六郷用水 北堀 2

堤方の八寸から、六郷用水北堀を北東方面へ辿っていく。

すぐ北側には呑川が流れており、北堀は呑川に架かる養源寺橋の上流で一旦、
呑川に合流した後、橋の下流側に設けられた堰によって分流していた。
写真は養源寺橋から下流を見た光景、かつてはここに堰があったのだろう。
2014-09-20_65.jpg

橋の数十メートル下流側で、川沿いの道路から左へ分岐する遊歩道があり、
遊歩道となった北堀跡は北東へと向きを変える。
2014-09-20_82.jpg

この辺りは池上本門寺の門前であり、周辺には塔頭寺(末寺)が23寺存在する。
その中で北堀に割と近い照栄院・養源寺・妙雲寺を各寺に設置してある『池上
の寺めぐり』の説明板をもとに、紹介しておこう。

まずは、呑川の妙見橋と養源寺橋の間の北側にある朗慶山照栄院
正応4年(1291)日朗聖人の庵室として開創。
聖人の没後荒廃したが、嘉吉年間(1441~44)に再興された。
元禄2年(1689)南谷檀林という僧侶教育の学校を開設、明治2年(1869)に
廃されるまで多くの高僧を送り出した。
2014-09-20_75.jpg

養源寺橋の北詰には、橋名の由来ともなった養源寺がある。
慶安元年(1648)松平隆政(出雲母里藩の初代藩主)の母、養源院殿妙荘日
長大姉の発願により、荏原郡浜竹村にあった本成寺を当地に移し、養源寺と
改称、開山に本門寺十八世日輝聖人を迎えた。
享保4年(1719)、同6年(1721)の二度、八代将軍吉宗が鷹狩りの際には御
膳所になったという。
2014-09-20_69.jpg

養源寺の北東側に隣接するのが、玄性山妙雲寺
元和年間(1615~23)智雄院日正上人により開創、小湊誕生寺の末寺となる。
駐車場入口にある庚申塔は、水をかけて祈願すると足腰が丈夫になると伝え
られている。
2014-09-20_71.jpg

六郷用水北堀に戻り、水路跡を辿っていこう、
遊歩道は100mほどで終わり、その先は池上通りに並行する一般道となる。
一般道は環七の手前まで1km以上続き、大田区中央の住宅街を淡々と進む。
2014-09-20_84.jpg
呑川から先の水路は不入斗新井宿用水という別称もあった。
不入斗(いりやまず)は、明治22年(1889)の東京市誕生以前、現在の大森北
および大森本町1丁目付近にあった村、新井宿は現在の山王を中心として存
在していた村の名前である。
不入斗とは租税免除の土地の意味で、磐井神社(大森北2丁目)の社領で税
が免除されていたので名付けられたという説がある。

大森赤十字病院の先で、馬込方面から流れてきた内川と交差する。
古地図を見た限りでは、ここでも六郷用水は、内川に合流し、そして分流する
という形で交差していたようだ。
2014-05-31_91.jpg

その先、かつて田無街道と呼ばれていた道路(古道)との交差点脇には、美皿
の親柱が残存している。
昭和10年竣工のプレートが付けられている。
2014-09-20_91.jpg

北堀はやがて池上通りと合流し、そのすぐ先で環七と交差する。
池上通りとの交差点の地点では、かつて池尻川と合流していた。
池尻川は山王から南へ流れる内川の小さな支流(現在は全区間暗渠)である
が、古地図を見ると北堀から下流側は水路を確認できない。
恐らく、六郷用水の完成以降、池尻川の水は北堀に取り込まれたのではない
かと考える。
2014-09-20_95.jpg
写真奥に見えるのは、環七の春日橋陸橋。
陸橋の名前となっている春日橋は、かつて六郷用水に架かっていた橋の名で
あろうか。

春日橋交差点からは、歩道が半分を占める道路が北東へと続く。
歩道部分が、かつての六郷用水の流路と思われる。
2014-09-20_97.jpg

その道路沿いに建てられている小さな祠は長田稲荷神社と称する。
創建などの由緒は不明。
2014-09-20_99.jpg

道路はその先で東へと向きを転じ、東海道本線と交差する。
線路との交差部分には小さな鉄橋があり、その下には水路を確認することがで
きる。
殆どが埋め立てられ、道路となった大田区内の六郷用水の中で、開渠として遺
構が確認できる貴重な場所である。
2014-09-20_105.jpg

東海道本線を渡り、更に東進する。
用水跡が歩道となった道路が続く。
2014-09-20_108.jpg

大森北6-20で水路は再び右折して南進する。
細い歩行者道が交差するが、かつて北堀から周囲の田圃へ水を供給していた
用水路の跡であろうか。
2014-09-20_110.jpg

先ほど交差した環七と再び交わる。
そこには、澤田橋の親柱(昭和12年(1937)施工)が保存されているのを見る
ことができる。
2014-09-20_113.jpg

環七沿いには、大森浅間神社が鎮座する。
享保年間(1716~36)、富士宮の富士山本宮浅間大社の分霊を大森の地に
勧請したのが始まりとされ、旧大森村澤田の鎮守となった。
大正7年(1918)耕地整理のために平和島駅の西側に移転、昭和15年(1940)、
道路拡張のために現在地に遷座した。
2014-09-20_118.jpg

環七の南、北堀跡の道路は南に流れる内川に向かって真っ直ぐ進む。
途中、道路の左側には、大森諏訪神社内川2参照)がある。
2014-09-20_124.jpg

四之橋で内川に出る。
但し、ここを流れる内川は、大正6年(1931)、周辺の区画整理に併せて、新し
く掘削されたもの。
ということは、六郷用水北堀の末端はここではない。
2014-09-20_125.jpg

四之橋を渡って進むと、歩道がある一般道が更に続いている。
六郷用水北堀は、大森町の商店街の手前を流れていた旧内川に合流していた
ようだ。
2014-09-20_129.jpg

《参考文献》
『六郷用水』 大田区立郷土資料館編


より大きな地図で 【川のプロムナード】六郷用水周辺マップ を表示
 
目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本