旧中川

旧中川は江戸川区平井から小松川にかけて流れる6.7kmの河川、埼玉県羽生
市に端を発して東京湾へ注いでいた中川が大正13年(1924)荒川放水路の完
成により分断され、荒川東岸に残った水路である。
旧中川は江戸川区とと墨田区、江東区の境界ともなっている。

旧中川の上流端は木下川水門、ここで荒川から水を取り入れているのかと思い
きや、水門には排水路という文字が記載されている。
水門の完成時(大正13年)時には水門の開放により、荒川と新旧中川との水運
に利用され、また周辺の水害を防ぐ役目を負っていた。
しかしながら現在においては江東デルタ地域(ゼロメートル地帯)を水害から
防ぐため、水位を低下させて一定(AP-1.0m)に保ち、隣接する木下川排水機
場と連携して、内部の水を放流しているということらしい。
2015-09-05_28.jpg

荒川の土手を乗り越え、排水機場の敷地を迂回していくと、緑の河川敷に囲ま
れた旧中川を目にすることができる。
これは昭和46年(1971)から40年の歳月をかけて平成23年に完成した旧中
川整備事業の成果である。
整備事業においては治水安全性の向上とともに、親水性や自然保護が重要視
され、河川の大部分の区間において、このような緑地が創出されたようだ。
2015-09-05_33.jpg

旧中川の上流部では、川は大きく蛇行する。
休日の河川沿いでは多くの太公望が釣り糸を垂れている姿が見られる。
2015-09-05_44.jpg

中平井橋の先、右岸に立花白髭神社が鎮座する。
天和2年(1682)、当時の庄屋の鹿倉吉兵衛、関口一郎治が幕府の許しを受
けて、中川の畔に勧請したといい、南葛飾郡西川村の鎮守とされた。
2015-09-05_48.jpg

川が右へとカーブすると、左岸に大きな屋根が見えてくる。
新義真言宗の平井聖天燈明寺である。
草創は不詳で平安時代とも伝えられるが、江戸時代中期には荒廃し、享保年
間(1716~35)、恵祐法印により再興されたという。
妻沼聖天、浅草待乳山聖天とならび、関東三聖天として知られる。
2015-09-05_17.jpg

歴代将軍が鷹狩りの時に御膳所として使用され、また江戸名所図絵にも描か
れている。
平井 聖天宮
江戸名所図会平井 聖天宮』  (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

燈明寺の南に隣接するのが平井諏訪神社、燈明寺を再興した恵祐法印が出
身地の信州諏訪大社から神霊を勧請したのが始まりと伝えられる。
境内には大正9年(1920)頃、旧下平井村の丸星講の人々によって築かれた
「平井の富士塚」もある。
2015-09-05_5.jpg

さらには、その南に日蓮宗の安立山妙光寺がある。
慶長3年(1598)日饒上人が創建したと伝えられ、元禄年間(1688~1704)に
津波で堂宇を焼失したが日信上人が中興、更には大正4年(1913)に日台上人
が再興した。
2015-09-05_1.jpg

妙光寺のそばにある平井橋から下流を眺める。
2015-09-05_52.jpg
かつて、この辺りには行徳道が通っており、平井の渡しと呼ばれる渡船場があ
ったという。
前掲の江戸名所図会の左下にも「平井渡」という文字を見ることができる。

左にゆっくり曲がると蔵前橋通りの江東新橋が見えてくる。
その手前の左岸には、かつて旧中川から町を守っていたかさ上げ護岸の一部
が保存されており、その歴史が紹介されている。
2015-09-05_60.jpg
元々、この地域は三角州を埋め立てて江戸の市街地として発展してきた
場所であったが、明治末期からの工業地帯として発展、地下水の汲み上げによ
り地盤沈下が進行する。
江東の内部河川の護岸は応急対策として度重なるかさ上げが行われ、このよう
な護岸が構築されたが、脆弱なうえ、耐震性も弱いため、前述の河川整備事業
が実施され、現在のような形になったのたという。

護岸には、1974年当時の江東新橋からの写真も掲示されている。
川幅いっぱいに水が流れ、現在の旧中川からは想像もできない風景だ。
2015-09-05_63.jpg

