六郷用水 子の神堀

蛸の手で六郷用水南堀から分かれた子の神堀子の根堀ともいう)を辿るこ
とにする。

蛸の手は蒲田電車区の敷地内であり見る影も無いが、分流した子の神堀はこ
の辺りを流れていたと思われる。
2014-09-12_2.jpg

その先でJR東海道線と交差する。
線路との交差部分には、その場所だけ道床がコンクリートとなっている。
かつては小さな鉄橋があったのだろう。
2014-09-12_128.jpg

線路を渡った先は、一般道を西進する。
道路沿いには、六郷用水を改修した田中休愚(丘隅)について記載されている
六郷用水物語』案内板が建てられている。
この辺りには、雑色方面への水路を含めて、休愚の功績や生い立ちについて
書かれた案内板が3基ほど設置されている。
2014-09-12_12.jpg

歩いていくと、京浜急行線が前方に見え、更にはその先で第一京浜を横切る。
2014-09-12_19.jpg

第一京浜を越えた先、緑地帯がある歩道が続く。
2014-09-12_39.jpg

やがて一般道とは分かれ、細い歩行者専用道路となる。
2014-09-12_42.jpg

水路跡の道を辿っていくと右手に七辻と呼ばれる七本の道路が交差する珍しい
交差点がある。
2014-09-12_36.jpg
大正6年(1917)から10年にかけての耕地整理により作られたもので、当時
は人家も疎らで、水田や果樹園が広がり、大八車が時折通るだけの交通量で
あったという。
現在は信号もない交差点を自動車が行き交うが、譲り合いが行われるため、
事故もないそうだ。

七辻付近の子の神堀跡の道、路面のタイルが案内してくれる。
2014-09-12_56.jpg

七辻の東側には、真光寺妙覚寺正覚寺福称寺などの寺院が集まる一帯
がある。
ともに浄土真宗の寺院で、築地本願寺の寺中寺であったが、関東大震災の後、
昭和初期に当地に移転してきた。
2014-09-12_46.jpg

細い歩行者道は、その先、一般道へ合流する。
2014-09-12_57.jpg

子の神堀は上田妙法稲荷神社の西側を通り抜ける。
境内に入ると、赤い鳥居が建ち並ぶ光景が鮮やかだ。
享和元年(1801)、多摩川の大洪水被害から立ち直るため、京都伏見大社の
分霊を賜り、大松の下に社殿を創建したものだという。
「羽田七福いなり」の一社とされている。
2014-09-12_62.jpg

道路は多摩川へ向かって進んでいく。
この先は二手に分かれ、一方はそのまま多摩川へと進み、もう一方は右へ折
れて、六郷水門へと向かう水路があったようだ。
2014-09-12_65.jpg

右折して、数百メートルほど行くと南六郷緑地に突き当たる。
ここで大沼堀や小沼堀などを分けながら雑色や南六郷を流れてきた中宿堀
合流していたようだ。

多摩川の方へと目を向けると古めかしい六郷水門を望むことができ、水門の
内側の小さな舟溜まりは小型船舶の停泊地となっている。
2014-09-12_83.jpg

六郷水門は、昭和6年(1931)の竣工、大正から昭和にかけての多摩川改修
工事の一環として造られた。
また、当時は宅地化により生活排水が増大し、下水道が普及するまでの間、
その排水処理を担うとともに、大雨時の逆流を防いでいたという。
土木学会の日本の近代土木遺産にも選ばれている。
2014-09-12_79.jpg

六郷水門に付けられている紋章は、旧六郷町の町章で、「郷」の字の周りに九
つの「ロ」の字が囲み、ロクを示すユニークなものだ。
2014-09-12_81.jpg

《参考文献》
『六郷用水』 大田区立郷土資料館編
『大田の史跡めぐり』 大田区教育委員会 郷土博物館編


より大きな地図で 【川のプロムナード】六郷用水周辺マップ を表示
 
目次
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本