三田用水 鉢山口分水

西郷橋の南東で三田用水から分かれ、鉢山町、鶯谷町を経て渋谷川へ注
いでいた田用水 鉢山口分水を取り上げる。

資料とした『「春の小川」はなぜ消えたか』添付の地図によると、その分水口
は現在の都立第一商業高校の辺りかと思われる。
2017-07-22_1.jpg

分水は用水をちょっと戻る形で西郷橋下の切り通しへと下る。
写真は下から見た西郷橋、現在は旧山手通りの道路橋であるが、かつて
は三田用水がこの切り通しを越えていた。
三田用水から分かれた水は急流となって下っていたのであろう。
この辺りには製綿工場の水車があったらしい。
なお製綿工場は明治期の地形図にも描かれており、この周辺では目立っ
た存在であったようだ。
2017-07-22_2.jpg

鉢山口分水は鉢山町を北東へと進んでいた。
実際は右手の住宅地の中を流れていたらしい。
2017-07-22_5.jpg

鉢山町交番前交差点まで歩き、右へ数十メートルほど行った地点から、
用水跡の暗渠道が始まる。
周囲は宅地造成のための盛土が行われたためであろうか、暗渠の入口に
は数段の階段が設置されている。
2017-07-22_7.jpg

鉢山公園という児童公園脇を進む分水跡の暗渠道。
右手は高台となっており、分水はその崖下を流れていたのだろう。
2017-07-22_10.jpg

その先は一旦途切れて北側の道路に迂回することとなるが、1ブロック
を歩いた先から再び細い道が出現する。
2017-07-22_12.jpg
この辺りは用水に沿って長い谷戸が続いており、かつては長谷戸という
小字で称されていた。
水路は複数に分かれ、水田が広がっていたらしい。
今では住宅が建ちこむ街となってしまい、そのような風景を想像するだけ
でも難しい。

2017-07-22_14.jpg

乗泉寺の北で暗渠道は終わってしまう。
かつてここには鶯橋という橋が架けられており、鶯谷町の名はこの橋名
から命名されたという。
2017-07-22_17.jpg

鉢山口分水に位置する妙正山乗泉寺は元和年間(1615~24)に創建さ
れた本門佛立宗の寺院である。
江戸西久保(現在の神谷町の辺りか)に一庵が建立したのを始まりとし、
その後麻布桜田町へ移転、戦後この地に移った。
広大な敷地の寺院の中に近代建築の本堂が建つ。
2017-07-22_19.jpg

暗渠道が終わると、その先、正確な流路は殆ど判らなくなってしまう。
住宅などが建ち並び、既に鉢山口分水の跡は絶たれてしまっている
ためだ。
2017-07-22_20.jpg
ただ用水跡付近は相変わらず谷となっており、地形の高低差を楽しむこと
ができる。

鶯谷児童遊園という児童遊園、南側の中学校との間には数メートルほどの
段差がある、
かつて鉢山口分水はこの辺りを流れていたのだろうか。
2017-07-22_23.jpg

さらに東へと進み、猿楽橋で山手線を渡る。
この近くで分水も山手線と交差していたはずだ。
2017-07-22_29.jpg

そして渋谷川の並木橋付近に達する。
以前は吐口があったようだが、平成になって河川改修工事が行われた際
に吐口は無くなってしまった。
2017-07-22_33.jpg

暗渠として確認できる区間は数百メートルほどの僅かな区間であるが、
都会に埋もれたかつての谷戸の地形を実感できる水路であった。

《参考文献》
『「春の小川」はなぜ消えたか』 田原光泰著
『歩く渋谷川入門』 梶山公子著



目次
  
スポンサーサイト

田無用水 2

田無用水は鈴木町交差点の北で小金井街道を越えると、花南一丁目通
り(せいぶ通り)という一般道沿いに北東へ向けて流れていた。
現在は暗渠となりその痕跡は認められないが、道路右側に続く歩道が用
水の暗渠という証であろう。
2017-04-30_5.jpg