その対岸には西から北十間川が合流する。
隅田川の吾妻橋の北から、東京スカイツリー脇を通り、ここに至る掘割である。
2015-09-05_65.jpg

その先で総武線と交差する。
右岸に広がるのは亀戸中央公園、元は日立製作所の亀戸工場があった場所である。
2015-09-05_70.jpg

ふれあい橋の橋詰には平和の祈りという碑が建てられている。
昭和20年3月10日未明の空襲により、10万人の犠牲者が出たが、旧中川で
も熱風に耐えかねた人々が次々と飛び込み三千人余りの命が失われたという。
現在は付近住民のレクリエーションの場となっているが、このような悲惨な歴史
があることを忘れてはならない。
2015-09-05_76.jpg
なお、毎年八月十五日のは旧中川で灯篭流しが行われている。

ふれあい橋下流の東岸には、逆井の富士塚浅間神社)がある。
高さは約5m、建造年代は不明だが明治17年(1884)の碑があり、江戸川区内
で最古、最大の富士塚であるという。
2015-09-05_85.jpg

上流は蛇行が激しかったが、先ほどの江東新橋から下流は、緩やかなカーブとなる。
川では漕艇の練習風景を見ることもできる。
2015-09-05_90.jpg


亀小橋の東岸、200mほど行ったところに亀戸浅間神社が鎮座する。
北十間川沿いの吾嬬神社と同様、当地にも日本武尊の話(日本武尊が東征の
際、相模国から上総国へ渡ろうとした時、暴風が起こり、弟橘媛が海中に身を投
げてその怒りを沈めた)が伝わり、弟橘姫の笄(こうがい)がこの地に漂着したと
言われている。
神社の北側には笄塚と呼ばれる富士塚があり、亀戸浅間神社は大永7年(1527)
里人たちが笄塚の上に浅間社として創建したと伝わる。
2015-09-05_106.jpg
境内にはかつて神社前を通っていた城東電車のレールが保存されている。

亀小橋の次の逆井橋には、江戸期より明治時代初期まで逆井の渡しと呼ばれ
る渡船場があり、亀戸村と西小松川村を結んでいた。
ここには江戸と下総を結ぶ佐倉道が通っており、交通の要所だったという。
川幅は四十間(73m)ほどで、2艘の船が備えられ、亀戸村と西小松川村それぞ
れの持ち船だった。
開設時期は不明だが、明治時代の記録には竪川を開設した徳島屋兵右衛門が
寛文年間(1661~73)に渡船場を開設したとも記されているようだ、
明治12年(1879)に木造の逆井橋が架橋され、渡しは廃止された。
2015-09-05_111.jpg

逆井のわたし
名所江戸百景逆井のわたし』  (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

逆井橋の東岸、100mほどの所にある小松川神社は昭和11年(1936)の創建
という、比較的新しい神社。
荒川放水路の開削により、小松川地区が分断され、氏神であった新小岩香取神
社と、西小松川天祖神社に参拝するのが不便となったため、両社の分霊を西光
寺境内の稲荷社に奉安して祀り、その後、この地へ遷宮した。
2015-09-05_118.jpg

その先、都営新宿線の東大島駅が旧中川の上に架かる。
川の上にホームがあり、両岸にそれぞれ出口が設けられている。
2015-09-05_131.jpg

西から小名木川が交わる。
ここには寛文元年(1661)、中川番所が設けられ、江戸を出入りする物資や人
を取り調べていた。
近くには中川船番所資料館があり、河川水運などの紹介展示が行われている
ので、訪問をお勧めしたい。
2015-09-05_141.jpg
またこの水路の交差点には旧中川・川の駅と称する施設があり、休憩所が設け
られているほか、水陸両用バスの発着場ともなっており、家族連れなどで賑わう。

その先、川は左へと折れ、荒川ロックゲートが現われる。
荒川と旧中川との水位差(最大で3.1m)を調整して船舶の往来を可能とするた
めの閘門(こうもん)施設である。
2015-09-05_153.jpg
昭和5年(1930)、小松川閘門が造られたが、河川交通の衰退などもあり昭和
50年代に閉鎖、その後、川を利用した災害復旧活動が見直され、新たに平成
17年(2005)年、荒川ロックゲートが完成した。

なお旧小松川閘門は、この北にある大島小松川公園に下部を埋められた形で
保存されている。
2015-09-05_165.jpg

ロックゲートを過ぎると旧中川は荒川へと合流する。
2015-09-05_160.jpg


  
目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本