根川

立川市南部、多摩川に並行して流れる根川を紹介しよう。

元々、根川は立川段丘の湧水を集めて多摩川に注ぐ小河川であったという。
明治41年(1908)、それまで玉川上水の助水として利用されていた残堀川
を改修、玉川上水を越えて根川(現在の残堀川大滝付近)に接続する改修工
事が施された。
しかしながら残堀川からの水が度々、氾濫を起こすようになったため、下流部
において昭和47年(1972)、多摩川への短絡する水路が開削され、根川の
一部は埋め立てられることとなった。
昭和48~49年、根川緑道として整備、人工水路として小川が再現されている。

こちらが根川の湧出口、整備当初は井戸水と下水道砂濾過水を混合して1日
250立方メートルの水を流していたが、平成4年から8年にかけて立川市錦町
下水処理場より日2700立方メートルの高度処理水を流すようにしたという。
2015-01-17_104.jpg

水路を流れた水は、緑地の中を流れていく。
緑道の説明板によると、荒木田粘土の上に玉石や砂利を敷き、瀬や淵を設け、
岸辺には水草を植栽しており、また草地の土手や蛇籠を使った護岸により、自
然の川岸の復元や、水生生物が棲みやすい環境づくりに配慮しているという。
2015-01-17_107.jpg

2015-01-17_111.jpg

緑道沿いには桜の木が植えられ、残堀川沿いとともにこの地域の桜の名所と
して知られる。
2015-01-17_113.jpg

根川緑道は、交差する道路によってAからDの4つのゾーンに分かれている。
(自転車や歩行者は、道路の下の通路により、往来が可能)
下の写真はCゾーンにある池。
2015-01-17_117.jpg

日野橋の東側で、玉川上水から分かれた柴崎分水が合流する。
柴崎分水は元文2年(1737)に開削された玉川上水の分水で、西武立川駅の
近く、松中橋で玉川上水から取水され、昭和記念公園内を抜け、立川市富士見
町や柴崎を通って、当地に至る用水路である。
2015-01-17_122.jpg

柴崎分水を合流後、多摩川の河川敷に広がる立川公園の北側を流れる。
川幅がだいぶ広がっている。
2015-01-17_125.jpg

立川公園の東に貝殻坂橋という吊り橋が架かり、その説明板には下記のよう
に記されている。
甲州街道が多摩川を渡る「渡し」は何度か移動され、それにともなって甲州
街道の道筋も変わったことが知られている。
そのうち慶安年間(1648~1651)から貞享元年(1684)まで使われていた
のが「万願寺の渡し」である。台地の上をたどってきた甲州街道は、国立の
青柳で段丘を下り、多摩川の河原に下りた。この段丘を下る坂を「貝殻坂」
と呼んでいた。(中略)
文政11年(1848)に完成された「新編武蔵風土記稿」の柴崎村の項には
「貝殻坂、青柳村と当村の界にあり、土中をうがてば蛤の殻夥しく出づ。
 土人(ところのもの)の話に古へはこの辺も海なりしと伝ふ。」
と記されている。

2015-01-17_129.jpg

その先、府中用水のために導水された多摩川の水と合流し、根川は青柳段丘
沿いを流れていく。
多摩川の河川敷には草木が生い茂り、川沿いを歩くことはできない。
2015-05-23_9.jpg

仕方なく段丘の上の道路を歩いて行くと、東京都旧跡に指定されている伊藤
単朴
(1680~1758)の墓がある。
私自身は談義には疎いが、「教訓雑長持」「銭湯新話」などの談義本を著した
江戸時代中期の談義作者であるという。
江戸市中から青柳に移り住み、堀江権次郎を養子として、堀江氏の屋敷内で
医を生業とするかたわら、執筆活動に取り組んだとされる。
一般住宅の庭先に、旧跡に指定される墓があるのが興味深い。
2015-01-17_138.jpg

西国立から続くみのわ通りが多摩川河川敷で終わる場所で、根川は多摩川
本流へと向きを変える。
その場所には、府中用水の取水門がある。
府中用水は、根川や多摩川(貝殻坂橋からここまでの間に多摩川本流から
分かれた水路が合流する)を取り込んで、谷保方面の水田を潤す農業用水
であるが、農閑期は水門が閉じられて取水はされない。
2015-01-17_147.jpg

更には、みのわ通りの下を流れる緑川幹線という下水道雨水幹線の吐口も
ある。(普段は水は放出されていない)
緑川は昭和18年(1943)から21年にかけて旧陸軍立川飛行場の排水を処
理するために造られた人工河川であり、昭和29年(1954)に下水道として暗
渠化された。
2015-01-17_139.jpg
この先、根川は多摩川との合流部に向かって流れていくが、写真で判るように、
草薮が生い茂り、合流部まで辿ることは危険かつ困難である。



