根堀川 2

根堀川は調布市南部の崖線下を流れていく。
相変わらず川沿いに進むことはできず、迂回しながら追いかけていくことになる。
(写真の右岸の通路は管理用)
2016-06-25_87.jpg

宮下橋の左岸、崖の上には上石原若宮八幡神社がある。
創建年代は不明、応神天皇の皇子仁徳天皇を祭神としているので、若宮
八幡と呼ばれ、上石原村の鎮守であった。
慶応4年(1968)、甲陽鎮撫隊を率いて上石原村に到着した同村出身の
近藤勇は、この神社の方向に拝礼し、戦勝を祈願したと言われている。
2016-06-25_82.jpg

川は三面コンクリート護岸の無機質な状態で続いている。
2016-06-25_92.jpg

鶴川街道が架かる石原橋からの風景、石原橋は街道の坂の途中に架か
っているため、このように上から根堀川を眺めることができる。
2016-06-25_93.jpg

桜堤通りに架かる新稲荷橋から撮影、川はわずかに蛇行している。
この辺りには小島用水の取水口があり、根堀川北側の水田を潤していた
というが、取水口の痕跡はない。
2016-06-25_106.jpg

この新稲荷橋の東には調布市郷土博物館があり、調布市の歴史を展示している。
川や用水などの展示は殆どないが、近藤勇生家(野川2参照)の再現模
型があり、なかなか興味深い。
新稲荷橋から歩いて数分の場所なので、立ち寄りをお勧めしたい。
2016-06-25_103.jpg

その先、根堀川は京王フローラルガーデンの中へと入っていく。
園内には川底から水が噴出している箇所があるが、これは多摩川の伏流
水が出ているのだという。
フローラルガーデンに入園しなくてもその上流側から水の噴出を見ること
ができる。
なお、この情報は郷土博物館の職員の方から伺ったもので、この場を借り
て御礼申し上げたい。
2016-06-25_111.jpg

フローラルガーデンを抜け、京王相模原線と交差した後、根堀川は多摩
川第二緑道として現れ、京王多摩川駅至近のマンションや住宅街の中を
抜けていく。
だだ、この緑道は、近くの京王閣競輪場で競輪開催時には封鎖されてし
まうので、その際は近隣の道路に迂回することになる。
2016-06-25_119.jpg

500メートルほどの緑道の先、根堀川は再びその姿を見せる。
今までは川沿いを歩くことができなかったが、ここからはようやく川に沿っ
てあるくことができるようになる。
ただ、三面コンクリートの護岸で覆われていて、これといった特徴もないの
で、川歩きとしては面白味に多少欠けるところがあるかもしれない。
2016-06-25_121.jpg
  
2016-06-25_125.jpg

調布市染地へと入り、多摩川北岸の桜堤通りに沿って根堀川は流れていく。
川の右岸には、多摩川河川敷に設けられた公園や企業グラウンドが続く。
2016-06-25_128.jpg

川はかなり深く掘られているため、川の水を確認できるのは所々に架けら
れた橋の上に限られてしまう。
2016-06-25_133.jpg

川の左岸、川と道路との間には遊歩道が設けられている。
所々に彫刻が建てられており、それらを鑑賞しながら歩くことができる。
2016-06-25_136.jpg

その先で突如として根堀川は右へと進路を変え、多摩川へと向かう。
2016-06-25_139.jpg

多摩川の土手へと足を運ぶと、調布配水樋菅と称する水門があり、根堀
川は多摩川へと合流する。
そこは二ヶ領上河原堰堤から下流へ800メートルほど行った地点である。
2016-06-25_142.jpg



目次
  
スポンサーサイト

根堀川 1

府中から調布にかけて流れ、調布市染地で多摩川へ合流する根堀川を追
ってみた。
途中、府中用水の二ヶ村用水や三ヶ村用水を合わせ、多摩川の北岸を流れ
ていく。
現在、それらの用水には殆ど水は流れず、雨水排水路化しているため雨天
時を除き用水の水が流れ込むことはないと思うが、国土地理院の地形図な
ど一部の地図では「府中用水」と表記されている。

