江川

川崎市高津区と中原区の境界を流れる江川を歩いてみた。
もともと、江川は根方十三ヶ村堀の下流にある水路であり、悪水堀(排水路)
として位置づけられる。
根方十三ヶ村堀は網の目状に広がり、末長、千年、子母口、新城などの水
田を潤していたようだが、資料(『二ヶ領用水支流水路復元図』)を見ると、
その多くは江川へと流れ込んでいる。
周辺の都市化に伴い、多分に漏れず江川も汚染化していき、また雨水が
多量に流れ込み、浸水被害を発生した。
そのため、江川の地下には内径8.5m、延長1.5 ㎞の雨水貯留用の埋設
管が設置されることとなった。
埋設管の跡には遊歩道が設置されることになり、平成8年(1996)に事業
認可、翌9年から着手し、平成115年に供用開始された。

注目すべきは、遊歩道設置事業にあたり、地元住民から請願書が出され、
設計段階より事業が進められ、自然と調和した素晴らしい遊歩道が出来
上がったことである。
人工のせせらぎが流れ、周辺住民の散策路や憩いの場として、また子供
たちの遊び場として親しまれている。
今回は見事に整備された遊歩道をもつ江川を紹介することとしたい。

その前に少しだけ上流部の用水堀を紹介しよう。
溝ノ口の東側、大形ショッピングセンターの北側に水門があるが、ここで新
城方面への水路が分かれていく。
2017-06-17.jpg

前述のように水路は多くの水路に枝分かれし、所々に暗渠蓋が続く道が残
っている。
前掲の資料では新城堀という記載も見られる。
宅地開発に伴い区画整理されたため、水路のルートは昔日とは多少、変
わってしまったのかもしれない。
2017-06-17_3.jpg

さていよいよ、江川せせらぎ遊歩道を辿っていくこととしよう。
遊歩道は南武線武蔵新城駅の南西、新城4丁目5番から始まる。
2017-06-17_20.jpg

遊歩道は「湧水の小径」「桜のプロムナード」「散策の道」「ふれあい広場」
「せせらぎ広場」「清流の道」「あぜの道」「河原の道」と名付けられた8つの
ゾーンに分かれ、それぞれ特徴のある空間が造られている。
2017-06-17_21.jpg

道路脇に流れる水路、水面を覗くとアメンボが生息している。
2017-06-17_27.jpg

江川のせせらぎを流れる水は等々力水処理センターの高度処理水を導
水している。
2017-06-17_28.jpg

桜並木が続く「桜のプロムナード」ゾーン、遊歩道が出来てからまだ十数
年ほどしか経っていないため若木だが、何十年か後には立派な桜並木
に成長することだろう。
2017-06-17_29.jpg

道路との交差箇所には、所々にかつての橋名を記した石碑が建てられている。
こちらは厳川橋跡。
その先に見えるのは、ザリガニ釣りに興ずる家族連れ。
2017-06-17_31.jpg

タチアオイが咲く岸辺。
2017-06-17_32.jpg

こちらは菖蒲。
6月半ばであったので、ちょっと時期が遅かったのか。
2017-06-17_33.jpg

暗渠を緑道化し人工の水路を設置するというのは、目黒川上流の北沢川
や烏山川、葛飾区内の曳舟川(葛西用水)など他にもあるが、ここまで自然
と調和したせせらぎを再現したのは珍しいかと思う。
2017-06-17_37.jpg

水面には青空が映り込む。
2017-06-17_38.jpg

下流にある「清流の道」ゾーンでは木製の遊歩道が続き、また
違った雰囲気を醸し出している。
2017-06-17_41.jpg

鈴なりとなったアジサイが河辺を彩る。
2017-06-17_43.jpg

江川を泳いでいたカルガモの親子に出会った。
2017-06-17_44.jpg

尻手川崎道路と交差する場所には井田橋跡の碑が建てられている。
2017-06-17_51.jpg

井田の住宅街を進む江川、合流先の矢上川はもうすぐだ。
2017-06-17_54.jpg

矢上川への合流地点の直前、江川を流れてきた水は吸い込まれてしまう。
この左岸には地下の雨水貯水管の水を汲み上げる江川ポンプ場がある。
2017-06-17_58.jpg

