神田川 2

久我山駅を過ぎて人見街道を渡ると、左手に井の頭線の富士見ヶ丘車庫が見えて
くる。
井の頭線の車庫は以前は永福町にあったが、昭和45年にこちらに移転された。
永福町の車庫跡は、今はバスの車庫となっている。
130223_0074.jpg

この付近は初夏にはホタルが放され、イベントが行われる。
右手は崖になっており、その上には杉並区の久我山運動場がある。
以前は大蔵省印刷局のグラウンドだったが、杉並区が借り受けた。
その南側の旧NHKグラウンドを含めて、現在、東京都による(仮称)高井戸公園
の整備計画がある。

遊歩道沿いにあった魚と戯れる幼児の銅像。
130223_0076.jpg

富士見ヶ丘の南側の住宅街を神田川は進む。
川沿いの柵には、以前はパンダや魚などの絵が描かれていたが、いつしか緑に
塗り替えられていた。
130223_0077.jpg

神田川沿いの所々に里程標がある。
水源からと隅田川からの距離が記載されている。
水源から3キロ歩いていたことが判る。
130223_0079.jpg

こちらは杉並区による神田川流域案内板。
神田川に関する記事や昔の神田川の写真、また神田川に棲息する動植物の案内
などが記載され、結構楽しめる。
130223_0080.jpg

高井戸に近づくと、都営の高井戸西住宅が見えてくる。
以前は古びた低層住宅が立ち並んでいたが、新しく建て替えられて、周囲の道路
とともに綺麗になった。
130223_0085.jpg

環八が架かる佃橋の手前で、水流が合流する。
神田川の南、七百メートルほどの中央高速下に流れる玉川上水からの水である。
玉川上水の清流復活事業として、東大和市付近で下水処理水が放水され、富士
見ヶ丘の南で暗渠となった後、環八の下を経由して、ここで神田川に合流している。
130223_0090.jpg

環八の先、数百メートルほど桜並木が続く。
駅から至近距離ということもあり、桜の季節には賑わう。
下は、08年春に撮影した写真だが、提灯なども設置されている。
並走する井の頭線の車窓からも眺めることができる。
2008-03-29_128.jpg

正用下橋の手前にある壁画。
130223_0095.jpg

今まで、井の頭線と付かず離れずで流れてきたが、
これから先は数百メートルほど離れて流れる。
公園やグラウンドが点在し、ますます緑が多くなる。
以前は浜田山の南側に、興銀、三井、新日鉄といった企業のグラウンドがあったが、
公園(柏の宮公園)やマンションに変わってしまった。
既に消滅した企業もあるが、社員の福利厚生の考え方も違ってきたのだろうか。

そのような中にあるのが乙女橋、きれいな橋名であるが、元々は「お留橋」と称した。
この付近は徳川家御三卿の鷹場で、お留め場と言われていた。
お留め場では、農耕や建築など日常の生活に厳しい制限があったという。
慶応3年(1868)に鷹狩りが廃止された後、乙女の字があてられた。
2014-01-25_7.jpg

こちらは塚山橋、都内の中小河川には珍しい石橋である。
竣工年月は記していなかったので判らないが、趣きのある橋だ。
130223_0103.jpg

その塚山橋の右岸には塚山公園が広がる。
ここには塚山遺跡があり、園内には復元した古代住居がある。
説明板には、縄文時代中期(約3500~4500年前)の住居跡20軒が発見され、
環状集落であることが判ったとある。
縄文時代の神田川の眺めは、どのようなものだったのだろうか。
130223_0111.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】神田川周辺マップ を表示