根堀川は府中崖線に沿って流れているが、その水源はというと府中崖線の
湧水と言われる。
根堀川の由来も、崖線の下である「根」を流れることから来ており、またハケ
(崖線)から転じて、「ハケタの川」「はけ下堀」という別称を持つ。
現在でこそ、崖線沿いには住宅が立ち並び、湧水を確認することはできない
が、その地形を見るために、京王線の武蔵野台駅から歩き始めることとした。

駅の降り立ち、南東方向へと歩いていくと、すぐに府中崖線を確認すること
がある。
崖線直下の児童公園から眺めた崖線。
2016-06-25_9.jpg

その崖線の上には浄土宗の八幡山本願寺が建てられている。
起源は源頼朝の奥州征伐の際、彼の地より持ち帰った藤原秀衡の守本尊
と伝えられる薬師如来をまつったことに始まる。
その後焼失したが、永正13年(1516)、大久保彦四郎が再建、鎌倉光明
寺の僧、教誉良懐上人を迎えて中興した。
境内はもともと白糸台の市立第四小の西側にあったが、天正2年(1574)、
家康の家臣で当地の領主であった宮崎泰重が境内、堂宇を寄進し当地へ
移転したと伝わる。
2016-06-25_2.jpg
なお、周辺の地名である「車返」は、前述の薬師如来移送の際、移送を担
当した畠山重忠が当地で野営をした際、夢告によってこの地に安置し、車
は返したことに由来するという。

本願寺に隣接して車返八幡神社が鎮座する。
こちらの由緒は不明だが、天正年間(1573~92)に創建されたと言われる
ので、本願寺移転と時を同じくして本願寺守護神として建立されたようである。
2016-06-25_4.jpg

さて、本願寺の前の道を東へ向かうと、市道をオーバークロスし、坂を下る。
この坂をおっぽり坂といい、坂の下にある説明板には興味深い記述がある。
この坂名は、大雨の折に野水の流れによって自然に掘られた大堀に由来
すると言われます。この坂の道筋は昔から、あふれた野水の流路になって
いたそうです。

「おおぼり坂」が転じて「おっぽり坂」と呼ばれたそうだが、この大堀は根堀
川の水源の一部であったと考えることもできる。
2016-06-25_13.jpg

崖線の下、車返団地の北側の道路にコンクリ蓋が続く歩道があるが、こち
らは府中用水の末流の一部であろう。
資料とした『府中市内旧名調査報告書』には本願寺下の湧水を水源とした
庚申堀があったと記載されているが、殆ど壊されているとも記してあり、そ
の通り、庚申堀を確認することはできない。
2016-06-25_15.jpg

崖線下の住宅街に沿って東へと進んでいく。
2016-06-25_21.jpg

市道(しみず下通り)と交差する脇には、車返福徳弁財天と称する小さな祠
が建っている。
脇に建つ遷宮碑によると、元禄の頃から福徳の神として崇拝され、明治時
代には栄えたといわれる。
豊かな自然林に囲まれ、周囲の堀は川魚の宝庫であったという。
都市計画道路の建設により、隣接地である当地に遷社した。
鳥居手前の小さな堀(水はない)がなんとなく気になる。
2016-06-25_23.jpg

道路を渡ると、白糸台第三公園という児童公園があり、その公園からよう
やく根堀川の川筋が現れる。
写真右手のフェンスの向こうには三ヶ村用水裏堀)の暗渠が通っている。
2016-06-25_28.jpg

その先で裏堀が合流、さらに南東へと向かっていく。
2016-06-25_31.jpg

ゴルフ練習場の駐車場を過ぎ、100メートルほど進むと右へ分かれる道がある。
長瀞川という水路であり、1kmほど下流で再び根堀川へと合流する。
水路探索としては長瀞川へと向かう方の面白いのだが、長瀞川については、
この章の末尾で記載することとし、このまま真っすぐ住宅街の中を歩きつづけよう。
2016-06-25_34.jpg

長瀞川との分岐から250メートルほどは左手(崖線側)に住宅街が続くが、
その先でようやく川跡らしき空間が現れる。
2016-06-25_46.jpg

マンション脇でも河川部分は杭が建てられて、分けられている。
2016-06-25_47.jpg

更に進むと中央高速の高架下では、根堀川が開渠となって現れる。
根堀川として開渠が確認できる再上流部ではないだろうか。
残念ながら水は確認できない。
2016-06-25_51.jpg