そして矢上川へと合流する。
合流口は想像以上に大きいものであった。
2017-06-17_62.jpg



目次
  
スポンサーサイト

二ヶ領用水 根方十三ヶ村堀 2

第三京浜を越えた先も根方十三ヶ村堀(以下、根方堀と略)は、暗渠とし
て道路の左側に続いている。
この水路は、資料とした『二ヶ領用水支流水路復元図』では上小田中堀
の記載されている。
2017-05-04_58.jpg

道脇にある小さな祠、水の神である弁財天を祀っているようだ。
2017-05-04_60.jpg

その先の左側に関神社が鎮座する。
慶長10年(1605)、武田信玄家臣の末流、原勘解由左衛門勝久が此の
地に移住したが開墾が進まず、近江国の関蝉丸神社に祈願したところ霊
示があり、社殿を造営した後、開墾が進むようになったとの言い伝えがある。
2017-05-04_66.jpg

上小田中の住宅街を進んでいく。
2017-05-04_68.jpg

その先、左側にひと際目立つ寺が見えてくる。
真言宗智山派の大谷山宝蔵寺、川崎七福神の弁財天となっている。
創建は永正17年(1520)、原勘解由左衛門勝光が開基とされている。
2017-05-04_72.jpg

蛇行して進む根方堀、ここの暗渠は鉄板の蓋となっている。
2017-05-04_77.jpg

やがて、前方に南武線の高架橋は見えてくる。
2017-05-04_78.jpg

その南武線まで追っていくと水路は中原電車区の中へと入り込んでしまう。
2017-05-04_82.jpg

ここは電車区を右(西側)へと迂回することになる。
その迂回の途中にある又玄寺と新城神社を訪ねることとする。

こちらは正覚山又玄寺、臨済宗の寺院である。
2017-05-04_84.jpg

電車区の西端の南側には新城神社、元禄7年(1694)の創建、新城村の
守り神として鎮座した。
毎年10月の祭礼に行われている囃子曲持は、力持ち曲芸と祭り囃子が
一緒になった芸能で、川崎市の重要習俗技芸に指定されている。
2017-05-04_90.jpg

さて、電車区の中に入っていった根方堀は、その南側へ出てくる。
更には電車区向かい側の個人宅の中へと入っていく。
2017-05-04_91.jpg

1ブロック南の道路に廻り込むと、その先は一般道へと出て、道路右側に
暗渠の歩道が続いている。
2017-05-04_95.jpg

道路は南へと向きを変え、最終地点の江川へと目指して進んでいく。
2017-05-04_97.jpg

今は住宅が続く街並みであるが、数十年前までは田園風景が広がって
いたのだろうか。
2017-05-04_99.jpg

この道に交わる水路敷らしき通路を発見、おそらく田圃の間を縦横に流
れる水路跡であろう。
2017-05-04_100.jpg

暗渠は道の右から左へと移り変わり、なおも暗渠蓋が続いていく。
2017-05-04_103.jpg

その先、暗渠蓋は無くなってしまうが、これは道路整備したためだろう。
2017-05-04_108.jpg

先ほどの電車区から1.4kmほどあるいていくと、江川へと出る。
現在の江川は、せせらぎ遊歩道として人工水路が流れているが、以前はこ
の辺りで水を落としていたのだろうか。
2017-05-04_109.jpg

《参考資料》
『二ヶ領用水支流水路復元図』 ※川崎市立中原図書館所蔵



目次
  

二ヶ領用水 根方十三ヶ村堀 1

久地円筒分水から分水される二ヶ領用水の1つ、根方十三ヶ村堀を取り上げる。

その名前である十三ヶ村とは、久本、溝口、坂戸、末永、新作、清沢、厳川、
子母口、明津、新城、上小田中、神地、下小田中の各村である。(清沢、厳川
は明治8年合併して千年村となる。)
概ねの地域で言えば、JR南武線の武蔵溝ノ口駅から武蔵中原駅付近まで、
流末は南を流れる江川に流れ込む。

