大丸用水大堀 2

都道を越えた先も大丸用水大堀は開渠で東へと進む。
2016-04-16_77.jpg

大堀は水路沿いに歩ける場所が少ない。
考えてみれば、それが用水路の本来の姿なのだろう。
迂回しながら流れを確認していくことになるが、その場所それぞれに風景が
変わり、それも水路歩きの楽しみの一つと言えるかもしれない。
2016-04-16_80.jpg

稲城第一小学校脇で南から水路が合流していた。
2016-04-16_84.jpg

小学校の東側に水門があった。
ただ歩いた時には、この付近では区画整理事業が進行中であり、流路変更
のためのボックスカルバートが置かれていた。
ということは、この水門ももしかしたらあと短い命なのかもしれない。
2016-04-16_89.jpg

その先、一足先に区画整理が終わった場所では、用水は暗渠化されており、
流路もわからないほどに整備されてしまった区間が200メートルほど続く。
区画整理地区の先、再び開渠となって大堀が現れる。
水路脇に細い歩行者道があり、水路沿いを歩ける数少ない場所となる。
2016-04-16_94.jpg

稲城の名産である梨の畑が水路沿いに広がる。
2016-04-16_98.jpg

一般道が架かる橋の下では左に堀を分水している。
2016-04-16_100.jpg

鶴川街道を渡った先では、今度は水路が合流していた。
2016-04-16_104.jpg

そして今度は右へと分水している。(本流はここを左折している。)
このように目まぐるしく、分水、合流を繰り返しながら下流へと流れていく。
どの分水路がどのようにつながっているのか、混乱してしまうが、それが用
水路の醍醐味でもある。
2016-04-16_107.jpg

畑の中を進む大丸用水大堀。
2016-04-16_111.jpg

上の写真の奥、マンション脇の茂み付近で、北から豊掘が合流し、向きを南
へと転ずる。
豊堀は川崎街道沿いを進む菅堀から分かれ大堀へと流れ込む僅か100メ
ートルほどの水路である。
2016-04-16_112.jpg

菅中学校へと達すると、用水は中学校の敷地を迂回するように流れていく。
2016-04-16_120.jpg

中学校の迂回する箇所では一時的に暗渠となるが、その先はまた開渠となる。
何となく川幅が広がっているような気がする。
2016-04-16_123.jpg

菅の住宅街の中を進む大丸用水。
その住宅街の先には京王相模原線の高架橋が見えてくる。
ゴールの三沢川合流地点は近い。
2016-04-16_128.jpg

相模原線の南の住宅街の中に、菅八雲神社が鎮座する。
鎌倉時代の創建と言われ、もともとは天王社として福泉寺(廃寺)の境内
にあったという。
福泉寺廃寺後は神社として独立、明治初年の神仏分離令後に八雲神社と
称したようだ。
2016-04-16_157.jpg
神社脇を流れる暗渠は大堀ではなく、菅堀から三沢川の新指月橋へと流
れる支流である。

京王線を潜った後、200メートルほどで、大丸用水大堀は三沢川へと合流
する。
そこには大きな水門が設置されている。
2016-04-16_135.jpg

こちらは三沢川の対岸から見た風景。
大堀を流れてきた水が音をたてて、三沢川へと落ちていた。
2016-04-16_138.jpg

《参考資料》
『稲城市文化財地図』 稲城市教育委員会



目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本