中央高速との交差後も緑に覆われた崖線が数十メートルほど
続くが、水車橋という橋から開渠としての根堀川が始まる。
2016-06-25_53.jpg
こちらの開渠は先ほどと違い、水が流れている。
地下水を汲み上げて、根堀川に流しているようだ。
おそらく、水を流すことにより、環境を維持させているのだろう。

京王多摩川駅より上流側では、川沿いに歩く区間は殆どない。
ここも左手の崖上の道路を迂回して辿ることになる。

凸凹山児童公園という面白い名称の公園沿いに流れていく根堀川。
2016-06-25_58.jpg

その凸凹山児童公園の東で、先ほど分かれた長瀞川が右から合流してくる。
2016-06-25_62.jpg

長瀞川
上流に戻って今度は長瀞川を追っていくことにしよう。
長瀞堀とも称する。
「長瀞」と言えば秩父を思い出すが、秩父の長瀞の由来は緩やかな流れ
(=瀞場)が長い区間続くことから名がついたらしい。
こちらの長瀞川の由来は不明だが、寛永12年および延宝6年の下染屋村
の検地帳の中に「なかと路」という小字名があるという。

根堀川から分かれた水路跡の道は、ゴルフ練習場の脇を暗渠として進んでいく。
2016-06-25_35.jpg

ゴルフ練習場の先は畑となる。
この辺り、根堀川と長瀞川が並行して南東方向へと向かうが、このような
風景を目にすると、長瀞川は農業用水路として開削されたのではないだろうか。
先ほど「長瀞堀」という別称があると記したが、そうなると堀と称した方が
適しているかもしれない。
2016-06-25_36.jpg

その先、中央高速を挟んで、長瀞川は短い緑道となって現れる。
2016-06-25_41.jpg

緑道が終わる飛田給小学校の手前で、突如として黄色い水門が現れる。
長瀞川は当然のことながら暗渠であるので、奇妙な光景である。
2016-06-25_43.jpg

長瀞川はそのまま小学校の校庭へと入っていくが、迂回していくと開渠と
して出現する。
残念だが、そこに水の流れは確認できず、前日に降った雨の水溜りがあ
るだけだ。
2016-06-25_65.jpg

数十メートルほどいくと、右から早川が合流してくる。
(下流側から撮影のため、写真では左からの合流となる。)
府中用水の二ヶ村用水および三ヶ村用水の末流で、こちらも川と名がつ
くものの実態は用水路である。
ただ、二ヶ村用水も三ヶ村用水も現在は水は流れておらず、雨水排水路
化している。
そのためこちらの早川にも水は流れていない。
2016-06-25_66a.jpg

写真左は長瀞川と早川にある、古めかしい大きな水門。
かつての川には用水の水が流れ込み、水量調節が必要だったほどであっ
たことを想像させる。
2016-06-25_74.jpg

その先、はしご状開渠が続いている。
その梁を利用して、プランターを並べているお宅があった。
暗渠などではその空間を利用して、家庭菜園などを楽しんでいるお宅を見
かけることがあるが、ここまで大胆なものは見たことがない。
2016-06-25_74.jpg

川沿いには人ひとりが通れるほどの歩行者道が続いており、川は蛇行
しながら進んでいく。
2016-06-25_76.jpg

その先で凸凹山児童公園の南沿いを流れ、その先で先ほどの根堀川との
合流点に到達する。
2016-06-25_80.jpg

《参考文献》
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』 府中市教育委員会編
『調布の古道・坂道・水路・橋』 調布市教育委員会編
『川の地図辞典 多摩東部編 』 菅原 健二著 (之潮)



次へ 目次
  

三ヶ村用水 1

二ヶ村用水とともに、府中用水の末流である三ヶ村用水を2回に渡り紹介する。
三ヶ村用水は旧小田分村、上染谷村、下染谷村(現:小柳町、白糸台、押
立町)の田に給水するための水路である。
その流域には多くの支流があり、小柳町や押立町では多くの水路跡(暗渠)
を見ることができる。
まずは本流を下り、その後、私が探索した支流をご紹介することにしよう。

三ヶ村用水は、郷土の森公園東側の多摩川から取水され、また極楽橋付
近で妙観堀や新田川の水を集めていたという。

まずはその多摩川の取水口付近からスタートしよう。
その地は現在、新田川(第4都市下水路)が放水される是政排水樋管とな
っており、その跡は認められない。
写真は上流の大丸用水堰付近から、かつて取水口があったと思われる地
点を撮影したものである。
2016-05-28_5.jpg