次へ 目次
  
スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

神田川 1

神田川は、三鷹市の井の頭池に端を発し、台東区の柳橋先で隅田川に合流する
24,6kmの一級河川である。
古くは平川と称したが、徳川家康が江戸に入るにあたり、江戸市中の飲料水を確保
するため、神田用水として整備した。
文京区関口付近にあった大洗堰で取水し、小石川・本郷経由で、江戸の上水道とし
て使用された。
昭和前期の古地図を見ても、上流部では神田用水として記載されている。
大洗堰から飯田橋付近までを江戸川、それより下流を神田川と称していた。
江戸川については、有楽町線の駅名にもなっている江戸川橋にその名を残す。
昭和40年の河川法改正により神田川に名称が統一され、現在に至る。

その水源である井の頭池からスタートする。
七井池という別名を持ち、七つの湧出口から成り立っていたらしい。
池の北西には、お茶の水という湧水がある。
家康が鷹狩りでこの地を訪れた際に、この湧水で茶をたてたことに由来する。
残念ながら、今は湧水は枯れてしまい、流れ出る水は地下水をポンプで汲み上げた
ものである。
130223_0002.jpg

池を反時計回りに進むと、井の頭弁財天がある。
天慶年間(938-946)に源経基が弁財天女像を安置したのが始まりとされ、建久8年
(1197)に源頼朝が御堂を建立したそうである。
赤い社殿が、池の水や公園内の樹木の緑に映えて鮮やかだ。
130223_0011.jpg

都内屈指の公園である井の頭公園、正式には井の頭恩賜公園という。
池の周囲は、散歩やジョギングをする人で賑わう。
また、アートマーケッツと呼ばれる露店やパフォーマンスを見ながら歩くのも楽しい。
130223_0016.jpg

井の頭池の東に位置するひょうたん池を経由して、神田川がスタートする。
写真左に見えるように、神田川源流の立て札があり、
ここが神田川の源流です。神田川は善福寺川、妙正寺川を合流して隅田川
 に注いでいます
」と記載されている。
130223_0021.jpg

草木が生い茂る散歩道を抜け、井の頭線のガードを潜ると、右手に広場が広がる。
その脇では親水エリアとなっており、子供達の遊び場となっている。
130223_0031.jpg

親水エリアの先は深い垂直護岸となる。
この先、井の頭5丁目付近を水源とした井の頭支流(仮)が合流していたが、
今は合流口はコンクリートで埋められている。
130223_0035.jpg

その先、井の頭線が右岸に並行し、川の左手に立教女学院の校舎が見えると、
三鷹台駅に着く。
130223_0044.jpg

駅の先で再び井の頭線と交差し、南側へと渡る。
但し、この付近では川に沿って歩くことが出来ず、付近の道路へ迂回せざるを得ない。

迂回した先から、再び川沿いに遊歩道が始まる。
そこにあった7カ国語で書かれた看板、なかなかオツである。
130223_0045.jpg

神田橋からみずき橋の区間、蛇行した溝にそって川が流れる。
溝の周囲も緑化されており、気持ちいい光景だ。
130223_0054.jpg

そしてこの付近の桜並木も素晴らしい。
井の頭公園は桜の名所として有名だが、人で溢れかえるため、静かに桜を鑑賞したい
向きには、お勧めの場所である。
2008-03-29_99.jpg
                                (写真は08年春に撮影)

みずき橋から先は杉並区に入る。
川沿いには100m毎に、距離を表示(下流の中野区境からの距離)した看板が
設置されており、歩く目安として助かる。
130223_0060.jpg

久我山の手前、宮下橋を左に行くと久我山稲荷神社がある。
創建は不明だが、古来より久我山村の鎮守であり、昭和16年に村社となる。
7月の夏祭りに「湯の花神楽」が奉納されるが、これはこの地に疫病が流行した
際、村人が神楽を奉納し、祈願したところ、疫病がやんだという故事によるもの
である。
2014-01-25_17.jpg

宮下橋から数百メートル歩くと、井の頭線の久我山駅の南口前に達する。
130223_0066.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】神田川周辺マップ を表示


