FC2ブログ

前谷津川 2

大宮バイパスを潜ると、右側の谷沿いに水車公園が広がる。
かつて前谷津川沿いに広がっていた水田と水車小屋を再現するために、
昭和60年(1985)に開設された公園。
近隣の小学校の児童たちの農作業体験の場として水田が設置されている。
2017-08-19_48.jpg

水車公園内に建つ顕彰碑は、四ツ葉道が前谷津川と交わる場所(公園の
西側)に架かっていた宮前橋を大正14年(1925)に架け替えるにあたって、
用地を提供した二人を顕彰するために建立されたもの。
2017-08-19_53.jpg

更には水車公園東側には徳水亭と称する日本庭園・茶室がある。
この庭園は徳丸石川土地区画整理事業の完成を記念して造られた。
2017-08-19_56.jpg

緑道の北側へ向かう道も坂となっており、前谷津川が流れていた谷を実
感できる。
2017-08-19_59.jpg

その先、石川橋公園という小公園を通過する。
2017-08-19_61.jpg

石川橋公園を過ぎると、再び緑道が続き東へと進んでいく。
2017-08-19_62.jpg

2017-08-19_63.jpg

左手にある徳石公園内には徳丸石川土地区画整理組合完成記念碑が建
てられている。
碑文を要約すると、高度成長期の人口増加に伴い、前谷津川の整備改善と
降雨時の溢水対策、そして住宅地の宅地造成を目的として事業を実施した
という。
昭和38年(1963)に東京都知事の認可を受け、四半世紀にわたる大事業
であったようだ。
2017-08-19_68.jpg

北側の谷を上り、台地の上に鎮座する徳丸北野神社に立ち寄った。
長徳元年(995)、京都の北野天満宮より勧請したといわれる古社である。
当時、この地に疫病が流行った際、里人の一人の夢に大神が現れ、梅の
古木に祈願すりようお告げがあり、お告げの通りに祈願したところ疫病が
無くなったという。
2017-08-19_71.jpg
なお当神社に伝わる『田遊び神事』は国の重要無形民俗文化財に指定さ
れており、古くからこの地が田園地帯であったことを示すものであろう。

台地の上から眺めた前谷津川の谷、20m近くの高低差がある。
2017-08-19_75.jpg

再び谷を下りて緑道を辿ると、緑道脇に宮下大山不動明王碑が建っている。
文化元年(1804)、徳丸の羽黒山講中が大山参拝に行った記念に造立し
たもので、もとは宮下橋の袂に建っていた。
かつては上に不動明王像があったようだが、大水や改修工事によって像
は失われ、碑だけが残ったようだ。
2017-08-19_78.jpg

アーチ状の柱が緑道上に架かっている。
2017-08-19_82.jpg

緑道は左へカーブしながら北へと向きを変える。
この辺りで、南の東武練馬駅付近からの支流が合流していた。
かつては深い谷があり、現在の徳丸小学校付近には湧水を集めたツルマ
イ池があったとされるが、昭和30年代、ゴミ処理場として谷が埋め立てら
れ、その支流跡を辿ることは難しい。
この辺りの事情はyatoloveさんのブログ、水徒然での解析が詳しい。
2017-08-19_85.jpg

まるでトンネルのようなモニュメントの中を進んでいく。
2017-08-19_88.jpg

やがて緑道は首都高速5号池袋線へ突き当たる。
2017-08-19_89.jpg

首都高速の先、左手には高島平団地が広がっている。
かつて、この辺りは徳丸ヶ原という田園地帯で、前谷津川を流れてきた水
はいくつかの用水堀に分かれて田んぼに水を供給していたらしい。
ここから緑道は直線的になるが、これは昭和16年(1941)、徳丸区画整
理によって、新たに前谷津川が開削され川幅が広められた結果である。
2017-08-19_93.jpg

