旧呑川

現在、呑川は蒲田よりほぼ真っすぐに東へと向かい、海老取運河へと注いでいる。
しかしながら、かつての呑川は、蛇行しながらもっと北へと流れていた。
今回、紹介する旧呑川がその流路であり、その区間の殆どが緑地として整
備されている。

新呑川が開削されたのは昭和10年(1935)、呑川下流域の洪水被害対策
として造られた。
しばらくは新旧両呑川が並存する形となっていたが、住宅や工場が増加し
て水質汚濁が問題化し、旧呑川は昭和30年代に埋め立てられた。
かつては東京湾沿岸には有名な「大森海苔」の栽培場が広がっており、呑
川は海苔の生育に必要な栄養分を運び、また海苔船の交通路としての役
割も果たしていたが、東京オリンピックを契機に埋め立てられ、海苔場が終
焉したことも旧河川の埋立に拍車をかけたのだという。

第一京浜が架かる夫婦橋(京急蒲田駅脇)から400メートルほど、呑川を下る。
東蒲中学校脇の清水橋の先あたりから旧呑川は北東方向へと向かっていた。
2016-09-03_6.jpg

中学校の敷地を迂回して東側へと廻ると、旧呑川緑地が始まる。
旧呑川の跡地にはこの緑地が延々と続き、住民の憩いの場として、また
自転車や歩行者の通行路として活用されている。
2016-09-03_9.jpg

道路と道路の間に設置された緑道として続く。
2016-09-03_12.jpg

現在の新呑川とは違い、旧呑川は蛇行しながら流れており、その形状は
緑地の所々に大きなカーブとして残っている。
2016-09-03_14.jpg

その緑道から左へ数十メートルほど行ったところに、堀ノ内三輪神社が鎮座する。
享徳年間(1452~56)住民が土地開拓の神として、大国主命を祀り第六
天社として創建、大正4年(1915)には、天祖神社・貴船神社を合祀した。
2016-09-03_17.jpg
堀ノ内という旧地名は、東大森村の中の字名で、北條時頼の時代(1247~59)
における陣屋の旧跡とされ、江戸時代には幕府の直轄地であったという。

旧呑川は川下橋で産業道路と交差する。
現在、自転車・歩行者道が橋の下を通っており、ここを利用する自転車は多い。
2016-09-03_23.jpg

その川下橋の北側には、三輪厳島神社が鎮座する。
その由来には、源義経に因んで以下のような話が伝わる。
2016-09-03_26.jpg
冶承4年(1180)、義経が多摩川を渡河した際、強風により大森沖に流され、
漂流した。
岸の神社の森に向かって祈願したところ、風はやみ、無事に岸に辿りついた。
義経は感謝し、社殿を修理したという。
おそらく各地に残る義経伝説の一つであろうし、真偽のほどは不明である。

更には旧呑川南側に鎮座する浦守稲荷神社も紹介してみよう。
創建年代は不明、低地のため水害に度々襲われ、稲荷神社を勧請したという。
神社の脇を旧羽田道が通る。
2016-09-03_31.jpg

旧呑川緑地に戻って、更に下流を目指そう。
再び、園内の遊歩道が橋梁の下を潜る。
2016-09-03_35.jpg

児童遊具なども所々に設置されている。
2016-09-03_38.jpg

さらには緑地内には人工のせせらぎもあった。
2016-09-03_42.jpg

運河まであと百余メートルほどの地点で、緑地は終了する。
2016-09-03_43.jpg

その先はボートなどが停泊する入江となっている。
ここまで来ると潮の香りが感じられる。
2016-09-03_52.jpg

左手へ迂回して残りを歩いていく。
道路脇には所々にかつての護岸が残っており、興味深い。
2016-09-03_48.jpg

そして旧呑川は東京湾平和島運河)に注いでいた。
そこには現在、呑川水門が設置されている。
2016-09-03_46.jpg


なお、このまま運河の橋を渡ってモノレールの昭和島方面へと帰途につく
のもいいが、北へ歩いて20分ほど、大森ふるさとの浜辺公園を経由して、
平和の森公園内の記事冒頭に記した「大森海苔」を展示した大森海苔の
ふるさと館
へ立ち寄るのもお勧めである。



