千川上水 4

千早高校を過ぎると、千川上水は住宅街の中へと入っていく。
その住宅街の中に千川親水公園という細長い公園が続く。
歩いた時は冬であったが、夏になれば水が流れ子供たちの歓声が響き渡
るのだろうか。
2017-01-28_57.jpg

親水公園の中に掲示されていた昭和30年頃の千川上水の様子。
2017-01-28_60.jpg

千川上水の水路敷は周囲より数十センチ高くなっており、そこにはかつて
の風景を再現するかのように木立と土の道が続く。
2017-01-28_61.jpg

その先、地下鉄有楽町線千川駅の西側、要町三丁目交差点に達する。
千川上水はここで長崎村分水を分けていた。
もともと、ここより500メートルほど東南にある粟島神社の池に端を発した
谷端川が流れていたが、長崎村分水はその谷端川へ接続するように造
られ、長崎村、池袋村、滝野川村、巣鴨村、小石川村などの流域の農業
に貢献していた。
分水口は七寸四方あったという。
2017-01-28_64.jpg

要町通りを渡ると、上水の流路は駅周辺の駐輪場として活用されている。
2017-01-28_65.jpg

千川上水は右へと折れ、都立板橋高校の南側を進んでいく。
ここも歩道脇に桜の並木道が続いている。
ここは板橋区(左岸)と豊島区(右岸)の境界線となっている。
2017-01-28_67.jpg

そのまま道沿いに進み、板橋交通公園が見えてくる。
公園は子供たちや家族連れで賑わっている。
2017-01-28_69.jpg

都道と合流して川越街道方向へ向かうが、その途中の歩道には水神が祀
られている。
昭和に入り周囲に家が立ち並び、水難事故が発生、その安全祈願に建て
られたもののようだ。
脇の説明板によれば、上水の暗渠化は水難事故を危惧する周辺住民には
歓迎されたようで、それぞれの事情があったことを察することもできる。
2017-01-28_74.jpg

川越街道との交差部には水路敷は東京都の建設事務所の管理用地として残る。
2017-01-28_75.jpg

川越街道の先、大山駅の南側の住宅街を進んでいく。
駅への通路として利用されているため、道路の通行量は多いが、ここが
かつて用水路跡であることを知る人はどれほどいるだろうか。
2017-01-28_76.jpg

商店街のアーケードを横切り、大山駅の西側で東武東上線と交差した後、
千川上水はさらに北東へとながれていた。
2017-01-28_79.jpg

板橋第一中学校の北の道路は、住宅街の中にある中でやや道幅が広い
が、その道幅がかつての水路であったことを物語っている。
2017-01-28_80.jpg

前方に首都高速と板橋区役所の建物が見えてくる。
2017-01-28_82.jpg

板橋区役所脇を通り中山道へと達する。
ここで水路は東へと向きを転ずるが、中山道の北側に短い区間ながら、カ
ーブする道路がある。
水路跡であることは明らかであろう。
2017-01-28_83.jpg

再び中山道沿いに合流、板橋郵便局手前から千川用水は中山道の南へ
と入っていく。
2017-01-28_88.jpg
この南側は緩やかな坂となっており、その下を、先ほど分水し椎名町付近
を大きく迂回して流れていた谷端川がある。
北には石神井川が流れ、千川上水は石神井川と谷端川の間の台地の上
に築かれたことがわかる。

閑静な住宅街を進んでいくと左手に板橋一丁目児童遊園という小公園がある。
ここには板橋火薬製造所への分水口があったという。
2017-01-28_88.jpg

やがて道路はJR埼京線の板橋駅西口へと達する。
JR線を渡ったところに下水道の谷端川幹線が地下を通っており、現在は
休止されているものの千川上水の暗渠として流れてきた水は、谷端川幹
線へと合流し、石神井川の埼京線鉄橋脇へと落ちるようになっている。
2017-01-28_89.jpg

以前の千川用水は更に東へと進んでいた。
埼京線を越した先、交差する道路が凸状になっている箇所がある。
千川上水が築堤として流れていた形跡であることは明らかだ。
2017-01-28_92.jpg
なおこの南、板橋駅東口には新撰組隊士供養塔(谷端川2参照)がある。
ここから100メートルほどの距離なので立ち寄ることをお勧めする。