都営地下鉄三田線と交差する。
2017-08-19_95.jpg

三田線との交差後は、緑道の中に人工の水路が流れ、近隣住民の憩い
の場となっている。
2017-08-19_96.jpg

やがて前谷津川は新河岸川へと達し、その合流点には水門が設置されている。
但し水門とは言っても実は防潮扉である。
東京湾は遥か南であるが、地理院地図でみても海抜は4mほどしかない。
2017-08-19_99.jpg

新河岸川上流の徳丸橋から見た合流点、既に辺りは上流域や中流域で見
てきた谷地の雰囲気はない。
2017-08-19_102.jpg

《参考資料》
『いたばしの河川 その変遷と人びとのくらし』 板橋区教育委員会



目次
  
スポンサーサイト

前谷津川 1

板橋区赤塚新町2丁目付近を谷頭とし、四葉、徳丸、高島平を経て新河
岸川へと至る前谷津川、5km弱の小河川であるが、現在は全区間暗渠
となっている。
しのがやと公園より下流では前谷津緑道が続き、散策路として利用され
ている。
昭和初期頃までは川沿いに水田が広がり、農業用水や生活用水として
使用されていたという。
昭和12年、区画整理が行われ、蛇行していた川は直線化され、畑地化
されていくこととなる。
その後は多分に漏れず農地は宅地化され、川は暗渠化されて現在の
姿となっている。

前谷津川の水源はいくつかあり、かつては小さな流れを集めて前谷津
川として流路を形成していったのだろう。
その一つが、赤塚新町2-13付近のマンション脇の路地に残っている。
この小径はマンションに遮られるが、この辺りに湧水があったのかもしれない。
2017-08-19_4.jpg

道路は赤塚新町保育園の南側を東へと進む。
2017-08-19_7.jpg

その先、東武東上線と交差。
2017-08-19_11.jpg

線路と交差する手前に南の川越街道からの水路跡が続いている。
写真は川越街道脇の様子、進入禁止の看板には「ここは水路です」と記
載されているのが印象的だ。
2017-08-19_1.jpg

線路側から見た様子、暗渠蓋が続く細い道が続いている。
こちらからは立ち入ることができるが、草が生い茂り個人宅の裏となるので
奥深く入ることはお勧めできない。
2017-08-19_14.jpg

東上線と交差した北側には、短いながらも暗渠道が続いている。
2017-08-19_16.jpg

赤塚の住宅街の中を細い道路が続き、前谷津川の流路を辿っていくこと
ができる。
2017-08-19_21.jpg

その先、左手にしのがやと公園が広がる。
現地の説明板によれば、公園名として残る篠ケ谷戸は「篠竹が生い茂っ
ていた谷戸」が由来であるらしい。
現在でこそ、住宅が建ち並ぶ街となってしまっているが、周りを見渡すと
谷の形状であることがよくわかる。
2017-08-19_28.jpg
公園脇には前谷津川を再現した人工の水路が流れている。
近所の子供の水遊び場となっているのだろうが、資料の『いたばしの河川』
には「篠ケ谷戸から少し上流の洗い場付近では、子供達が水を堰き止め
てひざ位の深さのところでよく水遊びをしていた」という記述があり、今も
昔も子供の水遊び好きは変わらない。

しのがやと公園から先、前谷津川緑道が始まる。
緑道は、新河岸川合流地点まで続いているので、ここから先は迷わずに
川筋を辿ることができる。
2017-08-19_29.jpg

緑道の北に真言宗寺院の崇福山泉福寺がある。
創建年は不明だが、近隣の松月院大堂(後述)にある歴応3年(1340)
鋳造の梵鐘の銘文中に「泉福寺」の名があることから鎌倉時代には創建
されていたようだ。
明治9年(1872)には下赤塚学校が本寺を借りて開校、赤塚小学校が
開校されるまでの15年間、授業が行われていた。
2017-08-19_31.jpg

泉福寺の東には、松月院大堂が建っている。
大堂は阿弥陀堂のことで、大同年間(806-810)の創建とされる板橋区
内最古の寺院である。
建武・延元の頃(1334~40)は、七堂伽藍をそなえた大寺院であったため、
大堂と称された。
永禄4年(1561)、長尾景虎(後の上杉謙信)の北条・小田原攻めの際、
焼き討ちにあって焼失した。
江戸期に、北方にある松月院の管理下に置かれた。
なお、大堂が建つこの地は、古墳の上とされている。
2017-08-19_38.jpg

