黒川

黒川は豊田駅付近の湧水を水源として豊田用水へと流れ込む2kmほど
の河川である。
黒川用水と呼ばれることもあり、かつては周辺地区の農業用水として利用
されていたのだろうが、現在ではほぼ住宅地へと変貌している。

JR中央線豊田駅北口を出て、日野方面へと進むと坂を下ることになる。
その坂を下った左手に湧水池があり、ここが黒川の水源となっている。
清水谷と言われているようだ。
ここまで駅から数分、駅前の商業地帯の喧騒とは別世界である。
2016-12-23_2.jpg

湧水池から細い水路が始まり、道路脇を流れていく。
2016-12-23_5.jpg

もう一つ、JR豊田駅付近からも水路が流れている。
上流は線路との交差部分で途切れ、その反対側に廻ってその先を確認
してもみたが、源流を確認することはできなかった。
豊田駅は橋上駅であるが、線路は崖下に沿うように設置されており、お
そらく駅付近に湧き出る水を集めて流しているのかもしれない。
2016-12-23_12.jpg

黒川の流れる崖地の下は東豊田緑地保全地域として、東京都が昭和50
年に指定しており、緑地に立ち入ることはできない。
羨ましいほどの緑地が広がっているが、東京都が指定しなければ、駅至近
ということもあり、マンションなどの乱開発が行われていたことだろう。
2016-12-23_19.jpg
崖下からは至るところで水が湧き出し、黒川へと流れ込んでいく。

黒川は真っすぐ北東へと進むが、迂回していくと川沿いに黒川清流公園
が広がっていく。
その西端にあるあずまや池、東屋が設置されベンチに座りながら憩いの
一時を過ごせることができるようになっている。
2016-12-23_24.jpg

公園は黒川沿いに中央線の交差部まで600メートルほど続いている。
2016-12-23_26.jpg

公園内から崖上方面を見てみる。
高さは10メートル以上あるだろうか。
2016-12-23_29.jpg

公園内にあるゆうすい池と名付けられた池。
ここでも水が湧き出しているらしく、池には鯉が悠然と泳いでいる。
2016-12-23_31.jpg

その先、またも崖下から流れ込む湧水。
とにかく、この付近、湧水が豊富なことに驚かされる。
23区内の河川を歩いていると所々に湧水をみることができるが、その比
ではない。
2016-12-23_36.jpg

湧水を集めて流れていく黒川。
2016-12-23_39.jpg

その先、中央線と交差するところで清流公園は終わる。
困ったことにこの付近に中央線を越すことができる道路はない。
崖を上って日野バイパスの跨線橋を渡るか、400メートルほど戻って、中
央線を潜るかの選択を強いられる。
2016-12-23_45.jpg

中央線と交差した後、黒川は350メートルほど暗渠となってしまう。
どうやら写真左側の住宅地の中を暗渠として流れているようだ。
2016-12-23_48.jpg

中央線東側の市道と交差した先、住宅と住宅の間に見つけた暗渠の空間。
2016-12-23_50.jpg

市道から1ブロック先で黒川は再び姿を見せる。
2016-12-23_53.jpg

黒川は日野バイパス南側付近を蛇行して流れていく。
現在、この地は住宅建設に向けて、土地区画整理が進行中である。
昔日の航空写真を見るとかつては田畑が広がっていたようだ。
数年後、住宅が建ってしまうと、この付近の様相もがらりと変わっている
ことだろう。
2016-12-23_54.jpg

左側、高い場所に走っているのは日野バイパス。
2016-12-23_59.jpg

そこから数十メートル先、黒川は狭い谷へと入っていく。
残念ながらそこに立ち入ることはできないが、こちらには武蔵野の原風景
を見出すことができるような場所でもある、
2016-12-23_60.jpg

迂回していくと再び道路脇に黒川が流れる場所に出会う。
2016-12-23_63.jpg

そしてそこから数十メートルほど進むと、黒川(写真右側)は豊田用水
合流して終わる。
2016-12-23_66.jpg



目次
  
スポンサーサイト

上田用水

浅川から取水し、日野市の川辺堀之内、上田、万願寺地区を経由して根川
へと流れる上田用水(かみだようすい)、およそ2.8kmの用水路である。
途中、豊田用水が合流するが、用水を流れる水は殆どが豊田用水からの
ものであり、実態としては豊田用水の下流域と言っても過言ではない。

