-04-29_38.jpg
北堀はここで2本に分かれ(分水地点は暗渠のようだ)、矢野口駅を挟む
ように南北2本の水路が東へと向かう。
ただ南側の水路は、矢野口の駅前ロータリーの下を暗渠で通っているらし
く、整備された駅前広場ではその痕跡すら探すことはできない。

こちらは北側の流れ、きれいに整備されたコンクリート護岸の水路が矢野
口駅北口まで続き、その後はこちらも暗渠となる。
2016-04-29_41.jpg

矢野口駅の東側を通る鶴川街道を渡った先で、北側の水路は開渠になる。
2016-04-29_43.jpg

南側の水路も、鶴川街道の東側で顔を出す。
こちらは住宅の間を抜けていくので、水路沿いに歩くことはできない。
2016-04-29_49.jpg

北側の水路沿いに歩いていくと、矢野口白山神社が鎮座している。
由緒は不明、大きめの祠といった神社である。
2016-04-29_45.jpg

白山神社から先、水路は暗渠の歩道となって進んでいく。
2016-04-29_50.jpg

その道路沿いに馬頭観世音塔が並べられている。
この付近の馬頭観世音塔をこの地に集めたものだろうか。
説明板によると写真右のひときわ大きい塔は文化13年(1816)の建立で、
もともと多摩川の渡船場近くなったものらしい。、
文字だけを彫るのが一般的であり、このように馬頭観世音を浮彫にしたの
は珍しいという。
2016-04-29_51.jpg

北堀は多摩川の手前まで近づく。
数十メートル先は、多摩川の土手である。
稲城市から川崎市へと入ったところで、北と南の2本の水路が合流する。
2016-04-29_55.jpg

《参考資料》
『稲城市文化財地図』 稲城市教育委員会



次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本