その後、多摩川河川敷を北東方向へと流れていく。
ここは郷土の森公園のサッカーグラウンドとなっており、勿論、流路の痕跡
すらない。
2016-05-28_9.jpg

三ヶ村用水の水路跡が確認できるのは、南武線・武蔵野貨物線との交差
箇所付近から。
現在は歩行者道となっており、近隣住民の方々の自転車が往来する。
2016-05-28_11.jpg

その歩行者道は、北東へ延びている。
勾配がやや上りとなっているが、水が上っていくとは考えられないので、深
い用水路であったのだろうか。
2016-05-28_13.jpg

極楽橋で妙観堀新田川が合流し、三ヶ村用水および二ヶ村用水へと水
を分けていた。
府中用水の交差点ともいうべき地点で、どのように合流・分水をしていたの
かは不明だが、二ヶ村用水の項で少しばかり考察しているので、ご参照願いたい。
2016-05-28_15.jpg

遊歩道脇に佇む極楽橋の説明碑。
橋の名は、この辺りが寺との係りが深い地域であった土地であったことに
由来するという。
2016-05-21_1.jpg

遊歩道は蛇行しながら、東の府中街道へと向かう。
ここでは、三ヶ村用水と二ヶ村用水が並行して流れており、右の植栽の向
こうは二ヶ村用水の流路跡である。
2016-05-28_18.jpg

府中街道と交差した後、二ヶ村用水は右の二ヶ村緑道へと分かれていき、
三ヶ村用水は新小金井街道へと進んでいく。
2016-05-28_26.jpg

この北側には寺社が集まっている地域があるので、立ち寄ってみた。

まずは真言宗寺院の八流山龍泉寺
由緒は不明、次に紹介する是政八幡の別当寺であったようだ。
2016-05-28_29.jpg

次は是政八幡神社
天正18年(1590)、高橋兵部丞吉次なる人物が石清水八幡宮の分霊を
迎え、勧請した神社と言われている。
天明4年(1784)の多摩川洪水により社殿を流失、この地に遷座したらしい。
2016-05-28_33.jpg

是政八幡神社の境内に「是政」の地名の由来の説明板があったので紹介
しておこう。
古くは横山村と言われていたが、八王子城主北条氏照の家臣の井田是政
が、豊臣秀吉の小田原征伐後、この地で開拓したことに由来するという。
東京競馬場内には井田氏一族の墓があり、鎌倉・室町時代の板碑が出土
しており、井田氏は古くからの土豪であったことを物語っている。

是政八幡神社の南、数十メートルほど南に厄神社と称する小さな祠があった。
由緒は不明だが、位置的にみて是政八幡の場外末社であろうか。
2016-05-28_36.jpg

更には東へ300メートルほどいくと、真言宗の泰明山寶性院がある。
万治年間(1658~60)の創建と伝えられ、妙光院(妙光院下水系参照)
の末寺であったようだ。
2016-05-28_40.jpg

府中街道から600メートルほど歩いた先の是政2-15から、三ヶ村緑道
と称する緑道が始まる。
2016-05-28_43.jpg

100メートルほどで中央高速に達するが、高架下を潜り高速の北側に緑
道は続いている。
2016-05-28_46.jpg

是政の住宅地の中を進んでいく三ヶ村緑道。
2016-05-28_50.jpg

緑道は中央道の北から400メートル余り続き、一般道に出る。
その一般道は小田分道と呼ばれ、緑道から出た場所にその説明碑が建て
られている。
説明碑には。道路の名前がかつての小田分村を通っていたことに由来した
ことが記されている。
2016-05-28_53.jpg

ここで三ヶ村用水は西から流れてきた妙光院下水系の流れを取り込み、
南東方向へと向きを変える。
三ヶ村用水の本流は、蛇行しながら進んでいたようだ。
2016-05-28_55.jpg

その先、左右に畑地が広がるが、右手の畑の先に石井神社が鎮座している。
由緒は不明、小さな社だが、その割には立派な狛犬が目をひく。
2016-05-28_57.jpg

