小金井野水

小金井市南部を流れる野川の支流、野水(野溝ともいう)を取り上げる。
野水という名前は、一般的には窪地からの小流を意味する。
そのため野水と呼ばれる場所はここだけではなく、例えばやや下流の野川公園の
地名は調布市野水となっている。
そのため他と混同しないように、ここでは小金井野水として扱うこととしよう。

小金井野水は小金井市前原地区を流れる小さな流れである。
今でこそ周囲には住宅が立ち並ぶが、おそらく昭和初期頃までは森が広がる武蔵
野の原野的な風景が広がり、小金井野水がその中を流れていたのではないだろうか。
そのような流れであるがために、小金井野水について書かれている文献は見当たら
ないが、小金井市文化財センターの展示パネルの中に、野水について説明してい
るものがあったので、その一部を引用してみよう。

…今は忘れ去られてしまった川に野水(野溝)があります。(中略)水源地(野
水場)は府中市新町2-9の一帯(現府中第五中西)でした。
例えば調布市野水などの地名の残るように、小金井近辺には野水と称する雨期
に氾濫を起こす低地帯が他にもありましたが、この野水は最後まで太古の川とし
ての形態を残したものです。
(中略)野水の流域には蛇窪あるいは蛇窪台という旧地名が残り、野水が蛇行し
て流れる意味かもしれません。


ということで、今回のスタートは上記説明文にある府中市新町2-9とする。
いちょう通りと称する南北の通りの東側一帯の住宅地である。
訪れてみると僅か数十センチとはいえ、周囲からはわずかに窪地となっていることが判る。
2016-01-16_1.jpg

ここを水源として小金井野水が流れ出していたということだろう。
残念ながら、現在は住宅や畑地となっており、流路を見出すことはできない。
しかたなく、東へと向かう道路を歩いていく。
行く手に見えるのは府中第五中学校、この中学校のどこかに小さな小川が流れて
いたのだろうか。
2016-01-16_4.jpg

水路として最初に確認することができるのは。中学校の先のふじの木公園と称する
小さな児童遊園。
ここから東へと水路跡の歩行者道が続いている。
2016-01-16_9.jpg

その歩行者道は100メートルほどで小金井街道へと出てくる。
写真は小金井街道に出てきた場所。
2016-01-16_12.jpg

小金井街道から先、暗渠道が続く。
2016-01-16_14.jpg

続いて新小金井街道を渡り、歩行者道は北東へと向かう。
道路との交差部分には段差があり、スロープや階段が設けられている。
2016-01-16_18.jpg

やがてその歩行者道は東八道路にぶつかる。
東八道路を越えると、小金井野水の水路跡は前原遊歩道という緑道に変わる。
2016-01-16_22.jpg

緑道は東へと向きを転じ、東八道路に並行するように進む。
この遊歩道は舗装されておらず、土がむき出しのままで歩きにくい。
殆どの方は東八道路の歩道を利用するのではないだろうか。
2016-01-16_24.jpg

その先で緑道は、東八道路に飲み込まれてしまう。
仕方なく歩道を150mほど進むと、今度は前原町四丁目遊歩道という名前にな
って現れる。
但しこの遊歩道は100メートルもない蓋暗渠の道路であり、その先は住宅の間の
暗渠(通行禁止)へとなってしまう。
2016-01-16_30.jpg

前原1丁目交差点の北へと回り込むと、小金井野水は石材店の脇で突然、開渠
となって顔を出す。
開渠といっても十数メートルの区間であり、石材店の周囲のここだけ暗渠化を免れ
た感がある。
2016-01-16_33.jpg

この辺りは石材店や仏具店が多いが、多磨霊園が近いためであり、東八道路の
南側には広大な霊園が広がっている。
多磨霊園は大正12年(1923)に開園した我が国最初の公園墓地であり、128
ヘクタール(東京ドーム27個分)という広大な面積を持つ。
霊園内には数多くの著名人が埋葬されており、故人を偲ぶことができる。
写真は「若い人」「青い山脈」などの著作で知られる石坂洋二郎の墓所、東八道
路側の小金井門からも近い。
2016-01-16_38.jpg

先ほどの開渠の場所から一般道を越えて反対側、今度は前原町一丁目遊歩道
が始まる。
先ほどは四丁目、今度は一丁目と、小金井野水の遊歩道は丁目ごとに遊歩道の
名称が変わる。(更に辿るとこの先、二丁目遊歩道となる)
このように名前がコロコロ変わる遊歩道というのも珍しいかと思う。
2016-01-16_41.jpg

前原の住宅の間を進んでいく遊歩道、人とすれ違うことは少ないが、その割には整
備が行き届いている。
2016-01-16_45.jpg

前原2丁目8番付近で緑道は右折する。
かつてこの辺りで、野川沿いを流れていた田用水と合流していたという。
2016-01-16_46.jpg

遊歩道に沿う道路が上り坂となり、段差が生じる。
2016-01-16_47.jpg

一般道との交差部にある橋の痕跡。
2016-01-16_51.jpg

橋跡から数十メートルほど行くと遊歩道は終了してしまう。
さらに住宅街の中を200メートルほどいくと、武蔵野公園に突き当たり、その手前を
左に折れると、野川に架かる小金井新橋に出る。
その小金井新橋のたもとには大きな吐口があり、ここで小金井野水は野川へと合
流している。
2016-01-16_61.jpg


※ ふじの木公園より上流側は推定ルートです。

目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 通りすがりの者ですが

kami855さん
はじめまして。

いつも御覧頂いているとのこと、ありがとうございます。
ブログを書く励みとなります。

>府中5中近くに府中市の市民プールがありますが
>そこの水源がもしかしたら地下水かもしれません。

確かにその可能性はありますね。
なぜあそこにプールがあるのか?ということも考えたことがありました。
小金井野水については4年ほど前にも辿ったことがありまして、その際は、プール辺りが水源かなと思っていました。
その後、文中で引用した文化財センターの展示をみて、5中の西側まで延びていたことを知り、今回改めて辿った次第です。

あと府中六小の南側に窪地があるとの情報、ありがとうございます。
確かにGoogleMapで確認すると、浅間山公園の南西あたりに暗渠道らしきものもありますね。
多摩川に出るのか、はたまた東進して飛行場方面に進み、野川へ出る可能性もあるのかなとも思います。

なお、非公開でコメント頂きましたが、返信の都合上、一部引用させて頂いたことをご了承ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本