目次
  
スポンサーサイト

残堀川 2

残堀川は、伊那平橋から都道59号線(多摩大橋通り)に沿って南下する。
2015-01-10_84.jpg

人工的に開削された区間であり、直線の水路が1kmほど続く。
川には水が流れておらず、川沿いの歩道をひたすら真っ直ぐ進むしかない。
左岸の広大な空き地は、平成16年(2004)に閉鎖された日産自動車の旧村山
工場である。
2015-01-10_86.jpg

直線区間の後、残堀川はS字カーブを描き、その先で西武拝島線と交差する。
2015-01-17_6.jpg

ここで残堀川の流路変更について紹介しておこう。
残堀5
元々、残堀川は立川断層に沿って流れていた河川であり、愛宕松と呼ばれた
地(本記事冒頭の伊那平橋)から南東へ向かって流れ、立川駅の東を通って
流末は現在の矢川へと接続されていた。(上図、紫線)
江戸期、玉川上水が開削された際、残堀川の水を助水として利用するために、
流路の付け替えが行われ、玉川上水の天王橋付近へ接続された。(上図、赤線)
なお、明治時代の地形図を見ると、その後、現在の玉川上水との交差部付近
に改められているようだ。
明治期に入ると、残堀川上流域周辺地域で養蚕や織物等の産業が盛んにな
った結果、残堀川の水質悪化が進み、明治36年(1903)から明治41年(1908)
にかけて、玉川上水への合流が中止され、玉川上水を伏せ越して根川へ至る
流路が開削された。
昭和37年(1962)、日産自動車の工場が誘致されるにあたって伊那平橋から
下流の水路が、現在のように直線の流路に改められた。

残堀川から1kmほど東へ行った農地に、『残堀川旧水路跡』の説明板が立て
られている。
立川断層に沿った当初の水路を紹介したものであり、「昔は、この付近から、
現在の立川市役所付近を経て国立市青柳方面に流れていました。江戸時代
初めの砂川の新田開発は、残堀川の水を頼りに、その流域から始められた
のです。
」と記載されている。
2015-01-10_113.jpg

西武拝島線の橋梁の北側には江戸期からの水路跡と思われる旧河道が残っ
ている。
上流部は工場跡地に入ってしまうため、数百メートルほどの短い区間であるが、
途中にはなんと素堀の部分も見られる。
2015-01-17.jpg

その近くには新残堀橋の旧欄干が残っており、「昭和41年4月竣工」の文字
が見える。
2015-01-10_93.jpg
これは、昭和49年(1974)から着手された改修工事(時間雨量30mmから
50mmへの対応)によって流路変更されたものによるもので、カーブが緩和
された結果であろう。
なお。この河川整備事業は、昭和41年の台風4号による被害を受けて、翌
年に策定された「東京都中小河川緊急整備計画」に基づくものある。

西武線の橋梁の先、玉川上水の伏せ越しを見ることができる。
当初は残堀川が玉川上水を伏せ越す形で造られたが、残堀川が氾濫する
機会が多くなり、溢水が玉川上水に混入しないように、昭和38年(1963)、
玉川上水が伏せ越す形に改修された。
2015-01-17_11.jpg

こちらは玉川上水の上流側、サイホン方式による伏せ越しの説明が掲げられ
ている。
2015-01-17_16.jpg

玉川上水との交差後、河川の両岸には桜並木が続く。
2015-01-17_22.jpg

松風橋の先、左岸は国営昭和記念公園となる。
(川沿いを歩くには公園への入場(有料)が必要)
2015-01-17_31.jpg

川の右岸は立川陸軍航空工廠の跡地である。
現在、一部では立川基地跡地再開発事業により、国際法務総合センターなど
の建設工事が着手されている。
その区画の一部では残堀川の調節池が設置されるようだ。
2015-01-17_33.jpg

工事着手前、ここには三本の煙突が立っていた。
工場の暖房のためのボイラー施設であり、廃墟として有名であった。
歴史的遺構としてなんとか残せなかったものか、残念でならない。
2014-02-01_43.jpg

玉川上水の分水である柴崎分水が、こちらも玉川上水同様に伏せ越しで残堀
川を右岸から交差、公園内の区間では残堀川の左岸に沿って流れていく。
溝蓋(グレーチング)が施されているが、柴崎分水には清らかな水が流れてい
るのを見ることができる。
2015-01-17_34.jpg