境内東側にある赤塚八幡神社は下赤塚の鎮守社であり、著名であった
大堂の阿弥陀如来像とともに、江戸時代には多くの参拝者があったという。
2017-08-19_40.jpg

大堂松月院
江戸名所図会松月院大堂』  (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載) 

緑道に戻り、下流方向へと再び辿っていこう。
2017-08-19_43.jpg

緑道は近隣住民のよき散策道として利用されており、ウォーキングやジョ
ギングをしている方々ともすれ違う。
2017-08-19_45.jpg

新大宮バイパスの高架橋を潜り、緑道は更に東へと続いている。
2017-08-19_47.jpg

《参考資料》
『いたばしの河川 その変遷と人びとのくらし』 板橋区教育委員会


 
次へ 目次  
  

谷沢川 2

谷沢川は首都高速3号線の下に出て、400メートルほどその下を進んでいく。
そこには南橋の欄干が残されている。
2016-07-16_66.jpg

次の田中橋までの区間は駐輪場となっているが、田中橋からはいよいよ開
渠となる。
田中橋は旧大山街道に架かる橋であったが、その名は田圃の中にある橋
に由来するという。
今の用賀付近の賑わいからは考えられない話である。
2016-07-16_70.jpg
川を流れる水は、仙川の浄化施設(岡本付近)で取水し、ここまで導水して
いるものであり、谷沢川の水環境の改善に寄与している。

首都高速が国道246号線上に合わさる手前で、谷沢川は右へと離れていく。
2016-07-16_75.jpg

谷沢川はこの先、用賀そして中町の住宅街を直線的に流れていく。
2016-07-16_79.jpg

川沿いには桜が植えられ、春には桜の名所ともなり、「谷沢川の桜と柳の堤」
として「せたがや百景」の一つとして選定されている。
2016-07-16_85.jpg

明治から昭和初期の地形図をみてみると、谷沢川を中心に帯状に田園が
広がっていたようだ。
もちろん、その頃の谷沢川は現在のように直線的な流れではなく、ある程
度蛇行していたことだろう。
2016-07-16_90.jpg

植物が植えたり、石を配置したりして、コンクリート護岸の殺風景な雰囲気
になるのを避けているのであろう。
他の都市河川の多くは三面コンクリート護岸で囲まれ、味気ない風景が続
くが、見習うべきではないだろうかとも思ってしまう。
2016-07-16_91.jpg

上野毛駅の東にある谷澤橋の先から谷沢川は住宅の間へと入り込んでし
まい、暫くは川沿いを歩くことができなくなる。
いよいよ、川は等々力渓谷に向けて、水を落としていく。
2016-07-16_96.jpg

ここで谷沢川の河川争奪について述べておこう。
下記に模式図を示すが、もともと谷沢川は、東の九品仏川方向へと流れていた。
しかしいつの日からか、その流れを南へと向きを変え、等々力渓谷を経て
多摩川へと流れ出ることとなったのである。
谷沢川関係図
これについては、等々力渓谷の浸食が進んだ結果、谷沢川が渓谷へと流
れ込んだという自然現象説、もう一つは人為的に流路が付け替えられたと
いう人為開削説に分かれている。
ただ人為的に流路が変えられたとすると、相当の大工事が行われたことに
なるが、その工事に関する記録はなく、また現地を見てみると、谷沢川は
下流へいくに従い、相当深い谷となっており、人為的な流路変更とするに
は無理のような気がするので、私としては自然現象説を支持したい。

さて周辺の道路を迂回しながら、谷沢川を追っていこう。
姫之橋の上流で、谷沢川は二本の水路に分かれている。
ここには「姫の滝」という滝があったそうだが、昭和13年(1938)の水害
により崩壊した。
2016-07-16_98.jpg
この姫の滝には次のような悲恋の伝説がある。
都からやってきた貴公子がこの地の領主の館に宿泊、その領主の娘と恋
に落ちた。
貴公子は再会を約束して京へと戻っていったが、その後、幾年を重ねても、
彼は当地へ来ず、苦悩した娘はついには滝に身を投げたという話である。