目次
   
スポンサーサイト

池上用水(洗足流れ)

洗足池を水源とし、呑川に至る池上用水洗足流れ)を紹介しよう。
1.7kmほどの水路であるが、水路脇には遊歩道が続き、気持ちよく歩くことができる。
池上用水はかつては農業用水として、洗足流れ、洗足用水とも呼ばれた。
どちらかといえば洗足流れという呼称のほうが一般的なのかもしれない。

その流れの水源となる洗足池は湧水を堰き止めて造られた人工池で、昔は「千
束郷の大池」とも呼ばれた。
弘安5年(1282)、日蓮上人が身延山から常陸国に療養のために湯治に向かう
途中、池の畔で足を洗ったという言い伝えから、洗足池と名付けられたという。
(日蓮はその後、池上宗仲の館(現:池上本門寺付近)で没する)
2015-08-15_60.jpg

池の東側、妙福寺境内には日蓮が足を洗う際に袈裟をかけたと言われる袈裟
掛けの松
がある。
(現在の松は三代目と伝えられる)
2015-08-15_68.jpg

洗足池は歌川広重の名所江戸百景の一つにも取り上げられ、そこには袈裟
掛けの松も描かれている。
千束の池袈裟懸松
名所江戸百景千束の池袈裟懸松』 (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

松がある日蓮宗の寺院、星頂山妙福寺の地は、袈裟掛けの松を護る御松庵と
呼ばれる庵であった。
日蓮が池の畔で休息した際に、身延山から守護してきた七面天女が水中から
出現、これを祀ったのが始まりとされる。
妙福寺は寛永の頃、日慈上人が日本橋馬喰町に創建、その後浅草へ移転し、
関東大震災による焼失により、昭和2年(1927)に当地に再建された。
2015-08-15_73.jpg

更に洗足池周辺の史跡を巡ってみよう。
(池の北側にある洗足池弁財天や、西側の千束八幡神社については、清水窪
湧水路
の項を参照)

妙福寺の北、洗足池公園内には、江戸開城などで尽力した勝海舟夫妻の墓所
がある。
勝海舟(1823~99)は幕末、池上本門寺で開かれた西郷隆盛との会見に赴
いた際に通り掛かった洗足池の趣に感嘆し、明治24年(1891)、湖畔に別邸
を建築、「洗足軒」と名付けたという。
洗足軒は戦後焼失、その地は現在の大森第六中学校となっている。
海舟は「富士を見ながら土に入りたい」という思いから、洗足軒近くに墓所を造
ったという。
2015-08-15_76.jpg

勝海舟墓所に隣接して、西郷南洲隆盛留魂祠が建てられている。
これは西南戦争に散った西郷隆盛を追慕して勝海舟が漢詩を建碑、さらには
明治16年(1883)に魂魄を招祠して留魂祠を建立した。
もとは葛飾区の木下川薬妙寺にあったが、大正12年(1913)、当地へ移された。
2015-08-15_79.jpg

さて、そろそろ池上用水を辿っていくことにしよう。
池上用水は暗渠で中原街道と東急池上線を渡り、洗足池南側で開渠として現
われる。
そこには清らかな水が流れ、その脇に歩行者道が整備されている。
2015-08-15_88.jpg

水路沿いには桜の並木が続き、せせらぎが聞こえてくる。
また所々に水路脇に下りる階段もあり、親水性が高められている。
この近くにお住まいの方々は駅への往来をこんな環境の中を歩いている
と思うと、川好きの自分にとっては羨ましい限りである。
2015-08-15_91.jpg