田無の橋場まで2kmほど続く一般道を淡々と歩くことになる。
2017-04-30_6.jpg

花小金井駅の東側と西武新宿線と交差する。
2017-04-30_9.jpg

小平市から西東京市へと入る。
ここが田無用水の暗渠であることは、全く感じることはできない。
2017-04-30_12.jpg

途中、この交差点で芝久保分水を右へ分ける。
芝久保分水は田無村芝久保へ開削された吞用水、いつごろ掘削されたの
か記録はないが、おそらく明治以降に造られたものと推察される。
2017-04-30_15.jpg

通り沿いには畑も見られる。
この辺り、所々に新しい住宅も見られるが、以前はこのような畑が広がって
いたのであろう。
2017-04-30_16.jpg

道路はその先で左へとカーブし、青梅街道の橋場交差点に突き当たる。
ここは青梅街道と東京街道の分岐点でもあり、橋場という名前は田無用
水に架かる橋があったことに由来すると思われる。
2017-04-30_19.jpg

橋場の先、田無用水は青梅街道を挟んで2本の水路に分かれている。
用水跡には遊歩道が続き、周辺住民の通行路となっている。
なぜここで2本に分かれるのか、それは田無用水が田無宿の吞用水とし
て開削された経緯を考えば容易に想像できる。
ここから東側に田無宿があり、街道の両側に建つ家屋に水を供給するた
めであろう。

便宜的に北側水路南側水路と称して、それぞれに追っていくこととしよう。

北側水路
青梅街道の北側に「やすらぎのこみち」と称する歩行者道が東へと延びている。
2017-04-30_21.jpg

水路跡の歩道はタイル敷の舗装が続き、マンホールは花や昆虫などのデ
ザインが施されている。
2017-04-30_24.jpg

「やすらぎのこみち」沿いにあった馬頭観音、天保15年(1844)建立のも
のだそうだ。
2017-04-30_27.jpg

遊歩道沿いにスーパーがあるためなのか、歩行者や自転車の通行量も多い。
2017-04-30_29.jpg

田無駅の北東にあたる地点で、遊歩道がT字交差している場所がある。
ここが前項冒頭の説明に出てきた田柄用水の分水口、田柄用水は北へ
と向かい、その後富士街道沿いに石神井方面へと流れていた。
2017-04-30_32.jpg

田柄用水分水口を過ぎると、遊歩道は総持寺沿いに進む。
寺の仁王門前を横切るように流れていたようだ。
(歩行者専用道の標識がある道が「やすらぎのこみち」)
2017-04-30_41.jpg

真言宗の田無山総持寺、創建年代は不詳だが、元和年間(1615~24)、
田無村字谷戸に法界山西光寺として創建、慶安年間(1648~51)に当地
に移転したと伝えられる。
明治8年(1875)、密蔵院、観音寺と合併し、総持寺と改称した。
2017-04-30_38.jpg
なお観音寺は、総持寺の境外仏堂となっており、寺の西側、遊歩道沿い
に広がっている。

更にはその先、田無神社が鎮座する。
田無神社は鎌倉時代の創建と伝えられ、谷戸に尉殿大権現として鎮座していた。
その後、元和8年(1622)、上保谷村に尉殿神社(新川1参照)を分祀、
寛文10年(1670)に現在の地に遷座する。
明治5年(1872)に田無神社と改称、現在に至る。
2017-04-30_50.jpg

境内には田無用水が横切っており、その史跡を残すように参道に小さな
橋が架けられている。
2017-04-30_48.jpg

田無神社の東に続く暗渠道。
2017-04-30_54.jpg

青梅街道を南へと渡ると、住宅地の中に用水の流末の痕跡を見つける
ことができる。
2017-04-30_56.jpg

再び西武線と交差、その先で田無用水は石神井川と合流していた。
現在、線路の南側は石神井川の調節池となっており、正確な合流地点を
見出すことはできない。
2017-04-30_61.jpg

