妙正寺川 1

妙正寺川は、杉並区清水の妙正寺池に端を発し、
豊島区高田の高田橋で神田川に合流する長さ9.7kmの
神田川の支流である。

妙正寺公園内にその水源の妙正寺池を訪れてみる。
池そのものは、神田川水源の井の頭池や、同じ神田川支流の善福寺川
水源の善福寺池に比べて小規模である。
また、井の頭公園や善福寺公園が都立公園であるのに対し、
妙正寺公園は区立公園である。
130320_0049.jpg

妙正寺川の由来になった妙正寺は、公園の南側100メートルほどの
場所に位置する。
日蓮宗の寺院で、文和元年(1352)、日祐上人が妙正寺池のほとりに
堂を建てたのが創建とされる。慶安二年(1649)に徳川家光が、鷹狩り
の際に長久を祈願し、葵の紋幕と朱印地を寄進してからは有名となった。
130320_0046.jpg

妙正寺川は公園の東に位置する落合橋から始まる。
落合という名前は、支流の井草川桃井支流(仮)と落ち合うことから、
名づけられたものと想像できるが、下流の落合に向かって流れていく最初
の橋が落合橋であることは興味深い。
(下流の新宿区落合にも同名の橋が存在する。)
130320_0053.jpg

妙正寺川の上流部分には枝垂桜の並木が続く。
川沿いに限らず、桜並木といえばソメイヨシノが多いなか、枝垂桜の並木は
貴重だと思う。
ちょうど、妙正寺川を歩いた時期が桜の開花期だった。
130320_0058.jpg

この付近の川沿いの遊歩道は、井草川などの緑道とともに、「科学と自然の
散歩みち
」として指定されている。
これは、小柴昌俊博士がノーベル賞受賞と杉並区名誉区民となったことを
記念して行われた事業である。
小柴氏の手形を掘り込んだ夢のタマゴというモニュメントが設置され、
子供たちに夢を持ち続けるという小柴氏のメッセージを伝えている。
130320_0063.jpg
なお、妙正寺公園近くの杉並区立科学館にも、小柴氏の研究成果である
ニュートリノを説明する常設展示がある。

源流から数百メートルの区間でかなり費やしてしまったので、先を急ごう。
妙正寺川は杉並の住宅街を蛇行しながら進んでいく。
130320_0070.jpg

源流から1kmほどで、杉並区から中野区に入る。
そこにはアーチ状の棚があり、中野区に入ったことがすぐ判る。
右岸には、区界を流れてきた本天沼支流(仮)が合流する。
130320_0075.jpg

中野区に入ると鷺宮西住宅の中を北東へと進んでいく。
130320_0077.jpg

やがて西武新宿線の鷺ノ宮駅の南口へ達する。
付近の川沿いの道では、駅への往来する人々の通行が多くなる。
川は線路を渡ることはなく、接するようにカーブして南へと向きを変える。
130320_0082.jpg

区立若宮小学校が左手に見えてくるが、
その手前にオリーブ橋という名前の橋がある。
同校の学区内に「二十四の瞳」の著者、壺井栄が居住しており、
小豆島と姉妹校であることから名づけられたそうだ。
130320_0085.jpg

U字溝の水路が住宅街の中を続いていき、その川沿いを道路が続いていく
130320_0089.jpg

すると前方に中野第四中学校の敷地が立ちはだかる。
仕方なく学校を迂回することになる。
130320_0092.jpg

迂回して妙正寺川に戻り更に進んでいくと、
環七の手前に環七地下調節池妙正寺川取水施設の取水口がある。
神田川、善福寺川に続いて2008年に第2期工事として完成した。
環七の地下を杉並区和泉の神田川交差部まで、4.5kmの巨大トンネルが続く。
130320_0097.jpg

環七を越えると、再び都立中野工業高校に行く手を遮られ、
ここでも迂回を強いられる。
迂回して三谷橋に出ると、その下流から白く新しい護岸壁が続く。
これは平成17年9月4日の集中豪雨により、妙正寺川流域に大規模な浸水被害
が発生したことから、善福寺川とともに河川激甚災害対策特別緊急事業
実施され、護岸整備・河床掘削などが行われた結果である。
事業以前にも垂直護岸が続く区間だったが、更に深く掘り下げられた感じと
なった。
130320_0106.jpg

川の右岸に平和の森公園が見えてくる。
ここにはかつて中野刑務所(旧豊多摩監獄)があり、政治犯・思想犯などが
収容されていた。
収監者の中には、小林多喜二・中野重治などがいた。
昭和58年(1983)に閉鎖され、その跡地に中野水再生センターが設置される
とともに、その上部が平和の森公園として開放された。
今では近隣住民の憩いの場となり、広い芝生広場にはスポーツなどを楽しむ
光景が見られる。
130320_0113.jpg
公園の南側に隣接して法務省矯正研修所東京支所があり、
その敷地内に煉瓦造の旧刑務所表門が残っている。

公園脇で水再生センターからの処理水が妙正寺川に流れ込む。
川は更に水を増して、下流へと流れていく。
130320_0108.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】妙正寺川周辺マップ を表示

次へ 目次
 
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本