現在、この道路の下には第一都市下水路という下水道幹線が通っている
が、道路脇にはその説明が書かれている。
その説明書きによれば、以前は三ヶ村用水が流れていたが、都市化が進
むにつれて度々、浸水被害が発生、昭和47年(1972)に全長2380メー
トルの都市下水路を整備したという。
2016-05-28_58.jpg

先ほど分かれていった二ヶ村用水が南から近づき、ここから暫くの間、並
行して流れていたらしい。
写真の道路部分が三ヶ村用水、右の草地部分が二ヶ村用水であろう。
2016-05-28_61.jpg

二ヶ村用水と並行した後、150メートルほど歩くと、西武多摩川線に突き当
たる。
脇の歩道橋で渡ると小柳小学校の南に、二ヶ村用水の項でも取り上げた
幅広い暗渠が現れる。
2016-05-28_90.jpg
ここも2つの用水の水路跡であるが、現在は先ほどの第一都市下水路とし
て利用されているようだ。、
下水路はこの先で南に並行する中央道を潜り、多摩一号水再生センター
を経由して多摩川へと放流される。

小柳小学校の東の道路、この先のY字路で三ヶ村用水と二ヶ村用水は再
び流れを分ける。
2016-05-28_92.jpg

《参考文献》
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』 府中市教育委員会編



次へ 目次
  

二ヶ村用水

府中用水の下流部、府中市是政から押立にかけて流れていたに二ヶ村用水
その名は旧常久村、押立村の二つの村を流れていたことに由来する。
また押立村を流れることから、押立堀という別名もある。
古くは多摩川競艇場辺りで多摩川から取水されていたというが、多摩川の
水位が低下し、流路が南下することにより、府中用水の末流のような形に
なったという。

二ヶ村用水は西武多摩川線是政駅の西、400メートルほど西の是政3-32
附近から始まる。
そこは妙観堀(現:矢崎都市下水路)、新田川三ヶ村用水などが絡み合う地点。
この先のすぐ脇には極楽橋の碑が建てられている。
2016-05-21_01.jpg

現在、水が流れるのは、府中用水本流(市川)の末流やビール工場の排水
を多摩川へと流す矢崎都市下水路のみであり、その下水路もここから暗渠
となっている。
これらの用水がどのように合流し、二ヶ村用水や三ヶ村用水へ分かれてい
たのかは、現在では伺い知ることはできない。

水路の位置を下の模式図に表してみた。
(ここから多摩川へと向かう矢崎都市下水路は昭和39年(1964)に造ら
れたものである)
二ヶ村用水説明
資料とした『道・坂・塚・川・堰・橋の名前』の言葉を借りると、三ヶ村用水は
極楽橋のそばで、府中用水の残水である妙観堀の水を集めたといい、二ヶ
村用水は極楽橋の下で三ヶ村用水、府中用水(矢崎排水路、新田川)など
の残水を集めて始点としたという。
妙観堀や新田川が三ヶ村用水に合流した後、三ヶ村用水から二ヶ村用水
が分かれたように捉えられる。
当時の様子を知る方がおられたら、コメント頂ければ幸いである。

また同書によれば、二ヶ村用水は府中用水の残水を利用していたため、水
が枯れることが多く、昭和30年頃には井戸を掘って水を流していたという。

さてそろそろ、二ヶ村用水を追って歩き始めよう。
東の府中街道へ向かって緑道が続く。
中央の緑地帯を挟んで、右が二ヶ村用水、左が三ヶ村用水の水路跡である。
2016-05-21_4.jpg

数分ほど歩くと、人工のせせらぎが始まり、汲み上げられた地下水が流れ始める。
2016-05-21_7.jpg

府中街道の是政交番前交差点手前の草叢の中に亀里橋の碑があり、碑文
には亀里橋は三ヶ村用水と二ヶ村用水に架かる橋であり、橋名は小字の亀
里に由来する旨が記されている。
2016-05-21_9.jpg

この府中街道の交差点で二ヶ村用水と三ヶ村用水は別れていく。
二ヶ村用水は是政駅のすぐ北を通り、二ヶ村緑道という名の緑道が西武
線の北側に続く。
緑道に沿って、先ほどの親水路が流れている。
2016-05-21_13.jpg

その先、水路に水は無くなってしまう。
ネットで調べてみると、亀裂が目立つため水を流すのを中止したとのこと
だが、もったいない話である。
緑道は左へカーブして北東へと向かう。
2016-05-21_15.jpg