その先、住宅街の中を道路を進んでいくことになる。
2017-01-28_94.jpg

明治通りの手前、数十メートルの場所に千川上水のマンホールがある。
中央の紋章は、「千川上水」の文字を図案化したもの。
この脇にも、もう一つ、同じの紋章が付けられた四角いマンホールを見つ
けることができる。
2017-01-28_95.jpg

そして、明治通りとの交差点脇に千川上水分配堰碑が立っている。
ここで北へ分ける分水路があり、明治通り沿いに流れていた。
この分水路は慶応元年(1865)に開削されたもので、飛鳥山の西側にあ
った幕府の大砲製造所への給水を目的とした。
明治以降は、王子付近の紡績工場、抄紙会社、大蔵省紙幣寮抄紙局へ
の工業用水として利用された。
2017-01-28_103.jpg
強調文
そして明治通りを渡った場所に千川上水公園がある。
千川上水はここで六義園や本郷、湯島方面へと分かれていた。
かつては巣鴨溜堀と呼ばれ、明治になって千川水道会社が設立されると
(記事冒頭参照)、ここに沈殿池が設けられた。
公園内には、六義園給水用の導水門が保存されている。
2017-01-28_106.jpg

ここから先、江戸市中へは地中に埋められた木樋の中を流れていくこととなる。
玉川上水の分水口がら辿ってきた千川上水の歩行記はここで終わること
としよう。

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会



目次
 
スポンサーサイト

千川上水 3

引き続き、千川上水を辿っていく。
西武池袋線の中村橋駅、その駅名の由来は千川上水に架かっていた橋だ。
ちょうど中村橋駅交差点付近に橋があったという。
2017-01-28.jpg

その中村橋から200メートルほど歩くと、またもや緑地帯の中に祠がある。
中村不動尊と称し、成田山新勝寺にて開眼法要した不動尊である。
2017-01-28_5.jpg

その中村不動尊が祀られている交差点から南へ中村分水が分水されていた。
中村分水はここから南へと流れ、学田公園付近で中新井分水(後述)に合流する。
2017-01-28_8.jpg

桜並木が続く暗渠の上の千川通りの歩道。
2017-01-28_10.jpg

目白通りとの交差点の100メートルほど手前、今度は中新井分水を南へ
と分ける。
中新井分水は学田公園で先ほどの中村分水を合わせ、その先は江古田
川(中新井川)とつながる。
元々、学田公園付近に湧水池があったようだが、湧水が枯渇したことも中
新井分水開削の契機の一因であったらしい。
なお、中新井分水と呼ばれる水路は3本あり、ここの分水は最上流の水路
で上新街分と呼ばれる。
2017-01-28_12.jpg

目白通りと交差すると、千川通りは練馬駅周辺の繁華街へと入っていく。
練馬駅の手前、左斜め後方から合流する道路があるが、ここはかつて石
神井川からの揚水の合流地点であるという。
冒頭に記したように千川上水は明治以降、工業用水としても利用された
が、下流の工場で水が不足したため、昭和10年(1935)石神井川の中之
橋(豊島園東側)の下流からポンプで水を揚げ、ここで千川上水に補水し
ていた。
2017-01-28_15.jpg

練馬の南側に練馬大鳥神社と東神社を訪ねてみた。

正保2年(1645)、中新井村に三羽の鶴が飛来し、村人たちが瑞祥として
保護した。
鶴の死後、小祠を建ててその霊を祀ったのが練馬大鳥神社の始まりとされる。
その後、社殿を建立し、和泉国一宮の大鳥神社から勧請したという。
2017-01-28_19.jpg

練馬大鳥神社の南側に隣接するように鎮座するのが東神社、由緒は不明。
境内には橋供養正観音(写真右)が祀られているが、これは安永3年(1774)、
千川上水に筋違橋が架けられた際に供養して建てられたもの。
もともとは上水沿いにあったが、暗渠化された際に東神社内に移された。
2017-01-28_23.jpg

更に千川通りを東へ辿っていくと、「清戸道と千川上水」という練馬区教育
委員会による説明板が立っている。
2017-01-28_26.jpg
この付近の千川通りは千川上水の流路であるとともに清戸道という古道で
もあった。
清戸道は江戸川橋から目白・練馬・保谷・東久留米を経て清戸(清瀬市)に
至る道で、清戸の農民は農産物を江戸へ運搬・販売し、帰途は下肥を持ち
帰ったという。

