梶野新田分水 2

前項において、梶野新田分水は中央線との交差付近で水路が2本に分かれてい
たと書き、南へ向かう水路を追った。
本項では南東へと向かうもう1つの水路を追うことから始めよう。

2本に分かれた後、東小金井駅から続く富士見通りに沿って流れていた。
富士見通りには商店やマンションなどが続くが、分水の痕跡は認められない。
2015-12-26_1.jpg

富士見通りと西武多摩川線の踏切の先、南へと続く緑道がある。
梶野新田分水はここで南へと向きを変えていた。
緑道の両側にはサツキが植樹されている。
2015-12-26_6.jpg

途中、幼稚園で分断されるが、この緑道は連雀通りまで500mほどまっすぐ続く。
その幼稚園の手前にはこのような橋跡と思われるコンクリート舗装も見られる。
2015-12-26_9.jpg

幼稚園を迂回した先、住宅街の中を進む緑道。
2015-12-26_11.jpg

連雀通りに達すると、先ほど分かれたもう1つの水路と合流し、さらに連雀通り沿い
に東進することになる。
2015-12-26_15.jpg

連雀通りを歩いていくと、「三鷹市井口新田」と称する交差点に差し掛かる。
住所でいうと、北側が「武蔵野市境南町」、南側が「三鷹市井口」となるが、井口
新田という名前が交差点名として残っていることが嬉しい。
2015-12-26_16.jpg
井口新田は享保期(1725年頃)に、上連雀村の井口権三郎の従弟、加藤源五
郎左衛門によって開発された新田であり、権三郎組と五郎左衛門組に分かれていた。
享和元年(1801)には、48戸に達していたという。

さらに連雀通りを東へと歩く。
水路跡は認められないので単調になりがちだが、通り沿いの商店を見ながら歩けば
楽しいかもしれない。
2015-12-26_17.jpg

日赤病院南交差点を過ぎて200mほど行った先で、梶野新田分水は南へと折れ
るが、もう数十メートルほど歩いて井口大鷲神社を訪ねてみよう。
先ほど歩いていた富士見通りの延長と連雀通りがY字交差した地点に小さな祠がある。
2015-12-26_19.jpg
創建年代は不詳、もともと蓮華寺(廃寺)にあったものを明治9年(1876)、当地
へ遷座した。
神社の碑文は、武者小路実篤の揮豪によるもの。

連雀通りから右折した梶野新田分水は大沢方面を目指して流れていたようだ。
現在は武蔵境通りの西側の住宅街の中の道路の歩道となって続いている。
2015-12-26_22.jpg

途中、道路の左側に井口八幡神社が鎮座する。
元文元年(1736)に創建、上連雀村の井口院を別当寺とする。
明治の頃までは、祭礼時には井口院隣接の神明社の幟を持ってくるという行事が
おこなわれていたそうだ。
2015-12-26_26.jpg
井口と野崎の境付近まで南下すると、水路は変わった動きをする。
いったん、水路は西へと向きを変えた後、再び南へと向きを変え、その後東へと向か
うのである。
2015-12-26_29.jpg

野崎2丁目に入ると、住宅街の中に細い歩行者道が出現する。
2015-12-26_31.jpg

この先はカクカクと曲がりながら、南東方向へと進んでいく。
基本的には水路跡は住宅街の中の普通の道路となってしまっているが、場所によっ
ては歩行者道となっており、そのような道を探しながら歩くのも面白い。
2015-12-26_33.jpg

人見街道に出る手前には蓋暗渠の通路を見ることができる。
2016-01-31_2.jpg
そして、この先数十メートルで武蔵境通りと交差する野崎交差点となる。
寛文期から元禄期にかけて、甲州裏街道(=現人見街道)南側に集落が出来は
じめ、元禄8年(1695)の検地を経て野崎村として成立したらしい。
その後、享保の改革における新田開発奨励に伴い、街道北側が野崎新田として
開墾されていった。

前項冒頭に記載した通り、野崎から深大寺用水がひかれることになるが、深大寺
用水が開削されたのは、梶野新田分水ができてから150年ほど後の明治になって
からである。

《参考資料》
『三鷹市史』 三鷹市
『三鷹の民俗1 野崎』 井之口章次著(三鷹市教育委員会発行)
『三鷹の歴史』 宍戸幸七著(けやき出版)


   
目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本