こちらは姫之橋下流側に見える水門。
2016-07-16_101.jpg

次の中之橋の脇には庚申塔が安置されている。
2016-07-16_102.jpg

迂回しながら辿っていくと、東急大井町線と交差し、線路脇を川は下っている。
2016-07-16_107.jpg

ゴルフ橋から等々力渓谷が始まるが、その手前に排水口があり、逆川
合流している。
2016-07-16_120.jpg

ゴルフ橋の東側には逆川の暗渠が続いている。
2016-07-16_124.jpg

逆川の暗渠を辿ることはできないが、目黒通りへと迂回すると、暗渠が続
いていることを確認することができる。
目黒通りの先も逆川があったと推定されるが、その川跡をみることはでき
ず、ここまでで途絶えてしまう。
2016-07-16_126.jpg
なお、大井町線沿いに尾山台方面へと暗渠が続いているが、もしかしたら
逆川が移設された跡なのかもしれない。

この逆川、先に述べた河川争奪の跡として論じられることが多く、通常は西
から東へと流れるのに対して逆方向へと流れるため、その名が付いたと思
われるが、そうでもないようだ。
世田谷城主吉良頼康が行った鷹狩の際、撃ち落とした白鷺の脚に和歌を
記した短冊が結びつけてあり、その主を探索したところ、逆に白鷺の持ち主
から、その行方を問われ、その逆問答の伝説がもとで逆川と名付けられたという。
話が長くなるので詳細は省略するが、奥沢新交会のサイトに詳しく記され
ているので、興味のある方はご覧いただきたい。

先ほどのゴルフ橋脇の階段を下りていくと、等々力渓谷の遊歩道が始まる。
(ゴルフ橋は、この西側にかつてゴルフ場があったことに由来する。)
2016-07-16_136.jpg

さすが、都内有数の景勝地ともあって、訪れる人は多い。
渓谷内は涼しく、夏季ともなると渓谷内と台地と数度の気温差があり、川
沿いには涼風が吹き抜ける。渓谷の深さは約10メートル、斜面には様々
な木々が繁茂している。
2016-07-16_142.jpg

環八が架かる玉沢橋付近には、等々力渓谷第三号横穴がある。
古墳時代末期から奈良時代にかけて造られたもので、3体の人骨とともに
耳環や土器などの副葬品が出土したという。
2016-07-16_146.jpg

古墳と言えば、等々力渓谷の北、玉川野毛町公園内にある野毛大塚古墳
も触れておきたい。
全長82メートル、後円部の高さ10メートルの帆立貝式の前方後円墳で、
五世紀前半に築造された古墳である。
多量の武器・武具類をはじめとする副葬品が出土しており、有力な首長墓
であることを示しているという。
ご興味のある方は渓谷訪問の帰途にでも立ち寄ってみればいかがだろうか。
2016-07-16_112.jpg

渓谷の斜面からは所々で湧水を見ることができ、「等々力渓谷・等々力不
動尊」として、東京の名湧水57選の1つに指定されている。
2016-07-16_147.jpg

さらに歩いていくと、左岸にその湧水の一つから水を落とす不動の滝がある。
古来より多くのこの滝に打たれて行をする、修行したことだろう。
等々力の地名はこの滝の音が渓谷にとどろいていたことに由来するともいう。
2016-07-16_150.jpg

不動の滝の脇の階段を上っていくと、等々力不動尊(滝轟山明王院)がある。
八百年ほど前、和歌山の根来寺の(1095~1144)が、神託によりこの地
を訪れ堂を建立し不動尊を祀ったと伝えられる。
戦国時代には吉良氏が戦勝祈願所とにしたとも言われている。
渓谷散策がてらの参拝客も多く、境内は賑わっている。
2016-07-16_156.jpg