その先の桜台駅南西の交差点には2つ目の中新井分水下新街分)の分
水口があり、青果店脇の細い道がその名残である。
2017-01-28_29.jpg

またこの交差点には「桜の碑」と記された記念碑がある。
脇の説明板によれば、近くにある西武池袋線の桜台駅は、千川上水の桜
並木に因んで名づけられたものという。
2017-01-28_31.jpg

環状七号線を越えると、千川通りの右側には武蔵大学のキャンパスが広がる。
環七との交差点の東側付近に3番目で最下流の中新井分水北新井分
の分水口があったという。
この中新井分水は濯川と呼ばれ(武蔵学園により命名)、現在は大学構
内に循環方式の水路として復元・整備されている。
なお、下新街分と北新街分の中新井分水は、上新街分と同様、流末は江
古田川へと注いでいた。
2017-01-28_36.jpg

やがて千川通りは江古田駅に近づくが、その手前北側に武蔵野稲荷神
が鎮座する。
2017-01-28_39.jpg
創建年代は不詳、本殿は小高い塚の上に建っており、太田道灌と豊島泰
経が戦った江古田・沼袋の戦い(妙正寺川2参照)における豊島軍の死者
を葬った塚とも伝えられる。
また、かつては塚の周囲に堀があり、千川上水の水が引き込まれていたという。

江古田駅の南、江古田二又(江古田駅南口交差点)に達する。
ここで千川上水は通りの左側から右側へと移る。
2017-01-28_40.jpg

江古田二又から300メートルほど行った地点で、江古田分水が南へと分けていた。
分水口から南へと流れていた江古田分水は現在一般道となっており、かつ
て分水口があった場所はちょっとわかりにくい。
2017-01-28_45.jpg

その先で練馬区から豊島区へ入る。
区境の先で江古田分水は左へ直角に曲がり、南東から北東へと向きを変える。
下の写真は曲がった先の地点で西武線の踏切が遠くに見える。
2017-01-28_47.jpg

曲がる前の練馬と豊島の区境付近、および西武線の踏切の北側からは、
石神井川へと流れる水路を分けていた。
この水路はエンガ堀と呼ばれ、小竹向原付近を通って、耕整橋で石神井
川へと合流していた。
こちらは分水路というよりも排水路として使用されていたらしい。

西武線を渡り、都立千早高校脇に達すると、右側の歩道だけ高くなっている。
車道がV字状の地形に沿って上下するのに対し、歩道部分を通っていた千
川上水はその高低差を避けるように通されてためだ。
2017-01-28_49.jpg

この僅かな高低差は、先ほどのエンガ堀の支流の一つが流れていたためで、
ここでは千川上水とエンガ堀支流は立体交差していたらしい。
エンガ堀の支流は道路の左側に暗渠道として確認することができる。
2017-01-28_51.jpg

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会




次へ 目次
 

千川上水 2

青梅街道を渡ると千川上水は暗渠となり、道路沿いを進む。
上水沿いの道路はその名も千川通り、もちろん千川上水から名づけられ
た道路名である。
暗渠の上は千川上水緑道となっている。
(残念ながら辿った時は改修工事中であった。)
2017-01-21_86.jpg

立野橋交差点脇に小さな祠があり、上石神井立野の庚申塔と、出羽三山
百八十八ヶ所観音供養塔
が収められている。
庚申塔は宝永9年(1704)、上石神井立野村の人々により建立されたも
のである。
また、観音供養塔は天保13年(1842)の建立で、出羽三山と四国・西国・
坂東・秩父出羽三山・百八十八ヶ所観音の文字が刻み込まれているという。
2017-01-21_89.jpg
この庚申塔・観音供養塔の説明板には千川上水の説明もかなり詳しく記
されている。

立野橋交差点から150メートルほど進んだ左側に上石千川児童遊園とい
う小さな公園があるが、この傍には田中水車と呼ばれた水車があった。
説明板によれば、上水流域には10基以上の水車があり、この田中水車は
最後まで残っていた水車で、昭和40年頃まで製粉が行われていたようだ。
写真は園内の説明板に掲載されている在りし日の田中水車である。
2017-01-21_95.jpg

