下の川 2

次に常盤の清水からの流れを追う。
常盤の清水は、谷保天満宮の北側、甲州街道の南に位置する。
延宝年間(1673~81)、筑紫の僧が谷保天満宮に詣でた折、この泉を見て、
とことはに湧ける泉のいやさやに、神の宮居の瑞垣となせり
と詠んだことに由来するという。
東京の名湧水57選の一つに選定されている。
2014-12-13_87.jpg

常盤の清水は、隣接する弁天池につながっている。
弁天池の水は澄んでいて、鯉が悠然と泳ぎ回っている。
池の中央にあるのは、谷保天満宮の境内社で、弁財天を祀った厳島神社
2014-12-13_88.jpg

その南側に、湯島・亀戸と並んで関東三大天神と称される谷保天満宮の本
殿がある。
菅原道真の第三子、道武はこの地に配流された。
延喜3年(903)。父道真の薧去の報を受け、道武が父を偲んで建てた廟殿に
始まるという。
延喜21年(921)に道武が逝去後、神霊を相殿に配祀して三郎殿と称したと
伝えられる。
江戸時代には、朱印13石を寄せられ、谷保村の鎮守として信仰を集めた。
2014-12-13_90.jpg
現在の本殿は寛永年間(1624~43)の造営と伝えられる。

谷保天神社
江戸名所図会谷保天神社』    (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

なお、天満宮は甲州街道を背にして建てられているが、これは五街道整備
以前の甲州街道は境内の南方、立川段丘ハケ下を通っていたからとされる。

常盤の清水を水源とする川は、天満宮の西側に沿って流れていく。
清らかで豊富な水流である。
2014-12-13_98.jpg
その後は住宅の間へと消え、前項で紹介した清水立場付近からの河川と合流する。

合流した後、天満宮の南側を流れていく。
2014-12-13_107.jpg

南の田園地帯へ分流する用水路、分流地点には小さな水門があり、農閑期
には水は流れない。
2014-12-13_76.jpg

こちらは農繁期のほぼ同じ地点、満々と水が流れ、周囲の水田に給水している。
2015-06-06_87.jpg

もう1本、天満宮の南から住宅の裏手を通って合流する小さな流れもある。
2014-12-13_111.jpg

ここまで紹介してきた流れを集めて、下の川は立川段丘の下に沿って流れていく。
2014-12-13_118.jpg

下の川沿いには遊歩道が設けられ、府中用水との合流地点まで流れを見な
がら歩くことができる。
2014-12-13_121.jpg

国道20号線(日野バイパス)との交差地点では、道路への螺旋階段が設置
されている。
(手前に迂回路の案内板が設置されており、バイパスをアンダークロスする
 道路へ進むことも可能)
2014-12-13_127.jpg

国道を越えた後は、谷保の住宅街の中を進む。
2014-12-13_132.jpg

その先の上坂橋が架かる一般道は大山道である。
府中方面からの大山詣への道筋であったのだろうか。
橋名は、段丘を上る坂の名前に由来する。
2014-12-13_140.jpg

さらに進むと左側の段丘の下に、こちらも東京の名湧水57選に指定されて
いる、西府町湧水がある。
2014-12-13_148.jpg
段丘下からチョロチョロと水が湧き出ているが、場所柄、訪れる人は殆どい
ないと思われる。

西府町湧水から百数十メートルほど進むと、右手から府中用水本流が合流し、
下の川は終わる。
2014-12-13_161.jpg
府中用水との合流後、一般道の歩道として市川緑道が東南方向に続くが、
下の川を流れてきた水の一部は、緑道沿いの親水路として流れ続ける。
(府中用水の水は、緑道の下を暗渠として流れる)

《参考文献》
『くにたちしらべ №6』 くにたち図書館地域資料ボランティア編


 
目次
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本