この先、小池橋付近でかつて洗足小池からの流れが合流していたという。
その洗足小池は、池上用水から東北東へ500mほど行ったところにある湧水池、
先に紹介した洗足池を大池と称するのに対し、こちらは小池というわけだ。
洗足小池へ向かうには、緩やかな坂を上り続けなければならないが、そこには
洗足池とはまた違った趣きの風景が広がる。
2015-08-15_101.jpg
小池は以前、釣堀として営業されていたが、平成16年(2004)に廃業、その後、
大田区が整備、平成21年(2009)年に小池公園としてオープンさせた。

池の南側には水門があり、そこから水が落とされている。
2015-08-15_104.jpg

そこから池上用水方向に向かって水路跡が残る。
途中、水路跡は住宅街の中の道路となるが、小池小学校で途切れてしまう。
現在、小池からの水は池上用水へは流れ込んでいないので、どこかで下水へ
落ちているのであろう。
2015-08-15_109.jpg

池上用水へと戻り、再び水路を下っていく。
洗足池駅から600mほど一般道に沿って続いていた道は、その先、単独の遊
歩道となり、住宅街の中を進んでいく。
2015-08-15_118.jpg

水路には地域住民の方々によりカワニナが放されており、蛍が養殖されている。
初夏には蛍が飛び交う風景が見られるのだろうか。
2015-08-15_121.jpg

さらに500mほど進むとその先は暗渠となる。
今までの開渠が素晴らしい環境であったためか、暗渠化されてしまったことが
惜しい気がする。
2015-08-15_126.jpg

その暗渠の遊歩道を抜けた東雪谷五丁目交差点脇には日蓮宗の雪谷山長慶寺
がある。
創建は不明、元は碑文谷村にあり法華寺の末寺であったが、その後、池上本
門寺の末寺に変わったという。
2015-08-15_129.jpg

長安寺の横を進み、遊歩道が終わるところある二基の庚申塔、左側は正徳2年
(1712)年、右側は享保7年(1722)の建立だそうだ。
2015-08-15_135.jpg

新幹線のガードを潜り、一般道を進んでいく。
2015-08-15_137.jpg

本村橋で池上用水は呑川へと合流する。
吐口からは勢いよく水が放流されている。
2015-08-15_140.jpg

《参考文献》
『大田の史跡めぐり』 大田区教育委員会 郷土博物館編


  
目次
  

清水窪湧水路

大岡山の北にある清水窪の湧水に端を発し、洗足池に注ぐ水路を紹介しよう。
洗足池からは池上用水(洗足流れ)が呑川まで通っているため、この水路は呑川
の支流の支流といった位置づけになるのかもしれない。
この水路の正式な名前はないと思うが、洗足池公園の案内図に清水窪湧水路
の記載があったため、ここではその名称を使用することとする。

東急目黒線・大井町線の大岡山駅より北へ500mほど商店街を進み、右へ折れ
ると住宅街の中の坂道を下っていく。
その先の小さな森にあるのが清水窪である。
ここからはコンコンと水が湧き出し、洗足池の源流の一つとして流れを形成し、
かつては用水として田畑を潤していたという。
(水量は多いが、これはポンプで汲み上げて循環させているためのようだ)
なお、この清水窪湧水は東京の名湧水57選に指定されている。
2015-08-15_7.jpg

湧水の脇には清水窪弁財天が祀られている。
この弁財天は、今から二百数十年前、岸田庄左衛門がこの地の発展を祈願し、
岸田家の守護神として創建されたものだという。
2015-08-15_2.jpg

湧水から出た水は、境内の小さな池へと流れ込む。
2015-08-15_18.jpg

その先は暗渠となり、南の弁天池を目指し道路の下を水路が進んでいく。
ここが水路であることを示すものは、歩道が延々と続くことだけかもしれない。
2015-08-15_21.jpg

道路の左側は清水窪小学校、水路は崖地の底を進んでいく。
2015-08-15_24.jpg

やがて、大岡山駅の東側で東急線と交差する。
線路を越えるためには大岡山駅前まで迂回する必要があるが、駅前から川筋
を見ると、水路部が凹んでいるのが良くわかる。
2015-08-15_27.jpg