公園内には水車をイメージした児童遊具もある。
2017-01-21_96.jpg

千川用水は西武新宿線上石神井車両基地の南側を進んでいく。
2017-01-21_99.jpg

西武新宿線との交差の手前で、千川用水は一瞬だけ顔を見せる。
わずか十メートルほどの区間だけだが、開渠となりその姿を確認できるの
は嬉しい。
ただ、前項で記したように通水は中止されているため、現在は空堀となっている。
これより先、千川上水が姿を見せることはない。
2017-01-21_102.jpg

その脇、西武線との交差地点には「千川上水橋梁」の文字を確認すること
ができる。
2017-01-21_107.jpg

その先、通りの左側が幅広い歩道となっており、千川上水がその下を通っ
ていることが判る。
ここからしばらく、千川上水は練馬区と杉並区の境界線となっている。
2017-01-21_108.jpg

並木が続く道路を進んでいく。
2017-01-21_110.jpg

新青梅街道と交差した先、道幅は狭くなる。
淡々と道路を歩き続けることとなるが、千川通りに沿っていけばよいので
迷うことはない。
2017-01-21_112.jpg

環状八号線を過ぎて数十メートルほど行くと、旧早稲田通りと交差する。
ここには八成橋が架けられており、そこには八成水車と称する水車があっ
たという。
八成橋はこの少し先のバス停にその名を残している。
2017-01-21_114.jpg

八成橋から約120メートル先、左手に「右 長命寺道」と記された道標が
建っている。
高野台の長命寺方面と江古田、落合方面の岐路に建てられていた道標
であり、江戸時代に建てられたものだという。
高野台にある長命寺は「東の高野山」として人々から信仰を得ており、こ
の道標も参詣者のために建立されたのであろう。
なお、ここには三兵橋が架かっていたようだ。
2017-01-21_118.jpg

千川通りを歩き続けていくと、中野区上鷺宮へと入っていく。
とは言っても中野区内の区間は700mほど、中野区の北をかすめる程度
で、その先は再び練馬区となる。
2017-01-21_121.jpg

西武池袋線富士見台駅の南側、富士見台五差路に達する。
ここには九頭竜橋が架かっていた。
この付近の千川上水は一番深く、谷のようになっていたらしい。
2017-01-21_123.jpg

その先、千川通りの左側には、桜並木が植えられた広い歩道となる。
しばらくは西武池袋線の南側を東進することになる。
2017-01-21_125.jpg

中村橋駅近くまで進むとと、その緑地帯の中に九頭竜弁財天の祠を見る
ことができる。
弁財天の他に「弘法大師」、「子庚申」などと書かれた石碑が立ち並ぶ。
花が活けてあるところをみると、地元の方々によって大切に祀られている
のであろう。
この九頭竜弁財天は、もともと先ほどの九頭竜橋の脇に建っていたが、
昭和31年(1956)頃の暗渠化工事の際、一時的に行方不明となったら
しいが、昭和49年(1974)、この地に再建された。
2017-01-21_127.jpg

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会



次へ 目次
  

千川上水 1

千川上水は元禄9年(1696)、玉川上水から分水して開削された水路である。
主目的は小石川(白山)御殿、六義園、湯島聖堂、寛永寺、浅草寺への給
水であった。
また同時に小石川・本郷・湯島・外神田・浅草といった江戸北部の町々に
も給水された。
開削にあたったのは、播磨屋徳兵衛、和泉屋太兵衛、加藤屋源九郎、中
島屋与市郎の4名があたった。
幕府の支出金だけでは資金不足となり、私財を投げうって完成されたと言
われている。
その功績により、4名は千川の姓を賜り、特に徳兵衛家ならびに太兵衛家
は代々、上水の管理を任されている。
飲用、生活用として開削された千川上水であるが、小石川御殿の廃止、さ
らには八代将軍吉宗側近の室鳩巣の「大火が増えた原因は上水にある」
という建議により、享保7年(1722)、青山上水や三田上水とともに飲用で
ある上水としての役割は終えることになる。
しかしながら、それ以前の宝永4年(1707)に千川上水沿いの20ヶ村にお
いて農業用水への利用が懇願され分水がひかれていたため、以降、千川
上水は農業用水として存続することになる。
その後安永8年(1779)、懇願により上水が再興されるが、給水が不完全
などの理由により、わずか数年で廃止されてしまう。