資料とした『二ヶ領用水支流水路復元図』には、溝ノ口付近からいくつもの支
流に分かれ、何本もの水路が江川へと向かって流れている。
また明治から昭和前期の地形図を見てみると、そこには水田が広がってい
るのがわかる。
現在でも地方の農村へ行けば、水田が広がり給水排水の水路が縦横に流
れているのを目にすることができるが、そのような風景がこの高津の地にも
展開されていたのではないだろうか。
そしてそれらの水路を総称して、根方十三ヶ村堀と呼ばれていたと推察できる。

現在は住宅が建ち並び、メインの水路を特定することは難しいが、前掲資
料をもとに円筒分水から暗渠を辿り、根方十三ヶ村堀(以降、根方堀と略
して称する)として紹介することにした。

まず久地円筒分水からスタートする。
円筒分水からは川崎堀をはじめとして、久地・溝ノ口村堀や川辺六ヶ村堀
が分かれているが、根方堀はいちばん南側(写真奥)から流れ出る。
2017-05-04_3.jpg

円筒分水から流れ出た根方十三ヶ村堀は、川崎堀の南側の道路を暗渠と
して溝ノ口方面へと進んでいく。
2017-05-04_4.jpg

百メートルほど行くと、道の右側に日蓮宗の秋興山浄元寺が建つ。
創建年代は不明、津田山(七面山)の麓にある寺院である。
2017-05-04_6.jpg

暗渠は道路の歩道として続いており、その境にはかつての護岸の名残のよ
うな構造物を見ることができる。
2017-05-04_10.jpg

さらに歩いていくと、道の真ん中に電柱が立つ光景に出会う。
2017-05-04_13.jpg

府中街道へと出ると、大山街道との交差点脇に、さかえ橋の親柱が保存
されている。
溝口村上宿と下作延村片町の境にあったので「境橋」、転じて「栄橋」と命
名されたものらしい。
2017-05-04_15.jpg
この付近は、また根方堀と旧平瀬川との交差地点であった。
現在、平瀬川は津田山をトンネルで潜り、円筒分水脇を流れて多摩川へ
と達しているが、以前は溝ノ口方面へと流れていた。
根方堀が掛樋で平瀬川を渡っていたのであろうか。

暗渠を追いながら溝ノ口駅付近へと向かうと、水路は溝の口駅西口商店
街の中へと入っていく。
2017-05-04_20.jpg

昭和の時代の香りが残る商店街であるが、飲み屋街となっており、今な
お活気がある商店街だ。
根方堀はそんな商店街と南武線の線路の間を流れていく。
暗渠ファンには有名な場所である。
2017-05-04_22.jpg

その後、駅構内へと入ってしまうため、水路の行方を見失うが、根方堀は
ポレポレタウンと称する商店街の中を進んでいく。
2017-05-04_26.jpg

買い物客で賑わう商店街であり、水路であることが全く感じられないが、
そんな商店街の入口近くに、「南田の堰」と書かれた
二ヶ領用水の説明板がひっそりと立っている。
ここの堰から南の久本方面へ向かう分水があり、説明板によれば明治末
期に溝口と久本との間に大きな水騒動があったようだ。
2017-05-04_28.jpg

商店街を抜け、大型スーパーの北側を進んでいくと、道の右側に突如とし
て青い水門が現れる。
駅から暗渠らしき形跡がないこともあり、唐突な出現である。
2017-05-04_33.jpg

水門の数十メートル先にY字路があるが、そのY字路を右へと流れていく
支堀に設けられた水門のようだ。
その支堀は坂戸や新城へと続く流れのようで、前掲の支流水路復元図を
見ると、現在のビジネスパーク辺りでは縦横に水路が展開していたようだ。
2017-05-04_34.jpg

