水窪川 1

池袋駅東口から歩くこと数分、繁華街の先に美久仁小路という小さな飲食街がある。
ここを水源として神田川に至る水窪川という支流があった。
現在は全区間暗渠となっているが、東池袋から大塚・音羽地区にかけて、水窪
川が造った深い谷を鑑賞しながら歩くことができる。
2015-07-20_3.jpg
美久仁小路は、昭和の雰囲気が残る居酒屋街である。
明治期、大正期の地図を見てみると、現在の池袋東口には「蟹ヵ窪」という地名
を見ることができる。
水窪川水源は、そんな窪地に湧き出る水だったのかもしれない。

美久仁小路から数十メートルのところに明治天皇御野立所跡の碑がある。
碑の脇にある説明文は擦れて読みにくいが、明治8年(1875)、板橋方面で行
われた近衛兵の軍事演習の視察の際に休息した場所らしい。
やはり湧水がある場所が選ばれたということだろうか。
2015-07-20_7.jpg

この先、水窪川は東池袋方面へと進んでいくが、池袋という土地柄、川跡を思
わせるようなものは全く残っていない。
サンシャインシティ東側の通りを渡ると、ようやく川跡らしい道路に出遭うことが
できる。
2015-07-20_11.jpg

都電荒川線の電車の音が聞こえるようになると、道路左手に排水口が出現する。
この排水口は、巣鴨プリズン(現サンシャインシティ)からの排水が水窪川に落
とされた場所とされている。
明治28年(1895)、警視庁監獄巣鴨支署として設置、その後、巣鴨監獄や巣
鴨拘置所と改称された。
戦後はGHQに接収され、極東国際軍事裁判の被告人が収容され、東條英機
ら7名の死刑が執行されたことでも有名である。
2015-07-20_13.jpg

水窪川は東池袋四丁目・向原間で都電荒川線を越える。
2015-07-20_18.jpg

その先、水窪川の流路は住宅街の小路に跡を残す。
2015-07-20_21.jpg

上の写真の右側には小公園があり、その中に「水窪川の碑」がある。
近隣住民の方々の手によるものだろうか。
「昔ここに小さな川が流れていた。後世にこれを伝える」と記載されている。
101229_0037.jpg

その先の左手にある古家、数年前まではミョウガや花などが植えられていた小
さな畑があったが、いつしか廃屋になった模様で、畑は荒地と化してしまった。
いずれこの風景も無くなってしまうのだろうか。
2015-07-20_22.jpg

その先、右手はすでに急な坂となっている。
2015-07-20_26.jpg

暗渠道は大塚坂下通りの西側、崖下を沿うように南東方向へと進む。
2015-07-20_28.jpg

一旦、水窪川は坂下通りの東側へと出る。
こちらも小さな崖下となっており、所々に階段が存在する。
水窪川は、大塚の南側の谷を流れていることがよくわかる。
2015-07-20_36.jpg

坂下通り東側の川筋の道路。
2015-07-20_38.jpg

再び水窪川は大塚坂下通り沿いに出てくる。
写真にある不自然に広い歩道が川跡である。
2015-07-20_42.jpg

坂下通り沿いに50メートルほど進み、通りの西側に入る。
そのすぐ西に鎮座するのが吹上稲荷神社
2015-07-20_47.jpg
元和8年(1622)、二代将軍秀忠が日光山より稲荷大神の御神体を戴き、江戸
城吹上御殿に「東稲荷宮」と称して奉納したことが始まり。
その後、水戸徳川家の分家松平大学頭が拝領し、邸内に移した。
宝暦元年(1751)に大塚の鎮守として現在の小石川四丁目に移遷、その後も
護国寺や大塚上町、大塚仲町と転々とし、明治45年にこの地に遷座したという。

わりとこぢんまりとした神社であるが、歴史に重みを持つ神社である。



次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本