時は下り、明治13年(1880)、岩崎彌太郎らが発起人になって千川水道
会社が設立され、本郷・下谷・小石川・神田の各区への水道事業が開始
された。
この事業は、明治41年(1908)、東京市の改良水道の普及によりその役
目を終え、会社は解散された。
また明治期以降は、妙紙会社(後の王子製紙)、大蔵省紙幣寮抄紙局、
東京砲兵工廠板橋火薬製造所などに工業用水として利用された。

このように生活用水、農業用水、工業用水として利用されてきた千川上
水であるが、昭和46年(1971)、大蔵省印刷局王子工場の取水中止に
より、三百余年の歴史に幕を閉じることになる。

千川上水は巣鴨まで開渠として流れ、以降は地中に木樋を埋めて本郷、
浅草などへ給水されていたが、本項では巣鴨までの区間を辿ってみる
こととする。

現在、千川上水は境橋付近の分水口で玉川上水から分水されている。
しかし、これは清流復活事業(後述)の際に設けられたものであり、以前
の取水口は、境橋から玉川上水を500メートルほど遡上した曙橋の上流
側に見ることができる。
但し、千川上水の分水口は何度か変更されたようで、この分水口も明治
4年(1871)に設けられたものである。
2017-01-21_2.jpg

こちらは現在の分水口、境橋付近で玉川上水の水の一部が千川上水へ
と分かれていく。
以前は柵に囲まれていただけの無機質な場所であったが、平成25年、
周囲が散策路として整備されて、境水衛所跡の説明板などが設置された。
2017-01-21_3.jpg

玉川上水から分水された千川上水は、五日市街道の上下線の間を流れていく。
水路沿いには散策道が整備されており、車の通行を気にせずに散策を楽
しむことができる。
2017-01-21_9.jpg

千川上水を流れる水は、平成元年(1989)、清流復活事業として流れが
復活したものである。
前述の千川上水の廃止以来、用水路には水が流れなくなっていたが、
水辺環境の見直しとして東京都により実施されたものである。
2017-01-21_13.jpg

上り車線と下り車線の間を進む風景は、武蔵野大学前交差点まで1.2km
まで続いている。
2017-01-21_16.jpg

その武蔵野大学の手前、道路の左側に高さ2メートルほどの文字庚申塔
が建っている。
天明4年(1784)、この地域の村であった新田村の人々によって建てられたもの。
当時、浅間山の大噴火や天明の大飢饉などが発生し、説明板によれば、
村人たちが村への飢饉侵入を庚申の強い霊力に祈願して建てられたもの
であったらしい。
塔には「五穀成就」の文字が彫られ、そのことを物語っている。
2017-01-21_23.jpg

さらには交差点の北には天保12年(1841)建立の石橋供養塔(写真右)
が保存されている。
ここにあった井口橋が石橋に架け替えられたものを記念するものであり、
更には石橋を供養することにより、悪霊の侵入を防ぐ願いを込めた。
石橋供養塔の脇には天保11年の庚申塔が建つ。
2017-01-21_26.jpg

五日市街道とは武蔵野大学交差点で分かれ、街道は吉祥寺方面へと向
かっていく。
この先、千川用水は道路(都道7号線支線)の左側を流れていく。
水路のすぐ脇に散策路が設けられ、親水化が図られている。
2017-01-21_30.jpg

2017-01-21_33.jpg

関前橋を越え、更に200メートルほど行くと電通研究所交差点。
ここで千川上水は都道と分かれて、住宅街の中へと入っていく。
2017-01-21_34.jpg

閑静な住宅街の中を流れていく千川上水。
2017-01-21_37.jpg

千川上水は取水口から西東京市(左岸)と武蔵野市(右岸)の市境となっている。
この先で左岸は西東京市から練馬区へと変わり、いよいよ23区内へと入る。
2017-01-21_39.jpg

更新橋の橋詰に小祠に入った庚申塔がある。
こちらは安永4年(1775)に造られたもの、もとは少し手前の三郡橋にあ
ったという。
橋名の更新橋は庚申塔に由来すると思われるが、なぜ字を変えたのか
疑問が残る。
2017-01-21_41.jpg

更新橋から南へ歩いて数分のところに武蔵野市陸上競技場がある。
この辺りは戦前、中島飛行機武蔵野製作所という軍需工場があり、競技
場も中島飛行機の運動場であった。
昭和19年11月24日米軍の空襲を受け、多くの犠牲者を出したという。
2017-01-21_45.jpg
左上の写真は、現地の説明板に掲載さてていた査閲式の様子。