取水口は浅川の一番橋と高幡橋の中間地点の左岸にある。
こぢんまりとしており、あまり目立たない水門である。
2016-12-23_74.jpg

取水口近くに川辺堀之内日枝神社が鎮座する。
創建年代は不詳だが、江戸時代初期、川辺堀之内村の開村にあたり、名
主が京都の日吉大神を勧請して建てたと伝わる。
神社北側には延命寺(豊田用水参照)が隣接しており、明治初期の神仏
分離以前は延命寺が別当寺を務めていた。
2016-12-23_73.jpg

上田用水はしばらく浅川と並行して流れる。
用水を流れる水の量は少ない。
2016-12-23_77.jpg

取水口から350メートルほど行ったところで一般道を横切り、浅川とは離れていく。
2016-12-23_80.jpg

用水は畑の中へと入ってしまうが、迂回していくと、再び道路沿いに水路
が顔を出す。
2016-12-23_82.jpg

その先で左手から豊田用水が合流する。
前述したように、上田用水を流れる水の多くは豊田用水からのものであり、
ここから水量が増加する。
2016-12-23_84.jpg

用水右手に水門が見えてくる。
ここで新井用水への旧水路を分水する。
新井用水は上田用水と同じく浅川から取水しているが、河床が低くて上田
用水から補給され、浅川北岸の万願寺・下田・新井・石田地区の田を潤し
ていたという。
2016-12-23_87.jpg

日野市上田の住宅街を流れていく上田用水。
2016-12-23_92.jpg

国道20号線(日野バイパス)を越えた先で向きを東へと変え、畑の脇を
流れていく。
2016-12-23_93.jpg

水路は再び日野バイパスと交差し道路の南側へ流れ、100メートルほど
流れた後に三たびバイパスと交差して流れていく。
水路を追う立場からすると、大きな道路を三回も渡ることになり面倒だが、
これは上田用水が蛇行している箇所を、道路が貫いた結果である。
2016-12-23_96.jpg

日野バイパスの北側へと出た後、万願寺の住宅地の道路脇を東へ向きを転ずる。
ここから、用水の最終地点である根川の合流まで一本道である。
2016-12-23_98.jpg

右手に万願寺中央公園が見えてくる。
敷地内に児童館や交流センターを併設する広い公園であり、家族連れや
子供たちの歓声が聞こえてくる。
2016-12-23_102.jpg

その公園の南側に真言宗の田村山安養寺がある。
創建は不明、中世に武蔵国西部を支配していた西党日奉氏の一族の田
村氏の居館跡と言われている。
本堂は昭和57~58年に行われた修理時の調査から、18世紀初頭のも
のとされ、日野市の有形文化財の指定を受けている。
2016-12-23_106.jpg
ちなみにこの辺りの住所である万願寺という寺院は現存せず、その所在
地もわからないようだ。

その東側には八幡大神社が鎮座する。
大神社というほどの規模ではないが、安養寺が別当寺を務めてきた古社
のようである。
2016-12-23_109.jpg

やがて上田用水は多摩モノレールと交差する。
2016-12-23_113.jpg

多摩モノレールとの交差後も、200メートルほど住宅の脇を流れていく。
2016-12-23_114.jpg

根川大橋の橋詰で、上田用水は根川へと音をたてて水を落して終わる。
2016-12-23_121.jpg

《参考資料》
『用水を総合的な学習に生かす~日野の用水を例として~』
                     小坂 克信 著




目次
 

日野用水上堰 2

日野用水上堰は、中央線を越えるとしばらくは暗渠となる。
日野駅前の地区ということで、暗渠化されてしまうのは仕方がない。
2016-12-03_90.jpg

上の写真の左手にあるのは日野八坂神社
創建年代は不詳、多摩川の流れに沿って土淵という深淵があり、そこで里
の老翁が牛頭天王の神像を拾い上げ、祠を建立、村の鎮守として祀ったの
が始まりと伝えられる。
2016-12-03_88.jpg

日野駅東側には、臨済宗建長寺派の如意山宝泉寺がある。
元徳年間(1329~32)の創建と言われる古刹であり、曇芳周応大和尚が
開創した。
日野といえば新選組副長、土方歳三の生地として有名だが、この宝泉寺に
は、同郷で六番隊組長の井上源三郎(1829~68)の墓所がある。
2016-12-03_96.jpg