上のY字路の先から、暗渠の証であるコンクリート舗装の歩道が再び出現する。
2017-05-04_37.jpg

しばらくは暗渠上の歩道をたんたんと進んでいく。
特に周辺に史跡もなく歩いていくだけなので、ちょっと飽きてしまうかもしれない。
2017-05-04_39.jpg

水門から800メートルほど歩くと三叉路があり、そこを左へと曲がる。
2017-05-04_42.jpg

暗渠蓋が続く道が50メートルほど続き、その先は住宅と住宅の間に入り
込んでいく。
2017-05-04_44.jpg

その北側にある真言宗の安養院(御嶽山真性寺)は慶長15年(1610)の
創建、由緒碑には「享保2年徳川七代将軍が有章院殿大居士に対して坂
戸村が芝増上寺の御霊屋料となるに伴い安養院と改称しました。」とある。
2017-05-04_47.jpg

住宅地の中に入っていった水路は、坂戸御嶽神社の脇へ出てくる。
2017-05-04_53.jpg

その坂戸御嶽神社の由緒は不明、大田区北嶺町の御嶽神社より分祠さ
れたとの言い伝えがあるそうだ。
2017-05-04_51.jpg

暗渠となった根方掘は神社脇を進んでいく。
2017-05-04_56.jpg

そこを辿っていくと、前方に第三京浜の高架橋が現れる。
2017-05-04_57.jpg

《参考資料》
『二ヶ領用水支流水路復元図』 ※川崎市立中原図書館所蔵



次へ 目次
  

二ヶ領用水 五ヶ村堀

二ヶ領用水 五ヶ村堀は川崎市多摩区登戸で二ヶ領本川から分水し、
高津区宇奈根で多摩川へ合流する。
五ヶ村とは登戸、宿河原、長尾、堰、久地の各村のことであり、その付近
の田畑を灌漑していた。

その始まりは、向ヶ丘遊園駅の西、府中街道沿いにある榎戸の堰、そこ
には現在「川崎歴史ガイド」の説明板が立てられている。
その説明によると、ここからは五ヶ村堀のほか、中田堀、逆さ堀の三つの
取入れ口があるという。
2016-09-10_1.jpg

ただ用水本流を見てみても、現在、そこには取水口は見当たらない。
現在の取水口は小田急線を渡った先の南橋上流に移設されているようだ。
写真右側、黄色い浮輪の箇所に小さな取水口を見ることができる。
2016-09-10_9.jpg

その先、五ヶ村堀はしばらく二ヶ領用水本流と並行して流れる。
水路沿いには歩けないので、ここは近くの道を迂回。
2016-09-10_13.jpg

稲生橋から二ヶ領本川左岸に公園が造られている。
その名も五ヶ村緑地、園内には水が流れているがこちらは人工の水路、
五ヶ村堀そのものは公園の下を暗渠として流れている。
2016-09-10_17.jpg

五ヶ村緑地の東端にある古い水門、この先で五ヶ村堀は左へと折れて本
流と分かれる。
2016-09-10_18.jpg

その先に再び水門、水路ははしご状開渠となっており、そこをゆっくりと水が流れる。
この辺りでは水路沿いを歩けるのが嬉しい。
2016-09-10_21.jpg


龍安寺(二ヶ領用水1参照)の北の住宅街を流れていく五ヶ村堀。
この辺りでは水路の中を鯉が優雅に泳いでいる。
2016-09-10_27.jpg

上の写真の一時停止標識の場所で道路はクランク状に交差しており、水
路は道の左側から右側へと移る。
2016-09-10_30.jpg

その先、五ヶ村堀は宿河原の南の住宅街の中へと入ってしまうが、今ま
で直線的な流れであったので、蛇行する水路が美しく見える。
2016-09-10_32.jpg

宿河原を南北に通る道路を渡ると、寺の墓地とゴルフ練習場の間を流れていく。
そのため、ここは大きく迂回を要する。
2016-09-10_33.jpg

その墓地がある寺は真言宗の雁楚山常照寺、詳細は不明だが、十五世
紀後半の創建のようだ。
寺が所蔵する「紙本墨画着色 松寿弁才天図」は安政5年(1858)に杜水
によって描かれたもので、川崎市の指定文化財となっている。
2016-09-10_45.jpg

大きく迂回させられたが、常照寺の南側から再び五ヶ村堀を追うことができる。
2016-09-10_46.jpg

100メートルもしないうちに、今度は宿河原八幡宮神社が同じく左岸に現れる。
もともとは多摩川北岸にあったが、安政の頃に洪水により流出、常照寺
の境内に移設・再建されて、以降、宿河原村の鎮守社となった。
2016-09-10_43.jpg

