呑川 2

目黒通りを渡ると、呑川沿いは都立大学駅周辺の商業地区となる。
そんな中、東から柿の木坂支流が合流する。
2015-03-28_110.jpg
写真右側、桜の木の奥には東急東横線の高架橋が見える。

東急東横線の先でも、緑道には桜並木が続く。
2015-03-28_118.jpg

緑道から東へ150mほど行ったところに、桜森稲荷神社がある。
創建年代は不明、京都の伏見稲荷の流れをくむという。
一帯に桜の木が多かったため、桜盛稲荷と称され、転じて桜森稲荷となったらしい。
2015-03-28_121.jpg

緑道に沿うように建てられている鉄塔。
2015-03-28_126.jpg

呑川は東京工業大学のキャンパスの間を抜け、段丘を下っていく。
下った先に東急大井町線および目黒線と交差する。
2015-03-28_130.jpg

目黒線と交差した先で西から九品仏川が合流し、その先、いよいよ呑川は開渠
となる。
この開渠に流れる水は、平成7年(1995)に実施された清流復活事業により、
新宿区の落合水再生センターから高度処理した再生水導水・放流されている
もの。
水質悪化、水量減少の対策として、渋谷川や目黒川とともに城南三河川清流
復活事業として実施された。
2015-03-28_140.jpg
深い三面のコンクリート護岸に囲まれ、また川沿いの道路も遊歩道ではなく
一般道であるためか、神田川や石神井川などの他の都市河川と比べると無機
質な風景となってしまうのは否めない。

島畑橋の西にある浄土宗の正覚山大音寺に立ち寄る。
開基は旗本地頭の渡辺氏、開山は念誉上人(享保年間寂)という。
寺院は小高い山にあるが、かつては北にある奥沢中学校の辺りまで広がって
いたという。
寺が建てられる以前は。世田谷城主吉良家の家臣、大平家の砦があったらしい。
2015-03-28_155.jpg

相変わらず、コンクリート張りの護岸が続くが、石川台中学校付近では、川に枝
を張り出す桜も見られる。
2015-03-28_158.jpg

中原街道が架かる石川橋手前には、増水時に多摩川へと流される地下放水路
の取水口がある。
2015-03-28_162.jpg

そして、その石川橋の橋詰には、石橋供養塔が建っている。
安永3年(1774)、雪ヶ谷村の浄心ら六名のものによって建てられたもの。
正面には「南無妙法蓮華経」と刻まれ、側面のは円長寺(後述)の住職、日善
の署名・花押が刻まれている。
石橋供養塔は他の民間信仰供養塔と兼ねたものが多いが、この塔は石橋の
無事と通行人の安全だけを目的として建てられたもので、貴重だという。
2015-03-28_168.jpg

中原街道の先、東急池上線と交差する。
2015-03-28_172.jpg

その先、左手の台地を上っていくと、石川台駅の東に雪ヶ谷八幡神社が鎮座する。
永禄年間(1558~69)の創建とされ、北条氏康の家臣である太田康資(道灌
の曾孫)が管内巡視の折、当初において法華経曼荼羅の古碑を発掘し、八幡
大菩薩を創祀したと伝えられる。
雪ヶ谷村の鎮守とされ、明治5年(1872)に村社となった。
2015-04-18_2.jpg

中原街道より下流、呑川は真っ直ぐな流れとなる。
もちろん、以前は蛇行していたものを河川改修により直線化されたのであるが、
これは大正15年(1926)に行われた耕地整理に伴うもので、付近の水田も畑
地化されたという。
2015-04-18_6.jpg

雪谷中学校の手前の円長寺橋を右手に進むと、日蓮宗の照光山円長寺がある。
元和2年(1616)に常照院日豊が創建したと伝えられる。
2015-04-18_11.jpg
この円長寺の西側一帯は雪ヶ谷貝塚として、明治中頃から考古学者の間では
知られていた。
時代は下り、平成12年(2000)、共同住宅建設前の発掘調査で縄文前期後
半(約5500年前)の貝塚が発見され、31軒の住居跡が発見されたそうだ。

呑川はその先、東海道新幹線・横須賀線と交差する。
2015-04-18_20.jpg

新幹線との交差後、2本目の本村橋の下流で洗足池からの池上用水洗足
流れ
)が合流する。
途中の水路沿いには緑道が整備され、快適に歩くことができる。
2015-04-18_27.jpg

本村橋を右へ上っていくと道々橋八幡神社がある。
正保年間(1644~47)の創建とされる。
道々橋(どどばし 本村橋の下流側に架かる)の修繕負担から、この地域は
寛政以前に独立した村となり、道々橋村と称したという。
2015-05-17_71.jpg

その道々橋の右手、呑川沿いには日蓮宗の長照山樹林寺が建っている。
創建は明らかではないが17世紀前半と思われる。
道々橋村の村人の懇願により開創されたとの話が伝わる。
2015-04-18_30.jpg

やがて呑川は第二京浜へと差し掛かる。
2015-04-18_34.jpg

《参考文献》
『世田谷区の歴史』 萩野三七彦ほか著
『大田の史跡めぐり』 大田区教育委員会 郷土博物館編


  
次へ 目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本