南側水路
橋場の分流地点へと戻り、青梅街道南側の水路を追っていこう。
こちらは「ふれあいのこみち」と名付けられた歩行者道が橋場から続く。
2017-04-30_62.jpg

「やすらぎのこみち」と同様に花や虫が描かれたマンホールが所々にあり、
それらを見ながら歩いていくのも楽しい。
写真は市の花タナシツツジが描かれたもの。
2017-04-30_63.jpg

こちらの歩行者道も田無駅および周辺地区への通行路として利用され、
自転車や歩行者に利用されている。
青梅街道などの自動車の往来を気にせずに歩くことができ、田無用水は
現代では期せずして地域の交通安全に一役買っているということができ
るかもしれない。
2017-04-30_66.jpg


病院の建物の間を抜けていく歩行者道。
2017-04-30_67.jpg

駅北口の繁華街を抜けた先、住宅やマンションの間を通っていく。
2017-04-30_70.jpg

向きを南へ転ずると、暗渠の雰囲気が漂う空間となる・
2017-04-30_72.jpg

「ふれあいのこみち」は西武線の北側で終わる。
2017-04-30_73.jpg

その先、田無用水の流路はわからなくなってしまうが、おそらく線路の南、
文化大橋付近で石神井川へと流れこんでいたのではないだろうか。
こちらも北側水路同様、かつての合流地点を確認することはできない。
2017-04-30_77.jpg



目次

田無用水 1

玉川上水(新堀用水)から分かれる田無用水を取り上げる。

まずは田無用水開削の経緯について簡単に説明するが、その前提として
田無村の成立について触れておきたい。
慶長11年(1606)、幕府は江戸城改築のために青梅から運搬するために、
青梅街道(成木街道)を開設する。
田無村は中野、箱根ヶ崎などとともに街道の継場として設けられた。
しかしながら、当時は武蔵野の逃げ水と言われるほど水利が悪く、朝夕、
谷戸(現:西東京市谷戸町のことか)から水を汲み運んで飲み水とした。
承応2年(1653)に玉川上水が開通し、その3年後の明暦2年(1656)に
小川用水が開削されて、青梅街道の馬継場として新たに小川村が開村さ
れても、田無村の水事情は改善されないままだった。

田無用水開削の嘆願書が提出されて許可が下りたのは元禄9年(1696)
のことである。
田無用水は当初、田無村一村のための吞用水として開削された。
喜平橋下流で玉川上水から分水されたが、その樋口は四寸四方と他の
用水に比べて小さいものであった。(ちなみに野火止用水は六尺×2尺、
小川用水は一尺四方である。)
その後幕末から明治にかけて、吞用水だけではなく、廻田新田や田無村
の田用水としても利用されることとなる。

明治3年(1870)、玉川上水の通船を目的とした分水口改正が発せられ
て新堀用水が造られると、田無用水は小川用水や鈴木用水と同様に、
新堀用水から分水されるようになる。
また翌明治4年には上保谷村、関村、上石神井村、下石神井村から田無
用水の延長願いが提出される。
この願いをもとに現在の田無駅の北から田柄用水が開削され、その機に
田無用水も拡幅された。

開削から二百数十年間利用されてきた田無用水であるが、上水道の普及
とともに都市化の波が押し寄せ、生活排水が流れる水路と化してしまう。
昭和38、9年には田無駅付近の南北の用水路は暗渠化され、現在では
水路跡は遊歩道化されて市民に利用されている。

田無用水は喜平橋の北東付近から始まる。
新堀用水からの分水口周辺は個人宅の庭先となっており、残念ながら近
づくことはできない。
2017-04-22.jpg

喜平町の住宅の中を流れていく田無用水。
2017-04-22_2.jpg

その先は畑地と林の間を縫うように流れていく。
用水沿いの道路はないため、迂回しながら用水の流れを確認していく。
2017-04-22_4.jpg
ここは何度か訪れているが、水が流れていない時もあった。
常時、水が流れているわけではないようだ。