宿河原八幡宮神社から先、五ヶ村堀は一部の区間を除いて、暗渠として
続くことになる。
暗渠は稲田小学校の北側を円弧を描くように通っていく。
2016-09-10_47.jpg

その先、暗渠は道路から外れ、マンションの間を抜けていく。
暗渠の上は歩行者用通路として利用されている。
2016-09-10_49.jpg

その通路を抜けていくと、二ヶ領用水宿河原堀の脇へと出てくる。
2016-09-10_50.jpg

しばらくは宿河原堀の南側を流れ、川崎市緑化センター西園の中へと入っていく。
写真は堀の暗渠の上にもうけられたはぎのトンネル
2016-09-10_56.jpg

西園を抜けると、宿河原堀との立体交差。
宿河原堀沿いは散策路としても知られているので、この用水の立体交差
はご存知の方も多いだろう。
私もこの場所は宿河原堀沿いを何度か歩いて目にしているが、改めて五
ヶ村堀からこの交差を見てみると、何か新鮮な気がする。
2016-09-10_59.jpg
交差を越えると緑化センター本園、五ヶ村堀が流れる場所は残念ながら
立入禁止区域となっており、追うことができない。

緑化センターの北東脇から細い道が東へと延び、再び暗渠蓋が道路の中
央に続いている。
2016-09-10_63.jpg

その先で支堀が左へと分かれていた。
支堀は残念だがアスファルト舗装されてしまっていた。
ここは少しばかり迂回して右の本流へと向かうことにする。
2016-09-10_65.jpg

右手にはきらびやかな新明国上教会(大正元年(1912)開基)の塔が見えてくる。
2016-09-10_66.jpg

やがて東名高速道路の高架橋下へと達する。
高架橋下では開渠となっており、宿河原堀との交差以来の水の流れを見
ることができる。
2016-09-10_69.jpg

その先、一般道の跨線橋の下には、その橋に突っ込むような形でグレー
チングの水路が設けられており、なかなか興味深い光景である。
2016-09-10_78.jpg

短い区間だが、再び水路は開渠となり、左に曲がりながら南武線と交差、
線路の北側に出る。
2016-09-10_81.jpg

南武線を越えた後は私有地に入ってしまうが、迂回し暗渠の五ヶ村堀に再会。
2016-09-10_87.jpg

久地駅の北の住宅街を進む。
2016-09-10_92.jpg

龍厳寺二ヶ領用水2参照)の北を通って暫く東進する。
2016-09-10_96.jpg

その後は、梨畑の先を左に曲がり、北へと向きを変える。
空き地の中をカクカクと進む暗渠。
2016-09-10_99.jpg

今度はアパートの間に入り込んでしまう。
さすがにアパートの間を追っていくことはできないので、ここも迂回を強いられる。
2016-09-10_100.jpg

右から左へと道路を横切る五ヶ村堀。
2016-09-10_101.jpg

2016-09-10_104.jpg

流末は高津区宇奈根の住宅街を多摩川へ向けて進んでいく。
2016-09-10_106.jpg

ずっと追ってきた五ヶ村堀は宇奈根地先で多摩川へと放流されている。
写真に映る水門は宇奈根排水樋菅
2016-09-10_107.jpg
すぐそばの多摩川土手沿いには「海から20k」の標識があった。



目次
   

二ヶ領用水 町田堀

鹿島田北部で川崎堀から分かれ矢向・尻手地区を流れていた二ヶ領用水
町田堀
を追ってみた。
鹿島田にある説明板によれば、塚越、小田、渡田、江ヶ崎、矢向、市場、菅
沢、潮田といった鶴見川一帯の各村を灌漑する農業用水として開削された
といい、町田堀から多くの水路が分かれていたようだ。
町田掘は農業用水路としての使命を終えたが、その多くは現在も道路とし
て残っている。

平間・鹿島田間の南武線の線路沿いで、川崎堀は町田堀と大師堀に分かれる。
写真右の水が流れていない方が、町田堀である。
町田堀はこの後、線路沿いに進む。
2016-07-02_3.jpg