不動の滝からまもなく渓谷は終わり、多摩川沿いの住宅街へと入っていく。
川沿いには個人宅の出入口に架かる橋が並ぶ。
2016-07-16_163.jpg

その先、丸子川六郷用水)と交差する。
交差するとはいっても、現在では丸子川を流れてきた水は谷沢川へと合流
し、下流方向には改めて谷沢川から取水した水が流されるように改修されている。
下記の写真は谷沢川の下流方向から撮影したもので、写真左側が合流す
る丸子川である。
2016-07-16_172.jpg

多摩川の土手を潜って、谷沢川は多摩川へと合流する。
2016-07-16_178.jpg

《参考資料》
『世田谷の河川と用水』 世田谷区教育委員会編
『ふるさと世田谷を語る 用賀・上用賀・中町(野良田)』 世田谷区
『ふるさと世田谷を語る 等々力・東玉川・玉川田園調布・玉堤』 世田谷区



目次
  

谷沢川 1

谷沢川は上用賀6丁目にあった小湧水を水源として用賀・中町付近を流れ、
下流部では都内有数の景勝地である等々力渓谷を経由して、多摩川へと
注ぐ河川である。
谷沢川という河川名を知らなくても。等々力渓谷を訪れたり、見聞きしたり
して川の存在をご存知の方も多いことであろう。
用賀より上流部は暗渠、下流部は開渠となっており、開渠・暗渠の両方を
楽しめる河川でもある。

谷沢川の水源は上用賀6-30にあった湧水池とされ、付近には、湧水池
跡の碑(後述)もある。
ただし、江戸期には品川用水からの分水(漏水?)があったとされ、現在も
暗渠として辿ることができる。

品川用水は現在の千歳通りを流れていたが、用賀村への分水口は東京
農業大学の西側付近にあったようだ。
千歳通りの西、桜丘3-8付近から暗渠の水路が始まっている。
2016-07-16_7.jpg

その暗渠は世田谷通りの北を西へと進み、途中には古い橋跡などを見つ
けることができる。
おそらく現在、この水路は雨水排水路化しているのであろう。
2016-07-16_9.jpg

暗渠は住宅の間を進んでいくため、迂回を強いられることになる。
その先、世田谷通りと交差する手前で、数十メートルほどの区間、開渠となる。
なんとその開渠には水が流れているではないか。
この水は何処から来るのであろうか。
2016-07-16_15.jpg

この開渠部の手前の北側には、桜丘宇山緑地という緑地があり、大雨時
の遊水池ともなっている。
2016-07-16_19.jpg

その北西側にも別の水路(暗渠)を見ることができ、桜丘4-2辺りまで辿
っていくことができる。
その場所は、谷沢川が流れる地よりやや高くなっており、この付近のどこ
かに水が湧き出ている場所があるのではないだろうか。
(暗渠に水流を確認できる場所がないので、あくまでも推定)
2016-07-16_21.jpg

開渠は僅か数十メートル、世田谷通りを越えて暗渠道が再び続く。
2016-07-16_26.jpg

道路を横断するコンクリート暗渠、このようにはっきりとした暗渠が続いて
いるので追いかけるのも用意だ。
2016-07-16_28.jpg

その南側の駐車場脇に冒頭で述べた谷沢川湧水池跡の碑がある。
この碑は、世田谷区による「てくたく」というもの。
2016-07-16_30.jpg
冒頭では上用賀6-30に湧水池があったと記したがここは22番地、とは
言え、街区としては隣接する地であり、この辺りに湧水池があったのだろう。
上流から流れてくる水と併せて溜池を作り、用賀村の農業用水として下流
へ流していたらしい。
用賀地区にはいくつかの溜池があったが、ここは「上の溜池」と呼ばれて
いたらしい。

コンクリート蓋を辿っていくと、いったん環八へと出る。
2016-07-16_34.jpg

さすがに環八沿いでは水路跡は消えるが、世田谷清掃工場前交差点を
左へ曲がると、再び暗渠蓋が続く歩道が現れる。
2016-07-16_35.jpg

その北側には小さな祠の三峰神社がある。
由緒などは不明であるが、三峰講の人々によって創られたものであろう。
ここにも「てくたく」がある。
2016-07-16_38.jpg