公園内に設置されている残堀川の調整池。
普段は水が流れていないのに、大きな調整池とはいささか滑稽な気もするが、
大雨時には大量の水が流れ込むのであろう。
2015-01-17_42.jpg

残堀川は東へと向きを変え公園内を進み、その後、再び南進する。
2015-01-17_48.jpg

昭和記念公園を出ると、残堀川は青梅線と交差する。
(写真は下り連絡線)
2015-01-17_63.jpg

富士塚橋を西へ百メートルほど行くと、富士塚の頂上に浅間神社が祀られて
いる。(橋名もこの富士塚に基づく)
立川市教育委員会の説明板によると、立川市(旧柴崎村)には富士講の話は
残っていないという。
富士がよく見えることから呼ばれた説もあるという。
現在は周囲のビルにより、富士山は見えない。
2015-01-17_57.jpg

更に歩いていくと、奥多摩街道が掛かる滝口橋の先、大滝という落差工があり、
高低差10mの立川段丘を一気に水を落とす。
元々は、勾配30~40度程度の自然斜面だったようだが、昭和43年(1968)
に水害対策の一環として施工されたとのこと。
2015-01-17_68.jpg
完成後、雑排水により直下で洗剤の泡が発生、周囲の環境を悪化したようだ
が、現在は解消、但し、普段は水は流れていない。

大滝の下に迂回してみるが、滝付近は立入禁止区域となっており、残念なが
らその雄志を見ることはできない。
2015-01-17_74.jpg
大滝の直下で残堀川は直角に曲がり、南東方向へと流れを変える。
大滝から先は、立川段丘から流れ出る根川(後述)に接続され、ここから先は
旧根川の流路である。
現在も大滝の下付近から僅かな水流が見られるが、立川段丘の湧水を残堀
川に流しているのだろうか。

その先、右岸から昭和用水が合流、水量が増して、ようやく川らしくなる。
写真奥に中央線の鉄橋が見える。
2015-01-17_78.jpg

中央線の鉄橋の先、左岸の断崖の上には、玄武山普済寺柴崎用水2参照)
が見える。
普済寺は文和2年(1353)、立川宗恒が開基した寺院で、境内には立川氏館
の土塁が残る。
また、国宝の六面石幢は断崖の上にある。
2015-01-17_86.jpg

新奥多摩街道の立川橋手前で、左に根川を分ける。
とは言っても、現在、根川とは直接つながっていない。
かつて、残堀川は根川に接続され、根川を通して多摩川に水を流していた。
しかしながら、大雨時に洪水被害が多発し、昭和47年(1972)、多摩川へ
ショートカットする水路が造られた。
2015-01-17_87.jpg
現在の根川は立川市下水処理場の高度処理水を流す人工水路となり、
川沿いは緑道が整備されている。

多摩モノレールも走る立日橋の先で、残堀川は多摩川へと合流する。
2015-01-17_98.jpg

《参考文献》
『残堀川の成り立ちと大滝の成立』 石原成幸、高崎忠勝
                H24都土木技術支援・人材育成センター年報



目次
 

残堀川 1

瑞穂町の狭山池を水源とし、立川市柴崎町で多摩川に合流する延長14.5km
残堀川を歩いてみた。
元々、残堀川は狭山丘陵の湧水を集めて立川断層沿いに流れ、矢川へ流れ
込んでいたという。
玉川上水が開通した際、上流を狭山池と接続し、また伊奈平橋付近から先の
流路を変更し、玉川上水の助水として活用された。
明治以降、川の水が汚染されたことを理由に玉川上水から切り離され、多摩
川までの流路が開削された。
(流路変更については、次項で紹介することとしたい)

残堀川の川名の由来としては、地区名から名付けられた説、大雨時に川が荒
れ狂う様から名付けられた説など諸説あるようだが、狭山池の「蛇喰い次右衛
門の伝説
」に由来(蛇堀川から残堀川へ名前が変わった)するものがよく紹介さ
れている。
その蛇喰治い次右衛門の伝説について、狭山池の説明板の文章を引用して紹
介しよう。
昔、狭山池は「筥ノ池」と呼ばれ、18町歩(17.8ha)もある大きな池でした。
とても暑いある日、百姓の次右衛門が「筥ノ池」で水浴びをしました。
すると小さな蛇が絡みついてきました。必死で放そうとしますが、さらに体を
締め付けてきます。
力持ちの次右衛門はその蛇をつかみ噛みつきました。
途端に空は大荒れとなり、小さな蛇はたちまち大蛇となり、傷口からは血が
七日七夜流れ続けました。
退治された蛇とともに池の水は枯れ、小さな池となりました。
その時の水の流れが、さながら大蛇のようであった様子から「蛇堀川」と呼
ばれ、後に「残堀川」となりました。
このおはなしは、狭山池(筥ノ池)から残堀川へ堀をつなぎ、池の水を玉川
上水の助水としたことを反映して生まれました。

