神田上水

神田上水は天正18年(1590)、徳川家康が大久保藤五郎に命じて開削した水
路であり、完成は寛永年間(1624~44)と言われている。
井の頭池をはじめとして善福寺池、妙正寺池などの湧水を水源とし、現在の大
滝橋付近に堰(大洗堰)を設け、川の水位をあげて上水として流した。
上水は水戸徳川家上屋敷(現小石川後楽園)を通り、水道橋で神田川を懸樋で
渡し、神田・日本橋へと給水した。
神田川は古くは平川と言ったが、江戸時代には大洗堰より上流も神田上水と称
され、大洗堰から船河原橋(飯田橋付近)までの区間を江戸川、船河原橋から
下流の区間を神田川と言った。
江戸川へは余水を流していたとされ、神田上水が本流扱いだったようだ。
長い間、江戸そして東京市民の生活用水として大きな役割を果たしていたが、
明治34年(1901)、飲用水としての給水を停止し、その使命を終えた。

江戸川公園の中に大洗堰の取水口の石柱が保存されている。
取水口には上水の流水口を調節するため、「角落」と呼ばれる板をはめ込むた
めの石柱が設けられた。
ここにある石柱は昭和8年大洗堰の撤去に伴い、移設・保存されたものである。
2014-10-25_123.jpg

こちらは江戸名所図会に描かれた大洗堰の様子。
大洗堰2
江戸名所図会『目白下大洗堰』   (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

江戸川公園を出て目白通りを横断すると、その先から神田上水の流路跡の道
路(巻石通り)が続く。
巻石通りはまたの名を「水道通り」といい、この道路の右側、神田川までの間
に文京区水道という町名を残している。
元々。この区間は開渠であったが、明治初期には暗渠化され道路とされた。
2014-10-25_115.jpg

道路に沿って400mほど歩くと、左手に服部坂という坂が北側の台地に続く。
江戸時代、坂の上には服部権太夫の屋敷があり、それが坂の名の由来となっ
ている。
坂の下には、かつて黒田小学校があり、永井荷風、黒澤明などが卒業生とし
て名を連ねる。
黒田小学校は昭和20年(1945)の空襲により全焼し、廃校となった。
2014-10-25_109.jpg
写真は服部坂の上から見た光景で、坂下の信号がある場所が神田上水跡、そ
の先の高速道路の下には神田川が流れている。

服部坂の坂上には小日向神社が鎮座する。
平貞盛がこの地を平定して天慶3年(940)に建立した氷川神社(現水道2丁目)
と、貞観3年(860)建立の八幡神社(現音羽1丁目に鎮座)を合祀して、明治2
年(1869)にこの地に小日向神社として建立したのが始まりである。
2014-10-25_106.jpg

巻石通りを歩いていくと、道沿いに清光院、善仁寺、称名寺などの多くの寺院
がある。
全てを紹介するとキリがないので、その中から浄土真宗大谷派の随自院本法
を紹介しよう。
文明3年(1471)、本願寺第八代蓮如上人により、近江国堅田(現滋賀県大津
市)に創建され本法院称徳寺と号したのが始まりで、その後、寛永4年(1627)
三河国大塚に移し、本法寺と称した。
宝永2年(1705)にこの地に移転し、現在に至っている。
2014-10-25_93.jpg
本法寺はまた、夏目漱石の菩提寺であった。
夏目家は、代々江戸の名主をつとめる家系であり、明治以降、漱石の母、長兄
そして次兄が本法寺に葬られ、漱石はしばしば訪れたという。
(漱石自身の墓所は雑司ヶ谷霊園である)

金富小学校の脇に立てられている神田上水の説明板。
2014-10-25_85.jpg

巻石通りは牛天神下交差点で都道434号線に突き当たって終わるが、神田上
水はその先も小石川後楽園に向かって続いていたようだ。
2014-10-25_63.jpg

その交差点名となっている牛天神北野神社は、交差点の手前を北に向かい、
急な階段を上った丘の上にある。
2014-10-25_72.jpg
境内に掲示されている由緒の掲示には、以下のような記載がある。
源頼朝が東国追討の際、風波のおさまるのを待つため、船を入江の松に繋ぎ
とめ、当地でまどろんでいた、
すると、夢の中に牛に乗った菅原道真が現れ、2つの幸福を授けると告げた。
夢から覚めると、そこには道真の乗った牛に似た岩があった。
かくして神託が叶うがごとく、長男頼家が誕生し、翌年には平家を追いやった。
そして頼朝は元暦元年(1184)、この地に勧請したという。

こちらがその岩とされる「ねがい牛」、石を撫でると願いが叶うとされている。
2014-10-25_70.jpg

牛天神下交差点より、道路を廻りこんで小石川後楽園へ向かう。
小石川後楽園は前述の通り、徳川御三家の1つ、水戸家の上屋敷である。
寛永6年(1629)に水戸徳川家の祖である頼房が、三代将軍家光よりこの地
を与えられて回遊式築山泉水庭園として造ったもので、二代藩主光圀が明の
儒学者である朱舜水の意見を取り入れて完成させた。
都心の日本庭園ということもあり、国内外の多くの観光客が訪れる。
2014-10-25_56.jpg

後楽園の中には神田上水の水路が残されている。
築園に際しては神田上水の分流を引き入れたという。
2014-10-25_43.jpg

上水の上流側には円月橋という橋が架けられており、説明板には次のように記
されている。
朱舜水の設計と指導により名工「駒橋嘉兵衛」が造った。
橋が水面に写る形が満月になることからこの名がつけられた。
後に八代将軍吉宗が江戸城吹上の庭に造ろうとしたが遂に果たせなかったと
言われている。

2014-10-25_36.jpg

上水は後楽園を出た後、現在の東京ドームを横切る形で東進し、白山通りに沿
って神田川方向へと南下する。

水道橋の下流側で、神田川に木製の樋を架け、上水の水を対岸へと渡していた。
現在、その地には「神田上水懸樋(掛樋)跡」の記念碑が設置されている。
2014-10-25_19.jpg
そして、上水地下に埋められた石樋や木樋で、江戸市中へと送水されていった。

こちらは東京都水道歴史館にある懸樋の再現模型。
2014-10-25_5.jpg

江戸名所図会に描かれた『お茶の水 水道橋
水道橋
                      (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

もう1つ、東京都水道歴史館に保存・展示されている石樋を紹介しておこう。
昭和62年から平成元年にかけて発掘された神田上水幹線水路の一部を移築
復原したものであり、内部寸法は、上幅150cm、下幅120cm、石垣の高さ120
~150cmで、長さ約180cm、幅60cm、厚さ30cm前後の蓋石がのせられて
いる。
2014-10-25_13.jpg
水道歴史館は、懸樋跡からお茶の水方向へ歩いて10分ほどの距離、神田上水
や玉川上水の説明展示が多くあるので、是非、訪れることをお勧めしたい。



目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本