谷沢川の暗渠は、上用賀の住宅街の中をカクカクと曲がりながら進んでいく。
当然のことながら、流路は区画整理によって大きく変更されたものである。
2016-07-16_41.jpg

途中、古い橋跡を見ることもできる。
2016-07-16_47.jpg

その先、用賀中学校の東側を南下していく。
蓋の幅もかなり広くなっている。
2016-07-16_49.jpg

用賀中学校の南側に洗い場の「てくたく」。
2010-10-01_199

その先、用賀プロムナードという遊歩道となる。
この用賀プロムナードは、田園都市線用賀駅から世田谷美術館などがあ
る砧公園への導線として造られたもの。
歩道脇には人工水路も設けられている。
2016-07-16_53.jpg

プロムナードを辿っていくと、そのまま用賀駅へとたどり着くことができる。
2016-07-16_56.jpg

谷沢川はビジネススクエアという駅前ビル群の中へと吸い込まれるように
進んでいくが、ここで用賀駅北側の無量寺へ立ち寄ってみよう。
浄土宗寺院の祟鎮山無量寺は芝の西応寺の末寺である。
創建は明らかではないが、「新編武蔵風土記稿」には光蓮社明誉寿広和
尚(文禄3年(1594)没)の開山と記されているとのこと、相応の古寺のよ
うである。
2016-07-16_64.jpg
観音堂(写真左)には、天正年間に品川の浜で漁師の網に揚げられ、用
賀の住人高橋六右衛門直住が当寺に安置したと言い伝えられている観
音像がある。

《参考資料》
『世田谷の河川と用水』 世田谷区教育委員会編
『ふるさと世田谷を語る 用賀・上用賀・中町(野良田)』 世田谷区



次へ 目次
  

池尻川

JR京浜東北線の大森駅西口を降りると、アップダウンが続く地形が広がる。
そのような地形の中、山王の窪地を形成していた内川の支流、池尻川を辿って
みることにする。

現地(写真は池尻川中流付近のもの)にある「昔の内川と六郷用水の流れ」と
称する案内碑を見ると、環七の馬込銀座交差点の南東付近を水源にしている
ように見える。
2014-06-29_61.jpg
しかしながら、現地に行くと、更に上流方向に暗渠を確認することができる。
とにかく谷形状が広がるため、水源がどこにどの程度あったのかは伺いしれな
いが、そんな中、山王2-20から始まる暗渠道を確認することができる。
今回はここをスタート地点としよう。
2014-06-29_7.jpg
その暗渠道は一般道から降りる階段から始まり、北へと向かう。

大森駅の北から環七を結ぶジャーマン通りと称する道路の手前で、流路は西へ
と転じ、ジャーマン通りに並行して進む。
そこには、僅かながらの区間であるが、緑道化された歩行者道もある。
2014-06-29_12.jpg

この山王の住宅街から馬込にかけては、多くの文豪が住み、「馬込文士村」と
称されている。
九十九谷と呼ばれる丘と谷が入り組む地に、大正12年(1923)、尾崎士郎・
宇野千代夫妻が移り済み、その後、士郎の誘いに多くの画家や作家が居を
構えたとされる。
2014-06-29_16.jpg

その文士村の中から、ジャーマン通りの北側にある山王草堂記念館と尾崎士郎
記念館を取り上げてみよう。

山王草堂記念館は『國民新聞』を主宰したことで知られるジャーナリスト、徳富
蘇峰(1863~1957)の旧居跡である。
徳富蘆花(『烏山川2』参照)の実兄としても知られる。
また同志社英学校に学び、大河ドラマ『八重の桜 』でも登場していたので、ご記
憶の方も多いだろう。
蘇峰は、大正13年(1923)、この地に居宅を建て、山王草堂と称して昭和18
年(1943)まで起居した。
現在は建物の一部が保存され、記念館および蘇峰公園として一般開放されて
おり、記念館内では彼の原稿や書簡が展示されている。
2014-06-29_22.jpg