更新橋の先、真っ直ぐと流れていく千川上水。
2017-01-21_48.jpg

水辺に下りることができる親水場所などもあり、夏場にはおそらく子供の
良き遊び場となるのであろう。
2017-01-21_51.jpg

吉祥寺橋の手前には千川上水施餓鬼亡霊供養塔がある。
これは明治41年(1908)、溺死した子供の霊を慰めるために、当時の
武蔵野村・保谷村・石神井村の人々が建てたもの。
今でこそ水量は少ないが、千川上水が現役の頃はかなりの流量であっ
たのであろう。
2017-01-21_57.jpg

吉祥寺橋の先、短い区間ではあるが土の遊歩道が続く。
左には畑が広がり、武蔵野の原風景を感じさせてくれる場所である。
なお吉祥寺橋で武蔵野市と練馬区の境界線は南へと離れ、ここからは
練馬区内を流れていく。
2017-01-21_60.jpg

再び、一般道沿いへと戻る。
2017-01-21_65.jpg

関町と立野町の住宅街の中を進んでいく。
2017-01-21_69.jpg

青梅街道と交差する手前、千川上水と青梅街道の間の敷地に御嶽神社
が鎮座する。
由緒は不明、小さな祠であるが、境内には庚申塔などが建ち並ぶ。
2017-01-21_78.jpg

ここで取水口から続いてきた千川上水の開渠は終わり、この先は暗渠
となる。
千川上水を流れてきた水は導水管により南へと流れ、善福寺川の上流
端である美濃山橋脇で放流される。
以前はこの先、暗渠区間にも水は流され、石神井川へと放流されてい
たが、菅渠の老朽化により通水は停止しているようだ。
2017-01-21_74.jpg
また、以前はこの地で井草村分水が分水されていた。
井草村分水は青梅街道沿いに流れて荻窪・天沼・阿佐ヶ谷方面におけ
る灌漑用水へとして利用されており、流末は善福寺川・桃園川・妙正寺
川へと注いでいたようだ。

《参考資料》
『絵図と写真に見る千川上水』 石神井公園ふるさと文化館
『千川上水 一九四〇年といま』 千川の会
『千川上水の今と昔』 練馬古文書研究会



次へ 目次
  

牟礼用水

牟礼用水(牟礼分水とも称する)は玉川上水に架かるほたる橋の下流で取
水され、牟礼村の田園に水を供給するために開削された用水路である。
延享2年(1745)に許可がおりて、その後、開削された。
玉川上水の数ある分水の多くは複数の村に水を供給していたが、1つの村
のために造られた用水路として異色の存在でもある。
現在の三鷹市牟礼2~4丁目付近には牟礼田んぼという田園地帯が広が
っており、玉川上水から導水した水により、良質の米がとれたそうだ。
昭和34年(1959)に用水は埋め立てられ、その後、住宅や三鷹台団地、
小学校の敷地へと転用されている。
なお、玉川上水から取水され、牟礼用水に水が流れる期間は5月から9
月までの約5ケ月間のみであったらしい。

牟礼用水の分水堰は井の頭公園内のほたる橋の下流約20メートルほど
の地点に、その跡を見ることができる。
周囲は木々に覆われているが、上水沿いの歩行者道から木々の間を覗く
と、石積みの分水口を確認できる。
2016-10-01_8.jpg

分水口から取水された用水は、真っすぐ南へと流れていたようだ。
水路そのものの痕跡を探すことは難しいが、人工のせせらぎが流れている。
2016-10-01_11.jpg

その先、園内路の左側に柵で囲まれた別の通路が出てくる。
殆ど人が踏み込まない道ではあるが、ここがかつての水路であろうか。
2016-10-01_12.jpg

園内路を出て、その先、井の頭公園西縁沿いの道路を真っすぐ進んでいく。
2016-10-01_15.jpg

道路を350メートルほど進んだところで、牟礼用水は左へと曲がっていた。
その地点は道路の幅が半分ほどになる地点であり、これを目標にすると
分かりやすい。
ちょうど水路の部分だけ、この先の道幅が短くなっているのであろう。
2016-10-01_17.jpg