緑道の右側は多摩川競艇場、モーターボートの音が是政のマンション街に響く。
2016-05-21_18.jpg

緑道は是政緑道と名を変え、中央高速道路に突き当たるまで続く。
2016-05-21_22.jpg

中央高速道路の南側を進み、府中スマートICの東側で高速の北側へと出る。
高速道路の高架下では、このような光景が見られる。
2016-05-21_25.jpg

北を迂回してきた三ヶ村用水と再び出会い、並行して流れていたようだ。
この道路はこの先で西武多摩川線に突き当たる。
2016-05-21_27.jpg

西武線を越した先、小柳小学校と高速道路の間には、幅広い暗渠が出現する。
その幅は10メートル近くはあるだろうか。
ただ2つの用水が並行して流れていたことを考えると、その幅も納得できる。
現在は三ヶ村用水跡の下に新たに設置された第一都市下水路として利
用されているのだろう。
2016-05-21_29.jpg

その先で南へと新田の堀という支流を分けていたが、高速道路の南側に
その流路を見ることができる。
第一都市下水路のルートとして利用され暗渠化されており、北多摩一号
水再生センターへに敷地へと続いている。
2016-05-21_34.jpg

高速北側の本流に戻る。
小柳小学校の東、200メートルほどの場所でまた三ヶ村用水と別れる。
写真左の道路が三ヶ村用水、右が二ヶ村用水である。
この辺りから押立町へと入っていく。
2016-05-21_38.jpg

水路は高速道路の南へ進み、水再生センターとの間を進んでいたと想像
されるが、水路跡は見当たらない。
稲毛大橋北側の歩道橋を渡って、多摩川河川敷へと出てみると、大橋の
下流側に水再生センターから多摩川へ放流する排水樋門がある。
多摩川の流れをみながら、少し休憩するのもよい。
2016-05-21_43.jpg

さて多摩川沿いの道路にコンクリート蓋が続く水路がある。
稲城大橋の付近では一時、流路を見失ったが、ここで再び二ヶ村用水の
水路を見つけることができた。
2016-05-21_48.jpg

その先で左折して畑の中を入っていく。
道路にはグレーチングの水路蓋があるが、残念ながら水の流れを確認す
ることはできない。
現在は用水というよりも、雨水排水路化しているのであろう。
府中用水上流では田圃が見られるが、この押立地区まで来ると畑作のみ
となり、用水を使う必要性はないのかもしれない。
2016-05-21_49.jpg

とはいえ、その先には「用水」と書かれたマンホールを見つけた。
水は流れていなくても、ここが二ヶ村用水であった証拠である。
2016-05-21_54.jpg

ここで押立地区の寺社を巡ってみよう。

まずは押立神社、慶長年間(1596~1615)に、山城国稲荷大神(現:京
都伏見稲荷大社)の分霊を鎮祭のが創建とされる。
当社は多摩川辺りに鎮座していたが、正保年間(1645~48)の大洪水
の後、当地に遷座されたという。
万葉の昔から「てつくりの里」と歌われた土地柄ゆえに手津久里稲荷と称
していたが、明治14年(1881)、押立地区と改称した。
2016-05-21_84.jpg

なお、押立という地名は多摩川南岸の稲城市にもあり、これは度重なる多摩
川氾濫によって流路が変更となり、ついには寛文年間(1661~73)の洪水の
のより多摩南北に分断されてしまった結果である。

押立神社から東へ100mほど行くと、本村神社と龍光寺がある。
本村神社は龍光寺の門の脇に鎮座する小さな神社。
由緒は不明だが、多摩川北岸の押立を「本村」、南岸を「向押立」と呼ばれ
たことにより、神社の名となったと言われる。
この辺りが押立「本村」の中心地だったようだ。
2016-05-21_71.jpg
神社に隣接する天台宗寺院は神明山龍光寺、こちらも創建は不明だが、
江戸期には深大寺の末寺だったらしい。

この龍光寺には東京都旧跡に指定されている川崎平右衛門定孝(1694~
1767)の墓所がある。
川崎平右衛門は押立村の名主の家の生まれで、新田開発や多摩川の治
水に取り組み、また武蔵野新田世話役として私財を投じて貧窮農民の救
済を行った。
これが幕府に称されて代官に任ぜられ、美濃国の長良川水系の治水工事、
さらには勘定吟味役兼石見銀山奉行となって、銀山開発に尽力した。
2016-05-21_77.jpg

