大丸用水菅堀 1

稲城市を中心として張り巡らされている大丸用水を紹介しよう。
稲城市大丸の「一の山下」で多摩川から取水し、枝分かれを繰り返し、ま
た時には合流し、稲城市および川崎市多摩区を網の目状に流れていく。
その水路の延長は、幹線系および支堀を合わせて70キロにも及ぶという。
実際、現地を訪れると、分かれた水路が何処へ行き、何処から来た水路
が合流するのかわからないほどである。
その全てを追いかけることはとてもできないが、本ブログでは幹線系の水
路をいくつか紹介していくこととしよう。

大丸用水の開削時期や過程は残念ながらよくわからない。
参考資料に挙げた稲城市史でも「おそらく徳川家康の関東入府より十七
世紀までの間に、年貢徴収の前提としての農業生産力の上昇を目指して
大規模な治水・利水政策の一環として行われたものと考えられる。」と記
載されている。
江戸期には大丸村・長沼村・押立村・矢野口村・菅村・中野島村・菅生村・
五反田村・登戸村の九村による大丸用水九ヶ村組合が組織され、堰や
堀の修繕など維持管理が行われていた。
時には他の用水と同様、水を巡る争論がたびたびおこったという。

大丸用水の幹線系水路にはそれぞれ堀の名が付けられている。
前述の通り、いくつもの水路が分かれているので、どれが本流なのかは
決めかねるが、稲城市の観光パンフレットなどで大丸用水として紹介され、
比較的気軽に散策ができる水路という観点から、本ブログでは菅堀を基
幹として、徐々に他の堀を紹介しようと思う。

多摩川から用水への取り入れ口である大丸用水堰は、南武線鉄橋から
上流方向へ500メートルほどの地点、土手を歩いて向かうことになる。
こちらが用水堰の全景、多摩川の川幅いっぱいに堰が設けられている。
以前はやや下流にあったようだが、昭和18年(1943)この地に移された。
江戸時代には幅二間ほどの圦樋(水門)が設けられていたという。
2016-03-26_16.jpg

多摩川右岸には取水口があるが、取水口そのものを見ることはできない。
土手の道もここで行き止まり、それより上部は通行禁止である。
2016-03-26_11.jpg


用水はここから南武線鉄橋付近まで、多摩川に並行するように暗渠で流れていく。
そして鉄橋手前で顔を出し、線路沿いに流れる。
なお、菅堀と大堀の分量樋(後述)までの区間をうち堀と称される。
2016-03-26_24.jpg

水路沿いに歩くことはできないので、迂回していくと用水は線路と交差し、
南武線の北側へと出てくる。
この先は府中街道を渡り、南多摩駅の北口広場へと向かう。
駅前ということもあり、用水は再び暗渠となる。
2016-03-26_30.jpg

ここで南多摩駅周辺の史跡へと寄ってみよう。
南武線の南側には、天台宗の国宝山医王寺がある。
創建年代は不詳、延宝6年(1678)に了海が中興したという。
元々は300mほど東側にあったが、昭和52年(1977)川崎街道の道路拡
張工事に伴い、当地に移転した。
2016-03-26_6.jpg

更には南多摩駅南側の住宅地の一画に大丸城跡の説明板がある。
かつてはここから南東方向に城山と言われる丘陵があったそうだが、多摩
ニュータウン造成工事に伴い、姿を消した。
2016-03-26_4.jpg
山頂の主郭をおく山城で、南北朝時代から戦国期にかけて使用された見張
台程度の規模であったという。
造成工事に先立って行われた発掘調査では、古墳時代の横墳墓や奈良時
代の瓦窯跡などが発見された。
なお、説明板の西側には稲城市立中央図書館がある城山公園があるが、
位置的にいってこちらは城郭とは関係ないようだ。

南多摩駅北口の一画に菅堀大堀の分水地点がある。
かつては分量樋があったそうだが、駅前広場の工事により分量樋はなくなり、
単なる分岐点へと変わっていた。
遺跡としてなんとか残せなかったものかと思う。
2016-03-26_32.jpg
ここで大堀が南へと分かれていく。
大堀は主として大丸村用として、菅堀は菅村や長沼村・押立村など他村用
として、1:2の割合で分けられていた。

南多摩駅から、菅堀沿いに大丸親水公園が続く。
公園の説明板によれば、「光と清流と緑の小径」をテーマとし、用水沿いの
散策路を中心に小公園などを配置しているようだ。
2016-03-26_35.jpg

途中、吉田新田堀が菅堀の上を跨いでいく。
2016-05-14_2.jpg

吉田新田堀に水が流れるのは農繁期だけであり、農閑期になると下の写
真のように水路橋は空堀となってしまう。
2016-03-26_45.jpg

その先、押立用水堀が左へ分かれていく。
2016-03-26_49.jpg

押立用水堀と分かれた先には親水施設がある。
2016-03-26_53.jpg

石垣護岸が続く用水を見ながら、気持ちよく散策することができる。
2016-03-26_55.jpg

2016-03-26_58.jpg

またもや分水箇所、ここでは新堀が右へと分かれていく。
新堀は稲城長沼駅方面へと向かい、再び菅堀へと戻ってくる水路である。
2016-03-26_60.jpg

菅堀は新堀と分かれた後、北へと大きく蛇行していく。
2016-03-26_65.jpg
ここでも小さな堀が右へと分水している。
分水が続き、読みにくい文章となり申し訳ないが、現地を歩いていても混乱
してしまう。

用水沿いに雁追橋跡の碑と説明板がある。
2016-03-26_66.jpg
江戸時代、御殿女中として働いていた女性がこの地に移り住んだ。
大変美しく気立てがよいので、男たちは野菜などを貢いだが、貞淑な女性で
あったため、男たちは帰されてしまった。
その様子から、「雁と同じように男たちが集まってくるが、すぐに追い返され
てしまう」と例えられたという。
女性は末永くこの地に住み、「鴈追婆さん」と呼ばれ、橋の由来となったという。

雁追橋跡を東へと入っていくと、上新田津島神社が鎮座する。
創建年代は不明、一説によると、は天慶8年(945)、多摩川の氾濫とその
後の病難から救うために牛頭天王を祀ったことに始まるともいう。
愛知県津島市の津島神社を分霊したと伝えられる。
明治初期の神仏分離令に伴い八坂神社と改称、その後、愛知の本社の改
称に伴い津島神社と再度改称した。
2016-03-26_70.jpg

菅堀はその後、一般道を越えてゆっくりとカーブして、向きを北東から南東
へと変える。
2016-03-26_72.jpg

その先、用水沿いの遊歩道はなくなり、住宅街の中へと入り込んでしまう。
2016-03-26_73.jpg

近くの道を迂回して、菅堀の行方を確認する。
先ほどまでの石積み護岸とはだいぶ雰囲気が変わってしまった。
2016-03-26_75.jpg

稲城長沼駅の北で、水路は再び北東へ向きを変えていく。
この辺りで菅堀は大きく蛇行しているのである。
2016-03-26_80.jpg

その先では畑が広がり、なんとその中を素掘の水路として流れていた。
大丸用水の原風景を見たような光景である。
2016-03-26_88.jpg

《参考資料》
『稲城市史』 稲城市
『稲城市の歴史と文化財』 稲城市教育委員会
『稲城市文化財地図』 稲城市教育委員会



次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本