一般道を渡り、その先は店舗の駐車場に沿って流れていく。
2017-04-22_9.jpg

その先、氷川通りと称する道路沿いに流れていく。
暗渠と開渠を繰り返し、開渠部分には水生植物などが植えられており、環
境に配慮した歩道が続く。
2017-04-22_15.jpg

その途中、道路の右側に回田氷川神社が鎮座する。
この辺りにあった廻田新田は、廻り田村(現東村山市)の斉藤忠兵衛が中
心となり、天保11年(1726)玉川上水北部の野中新田の土地を取得して
発足した新田である。
但し、新田といっても当初は草刈場(秣場)であったため、移住してくるもの
はなく、屋敷も皆無であったらしい。
2017-04-22_19.jpg
この氷川神社は宝暦5年(1755)、新田の有力者である弥兵衛が土地を
提供し、氷川明神と稲荷明神を勧請して建てられた。
現在の社殿は安政6年(1859)に再建されたものと言われる。

道沿いの水路は更に続いている。
2017-04-22_22.jpg

やがて氷川通りは新小金井街道に突き当たる。
ここで新小金井街道を南へ数分ほど歩いたところに鈴木遺跡資料館があ
るので立ち寄ってみた。
2017-04-22_25.jpg
昭和49年(1974)、現在の鈴木小学校付近から多数の石器などが出土し、
発掘調査の結果、約3万年前から一万四千年前までの旧石器時代の遺跡
であることが判明した。
遺跡は南北670m、東西600mの範囲で馬蹄形に広がっている。
遺跡の東は窪地となっており、かつての石神井川の源流部であったとされ
ている。

資料館には数々の遺跡の他にも地層標本があり、新田の水路跡などを見
ることができるので、訪問することをお勧めしたい。
(開館日注意)

新小金井街道の東に広がる畑の中を田無用水は流れていく。
2017-04-22_28.jpg

畑のために水路沿いに歩くことは出来ず、迂回しながら用水を追っていくこ
ととなる。
但し、武蔵野の新田の特徴である縦に長い区割を残した道路となっている
ため、大きく迂回することとなり、追跡に苦労する。
2017-04-22_30.jpg

畑を過ぎると、再び住宅地の中に入っていく。
ただ、その水路を見ると水が流れていない。
畑の中を流れている間に排水されたのであろうか。
ちょうど水路沿いの雑草を刈っている近隣の方にお話を伺うことができたが、
住宅地の中には殆ど水は流れてこないという。
2017-04-22_37.jpg

水は流れていないとはいえ水路としては残っており、その水路は住宅地の
中を続いて進んでいる。
2017-04-22_40.jpg

2017-04-22_43.jpg

用水は北東方面に進んでいき、やがて鈴木用水と交差する。
そこには「昭和五年十月成」と書かれた掛樋がある。
掛樋で上を通っているのが鈴木用水、但し鈴木用水にも水は流れておらず、
2つの用水の往年の姿を残す貴重な遺跡である。
2017-04-22_48.jpg
鈴木用水は田無用水と同じく玉川上水から分かれる用水であり、この辺り
では鈴木街道の南と北に分かれて流れており、この掛樋は南側の水路と
の交差である。
田無用水は北側の水路とも交差していたが、その交差箇所は鈴木町交
差点の北側の道路(小金井街道)にあたると推定され、その姿をみるこ
とは出来ない。