次へ
目次
 

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

ブログを始めるにあたり

川のプロムナードというブログを立ち上げてみました。

2007年5月以来、善福寺川リバーサイドblogというブログを続けていましたが、
この度、心機一転、新しいブログにて再出発してみることにしました。
※ 前ブログは2014年6月末をもって閉鎖しました。

前ブログでは、東京を中心とした都市河川、暗渠、用水を歩き巡り、
ウォーキングガイド風に記事を書き重ねてきましたが、
このブログもそのコンセプトは変えず、記事を書き続けていこうと思っています。

今までの記事に加えて、川沿いにある史跡や公園なども併せて紹介できれば
面白いだろうと考え、今回は、前のブログとは一味違ったブログにしていき
たいと考えています。
(特に初期の記事については、河川に関する知識もなく、気ままに書いていました)

既に前ブログで紹介してから5年以上の月日が経過した河川もあり、
周囲の風景がだいぶ変わった箇所もあるかもしれません。
出来れば再び歩いて、ご紹介できればとおもっています。

但し、今まで歩いて紹介した記事は、数百に及びます。
全てを歩き直すことは困難であり、場合によっては前回の記事を
軽く手直しする程度に留めることもありますので、ご容赦願います。
既に前ブログからご覧頂いている方々には、読み直しになるようになる
ことになるかもしれませんが、お付き合いのほど、よろしくお願い致します。

最近は、暗渠や窪地(スリバチ)に関する本も出版され、
ちょっとしたブームになりつつあります。
このブログが、暗渠などの探索のお手伝いになれば幸いです。

なお、当分の間、前ブログと並行して記事を記載していくつもりです。
果たして「二刀流」ができるか不安ですが、なんとか努力して続けられれば
と考えています。

また、前回同様、廃線歩きなど、時々脱線する話題も提供できればと思っています。

これからもよろしくお願いします。

※ お願い
前ブログにてリンクさせていただいた方々には、引き続きこのブログからも、
リンクさせていただきますのでご承諾いただければと思います。
(リンクを承諾いただけない場合は、コメント等にてご連絡ください)

目次

目次

ブログの過去記事にリンクします。(下線の部分からリンク)

青字:開渠(概ね総区間の50%以上もしくは1km以上が開渠)
黒字:暗渠もしくは水路跡
灰字:未公開
(薄字は他の水系参照)
※ 正式名(通称を含む)が無い水路については、(仮)を付けて仮称を記載しています。
※ 各河川の記事内には、小さな支流の話題を含んでいる場合があります。

支流は、水系ごとに上流から順に記載しています。
 +←:本流に合流する水路(支流)
 +→:本流から分かれていく水路(分流)
 +⇔:本流から分かれ、再び本流に戻っていく水路

各水系にすばやくジャンプできます。
神田川水系
目黒川水系
玉川上水水系
野川水系
黒目川水系
石神井川水系
渋谷川・古川水系
白子川水系
内川水系
六郷用水水系
府中用水水系
残堀川
呑川水系
荒川・隅田川間の水路
二ヶ領用水・大丸用水水系
谷沢川水系
日野用水水系
葛西用水水系


 
神田川水系

神田川  
 |
 +← 善福寺川 
 |   +← 松庵川
 |   +→ 天保新掘用水
 +← 小沢川
 +← 和泉川(笹塚支流) 
 +← 桃園川 
 |   +← 天保新掘用水 ※ 上記に同じ
 +← 妙正寺川 
 |   +← 井草川
 |   +← 江古田川
 |   |   +← 濯川
 |   +← 上高田支流(仮)
 +→ 神田上水
 +← 弦巻川 
 +← 水窪川 
 +← 蟹川
 +← 谷端川 
 |   +← 東大下水
 +→ 日本橋川 
 |   +→ 竜閑川
 |   +→ 楓川
 |   |   +← 京橋川
 |   |   +→ 桜川(八丁掘)
 |   |   +→ 築地川 
 |   +→ 亀島川
 |       +→ 新川
 +→ 浜町川
     +← 竜閑川 ※ 上記に同じ