府中街道の踏切脇には、橋の欄干が残っている。
因みにこの脇の踏切は川崎堀踏切という名が付けられているが、川崎堀
は既に町田堀と大師堀に分かれており、なぜこの踏切名となっているのか
疑問である。
また冒頭に記した町田堀の説明板は府中街道を渡ったところにあり、かな
り読み応えのある説明がなされている。
2016-07-02_8.jpg

町田堀跡は散策道として鹿島田駅方向へと整備、続いている。
2016-07-02_14.jpg

しばらくは大師堀と並行して流れていたようで、二つの堀の間隔が僅か数
メートルでしかないような場所もある。
写真手前の歩道が町田堀、左手にあるコンクリート舗装の部分が大師堀である。
2016-07-02_18.jpg

鹿島田駅を過ぎると商業施設やマンション街となり、町田堀の流路は姿を
消してしまう。
線路脇の道路沿いには人工のせせらぎが設けられているが、町田堀をイ
メージして造られたものであろうか。
2016-07-02_21.jpg

その先にも欄干が移設・保存されていた。
橋名など詳しいことはわからない。
2016-07-02_23.jpg

その先で南武線を渡る。
その場所にはコンクリートの構造物があったが、町田堀と関係があるのだろうか。
2016-07-02_33.jpg

南武線と交差後、水路跡は植え込みがある歩道として残っている。
2016-07-02_34.jpg

500メートルほど行くと、三叉路に差し掛かる。
ここで町田堀は南河原用水を分けていた。
南河原用水(左側)は矢向駅の南を抜け、南河原村方面(現在の幸区都町
付近)の田畑を潤していたようだ。
写真右の丸い石柱は「町田堀・南河原用水分水点跡」の碑。
2016-07-02_40.jpg

この先も暫くは植栽のある遊歩道が続き、南武線と横須賀線に挟まれた
住宅街も中を進んでいく。
写真奥に見える高架は横須賀線の線路。
2016-07-02_43.jpg

川崎市幸区から横浜市鶴見区へと入り、矢向の西側を南下していく。
2016-07-02_46.jpg

横須賀線(品鶴線)と南武線を結ぶ尻手短絡線という貨物線の踏切を渡る。
この踏切の名は二ヶ領踏切と称する。
2016-07-02_49.jpg

更にはその先、「二ヶ領用水路地跡」と記された石碑がある。
昭和47年(1972)、二ヶ領用水の跡地を国から払い下げを受けて緑地帯
を整備した際、矢向地区の住民が石橋を再利用して建立したもの。
石碑の脇には、鶴見区役所による二ヶ領用水の説明板もある。
2016-07-02_58.jpg

石碑から100メートル、道路は右へクランク状に曲がっている。
この付近には良忠寺、最願寺、更には日枝神社といった寺社が集中して
建てられているので、それらを訪ねてみよう。

まずは町田堀右手にある浄土宗寺院の記主山良忠寺
仁治元年(1240)、浄土宗第3代、然阿良忠上人が霊夢により鶴見川の岸
より薬師如来像を見つけ、この地の安置したことを草創とする古寺である。
2016-07-02_62.jpg

境内には矢止め地蔵尊が安置されている。
これは新田義貞の鎌倉攻めの際、多摩川付近で合戦があり、義貞の放っ
た矢が当地まで飛び、松の木に刺さった。
その矢には南無八幡大菩薩の文字が書かれており。それを見た村人が地
蔵菩薩を建立し、戦死者を供養したという。
また、当地の地名である「矢向」は矢が向かったことに因んでいる。
2016-07-02_64.jpg

良忠寺の先、左手には浄土真宗の延慶山最願寺がある。
延慶元年(1308)の創建、開基は、宇多源氏源三秀義の末流宗重という。
2016-07-02_70.jpg
本堂前には緑泥片岩の板碑があり、延慶2年(1309)の銘があることから、
当寺開山の墓碑とも伝えられている。