日野駅から300メートルほど行くと、日野用水上堰は顔を出す。
そこには日野宿再生計画により設けられた親水スペースがあり、日野用水
を身近に感じられる空間となっている。
なお、流路は二重構造となっており、本流は地下を流れているという。
2016-12-03_93.jpg

水路には木製の柵が続き、歩いていても気持ちが良い。
2016-12-03_99.jpg

用水の南側には浄土宗の三鷲山大昌寺が建つ。
立川の領主、立川能登守清房の子である讃誉牛秀が隠居寺として慶長7
年(1602)に創建した。
2016-12-03_100.jpg

ここでもう一つの史跡、日野宿脇本陣跡を紹介しておこう。
用水の北、甲州街道(現:都道256号八王子国立線)沿いに建てられてい
る東京都の指定史跡である。
2016-12-03_3.jpg
日野宿には、上佐藤家と下佐藤家という二軒の佐藤家の屋敷があり、交
代で日野本郷の名主を勤めてきた。
正徳6年(1716)以降、上佐藤家は本陣を、下佐藤家は脇本陣を務めてお
り、ここに建つ脇本陣は下佐藤家の住宅を兼ねたもののようだ、
嘉永二年(1849)の火事で焼失し、現在の建物は元治元年(1864)も再建
されたものである。
なお、日野市の説明板には「日野宿本陣」、東京都の説明板には「日野宿
脇本陣跡」と記されて迷うが、正しくは後者の脇本陣である。

日野用水上堰へと戻り、引き続き用水を追っていこう。
先ほどの木製の柵は途切れるが、その先、住宅脇を開渠として流れていく。
2016-12-03_105.jpg

石積護岸が続き、昔日の用水路を彷彿とさせるような風景が広がる。
日野宿の裏を流れるため、この辺りでは宿裏堀(もしくは宿裏川)と称され
ていたようだ。
2016-12-03_107.jpg

南へと分水路が分かれていく。
2016-12-03_109.jpg

前方に中央高速道路の高架橋が見えてくる。
2016-12-03_112.jpg

中央高速と交差した先、用水は住宅の間や農地の中を流れていく。
この区間では用水路沿いを歩くことはできず、迂回を強いられる。
2016-12-03_114.jpg

数百メートルほど迂回した後、再び道路沿いに流れる用水を見出すことができる。
2016-12-03_116.jpg

再び中央高速の高架橋が見えてくる。
用水路は一旦、高速道の南側へと出た後、U字状に流れて戻ってくるのである。
2016-12-03_118.jpg

その後はしばらく高速道路に並行して流れる。
行く手には多摩モノレールの線路を望む。
2016-12-03_120.jpg

多摩モノレールと交差して100メートルほど行くと、左から日野用水下堰
合流してくる。
2016-12-03_124.jpg

下堰との合流後、水路は根川と名を変える。
根川は多摩川の支流の準用河川として位置づけられている。
もちろん自然河川ではなく、実態は日野用水の排水路である。
浅川との合流まであと少し(とはいっても2km以上あるが)なので、このまま
根川を追っていくこととしよう。
2016-12-03_126.jpg

万願寺の住宅街を流れる根川。
川幅は今までと比べてかなり広くなっている。
2016-12-03_128.jpg

根川大橋の橋詰で右岸から上田用水が合流する。
上田用水は浅川から取水し、途中で豊田用水を合わせ、上田、万願寺地
区を流れてこの地に至る用水路である。
2016-12-03_131.jpg

根川はその先で多摩川の右岸へと出てくる。
写真左の高い場所は多摩川の土手。
ここから1.5kmほど、多摩川と並行して流れていく。
2016-12-03_141.jpg

途中、浅川水再生センターから高度処理水が排水され、水嵩を増す。
2016-12-03_138.jpg

川沿いには桜の並木が続く。
訪問したのは冬であったが、花の季節にはちょっとした桜の名所ともなって
いるようだ。
2016-12-03_141.jpg

根川は、多摩川浅川の合流地点で終わる。
ただ、残念ながら合流地点付近の河川敷は自然保護地となっており、立
ち入ることはできない。
合流地点から300メートルほど上流に架かる橋の上から、下流を眺めるこ
とで終わりとした。
2016-12-03_145.jpg