東急線を越えた後も歩道がある道路が緩やかに蛇行しながら南進する。
2015-08-15_29.jpg

歩道があるということ以外、ここが暗渠であるという証拠は何もない。
2015-08-15_31.jpg

東急線から500mほどで、洗足池公園へと到着する。
洗足池公園に入ると水路は開渠となり、そこには清水窪からの湧水が流れている。
2015-08-15_37.jpg

顔を出した湧水路は、洗足池まで150mほど遊歩道沿いを進んでいく。
水路には外来生物放流禁止を呼びかける注意書きが立てられている。
2015-08-15_39.jpg

その先で、湧水路が洗足池へと流れ込む。
洗足池については池上用水洗足流れの項において説明することにする。(予定)
2015-08-15_42.jpg

最後に湧水路が流れ込む周辺の、洗足池北部および西部にある2つの神社を
紹介しておこう。

湧水路の左岸、洗足池の池端に見える赤い社殿の神社は、洗足池弁財天(厳
島神社)、
創建年代は不詳、かつては池の北端の小島に祀られていたが、長い年月の間、
池の中に没していた。
昭和9年(1934)、洗足風致教会の手により遷宮・建立されたという。
2015-08-15_45.jpg

湧水路から右へ池沿いを100mほど進むと、千束八幡神社がある。
創建は貞観2年(860)と古く、宇佐八幡を勧請、以来、千束郷の総鎮守として
鎮座している。
平将門の乱を鎮圧するために鎮守府副将軍として下向した鎮守府副将軍の藤
原忠方は、乱の後、この地に館を構え、八幡宮をを氏神としたという。
2015-08-15_55.jpg
また、千束八幡神社には池月発祥伝説という話が残り、名馬「池月」の銅像も境
内に建立されている。
治承4年(1180)、源頼朝は石橋山の合戦に敗れた後、安房へと逃れたが、再
起して鎌倉へ向かう途中、洗足池に宿営、諸国からの参陣を待った。
ある月夜、野馬が飛来し、その逞しい馬体は、青い毛並みで白の斑点を浮かべ、
池に映る月影のようであったので「池月」と命名され、頼朝に献上された。
寿永3年(1184)、宇治川の戦いにおいて、頼朝から池月を授かった佐々木高
綱は、梶原景季と先陣を争い、巧名を得た。

そのような伝説を記す説明板を読みつつ、洗足池を眺めるのもまた楽しい。


  
目次
  

九品仏川

九品仏川は、九品仏浄真寺の北、ねこじゃらし公園付近から自由が丘を経由し、
緑が丘に至る2.2kmほどの呑川の支流である。

1kmほどの西の等々力付近を流れる谷沢川の河川争奪の話は、地形や河川
に興味を持つ方々にとっては有名な話である。
現在、谷沢川は等々力渓谷を流れて多摩川に達しているが、かつての谷沢川
はこの九品仏川につながっていたという。
それがいつの頃からか、現在のように南へ向きを変え、多摩川へと流れ出すよ
うになった。
その流路変更については、自然説と人為説の2つの説があるが、いずれも決定
的な証拠はないようだ。

ねこじゃらし公園の付近には。かつて水田や湿地があり、大正期以前の地形図
を見ると、現在の大井町線の等々力駅付近へと田園地帯が広がっていたようだ。
昭和初期には周囲の宅地化が始まり、水田湿地に埋め立てのために公園付近
に池が掘られたという。
しかし、昭和30年代、渋谷の東急文化会館(現ヒカリエ)の建設残土のために
その池も埋め立てられてしまった。
現在も北の目黒通り付近や、南の尾山台付近から、ここに通じる暗渠を確認す
ることができる。