さらには最願寺の北方には矢向日枝神社が鎮座する。
寛永15年(1638)、滋賀県大津の日吉神社の分霊を勧請して創立した
と伝えられ、山王大権現と称し、矢向村、市場村、江ヶ崎、塚越村、古川村、
上平間村の七ヵ村の鎮守であった。
その後、天保末期に各村が分離し、矢向一村の鎮守となったという。
明治6年(1873)の村社に列格し、日枝神社と改称した。
2016-07-02_78.jpg

さて、町田堀に戻り、更に南へと歩いていく。
堀跡は相変わらず、歩道となって続いている。
2016-07-02_82.jpg

尻手駅の西側を通り、その先で尻手から浜川崎へ向かう南武支線と交差する。
十メートルほどの間隔で2つのガードがあるが、どうやら水路は写真奥の
ガードを通っていたようだ。
2016-07-02_87.jpg
その証として、ガードには「新市場用水開きょ架道橋」という名が付けられ
ている。
新市場用水という水路名は手持ちの資料にはないが、この辺りの町田掘
の別称であろうか。
また、開きょ架道橋とは、このガードが造られた時は水路が開渠として流
れていたことを連想させる。

ガードから300メートルほど進むと町田堀は右に折れる。
ここで真っすぐ流れていく小土呂堀を分け、その小土呂堀は川崎駅東口方
面へと流れていたようだ。
2016-07-02_97.jpg

その小土呂堀を少しだけ紹介しておこう。
小土呂堀は南武線の南側に沿って進み、その先で東海道線と交差する。
2016-07-02_114.jpg
京急線と市電通りが交差する日進町交差点までは、おそらく水路跡と思わ
れる道が続くが、その先は川崎駅付近の区画整理により水路は全く分から
なくなる。

ただ川崎駅の東口、新川通りには小土呂橋が交差点名で残り、その脇には
かつての橋の親柱が保存されている。
説明板では、新川通り沿いに渡田大島を経て海へ注いでいた新川堀が流
れ、この小土呂橋は新川堀に架けられた橋だという。
2016-07-02_124.jpg
資料で見る限り、新川堀はこの地点より西側、川崎駅付近で五ヶ村用水か
ら分かれていたようであるが、小土呂堀は新川堀と交差もしくは流れ込ん
でいたのかもしれない。
町田堀を歩かずとも、駅からもそう遠くはないので、川崎に立ち寄った際に
は一見することをお勧めしたい史跡である。

さて、再び町田堀へ戻ろう。
先ほどの小土呂堀との分岐点を右へ曲がると、一方通行の道路が南へと
進んでいる。
ここが町田堀跡の道であるが、この道は川崎市と横浜市の市境でもある。
町田堀を市境として設定した名残であろう。
2016-07-02_101.jpg

こちらも小土呂堀と同様に東海道線を越える。
その先、旧東海道と交わる市場上町交差点脇に「東海道 市場の夫婦
(女夫)橋
」という説明板があった。
その説明では、ここには夫婦橋という二つの橋が架かり、潮田堀市場堀
が流れていたと書かれている。
2016-07-02_106.jpg
ただ、下記に挙げた2つの資料の地図には二本の流れがあるとは書かれ
ていない。
しかも、「二ヶ領用水環境マップ」では市場堀は、尻手付近で町田堀から分
かれもっと南の方を流れていたとように描かれている。
現地の説明板と資料のどちらが正しいのか疑問が残る。

市場上町交差点から100メートルほど進むと、京浜急行線の踏切に達する。
その手前に三角地帯があり、「二ヶ領用水環境マップ」が正しいとすると、
ここで町田堀は、菅沢潮田用水(潮田堀?)と、池田堀・小田堀に分かれて
いたようだ。
もし先ほどの夫婦橋の説明が正しいとするあらば、堀の名前はともかく、水
路はもっと上流で分岐していたのだろうか。
2016-07-02_109.jpg

最後がうやむやで終わってしまい申し訳ないが、ここを一応の町田堀の流
末と位置づけたることとしよう。。

《参考資料》
『二ケ領用水環境マップ』 二ケ領用水ワークショップ編
『二ヶ領用水支流水路復元図』 和田茂/作成・調査



目次
   
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本