山王草堂記念館から程近い場所に尾崎士郎記念館がある。
代表作『人生劇場』で知られる尾崎士郎(1898~1964)は、前述の通り、大正
12年に馬込の地に移り住み、昭和29年(1954)にこの地に家を持ち、晩年を
過ごしたという。
公開は外側からの見学、および玄関の土間部分のみである。
2014-06-29_30.jpg

池尻川に戻り、下流に向かって進もう。
川筋は、環七に沿って南下する。
環七に沿うというよりも、環七が池尻川の谷筋を利用して造られたと言ったほう
がいいかもしれない。
2014-06-29_34.jpg

池尻川筋の道路は、その先細くなり、山王の住宅街を通り抜けていく。
その通り沿いにも、文士村の旧宅を紹介する掲示がある。
写真左にある掲示は、詩人の藤浦洸と小説家の榊山潤の旧宅跡を示すもの。
この他にも川跡沿いには、室生犀星や山本有三などの掲示も見られる。
2014-06-29_40.jpg

蛇行する道路は、かつての池尻川の流れを彷彿とさせる。
左の植え込み部分が川跡なのであろうか。
2014-06-29_45.jpg

途中の川の東側には山王厳島神社があり、神社の周囲には弁天池がある。
創建年代や由緒は不明、かつては小町弁天と呼ばれていたという。
2014-06-29_47.jpg

神社に隣接する花清水公園内には湧水があり、脇には「御神水 弁天池源泉」
と書かれた立札が立てられている。
ここから弁天池に水が流れ込み、また、かつては弁天池から池尻川へと流れ
出ていたと想像できる。
2014-06-29_53.jpg

池尻川を更に下る。
川の左岸は急峻な崖となっており、住宅などがその崖にへばりつくように建てら
れている。
2014-06-29_56.jpg

道沿いの高台にある高稲荷神社(由緒等不明)から上流方向の眺め。
2014-06-29_66.jpg

その先で環七と交差する。
環七と交差した後も歩道を併設した一方通行の道路に川跡を見出すことができる。
2014-06-29_71.jpg

新井宿春日神社の脇に『いにしえの東海道』と書かれた碑が建てられており、
そこで交差する一般道が古道であることを教えてくれる。
その碑には、次の説明文が彫られている。
此の道は時代により奥州街道、相州鎌倉街道、平間街道、池上往還などと呼
ばれていた古道です。

2014-06-29_74.jpg

その新井宿春日神社の創建・由緒は明らかではないが、鎌倉時代の創建とも
伝えられている。
2014-06-29_77.jpg

春日神社から数十メートル行くと、池上通りにぶつかって道路は終わる。
その手前、右から六郷用水北堀跡の道路が右から交差する。(下の写真の右
側。クーラーの室外機がある辺り)
2014-06-29_80.jpg

冒頭に挙げた案内碑によると、東海道線を越えて内川に向かうように描かれて
いる。
ただ、この先には池尻川の跡らしき水路はない。
また、明治や大正期の地形図を見ても、池尻川は六郷用水にぶち当たって終
了している。
おそらく、池尻川を流れてきた水は六郷用水に取り込まれて終わっていたので
あろう。
そうすると、この先の水路は六郷用水開削より前、つまり江戸初期以前に消滅
したと考えるのが妥当であり、近年の宅地開発も手伝って水路跡を辿ることは
断念せざるを得ない。

案内碑に描かれた水路図が正しいとするならば、池尻川は内川の富士見橋
手前に達し、更に南の大森西四丁目交差点付近で旧内川に合流したことに
なる。(現在の内川は大正6年(1931)に開削されたものである)
下の写真は、内川の境橋から富士見橋を眺めた光景であるが、数百年前の
池尻川は富士見橋手前辺りを北から南へと横切っていたのであろうか。
2014-06-29_85.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】内川周辺マップ を表示

目次
  
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本