《参考資料》
『水の郷日野エコミュージアムマップ
  日野用水エリアその二  ~日野駅東側~』



目次
 

日野用水上堰 1

日野用水上堰はJR八高線の多摩川鉄橋の上流の日野用水堰(平堰)で
多摩川から取水され、日野市北部を横断する用水路である。
中央高速道路と交差する万願寺地区で下堰と合流、そこからは根川と称
する排水路となって、多摩川と浅川の合流部付近で放流される。
本項では下流の境川を含めて、日野用水上堰のルートを追っていくこととしよう。

日野市内を流れる用水路は網の目状に広がっている。
多摩川から取水される日野用水のほかに、浅川からの豊田用水や上田
用水、更には浅川の南岸にも平山用水系などがあり、その長さは幹線系
だけで38km、支線を合わせると現在でも約170kmほどの水路が現在
でも残っているという。
また、多摩川や浅川からの取水とは別に崖線からの湧水も豊富で、市内
の用水へと流れでている。
日野市は平成7年に国土庁から「水の郷」として指定され、それを観光資
源としてアピールをしている。

日野用水の起源は、永禄10年(1567)、佐藤隼人により開削されたとされる。
佐藤家はもともと美濃国武儀郡八幡村(現;岐阜県関市)の武士であった
が、永禄年間にそこから落ち延び、当地に庄屋として居住した。
隼人は、時の滝山城主北条氏照の許諾を得て用水を開削、その際、罪人
の使役を許されて用水を掘らせたという。

まずは日野駅の西方3.5kmほどの日野用水堰平堰)へと向かう。
幸いにも日野駅から堰の近隣までバスが通じている。
現在の日野用水堰は昭和37年(1962)に完成したもの、それ以前の上
堰は更に上流側にあったという。
また下堰は下流の東光寺付近から取水されていたようだが、現在は上堰
の途中から分かれる形となっている。
2016-12-03_17.jpg

多摩川から取水された水が、住宅の間を流れていく。
2016-12-03_18.jpg
                            
取水口から数分歩いた場所にあるのが真言宗寺院の比盧宝山大蔵院。 
元和7年(1621)に栄秀によって創建された寺院である。
2016-12-03_19.jpg
墓地は多摩川右岸の丘陵の崖地沿いに広がっており、上下するために
小型の懸垂式モノレールが設置されており、ユニークだ。
寺の西側には樹齢500年とも推定される銀杏の樹があり、「平町大蔵院
のイチョウ」として、八王子市の天然記念物に指定されている。
文政6年(1823)に書かれた武蔵名所図会にも記され、また名主であっ
た平氏が家康から賜った金銭を、これをご神体とした東照宮を祀ったこと
から「金銭平の大公孫樹(おおいちょう)」とも称されている。

やがて用水は道路沿いに出てくる。
水路の北側では工場が建設中であり、そのためなのかコンクリート護岸
が整備されている。
工場が完成した暁にはこの辺りの風景も変わってしまうのだろう。
2016-12-03_22.jpg

その先でJR八高線が交差、更には台地の上から都道169号淵上日野線
が下りてくる。
2016-12-03_24.jpg

都道の左側、八王子水再生センター沿いを進んでいく日野用水。
2016-12-03_27.jpg

都道を南側へと渡ると、水路の幅が広がる。
2016-12-03_31.jpg

八王子市小宮町の住宅街の中を流れる。
2016-12-03_35.jpg

2016-12-03_37.jpg


用水沿いに歩いていくと、水路が左へと分かれる石川堰へと達する。
余水を多摩川へと戻しているもので、その余水水路は旧谷地川の川筋である。
2016-12-03_40.jpg
堰の脇には日野用水改修記念碑が建っているが、残念ながら周囲は立
ち入りが禁止されていた。

石川堰の先、短い区間ではあるが、日野用水沿いに遊歩道が設けられている。
2016-12-03_44.jpg

その先、谷地川との交差部にはコンクリート製の掛樋が設置されている。
谷地川は河川改修され、その際にこの掛樋が架けられたようだ。
改修前のルートは先ほどの石川堰の場所で、日野用水と谷地川が交わっ
ていたのだろう。
2016-12-03_49.jpg

谷地川との交差との手前で八王子市から日野市へと入り、その後は日野
駅の手前付近まで道路の脇を流れていくことになる。
2016-12-03_51.jpg
この辺りで日野用水下堰を左へと分ける。
下堰はこの先、多摩川寄りの地域を流れ、万願寺付近で再び上堰と合流
することになる。