鈴木街道に出てくる田無用水、歩道を暗渠蓋が横切る光景に出くわす。
2017-04-30_1.jpg

その反対側、駐車場脇にある水路敷。
この先、田無用水は暗渠となってしまうため、往年の水路として確認でき
る最後の地点となる。
2017-04-30_2.jpg

《参考資料》
『小平市史 近世編』 小平市史編さん委員会
『歴史のなかの田無』 増渕和利著
『鈴木遺跡解説』 小平市教育委員会



次へ 目次

千川上水 4

千早高校を過ぎると、千川上水は住宅街の中へと入っていく。
その住宅街の中に千川親水公園という細長い公園が続く。
歩いた時は冬であったが、夏になれば水が流れ子供たちの歓声が響き渡
るのだろうか。
2017-01-28_57.jpg

親水公園の中に掲示されていた昭和30年頃の千川上水の様子。
2017-01-28_60.jpg

千川上水の水路敷は周囲より数十センチ高くなっており、そこにはかつて
の風景を再現するかのように木立と土の道が続く。
2017-01-28_61.jpg

その先、地下鉄有楽町線千川駅の西側、要町三丁目交差点に達する。
千川上水はここで長崎村分水を分けていた。
もともと、ここより500メートルほど東南にある粟島神社の池に端を発した
谷端川が流れていたが、長崎村分水はその谷端川へ接続するように造
られ、長崎村、池袋村、滝野川村、巣鴨村、小石川村などの流域の農業
に貢献していた。
分水口は七寸四方あったという。
2017-01-28_64.jpg

要町通りを渡ると、上水の流路は駅周辺の駐輪場として活用されている。
2017-01-28_65.jpg

千川上水は右へと折れ、都立板橋高校の南側を進んでいく。
ここも歩道脇に桜の並木道が続いている。
ここは板橋区(左岸)と豊島区(右岸)の境界線となっている。
2017-01-28_67.jpg

そのまま道沿いに進み、板橋交通公園が見えてくる。
公園は子供たちや家族連れで賑わっている。
2017-01-28_69.jpg

都道と合流して川越街道方向へ向かうが、その途中の歩道には水神が祀
られている。
昭和に入り周囲に家が立ち並び、水難事故が発生、その安全祈願に建て
られたもののようだ。
脇の説明板によれば、上水の暗渠化は水難事故を危惧する周辺住民には
歓迎されたようで、それぞれの事情があったことを察することもできる。
2017-01-28_74.jpg

川越街道との交差部には水路敷は東京都の建設事務所の管理用地として残る。
2017-01-28_75.jpg

川越街道の先、大山駅の南側の住宅街を進んでいく。
駅への通路として利用されているため、道路の通行量は多いが、ここが
かつて用水路跡であることを知る人はどれほどいるだろうか。
2017-01-28_76.jpg

商店街のアーケードを横切り、大山駅の西側で東武東上線と交差した後、
千川上水はさらに北東へとながれていた。
2017-01-28_79.jpg

板橋第一中学校の北の道路は、住宅街の中にある中でやや道幅が広い
が、その道幅がかつての水路であったことを物語っている。
2017-01-28_80.jpg

前方に首都高速と板橋区役所の建物が見えてくる。
2017-01-28_82.jpg

板橋区役所脇を通り中山道へと達する。
ここで水路は東へと向きを転ずるが、中山道の北側に短い区間ながら、カ
ーブする道路がある。
水路跡であることは明らかであろう。
2017-01-28_83.jpg

再び中山道沿いに合流、板橋郵便局手前から千川用水は中山道の南へ
と入っていく。
2017-01-28_88.jpg
この南側は緩やかな坂となっており、その下を、先ほど分水し椎名町付近
を大きく迂回して流れていた谷端川がある。
北には石神井川が流れ、千川上水は石神井川と谷端川の間の台地の上
に築かれたことがわかる。

閑静な住宅街を進んでいくと左手に板橋一丁目児童遊園という小公園がある。
ここには板橋火薬製造所への分水口があったという。
2017-01-28_88.jpg

やがて道路はJR埼京線の板橋駅西口へと達する。
JR線を渡ったところに下水道の谷端川幹線が地下を通っており、現在は
休止されているものの千川上水の暗渠として流れてきた水は、谷端川幹
線へと合流し、石神井川の埼京線鉄橋脇へと落ちるようになっている。
2017-01-28_89.jpg