こちらが池畔にある蛇喰治い次右衛門の像である。
2015-01-10_6.jpg

現在の狭山池は「筥ノ池」、「丸池」「あめんぼうの池」(写真)、「ふなっこの池」
に分けられ、狭山池公園として整備されている。
元々は、古多摩川が流れていた頃、深くえぐられて窪地となった場所であり、
粘土質のために水はけが悪い地であったという。
2015-01-10_9.jpg

筥ノ池には厳島神社がある。
2015-01-10_16.jpg

池の南西から残堀川が流れ出ている。
その場所では、親水エリアが設けられ、子供たちのよき遊び場となっている。
後述するが、中流域では残堀川には水は流れておらず、その付近を知る人
からすれば、新鮮に感じることであろう。
2015-01-10_25.jpg

その北側に小高い丘があり、その丘の上には狭山神社が鎮座する。
創建年代は不詳、永承年間(1046~53)、源義家が奥州征伐の際、狭山池
付近に陣営、箱根権現の霊夢を感じ、当地に勧請したとされる。
2015-01-10_19.jpg

都道166号線を潜った後、右岸には広大な敷地を持つ臨済宗建長寺派の
小山円福寺
の北方を通る。
天正元年(1573)、村山土佐守義光を開基とし、梅室慶香和尚が開山した。
残堀川下流の川沿いにある普済寺(次項参照)の末寺である。
2015-01-10_4.jpg
毎年1月にはだるま市が開かれる。

コンクリート護岸の川が続き、両岸には道路が沿う。
上流端から数百メートルしか経ていないが、川幅は広い。
2015-01-10_34.jpg

川の北側の石畑御嶽神社に立ち寄ってみる。
創建年代は不詳、現在の本殿は弘化2年(1845)に、旧石畑村の棟梁、鈴木
広宝によって建てられたもの。
2015-01-10_38.jpg

川沿いを更に歩いていくと、青梅街道が架かる地蔵橋手前に吉野岳地蔵堂
がある。
文久3年(1863)、石畑村の名主であった吉岡助右衛門が子女の病気平癒
を祈願して再建されたもの。
小堂ながら本格的な唐様建築で、地蔵堂としては他には見られないものだという。
2015-01-10_40.jpg

地蔵橋から数分ほど北へ歩くと、石畑神明神社がある。
創建年代等の由緒は不明、本堂右手には町指定の天然記念物、欅の古木
がある、
2015-01-10_45.jpg

地蔵橋を過ぎ、残堀川は南東方向へ流れていく。
2015-01-10_47.jpg

残堀川を歩いていると、所々で右岸に支流が合流する吐口を目にする。
北の狭山丘陵を水源とする狭山谷川夕日台川峰田川滝田川という短
い支流河川である。(写真は峰田川の合流)
冒頭に述べたように、残堀川は元々は狭山丘陵の湧水を水源とする河川だ
ったので、これらの河川が本来の姿なのかもしれない。
2015-01-10_49.jpg

更に歩いていくと、新青梅街道が架かる青岸橋に達する。
青岸橋の2つ上流側の橋、下砂橋から武蔵村山市へと入る。
2015-01-10_56.jpg

富士塚橋の橋詰で、左岸から横丁川が合流する。
横丁川も先に記した4つの支流同様、狭山丘陵から流れてくる川だ。
2015-01-10_64.jpg

残堀川には何箇所か、親水エリアが設置されている。
大雨時以外はあまり水量が多い川ではないので、水と親しむにはいい条件
なのであろう。
2015-01-10_69.jpg

そんなことを考えながら歩いていると、新残堀橋(同名の橋梁は下流にもあ
る)の手前で、突如として水流が姿を消す。
地中に水が吸い込まれてしまったのである。
原因としては諸説あるが、表層(ローム層)を流下していた河道を河川改修
工事により掘り下げた結果、礫層に達して伏流となったことが有力である。
2015-01-10_72.jpg
水がない状態は、ずっと下流の立川段丘の大滝まで続く。
(所々に水を確認できるが、雨水が滞留しているものである)

すっかり水流がなくなった残堀川、やがて行く手の左側にイオンショッピング
センターが見えてくる。
2015-01-10_81.jpg

《参考文献》
『多摩川水系 残堀川河川整備計画』 東京都(平成19年6月)


 
次へ 目次
   
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本