ねこじゃらし公園は周辺住民の憩いの場となっており、人工水路も設けられ、
子供たちの水遊び場として親しまれている。
2015-05-17_31.jpg

公園の南側には12万㎡という広大な敷地を持つ九品山唯在念仏院浄真寺がある。
一般的には九品仏の名で親しまれている浄土宗の寺院である。
延宝6年(1678)、珂碩上人の開山で、四代将軍家綱よりこの地を賜った。
2015-05-17_10.jpg

こちらは江戸名所図会『奥沢村 浄真寺 九品仏』に描かれたもの、現在と配置
はほとんど変わらないという。
九品仏
(国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

本堂の向かい側には、上品堂(中央)、中品堂(右)、下品堂(左)という3棟
の堂宇があり、それぞれ「上品上生、上品中生、上品下生」「中品上生、中品中生、
中品下生」「下品上生、下品中生、下品下生」という三体(計九体)の阿弥陀如来
像が安置されている。
2015-05-17_18.jpg
これは、極楽往生の9つの階層を表し、念死念仏の心境に至る道程を示したも
のだそうである。
下の写真は上品堂の上品上生、上品中生の阿弥陀像。
2015-05-17_17.jpg

またこの地は浄真寺以前は奥沢城という城があった。
吉良氏の世田谷城(烏山川の項参照)の出城として築かれ、家臣の大平氏の
居城であった。
吉良氏は北条氏の配下であったため、秀吉の小田原攻略の後、この奥沢城も
廃城となったという。
寺の周囲には、奥沢城の土塁が今も残る。
2015-05-17_21.jpg
なお、奥沢城には鷺草伝説という話が残るので紹介しておこう。
奥沢城主・大平出羽守の娘、常盤姫は世田谷城主・吉良頼康の側室として寵愛
を受けていた。
嫉妬した他の側妾たちの計略で、常盤姫は無実の罪を擦り付けられた。
常盤姫は死を決意し、白鷺の足に遺書を結びつけ、奥沢城へと放った。
白鷺はは奥沢城の近くで狩をしていた頼康に射落とされるが、遺書を見た頼康
は常盤姫の無実を知る。
その時、白鷺の血のあとから一本の草が生え、白い花をつけた。
これが鷺草と呼ばれる由縁とのことである。

九品仏の説明が長くなった。
それでは、九品仏川を下っていくことにしよう。

公園を出ると九品仏川緑道が東へと続く。
九品仏川の川筋の殆どは緑道となっており、九品仏~自由が丘~緑が丘を結
んでいる。
そのため、自由が丘に行き来する人が多く往来しているのも特徴である。
2015-05-17_36.jpg

数年前までは緑道は土の路面であったが、改修工事が行われ、歩きやすい舗
装が施された。
2015-05-17_37.jpg

自由が丘の手前で、九品仏川は東急大井町線と交わる。
2015-05-17_39.jpg

その先、自由が丘南側の商業地を進んでいく。
緑道にはベンチが設けられ、木陰で読書や休息している人も多い。
暗渠が商業地の中心を通る例として、渋谷川のキャットストリートが有名だが、
こちらも川沿いにお洒落な店が建ち並び、賑わいを見せている。
2015-05-17_42.jpg
「自由が丘」という地名から丘を想像するが、実態は九品仏川が造る谷である。
これは、駅の北の丘の上に造られた自由ヶ丘学園に由来するものだからだ。

商店街の東端、自由通り(都道426号線)を南へと坂を上っていくと、通り沿い
奥沢神社が鎮座する。
奥沢神社は、大平氏が奥沢城を築くにあたり守護神として勧請したと伝えられる。
2015-05-17_50.jpg
江戸中期から「大蛇お練り行事」という祭事が伝わり、世田谷区の無形民俗文
化財に指定されている。
これは疫病が流行った際、村の名主の夢枕に八幡大神が現われ、「藁で作っ
た大蛇を村人が担ぎ村内を巡行させると良い」とのお告げがあり、早速実行し
たところ、疫病が治ったという言い伝えによるものである。

