松葉用水・北前堀

六郷用水の能登川堀(逆川)は、JRと京急線の中間地点であるあやめ橋付近
で吞川に水を落とすが、吞川を400mほど行くと水は再び用水へと取り込まれる。
松葉用水といい、その先は北前堀に通じて、東京湾(現在は海老取川)へと注
いでいた。
今回はその松葉用水・北前堀を辿ってみたので、紹介することにしよう。

京急蒲田駅の東口、第一京浜が呑川に架かる夫婦橋の下流側の右岸に、南
へと曲がっていく道がある。
この道路が松葉用水の水路跡である。
(写真は夫婦橋から吞川の下流を撮影したもの)
2015-02-21_62.jpg
松葉用水を取水した堰は、夫婦橋の上流にあったという。
夫婦橋という橋名も、吞川に架かる橋と松葉用水に架かる橋があったことに由
来する。

こちらが松葉用水跡の道路。
2015-02-21_64.jpg

道の右側に本門仏立宗の天声山久遠寺がある。
創建は昭和5年(1930)と比較的新しい。
戦災後、昭和22年(1947)に寺号を久遠寺とし、昭和25年に再建した。
2015-02-21_67.jpg

その先にあるのが、天台宗の熊野山安泰寺
貞観年間(859~876)、 慈覚円仁により芝高輪に開創されたと伝えられる。
明治28年(1895)に現地に移転、東海三十三観音霊場の32番札所となっている。
2015-02-21_69.jpg

その先で道は2本に分かれるが、ここは左の道へと進む。
2015-02-21_73.jpg

その道を辿っていくと、さらに日蓮宗寺院の清光山妙幸寺が道沿いに建つ。
貞享元年(1684)、清光院日仁の開基と伝えられる。
日仁は眼病治癒の法力を修得し、諸国修行の途中、此の地に至り、眼病に悩
む人々を救うためにここの留まった。
日仁の没後、その法徳を残すために一庵を建立したのが、寺院の始まりという。
清光教会と称していたが、平成6年、妙幸寺と改称した。
2015-02-21_74.jpg

蛇行する道路、写真に写る渡商店の前にはかつて石橋が架かっており、石橋屋
と呼ばれていたという。
2015-02-21_78.jpg

その先、更に蛇行しながら進む。
この辺り、すぐ北に吞川が流れ、並行しながら東進する。
2015-02-21_79.jpg
ただし宝来橋から先の吞川は昭和10年(1935)、新しく開削されたルートだ。
元々、吞川は北東方向へ向きを変えて流れていた(現在は旧吞川緑地となって
いる)が、下流の低地はしばしば水害に悩まされていた。
そこで新吞川を開削、洪水・氾濫を防止させた。

西糀谷二丁目交差点で、一旦、松葉用水を離れ、呑川の北にある小泉家墓所
を紹介しておこう。
六郷用水を開削した小泉次太夫は、その功績により下袋村(現:北糀谷)に領
地を得た。
次太夫の墓は川崎の妙遠寺(二ヶ領用水大師堀参照)にあるが、小泉一族の
墓は下袋村の円龍寺に設けられた。
その円龍寺が廃寺となったため、現在は北糀谷1丁目の住宅地の一画にひっ
そりと残る。
月極駐車場の奥にあるなんともいえない空間である。
2015-02-21_81.jpg

松葉用水に戻り、産業道路を越えて300ほど行くと、道路脇に北前堀緑地
現われる。
2015-02-21_93.jpg
ここには昭和23年(1948)、北前堀排水場が造られ、水害防止対策として地
域住民に貢献していた。
下水道の普及により昭和46年(1971)に廃止、同55年(1980)に埋め立て
られて緑地内となった。

緑地内には散策道や児童遊具が設置されている。
2015-02-21_93.jpg

中ほどには北前橋が架かり、一般道を横断することなく緑地の東西を行き来
することができる。
橋そのものは昭和59年と、埋め立て後のものだ。
2015-02-21_100.jpg

緑地の先は北前堀の水路となる、
こちらは堀の先端にある船揚用のレール。
2015-02-21_102.jpg

さらには昭和41年に造られた北前堀水門
水門の内側はモーターボートや小型漁船の船溜まりとなっている。
2015-02-21_104.jpg

北前堀の水路は200mほどで。多摩川から分岐した海老取川(海老取運河)
に合流する。
合流地点の対岸は羽田空港であり、行き来するモノレールを望むことができる。
2015-02-21_108.jpg

《参考文献》
『六郷用水聞き書き』 六郷用水の会編


 
目次
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本