その先の栄町五丁目交差点脇には、東光寺大橋の碑が建てられている。
右側が弘化3年(1846)に建立された碑、左側には大正時代に建てられた
東光寺大坂の碑が並んで建てられ保存されている。
2016-12-03_55.jpg
現在の都道はその昔、東光寺道と呼ばれていた道であった。
日野用水上堰を渡る橋は当初土橋であったが、天明6年(1786)板橋に
架け替えられ、更には文化5年(1808)に石橋となった、
天保年間(1830~44)に石橋が崩落し、その後弘化3年、村民が協力し
て伊豆石を用いて再び架橋した。
碑文は橋の変遷を知ることができるものとして、日野市の史跡に指定さ
れている。

水路は延々と道路の脇を流れており、歩道も一部、水路の上にせり出している。
2016-12-03_58.jpg

その先で小さな堀を分水、その分水路を数十メートルほど辿ると水車が設
けられた水車堀公園がある。
江戸時代から昭和期までで日野市内には 50基以上の水車があり、製粉
などが行われていた。
水車は昭和30年頃までに姿を消したが、平成15年、区画整理事業に伴
い、元の場所に水車を復元し、公園として整備したものらしい。
2016-12-03_62.jpg

さらに300メートルほど進むと、再び水路が分かれる地点がある。
2016-12-03_67.jpg

その分水路を辿っていくとよそう森公園が見えてくる。
かつてはこの辺りに田圃が広がっておいたが、区画整理事業が進む中、
その風景を残し、付近の東光寺小における米作りの教育の場として、公園
内に田圃がつくられたという。
水路は素掘であり、往年の日野の原風景が広がっている。
2016-12-03_72.jpg

そろそろJR中央線の日野駅に近づいてくる。
2016-12-03_72.jpg

日野用水は道路の左手に折れ、その先でJR中央線と交差する。
その築堤を水路が潜る鉄橋には、明治期に造られた煉瓦が残されている。
2016-12-03_78.jpg
現地の説明板によると、中央線の前身である甲武鉄道の立川~八王子
間が開通したのが明治22年(1888)8月、その前年には日野宿の土淵
英により日野煉瓦製造所が設立され、多摩川橋梁などに利用されたという。
日野煉瓦製造所は、翌年の支配人土淵英の死におり、廃業されてしまう
が、約50万個の煉瓦が製造され、甲武鉄道の諸施設のほか、玉川上水
に架かる旧日光橋(福生市)などにも使用されたという。

なお日野駅周辺には日野宿発見隊という団体により、昔日の写真が街角
に多数掲示されている。
写真の掲載は差し控えるが、日野用水を撮った写真も多数あり、思わず
見入ってしまう企画である。
こちらのサイトに掲載されているので興味がある方はご覧頂きたい。)

《参考資料》
『用水を総合的な学習に生かす~日野の用水を例として~』
                     小坂 克信 著
『水都日野 みず・くらし・まち 水辺のある風景 日野50選』
          水辺50選ワーキンググループメンバー 編
『水の郷日野エコミュージアムマップ
  日野用水エリアその一  ~日野駅西側~』



次へ 目次
  

豊田用水

豊田用水は平川橋付近で浅川から取水し、日野市豊田の南の崖線から
湧き出る水を集め、上田用水へ合流する用水路である。
開削時期はよくわからないが、天保14年(1843)の豊田村明細書上帳に
は記載されており、江戸時代から続く用水路である。
かつては豊田・川辺堀之内地区の水田を潤していたが、上流部は宅地化
され、下流部に僅かに水田や農地が残るのみとなっている。

浅川に架かる平川橋、その左岸に豊田用水の取水口の水門がある。
かつて大名淵と呼ばれる深い淵があったところで、取水には適していた
場所のようである。
2016-10-10_1.jpg

浅川から取り込まれた水は、JR豊田駅の南を東へと流れていく。
水路には石積み護岸が続いている。
用水に並行する道路沿いを歩くことができるが、車両の交通量が多く、
且つ歩道がないため、やや歩きにくい。
2016-10-10_8.jpg

道路沿いを流れていく豊田用水。
2016-10-10_10.jpg

この先で、北側にある中央図書館下湧水からの流れが合流する。
中央図書館下湧水は、東京の名湧水57選に選定されている湧水であり、
豊田の崖線下から毎秒17リットルの豊富な湧水量を持つ。
眺めていると水がドクドクと湧き出ている様子がうかがえる。
2016-10-10_21.jpg