再び九品仏川緑道に戻り、東進していく。
自由が丘付近から先、九品仏川は目黒区と世田谷区の境界となっている。
2015-05-17_54.jpg

踏切を渡り、大井町線の北側に出る。
緑道には桜並木が続いており、日差しが強くても木陰を歩くことができるので
助かる。
2015-05-17_57.jpg

緑ヶ丘駅の手前で、三たび大井町線とクロスする。
2015-05-17_61.jpg

そこから150mほど行くと、今度は東急目黒線と交差する。(近くの踏切へ迂回
が必要)
その先で九品仏川は左へとカーブし、100mほどで呑川につながっている。
そこはちょうど、呑川が暗渠から開渠へと変わる場所、但し合流地点は僅かに
暗渠の部分であるため、その合流を直接、目にすることはできない。
2015-05-17_67.jpg


  
目次
  

呑川 3

呑川は池上地区に入り、池上本門寺の南側を東進する。

こちらは霊山橋から見た本門寺総門。
霊山橋という橋名は、本門寺一帯が「お山」と呼ばれていたことに由来する。
2015-04-18_40.jpg

ここで呑川を離れて、本門寺周辺の史跡を見てみよう。
まずは本門寺について、その由来を簡単に説明する。
弘安5年(1282)、日蓮は身延山を出て、湯治のために常陸の湯へ向かうが、
その途上、この地で没した。
日蓮入滅後、池上宗仲が69384坪を寺領として寄進、以来、池上本門寺と称
され、江戸期には大名や有力町人らの信仰を集めた。

こちらは江戸名所図会に描かれた本門寺。
本門寺
                       (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

まずは本門寺総門から、欅造りの壮大な門は元禄年間(1688~1704)の創
建とされる。
2015-04-18_42.jpg
総門の先にあるのが96段の石段、慶長年間(1596~1615)に加藤清正が
寄進したものと伝えられている。
法華経宝塔品の経文に因んで96段としたとされ、その出だしの文言から
「此経難持坂」とも呼ばれる。

石段を上った先にそびえる大堂、もともとは慶長11年(1606)、加藤清正が母
の七回忌追善供養のため建立したが、その後数度にわたり焼失、現在の大堂
は、空襲による焼失後、昭和39年(1964)に建立されたものである。
2015-04-18_51.jpg

大堂の手前を右手に入っていくと、五重塔がある。
慶長13年(1608)、徳川秀忠の乳母である岡部局(正心院)の発願により、建
立されたもの。
空襲による焼失をまぬがれ、国の重要文化財の指定を受けている。
2015-04-18_57.jpg

五重塔へ向かう道の左手に2つの層塔がある。
写真手前は前田利家の側室、寿福院が元和8年(1622)に、奥の層塔は加藤
清正の側室、正応院が寛永3年(1626)に建てられたもの。
ともに自身の逆修供養(自分のために仏事をおさめ、死後の冥福を祈る)のた
めに建立したものである。
2015-04-18_60.jpg

本門寺の周囲には23の塔頭(本寺に寄り添って建てられた庵などの小院)が
あるという。
写真は呑川に近い理境院(左上)、本妙院(右上)、本成院(左下)、昭栄院
(右下)である。
とても全てを紹介することは出来ないが、スタンプラリーなども行われている
ので、ゆっくり参拝することも面白いだろう。
池上

本門寺内外には他にも多くの史跡が存在するが、呑川に戻って下流を目指す
ことにしよう。
かつては養源寺橋の手前で南から六郷用水北堀が合流し、その先で新井宿
方面へと分かれていた。(写真奥、カーブしている辺り)
2015-04-18_78.jpg

また、手前の「堤方の八寸」という堰で分かれていたもう一つの六郷用水の流
れは、浄国橋の先で呑川へ合流し。上堰橋から双流橋付近の間には、呑川の
中央に「中土手」と呼ばれた分水堤が築かれていたという。
(下の写真は途中の日蓮橋から下流を眺めた風景)
しかし、「中土手」はしばしば洪水の原因となり、昭和6年(1931)、撤去された。
(六郷用水北堀の項参照)
2015-04-18_85.jpg

