横十間川 2

引き続き、横十間川沿いには「水辺の散策路」という散策道が続く。
2016-01-10_78.jpg

大島橋の先、一風変わった橋が見えてくる。
小名木川との交点に架かる小名木川クローバー橋で、四方の川岸からX字状に
架けられた歩行者自転車専用橋である。
2016-01-10_80.jpg

橋の中央に立つと、横十間川、小名木川の両方を見渡すことができ、東京スカイ
ツリーも遠くに望むことができる。
撮影した写真をつなげてパノラマ化してみた。(クリックで4方向表示)
2016-01-10_100_wide.jpg

前項で記載した通り、ここまでが当初(万治2年)に開削された区間であり、ここか
ら先は元禄期に延長された区間である。

クローバー橋を渡ると、大横川水門があり、水が排出されている。
おそらく親水公園内の池の水を排出しているのではないだろうか。
2016-01-10_105.jpg

水門の南側から、横十間川親水公園が始まる。
大横川への合流点まで約2km続く、細長い公園である。
この付近では水上フィールドアスレチックなどもあり、子供たちの良き遊び場となっている。
2016-01-10_106.jpg

清州橋通りが架かる岩井橋、清州橋通り沿いにはかつて境川と呼ばれる堀が存
在していたという。
小名木川から分岐して、中川(現、荒川放水路)へと流れていたという。
昭和5年(1930)に埋め立てられて、道路となった。
2016-01-10_108.jpg
そしてこの岩井橋については、鶴屋南北作『東海道四谷怪談』における第三幕
「砂村隠亡堀の場」の舞台となったところであるという。
作品中で、戸板にくくりつけられた、お岩さんと小仏小平が流れついた場所がこの
岩戸橋の辺りであるという。
この作品自体はフィクションであるが、「不貞をはたらいた男女が一枚の戸板に釘
づけにされて神田川に流された話」「心中者の死体が砂村に流れ着いて大騒動
となった話」を下地にして書かれたものという。

公園をさらに進むとボート池と称する水路が見えてくる。
普段はボートが貸し出されているが、和船友の会による和船乗船体験が行われ
ている日もある。
無料で乗船できて、昔ながらの和船を体験できるのが嬉しい。
2016-01-10_123.jpg
なお、体験会開催日は開催期日が限定されているので、江東区のサイトで日時
を確認してから訪れることをお勧めしたい。

その先、今度は仙台堀川と交差する。
交差地点には、「野鳥の島」と称する島があり、小名木川のときのように両河川を
同時に見渡すことは難しい。
周囲も木々が植えられ、鳥のさえずりも多い。
2016-01-10_127.jpg

旧豊砂橋で葛西橋通りをアンダークロスした後も、さらに親水公園は続く。
公園には池があるが、上流側とはつながっていない。
旧豊砂橋近くに水車のオブジェから、水が供給されているようだ。
2016-01-10_134.jpg

横十間川はこの付近で向きを南から西へと転じ、合流する大横川を目指す。
2016-01-10_137.jpg

その先で再び水流が復活するが、こちらは下水道局木場ポンプ所から放流されて
いる処理水であろう。
2016-01-10_142.jpg

横十間川沿いに再び散策路が続く。
散策道は周囲より数メートルほど高い場所に設けられており、ここが江東ゼロメー
トル地帯であることを実感できる場所でもある。
2016-01-10_146.jpg

平住橋が架かる場所に旧橋の橋名板が保存された記念碑がある。
説明文によると、平住橋は関東大震災の復興事業として、昭和4年(1929)
に架橋されたもの、その後、周囲の地盤沈下に伴い護岸の嵩上げが必要に
なり、昭和34年(1959)に架け替えられ、太鼓橋のような形状になったという。
現在の橋梁は、急勾配解消のために平成21年に架け替えられた。
2016-01-10_151.jpg

更には、その先、富士見橋においても旧橋の鋼材を利用したベンチが設置されている。
このように旧橋がなんらかの形で残され、かつて橋や木場として賑わった川の風景
を紹介する試みは、後世に土地の記憶を伝えるものとして大いに評価したい。
2016-01-10_159.jpg

富士見橋の先で、横十間川は大横川へと合流する。
横十間川への逆流を防ぐためなのか、横十間川を流れてきた水を一度地下へ落
とし、ポンプを利用して大横川へ放流するという形がとられているようだ。
2016-01-10_157.jpg

《参考資料》
『資料館ノート 江戸近郊農漁村の掘割』 江東区深川江戸資料館編


  
目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本