《番外編》 桜ガイド 神田川善福寺川妙正寺川

目次Top

 
目黒川水系

目黒川 
 |
 +← 烏山川 
 |   +← 水無川(中川)
 |       +← 牟礼用水 ※ 【玉川上水水系】 参照
 +← 北沢川 
 |   +← 森厳寺川・だいだらぼっち川
 +← 空川
 +← 蛇崩川 
 +← 谷戸前川
 +← 羅漢寺川

《番外編》 桜ガイド 目黒川

目次Top

 
玉川上水水系

玉川上水 
 |
 +→ 田村分水
 +→ 熊川分水
 +→ 拝島分水
 +→ 柴崎分水 
 +→ 砂川用水 
 |   +→ 小金井分水
 |   +→ 梶野新田分水 
 |       +→ 深大寺用水東堀 
 |       +→ 深大寺用水西堀 
 +→ 野火止用水 
 |   +→ 平林寺堀
 +→ 新堀用水
 |   +→ 小川用水 
 |   +→ 鈴木用水 
 |   |   +→ 大沼田用水
 |   |        +→ 野中用水 
 |   +→ 田無用水 
 +→ 千川上水 
 |   +→ 中新井分水(上新街分) ※ 【神田川水系】江古田川 参照
 |   +→ 中新井分水(北新井分) ※ 【神田川水系】濯川 参照
 |   +→ 長崎村分水 ※ 【神田川水系】谷端川 参照
 +→ 牟礼用水
 |   +→ 水無川(中川) ※ 【目黒川水系】 参照
 +→ 烏山分水 ※ 【目黒川水系】烏山川 参照
 +→ 北沢分水 ※ 【目黒川水系】北沢川 参照
 +→ 三田用水 
 |   +→ 神山口分水 ※ 【渋谷川・古川水系】宇田川松濤支流 参照
 |   +→ 白金村分水
 +→ 原宿村分水 ※ 【渋谷川・古川水系】代々木川 参照

目次Top

 
野川水系

野川 
 |
 +← 元町用水
 +← 小金井分水 ※ 【玉川上水水系】参照
 +← 小金井野水
 +← 逆川(北の川)
 +← マセ口川
 +← 深大寺用水(西堀・東堀) ※ 【玉川上水水系】参照
 +← 入間川(中仙川) 
 +← 仙川 

《番外編》 桜ガイド 野川 仙川

目次Top

 
黒目川水系

黒目川 
 |
 +← 西妻川
 +← 出水川
 +← 落合川 
 |   +← 立野川
 |   +← 弁天川
 +← 中沢川

目次Top

 
石神井川水系

石神井川 
 |
 +← 貫井川 
 +← 田柄川 
 +→ 稲付川北耕地川) 

目次Top

 
渋谷川・古川水系

渋谷川 
 |
 +← 代々木川
 +← 神宮南池支流(仮)
 +← 宇田川
 |   +← 河骨川
 |   +← 松濤支流(仮)
 +← いもり川
 |
古川
 +← 三田用水白金村分水 ※ 【玉川上水水系】参照
 +← 吉野川

目次Top

 
白子川水系

白子川 
 |
 +← 新川 
 +← 百々向川

目次Top

 
内川水系

内川 
 |
 +← 池尻川

目次Top

 
六郷用水水系

六郷用水 
 |
 +← 谷戸川 
 +→ 新田川
 +→ 北堀 
 +→ 南堀
     +→ 能登川堀(逆川)
     |   +→ 松葉用水・北前堀
     +→ 子の神堀
     +→ 中宿堀
     +→ 新宿糀谷村用水

目次Top

 
府中用水水系

府中用水 
 |
 +→ 谷保分水
 |   +← 矢川・清水川
 |   ↓
 +← 下の川 
 +→ 新田川 → 妙観堀二ヶ村用水三ヶ村用水(下記参照)へ
 |   +← 本宿用水
 +→ 雑田堀 → 妙観堀(下記参照)へ
 +→ 妙光院下水系代小川
 +→ 妙観堀矢崎都市下水路
     +→ 三ヶ村用水  → 根堀川(下記参照)へ
     +→ 二ヶ村用水
         +→ 根堀川 