呑川はその先で南へと転じて東海道線と並行した後、蒲田駅の北で再び東へ
と向きを変え、線路と交差する。
2015-04-18_90.jpg

あやめ橋の下流で六郷用水能登川堀逆川)を合流する。
写真右端の護岸には、その逆川に架かっていた蒲田橋の親柱が移設・保存さ
れている。
2015-04-18_94.jpg

京浜急行線との手前にある弾正橋、橋の脇にある説明板によれば、後北条
氏に仕え、橋名はこの付近を所領としていた行方弾正直清に由来するという。
直清は天正18年(1590)、秀吉の小田原討伐の際に討ち死にするが、
弟の日芸がその屋敷跡に円頓寺(ここから300メートルほど北方)を築き、
供養塔を建てた。
円頓寺に通じる道を弾正道と称し、橋のいわれとなったという。
2016-09-03_2.jpg

ここで京急蒲田駅東口にある蒲田八幡神社に立ち寄ってみる。
この場所は境内に古墳が在ったことなどより、古くから聖地として村人の信仰
の場であったと思われる。
慶長年間(1596~1615)の頃、蒲田村より新宿村が分村するにあたり、北方
にある稗田神社から分社、創建されたものと思われる。
2015-04-18_100.jpg

京急線を過ぎ、第一京浜に架かる夫婦橋の先に夫婦橋親水公園が右岸にあり、
親水テラスが設けられている。
夫婦橋の名は、その上流に六郷用水の水路の一つである松葉用水を分ける
堰があり、呑川と用水に架かる二つの橋があったことに由来する。
2015-04-18_103.jpg
また呑川河口付近には海苔採取業者が生活し、「てんま」と呼ばれる舟が行き
来していた。
公園がある地は、昭和14年(1939)に共同荷揚場が造られた場所という。

親水公園の先、天神橋の脇に南蒲田北野神社が鎮座する。
寛文元年(1661)、北蒲田村字宿南に住む杉原右衛門が邸内に諏訪神社を
奉斎したのを創始とする。
呑川の洪水により、池上の麓の矢口村天神森の鎮守である天神の御神体が
度々流され、杉原邸に流れ着いたため、都度、天神森へ返していたが、嘉永
2年(1849)、矢口村との交渉により諏訪神社の傍らに社を造営、井府天神
と称した。
明治期に諏訪神社と合祀して北野神社と改めたという。
2015-04-18_110.jpg

呑川はさらに東へと流れていくが、清水橋から先は昭和10年(1935)に新た
に開削された水路である。
もともと呑川は北東方向へ向きを転じ、昭和島方向へと流れ出ていたが、低地
は大雨のたびに水害に悩まされていた。
以前の呑川のルートは、現在、旧呑川緑地として整備されている。
2015-04-18_114.jpg

赤い八幡橋の左岸には子安八幡神社がある。
(同名の神社は大田区仲池上にも存在する)
応永年間(1394~1428)に鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請し創建したと言われる。
2015-04-18_121.jpg
この地は六郷用水開削の功労者、小泉次大夫の知行地であり、写真左の石鳥
居は、安永3年(1778)、氏子が六代目地頭、小泉藤三郎包教の武運長久を
祈って奉納したものという。
領主と村民の結束が固かったことが伺え、大田区文化財に指定されている。

産業道路が架かる呑川新橋の先にも親水公園がある。
この辺りになると、川には多くの船舶が停泊している光景が広がる。
2015-04-18_124.jpg

その公園の先は残念ながら川沿いの道は殆ど無く、住宅や中小工場の間の
道路を抜けていくしかない。
わずかに最下流の旭橋から先、森ヶ崎海岸公園への通路があるだけだ。

そして呑川は海老取運河へと注いで終わる。
2015-04-18_132.jpg

《参考文献》
『大田の史跡めぐり』 大田区教育委員会 郷土博物館編



目次
 
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本