以前の千川用水は更に東へと進んでいた。
埼京線を越した先、交差する道路が凸状になっている箇所がある。
千川上水が築堤として流れていた形跡であることは明らかだ。
2017-01-28_92.jpg
なおこの南、板橋駅東口には新撰組隊士供養塔(谷端川2参照)がある。
ここから100メートルほどの距離なので立ち寄ることをお勧めする。

その先、住宅街の中を道路を進んでいくことになる。
2017-01-28_94.jpg

明治通りの手前、数十メートルの場所に千川上水のマンホールがある。
中央の紋章は、「千川上水」の文字を図案化したもの。
この脇にも、もう一つ、同じの紋章が付けられた四角いマンホールを見つ
けることができる。
2017-01-28_95.jpg

そして、明治通りとの交差点脇に千川上水分配堰碑が立っている。
ここで北へ分ける分水路があり、明治通り沿いに流れていた。
この分水路は慶応元年(1865)に開削されたもので、飛鳥山の西側にあ
った幕府の大砲製造所への給水を目的とした。
明治以降は、王子付近の紡績工場、抄紙会社、大蔵省紙幣寮抄紙局へ
の工業用水として利用された。
2017-01-28_103.jpg
強調文
そして明治通りを渡った場所に千川上水公園がある。
千川上水はここで六義園や本郷、湯島方面へと分かれていた。
かつては巣鴨溜堀と呼ばれ、明治になって千川水道会社が設立されると
(記事冒頭参照)、ここに沈殿池が設けられた。
公園内には、六義園給水用の導水門が保存されている。
2017-01-28_106.jpg

ここから先、江戸市中へは地中に埋められた木樋の中を流れていくこととなる。
玉川上水の分水口がら辿ってきた千川上水の歩行記はここで終わること
としよう。

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会



目次
 

千川上水 3

引き続き、千川上水を辿っていく。
西武池袋線の中村橋駅、その駅名の由来は千川上水に架かっていた橋だ。
ちょうど中村橋駅交差点付近に橋があったという。
2017-01-28.jpg

その中村橋から200メートルほど歩くと、またもや緑地帯の中に祠がある。
中村不動尊と称し、成田山新勝寺にて開眼法要した不動尊である。
2017-01-28_5.jpg

その中村不動尊が祀られている交差点から南へ中村分水が分水されていた。
中村分水はここから南へと流れ、学田公園付近で中新井分水(後述)に合流する。
2017-01-28_8.jpg

桜並木が続く暗渠の上の千川通りの歩道。
2017-01-28_10.jpg

目白通りとの交差点の100メートルほど手前、今度は中新井分水を南へ
と分ける。
中新井分水は学田公園で先ほどの中村分水を合わせ、その先は江古田
川(中新井川)とつながる。
元々、学田公園付近に湧水池があったようだが、湧水が枯渇したことも中
新井分水開削の契機の一因であったらしい。
なお、中新井分水と呼ばれる水路は3本あり、ここの分水は最上流の水路
で上新街分と呼ばれる。
2017-01-28_12.jpg

目白通りと交差すると、千川通りは練馬駅周辺の繁華街へと入っていく。
練馬駅の手前、左斜め後方から合流する道路があるが、ここはかつて石
神井川からの揚水の合流地点であるという。
冒頭に記したように千川上水は明治以降、工業用水としても利用された
が、下流の工場で水が不足したため、昭和10年(1935)石神井川の中之
橋(豊島園東側)の下流からポンプで水を揚げ、ここで千川上水に補水し
ていた。
2017-01-28_15.jpg

