根川

立川市南部、多摩川に並行して流れる根川を紹介しよう。

元々、根川は立川段丘の湧水を集めて多摩川に注ぐ小河川であったという。
明治41年(1908)、それまで玉川上水の助水として利用されていた残堀川
を改修、玉川上水を越えて根川(現在の残堀川大滝付近)に接続する改修工
事が施された。
しかしながら残堀川からの水が度々、氾濫を起こすようになったため、下流部
において昭和47年(1972)、多摩川への短絡する水路が開削され、根川の
一部は埋め立てられることとなった。
昭和48~49年、根川緑道として整備、人工水路として小川が再現されている。

こちらが根川の湧出口、整備当初は井戸水と下水道砂濾過水を混合して1日
250立方メートルの水を流していたが、平成4年から8年にかけて立川市錦町
下水処理場より日2700立方メートルの高度処理水を流すようにしたという。
2015-01-17_104.jpg

水路を流れた水は、緑地の中を流れていく。
緑道の説明板によると、荒木田粘土の上に玉石や砂利を敷き、瀬や淵を設け、
岸辺には水草を植栽しており、また草地の土手や蛇籠を使った護岸により、自
然の川岸の復元や、水生生物が棲みやすい環境づくりに配慮しているという。
2015-01-17_107.jpg

2015-01-17_111.jpg

緑道沿いには桜の木が植えられ、残堀川沿いとともにこの地域の桜の名所と
して知られる。
2015-01-17_113.jpg

根川緑道は、交差する道路によってAからDの4つのゾーンに分かれている。
(自転車や歩行者は、道路の下の通路により、往来が可能)
下の写真はCゾーンにある池。
2015-01-17_117.jpg

日野橋の東側で、玉川上水から分かれた柴崎分水が合流する。
柴崎分水は元文2年(1737)に開削された玉川上水の分水で、西武立川駅の
近く、松中橋で玉川上水から取水され、昭和記念公園内を抜け、立川市富士見
町や柴崎を通って、当地に至る用水路である。
2015-01-17_122.jpg

柴崎分水を合流後、多摩川の河川敷に広がる立川公園の北側を流れる。
川幅がだいぶ広がっている。
2015-01-17_125.jpg

立川公園の東に貝殻坂橋という吊り橋が架かり、その説明板には下記のよう
に記されている。
甲州街道が多摩川を渡る「渡し」は何度か移動され、それにともなって甲州
街道の道筋も変わったことが知られている。
そのうち慶安年間(1648~1651)から貞享元年(1684)まで使われていた
のが「万願寺の渡し」である。台地の上をたどってきた甲州街道は、国立の
青柳で段丘を下り、多摩川の河原に下りた。この段丘を下る坂を「貝殻坂」
と呼んでいた。(中略)
文政11年(1848)に完成された「新編武蔵風土記稿」の柴崎村の項には
「貝殻坂、青柳村と当村の界にあり、土中をうがてば蛤の殻夥しく出づ。
 土人(ところのもの)の話に古へはこの辺も海なりしと伝ふ。」
と記されている。

2015-01-17_129.jpg

その先、府中用水のために導水された多摩川の水と合流し、根川は青柳段丘
沿いを流れていく。
多摩川の河川敷には草木が生い茂り、川沿いを歩くことはできない。
2015-05-23_9.jpg

仕方なく段丘の上の道路を歩いて行くと、東京都旧跡に指定されている伊藤
単朴
(1680~1758)の墓がある。
私自身は談義には疎いが、「教訓雑長持」「銭湯新話」などの談義本を著した
江戸時代中期の談義作者であるという。
江戸市中から青柳に移り住み、堀江権次郎を養子として、堀江氏の屋敷内で
医を生業とするかたわら、執筆活動に取り組んだとされる。
一般住宅の庭先に、旧跡に指定される墓があるのが興味深い。
2015-01-17_138.jpg

西国立から続くみのわ通りが多摩川河川敷で終わる場所で、根川は多摩川
本流へと向きを変える。
その場所には、府中用水の取水門がある。
府中用水は、根川や多摩川(貝殻坂橋からここまでの間に多摩川本流から
分かれた水路が合流する)を取り込んで、谷保方面の水田を潤す農業用水
であるが、農閑期は水門が閉じられて取水はされない。
2015-01-17_147.jpg

更には、みのわ通りの下を流れる緑川幹線という下水道雨水幹線の吐口も
ある。(普段は水は放出されていない)
緑川は昭和18年(1943)から21年にかけて旧陸軍立川飛行場の排水を処
理するために造られた人工河川であり、昭和29年(1954)に下水道として暗
渠化された。
2015-01-17_139.jpg
この先、根川は多摩川との合流部に向かって流れていくが、写真で判るように、
草薮が生い茂り、合流部まで辿ることは危険かつ困難である。



目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本