本宿用水

石田大橋下流で多摩川から取水し、府中市の四谷・日新町地区の田園を潤す
宿用水
を取り上げる。
本宿用水は西府用水、四谷用水という別名を持つ。(府中の四谷という地名の起
源については新宿区四谷などのように谷から来るものではなく、四つの家が村を
興したことによるもので、四つ屋が転じて四谷となったという。)

本宿用水の開設については資料をあたってみたが、わからなかった。
少なくとも江戸期には存在していたようだ。
現在は石田大橋下流の四谷本宿堰から取水されているが、以前は数百メートル
ほどの四谷上堰、さらには1kmほど下流の四谷下堰から取水されていたという。
昭和25年(1950)には四谷上堰が、そして昭和49年(1974)には四谷下堰が
洪水被害に合い、現在では四谷本宿堰に合口、ここから取水されている。
因みに四谷下堰からの水路跡は、現在、遊歩道や公園になっている。

本宿用水はとにかく支流が多い。
あちこちで水路が分かれ、四谷・日新町地区では網の目状に張り巡らされてい
るといっても過言ではない。
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』(府中市教育委員会
編)には府中用水の堀名が一覧で記載されているが、本宿用水系だけでも23
に及ぶ。
名も無い小さな水路を含めれば、その数は更に増えるだろう。
本項では、本宿用水の本流を追っていくことにする。

こちらが四谷本宿堰にある多摩川からの取水口、写真奥に見える床止には魚
道が設置されている。
取水は府中用水と同様に5月中旬から9月までの農繁期のみ行われている。
(その間でも多摩川増水時には取水は行われない)
2015-08-01_2.jpg

河川敷にある水門。
2015-08-01_8.jpg

多摩川の土手を過ぎると開渠となって流れるが、残念ながら住宅の間を通り抜
けているため、用水沿いを歩くことはできない。
迂回した先から上流方向(多摩川方向)を眺める。
2015-08-01_14.jpg

その先マンション前を暗渠として進む。
その途中で突如、水門が現れるが、ここで水路は2本に分かれる。
右へと折れる支流は、四谷地区で数多く枝分かれして流れていく。
2016-06-11_44.jpg

都道と交差した後は北多摩二号水再生センターの敷地内に入ってしまう。

その南にある上之島神社に立ち寄ってみることにする。
境内にある説明板によると、以前はお伊勢の森という地にあったが、多摩川の
洪水により川原に没したため、村人の土方織部と土方八郎左衛門が当地に遷
座したとのこと。
2015-07-18_7.jpg

水再生センターの北側真で迂回すると、ようやく本宿用水の本流を目にするこ
とができる。
センター内で分水されたのであろうか、ここは2本の流れとなっている。
2015-08-01_24.jpg

その分水を辿っていくと、さらに水が分かれる小さな分水堰をみることができる。
このような分水堰を見ることが出来るのは、ある意味、用水巡りの醍醐味である、
通常の河川では合流点は多くあるが、分水地点を見ることができるケースは少ない。
2015-08-01_31.jpg

本流は中央自動車道まで達した後、中央道に沿って東へと進む。
そこは暗渠となっており、水路上には遊歩道が設けられている。
(国立インターの敷地内を通り、府中用水本流に達する分水路もある。)
2015-08-01_37.jpg

300mほど行った後、中央道のガード下を開渠となって流れていく。
2015-08-01_40.jpg

中央道を潜った後、住宅の間を流れていく。
2015-08-01_44.jpg

住宅地沿いを流れる本宿用水。
この辺りになると宅地と田畑が混在し、用水の水は点在する田圃へと供給され
ている。
2015-08-01_46.jpg

用水に架かる古い小さな橋があった。
橋には相模橋と書かれており、交差する道路は大山道である。
相模国へと通じることから名付けられたのであろうか。
2015-08-01_51.jpg

その先、水路沿いに日新稲荷神社がある。
この地は天神島と言われる多摩川沖積地の微高地であり、谷保天満宮は当初、
この地に創建されたという。
養和元年(1181)、津戸三郎為守により谷保の現在地(下の川2参照)に遷座
された。
2015-08-01_61.jpg

用水という性格上、田畑の中(現在は一部住宅地化)を通っていくため、水路沿
いを歩ける箇所は少ない。
迂回しながら用水を追いかけることになるが、迂回した先で用水を流れる清流
を見る際の清涼感はまた格別である。
2015-08-01_67.jpg

本宿用水はその先も田畑の中を流れていくが、日本電気府中事業場の西側で
暗渠となる。
2015-07-18_42.jpg

用水はその後一旦南下し(南下している箇所では水路は一般道の下に隠れる)、
さらに事業所の敷地沿いに東へと向きを転じる。
そこには暗渠となった本宿用水を確認することができる。
2015-07-18_49.jpg

ここで、ちょっと離れるが、中央道の南にある小野神社を紹介しておきたい。
武蔵國一之宮・小野神社は延喜式神名帳(延長5年(927))に記載されている
古社である。
同名の神社が多摩川の対岸の多摩市にも鎮座するが、これは多摩川の氾濫
によって多摩市側へと遷座されたものと考えられており、残った村人がこの地
の小野神社を守り続けたと言われる。
2015-07-18_70.jpg

さて、本宿用水へと戻り、暗渠の続きを辿ることとしよう。
水路はコンクリート蓋で覆われ、蛇行した道路の歩道として利用されている。、
2015-07-18_55.jpg

その先に鉄柵で囲まれた異様な構造物があった。
ここも分水堰であろう。
本流はなおも道路沿いを進むが、写真に写る住宅裏手の緑地沿いに分水が分
かれていたようだ。
2015-07-18_60.jpg

やがて本宿用水は新田川と合流する。
ここにはかつて行人前橋という橋があったというが、2つの水路とも暗渠化され
てしまっているため、残念ながらその痕跡を見つけることはできない。
2015-07-18_65.jpg

前述の通り、本宿用水では、分水が血管のように枝分かれしている。
ちょっと歩けば、田園の中に用水路が流れる風景をあちこちで見かけることが
できる。
いくつかの分水を辿ってみたが、とてもじゃないが、全てを追うことは難しい。
最後に分水の風景をいくつか紹介して、終わることにしよう。
本宿支流1

本宿支流2

《参考文献》
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』 府中市教育委員会編


  
目次
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本