目次Top

  
残堀川

残堀川 
 |
 +→ 根川

目次Top

 
呑川水系

呑川 
 |
 +← 九品仏川
 +← 池上用水(洗足流れ)
 |   +← 清水窪湧水路
 +→ 旧呑川

 
荒川・隅田川間水路
ここでは荒川と隅田川の間の地域に流れる川(運河)を取り扱います。
水路が縦横に交差しているため、水系図は記載しません。

北十間川 
旧中川
横十間川 
小名木川 
六間堀・五間堀
大横川 

目次Top

 
二ヶ領用水・大丸用水水系

大丸用水菅堀 
 |
 +→ 大堀  → 三沢川(下記参照)へ
 +→ 押立堀
 +⇔ 新堀
 +→ 北堀 
 |  |
 +→ +→ 三沢川(下記参照)へ

二ヶ領用水 
 |
 +← 三沢川 
 +→ 五ヶ村堀
 +← 宿河原堀
 +→ 久地・溝ノ口村堀
 +→ 川崎堀 
 |   +→ 渋川
 |   +→ 大師堀
 |   |   +→ 江川堀
 |   +→ 町田堀
 +→ 根方十三ヶ村堀 

《番外編》 桜ガイド 二ヶ領用水

目次Top

 
谷沢川水系

谷沢川 

目次Top

 
日野用水水系

日野用水上堰    ※ 下流の根川を含む
 |
 +← 上田用水
     +← 豊田用水
         +← 黒川

目次Top

 
葛西用水水系

葛西用水 

目次Top

その他

13/02/20 ブログを始めるにあたり
15/01/01 《2015年新春企画》 川に歴史をみる
16/01/01 《2016年新春企画》 用水へのいざない

目次Top
  
 

橋マップ

Google Mapを利用して、橋の位置と写真を紹介します。
ピンをクリックすると、橋の写真も表示されます。

神田川


より大きな地図で 神田川(含 皇居外堀) 橋マップ を表示

善福寺川


より大きな地図で 善福寺川 橋マップ(橋リストを含む) を表示

妙正寺川・江古田川


より大きな地図で 妙正寺川・江古田川 橋マップ を表示

日本橋川・亀島川


より大きな地図で 日本橋川・亀島川 橋マップ を表示

隅田川


より大きな地図で 隅田川 橋マップ を表示

谷沢川


より大きな地図で 谷沢川 橋マップ (橋リストを含む) を表示

野川


より大きな地図で 野川 橋マップ (橋リストを含む) を表示

仙川


より大きな地図で 仙川 橋マップ (橋リストを含む) を表示

目黒川


より大きな地図で 目黒川 橋マップ (橋リストを含む)を表示

下町の川
北十間川横十間川大横川小名木川


より大きな地図で 下町の川 橋マップ を表示

石神井川


より大きな地図で 石神井川  橋マップ(橋リストを含む) を表示

渋谷川・古川


より大きな地図で 渋谷川・古川 橋マップ(橋リストを含む) を表示

玉川上水
※ 下流の暗渠部分は、旧橋の欄干・親柱やモニュメントなどのほか、
  交差点や歩道橋に名前を残しているものを表示。(確認できたもの)


より大きな地図で 玉川上水 橋マップ(橋リストを含む) を表示

呑川
※ 上流の暗渠部は、橋の遺構があるもののみを表示


より大きな地図で 呑川 橋マップ(橋リストを含む) を表示

立会川


より大きな地図で 立会川 橋マップ を表示

白子川


より大きな地図で 白子川 橋マップ を表示

黒目川・落合川


より大きな地図で 黒目川・落合川 橋マップ を表示
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本