左折するとクランク状に住宅の中を抜け、明星学園高校の南側へと進んでいく。
途中、南側へと短い暗渠道が分かれていく。
2016-10-01_20.jpg
この辺りから牟礼用水はいくつかの水路に枝分かれし、または合流して
牟礼田んぼに広がっていたようだ、
現在では、住宅やマンション・団地などが建ち並んでおり、その水路跡を
丹念に辿ることは難しいが、所々にその痕跡を見つけることができる。
この先はその痕跡等を紹介しながら、進んでいくこととしよう。

南側水路へ曲がらずにそのまま真っすぐ進み、明星学園のグラウンド脇
を過ぎると、住宅と駐車場の間に用水跡の空間が続いているのを見つけ
ることができる。
ここで水路は緩やかに右へと曲がっていたようだ。
2016-10-01_26.jpg

今度は南側の水路に足を向ける。
南側の水路跡は僅かに蛇行する道路となって、南東方向へ進んでいるが、
その先でT字路で終了してしまう。
ただ、こちらもT字路の場所、家の間に水路跡の敷地を確認できる。
こういう場所を目にするのは、水路探索をしている者にとっては嬉しいことだ。
2016-10-01_26.jpg

とりとめもなく申し訳ないが、再び北側の水路跡へ廻ってみる。
三鷹市立第三中学校の南側に沿う道路がかつて用水が流れていた地と
思われる。
2016-10-01_29.jpg

こちらは南側の水路、恐らくこの辺りを流れていたのであろう。
2016-10-01_32.jpg

以前はこの先の人見街道を挟んで、東西に三鷹台団地という古い団地群
が広がっていた。
牟礼田んぼの跡に建てられた団地である。
その団地も人見街道の東側(用水下流側)は真新しい建物に建て替えられ、
また西側は近年、マンション街へと生まれ変わりつつある。
そのマンション街の真ん中の牟礼三丁目9番緑地という緑道が設けられている。
但し、かつての牟礼たんぼから二回も開発が行われたため、かつての面
影を探すことはできない。
2016-10-01_34.jpg

この辺りから牟礼用水は主として3本の水路が南東方向へと続いていた。
3本の水路は西の川中川東の川と呼ばれ、西の川、東の川から水をひき、
真ん中の中川が排水専用の川であったという。
特に中川は、牟礼用水からつながる水無川の三鷹市内における名称であり、
現在も川跡の中川遊歩道(後述)にその名を残している。

三鷹台団地の東側を通る一般道、さすがに河川の痕跡などあるはずもな
いが、おそらく中川がこの辺りを流れていたのであろう。
2016-10-01_38.jpg

こちらは団地の西側、道路が僅かに蛇行しているが、西の川の跡なのだろうか。
2016-10-01_42.jpg

その道沿いに大盛寺別院の墓地があり、その中に詩人で、「赤とんぼ」な
どの童謡作家として知られる三木露風(1889~1964)の墓があり、三鷹
市指定文化財となっている。
露風は昭和3年(1928)に牟礼の地に移住、晩年までを過ごした。
残念ながら、散歩中に交通事故にあい、他界したという。
露風は、用水が流れる牟礼田んぼの風景を楽しんで過ごしたのだろうか。
2016-10-01_47.jpg

三本の水路のうち、その跡を一番色濃く残しているのは東の川である。
人見街道の牟礼二丁目交差点脇から400メートルほどの暗渠道が始まる。
2016-10-01_36.jpg


北側に並行する人見街道の交通量が多く、歩道もラインが引かれてい
る程度のものなので、近隣住民の通路として利用されているようだ。
2016-10-01_49.jpg

暗渠道は牟礼の住宅街の中を縫うように続く。
2016-10-01_52.jpg

中本宿通りに出たところで暗渠道は終わる。
この先、川跡を追うことはできなくなるが、500メートルほど東、牟礼一丁
目(国学院久我山高校付近)で烏山川上流の水路が出現することから、
そちらにつながっていた可能性も高い。

人見街道沿いの日蓮宗寺院の高栄山真福寺を訪れてみた。
天正年間(1573~93)、牟礼村成立のころ、同村を開村した高橋家が
開いた古寺である。
池上本門寺の末寺であるという。
2016-10-01_57.jpg

牟礼用水跡を辿っていくと、やがて東八道路へと達する。
かつては東八道路沿いに品川用水が流れていたが、品川用水と交差し、
この辺りからは水無川中川)として、北野、烏山方面へ下っていくことになる。
東八道路との交差点の先には、その中川遊歩道が始まっている。
2016-10-01_61.jpg



目次
  
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本