中央図書館下湧水はまたの名を八幡神社下湧水ともいい、水が湧く崖線
の上の図書館脇には小さな祠の八幡神社がある。
由緒はわからない。
2016-10-10_24.jpg

湧水から出た流れは2つに分かれて豊田用水へと向かう。
1つはそのまま、南東の道路沿いに流れる水路、湧水から出る水の殆ど
はこの水路へと向かう。
2016-10-10_26.jpg

もう一つは、東の歩行者道沿いに流れる水路、この水路も200メートル
ほどで用水へと流れ込むが、歩行者道脇の水路は趣きがあってよい。
そして、先ほどとは別の湧水が所々にこの流路へと流れ込んでいる。
豊田の湧水の多さには、驚かせられる。
2016-10-10_31.jpg

豊田用水に戻り、更に進んでいく。
用水脇に旧家の板塀が残る風景が目をひく。
以前は黒塀であったようで、明治期には地下水を利用してビールを造っ
ていたという。
2016-10-10_35.jpg

またも湧水が流れ込む。
このように豊田用水は少しずつ、流量を増やしているようだ。
2016-10-10_38.jpg

水路は豊田小学校手前で、一時的に道路の左側から右側へと転じる。
道路沿いの歩道が水路の一部を覆うように造られている。
半暗渠ともいうべきであろうか。
2016-10-10_40.jpg

豊田小学校あたりから水路は新しい護岸へと変わっている。
今まで趣きのある石積み護岸が続いていただけに、ちょっと残念な気持ち
になる。
2016-10-10_42.jpg

豊田用水は東豊田の住宅沿いを流れていく。
用水沿いには広い邸宅が建ち並び、その個人宅への入口には橋が架け
られている。
中には凝ったデザインの橋もあり面白い。
2016-10-10_46.jpg
この手前の東豊田公園脇にはこの付近の地名解説板があった。
それによると、昭和47年び町名地番整理以前は大字豊田村字小高田
といい、小字名の小高田は少し高いところに田があったことが由来とさ
れているらしい。

その先、水路が分かれている場所がある。
かつて水車があった場所であるらしい。
2016-10-10_47.jpg

やがて用水の右手に豊田用水を利用した田圃が広がる。
付近は年々、宅地化されているようだが、このような田園風景は残しても
らいたいものである。
2016-10-10_50.jpg

田圃を過ぎると、用水は段丘沿いに流れ、水路脇に堀之内緑道が続いている。
短い区間ではあるが、周辺住民のよき散歩道となっているらしい。
2016-10-10_54.jpg

途中、水門があり分水されていた。
分水は南側の田畑を潤し、浅川へと流れ出るものらしい。
2016-10-10_57.jpg

用水は川辺堀之内地区へと入っていく。
再び住宅脇を流れていくが、ここでも個人宅専用の橋が架けられている。
2016-10-10_60.jpg

用水と浅川の間には、真言宗寺院の有王山延命寺がある。
創建年代は不明、境内には文明2年(1470)在銘の板碑がある。
板碑は日野市指定史跡となっており、民間に流行した講の結集が、死後
の往生を願って供養のためにつくった結集板碑であるという。
2016-10-10_63.jpg

火の見櫓脇と豊田用水。
2016-10-10_67.jpg

そこから数十メートルほどあるくと道路脇に地蔵尊が建っていた。
2016-10-10_69.jpg

水路沿いには宅地化工事が進んでいた。
数年もすれば、この辺りの風景も変わってしまうのかもしれない。
2016-10-10_70.jpg

左手(写真は下流から撮影したので右側)から、JR豊田駅北側の黒川清
流公園を源とする黒川が流れ込む。
2016-10-10_74.jpg

黒川合流後、用水を流れる水は一気に増す。
畑地や住宅沿いを流れていき、その先は右へ曲がり私有地へと入ってしまう。
2016-10-10_77.jpg

私有地部分を迂回していくと、そこは上田用水との合流地点。
豊田用水と同じく浅川から取水した上田用水と直角に合流して豊田用水
は終わる。
2016-10-10_85.jpg

《参考資料》
『用水を総合的な学習に生かす~日野の用水を例として~』
                     小坂 克信 著
『水都日野 みず・くらし・まち 水辺のある風景 日野50選』
          水辺50選ワーキンググループメンバー 編



目次
  
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本