貫井川 1

貫井川は、下石神井5丁目付近を水源として、南田中・富士見台・貫井を経由して、
石川橋で石神井川に合流する5kmほどの暗渠である。

スタート地点は、石神井消防署の北方100mほどの地点、井草通りに僅かな窪
みがある。
現在は住宅街となっており川筋は見る影もないが、この窪みが貫井川の源流で
はなかろうか。
2014-06-21_7.jpg

その南側、新青梅街道を渡った先に下石神井御嶽神社がある。
天保年間に(1830~44)当地の石塚平左衛門によって創建されたと伝えられる。
その頃、江戸を中心に行者一山の布教で木曽御嶽山への信仰が広まっており、
の御嶽山の分霊を祀ったのが始まりといわれる。
2014-06-21_4.jpg

本殿と境内末社の一山神社の間には、岩を積んだ小丘があり、三体の石の祭
神像が祀られている。
2014-06-21_6.jpg

貫井川の痕跡がはっきりと確認できるのは、石神井消防署から西へ400mほど
の地点、北東へと分かれる道路があり、その歩道が貫井川跡である。
2014-06-21_15.jpg

その道路の西に並行する道の脇に上久保不動尊がポツンと建っている。
由緒等はわからないが、小さな不動堂は趣きがある。
2014-06-21_17.jpg

不動尊の道を北東へ行くと、左側にあるのが下石神井天祖神社
2014-06-21_21.jpg
創建は明らかでは無いが、境内にある庚申塔(下写真中央)には「石神井郷神
明村」と刻まれ、江戸時代に編纂された「新編武蔵風土記稿」にも同村の鎮守
である旨が記載されているという。
天祖神社と称されたのは明治期になってからで、それ以前は天明社と称していた。

また下の写真の左端にある石塔は「二十三夜待供養塔」といい、文化13年(18
16)の銘がある。
二十三夜待とは、特定の月の23日の夜に講員が集まり、月を拝み飲食を共に
する月待ちの行事だといい、全国各地で盛んに行われていたようである。
2014-06-21_23.jpg

話を貫井川に戻そう。
天祖神社の南にある下石神井小学校脇から、暗渠道が始まる。
練馬区の暗渠の特徴である「水路敷」の青いペイントが描かれている。
2014-06-21_26.jpg

少し行くと、左手に栄湯という銭湯の煙突が見えてくる。
銭湯は暗渠沿いによく見かけるが、下水道が完備されていない時代に、排水を
川に流していたことによるものだ。
2014-06-21_27.jpg

暗渠の遊歩道はその先、一旦、一般道路へと変わるが、旧早稲田通りの先から
再び遊歩道が始まる。
2014-06-21_30.jpg

その暗渠道は、南が丘中学校の西脇に沿って南下する。
このあたりには、かつて喜楽沼と称する釣堀があったというが、その辺りの事情
はtokyoriverさんの東京の水 2009 fragmentsに詳しく記載されている。
2014-06-21_35.jpg
現在は住宅が建ち並びその痕跡はないが、近くのバス停にその喜楽沼という名
前が残る。

その北には、慈雲山曼荼羅寺観蔵院という寺院がある。
創建の年月は明確ではないが、文明9年(1477)、豊島氏を滅ぼした太田道潅
が、三宝寺(『石神井川2』参照)を移転した際、塔頭であった観蔵院を、この南
田中へ移築し末寺としたといわれる。
また、境内にある薬師堂は日出薬師と呼ばれ、昔は現在地より東北方にあり、
石神井川の薬師堂橋(練馬高野台付近)の橋名がその名残と言われる。
2014-06-21_47.jpg

観蔵院の近くには江戸時代末期の建築と推定される榎本家長屋門があり、練
馬区の有形文化財となっている。
(個人宅のため、外観を見学するのみとなる。)
2014-06-21_39.jpg

貫井川は環八と笹目通りの環八南田中交差点を越え、環八に沿う形で北東方向
へと北上する。
交差点脇には、本年(2014)スーパーが開店し、その脇を通る貫井川の遊歩道
の一部も綺麗に整備された。
2014-06-21_50.jpg

さらに続く北東へ続く暗渠道。
2014-06-21_51.jpg

一般道との交差部には橋跡と思しきコンクリート舗装が見られる。
2014-06-21_53.jpg

西武池袋線の高架の手前、酒店の脇にはコンクリート暗渠もある。
ビールケースが積み上げられ酒屋の物置と化している。
2014-06-21_57.jpg

《参考文献》
『ふるさと練馬探訪』 練馬区立石神井公園ふるさと文化館編


より大きな地図で 【川のプロムナード】石神井川周辺マップ を表示

次へ 目次
  
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本