練馬の南側に練馬大鳥神社と東神社を訪ねてみた。

正保2年(1645)、中新井村に三羽の鶴が飛来し、村人たちが瑞祥として
保護した。
鶴の死後、小祠を建ててその霊を祀ったのが練馬大鳥神社の始まりとされる。
その後、社殿を建立し、和泉国一宮の大鳥神社から勧請したという。
2017-01-28_19.jpg

練馬大鳥神社の南側に隣接するように鎮座するのが東神社、由緒は不明。
境内には橋供養正観音(写真右)が祀られているが、これは安永3年(1774)、
千川上水に筋違橋が架けられた際に供養して建てられたもの。
もともとは上水沿いにあったが、暗渠化された際に東神社内に移された。
2017-01-28_23.jpg

更に千川通りを東へ辿っていくと、「清戸道と千川上水」という練馬区教育
委員会による説明板が立っている。
2017-01-28_26.jpg
この付近の千川通りは千川上水の流路であるとともに清戸道という古道で
もあった。
清戸道は江戸川橋から目白・練馬・保谷・東久留米を経て清戸(清瀬市)に
至る道で、清戸の農民は農産物を江戸へ運搬・販売し、帰途は下肥を持ち
帰ったという。

その先の桜台駅南西の交差点には2つ目の中新井分水下新街分)の分
水口があり、青果店脇の細い道がその名残である。
2017-01-28_29.jpg

またこの交差点には「桜の碑」と記された記念碑がある。
脇の説明板によれば、近くにある西武池袋線の桜台駅は、千川上水の桜
並木に因んで名づけられたものという。
2017-01-28_31.jpg

環状七号線を越えると、千川通りの右側には武蔵大学のキャンパスが広がる。
環七との交差点の東側付近に3番目で最下流の中新井分水北新井分
の分水口があったという。
この中新井分水は濯川と呼ばれ(武蔵学園により命名)、現在は大学構
内に循環方式の水路として復元・整備されている。
なお、下新街分と北新街分の中新井分水は、上新街分と同様、流末は江
古田川へと注いでいた。
2017-01-28_36.jpg

やがて千川通りは江古田駅に近づくが、その手前北側に武蔵野稲荷神
が鎮座する。
2017-01-28_39.jpg
創建年代は不詳、本殿は小高い塚の上に建っており、太田道灌と豊島泰
経が戦った江古田・沼袋の戦い(妙正寺川2参照)における豊島軍の死者
を葬った塚とも伝えられる。
また、かつては塚の周囲に堀があり、千川上水の水が引き込まれていたという。

江古田駅の南、江古田二又(江古田駅南口交差点)に達する。
ここで千川上水は通りの左側から右側へと移る。
2017-01-28_40.jpg

江古田二又から300メートルほど行った地点で、江古田分水が南へと分けていた。
分水口から南へと流れていた江古田分水は現在一般道となっており、かつ
て分水口があった場所はちょっとわかりにくい。
2017-01-28_45.jpg

その先で練馬区から豊島区へ入る。
区境の先で江古田分水は左へ直角に曲がり、南東から北東へと向きを変える。
下の写真は曲がった先の地点で西武線の踏切が遠くに見える。
2017-01-28_47.jpg

曲がる前の練馬と豊島の区境付近、および西武線の踏切の北側からは、
石神井川へと流れる水路を分けていた。
この水路はエンガ堀と呼ばれ、小竹向原付近を通って、耕整橋で石神井
川へと合流していた。
こちらは分水路というよりも排水路として使用されていたらしい。

西武線を渡り、都立千早高校脇に達すると、右側の歩道だけ高くなっている。
車道がV字状の地形に沿って上下するのに対し、歩道部分を通っていた千
川上水はその高低差を避けるように通されてためだ。
2017-01-28_49.jpg

この僅かな高低差は、先ほどのエンガ堀の支流の一つが流れていたためで、
ここでは千川上水とエンガ堀支流は立体交差していたらしい。
エンガ堀の支流は道路の左側に暗渠道として確認することができる。
2017-01-28_51.jpg

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会




次へ 目次
 
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本