用水の話に戻そう。
二ヶ村用水本流は中央高速付近まで北上した後、東南方向へと向きを変える。
そこには、細い暗渠沿いに歩行者道が続いていた。
緑道としての整備はなされていないが、なかなか雰囲気のよい道路である。
なおこの歩行者道は府中市と調布市の境界となっており、道路の右が府
中市、左が調布市である。
2016-05-21_57.jpg

その歩行者道は、左から来る蓋暗渠にぶつかって終わる。
この暗渠は早川と呼ばれ、中央高速道路付近から蓋暗渠が続いている。
この水路に川と名が付いているが実態は用水であり、中央高速付近で三ヶ
村用水の流末に始まり、この地で二ヶ村用水と合流している。
2016-05-21_59.jpg

用水の末流であることは合流地点から40メートルほど下ったところにある
東橋の碑(写真右)の説明文に示されている。
この橋は二か村用水の本流「押立堀」に架かる東橋です。橋の名は、橋
が押立の東の端に位置することに由来します。二か村用水は旧常久村、
押立両村のかんがい用水です。

早川ではなく二ヶ村用水本流と記されていることが気になるが、小河川の
呼称など、昔は特に決められていなかったのだろうか。
2016-05-21_63.jpg

さらに早川を150メートルほど下ると開渠となるが、その手前で南から二
ヶ村用水の支堀である前堀と合流する。
前堀は多摩川の土手沿いで本流から分け、前掲の龍光寺の前を通っている。
堀の名の由来は、押立の部落の前を通っていたためだという。
(写真は前堀を上流方向に少し歩いた地点の様子)
2016-05-21_68.jpg

飛田給3-35辺りから早川は開渠となる。
開渠となり100mほど進んだところで、早川は北から流れてきた長瀞川
に合流する。
2016-05-21_66.jpg

更には長瀞川を500メートルほど下った先で根堀川へと合流し、用水を流
れていた水が再び多摩川へと戻るのは3km以上先の地点である。

《参考文献》
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』 府中市教育委員会編



目次

本宿用水

石田大橋下流で多摩川から取水し、府中市の四谷・日新町地区の田園を潤す
宿用水
を取り上げる。
本宿用水は西府用水、四谷用水という別名を持つ。(府中の四谷という地名の起
源については新宿区四谷などのように谷から来るものではなく、四つの家が村を
興したことによるもので、四つ屋が転じて四谷となったという。)

本宿用水の開設については資料をあたってみたが、わからなかった。
少なくとも江戸期には存在していたようだ。
現在は石田大橋下流の四谷本宿堰から取水されているが、以前は数百メートル
ほどの四谷上堰、さらには1kmほど下流の四谷下堰から取水されていたという。
昭和25年(1950)には四谷上堰が、そして昭和49年(1974)には四谷下堰が
洪水被害に合い、現在では四谷本宿堰に合口、ここから取水されている。
因みに四谷下堰からの水路跡は、現在、遊歩道や公園になっている。

本宿用水はとにかく支流が多い。
あちこちで水路が分かれ、四谷・日新町地区では網の目状に張り巡らされてい
るといっても過言ではない。
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』(府中市教育委員会
編)には府中用水の堀名が一覧で記載されているが、本宿用水系だけでも23
に及ぶ。
名も無い小さな水路を含めれば、その数は更に増えるだろう。
本項では、本宿用水の本流を追っていくことにする。

こちらが四谷本宿堰にある多摩川からの取水口、写真奥に見える床止には魚
道が設置されている。
取水は府中用水と同様に5月中旬から9月までの農繁期のみ行われている。
(その間でも多摩川増水時には取水は行われない)
2015-08-01_2.jpg

河川敷にある水門。
2015-08-01_8.jpg

多摩川の土手を過ぎると開渠となって流れるが、残念ながら住宅の間を通り抜
けているため、用水沿いを歩くことはできない。
迂回した先から上流方向(多摩川方向)を眺める。
2015-08-01_14.jpg

その先マンション前を暗渠として進む。
その途中で突如、水門が現れるが、ここで水路は2本に分かれる。
右へと折れる支流は、四谷地区で数多く枝分かれして流れていく。
2016-06-11_44.jpg

都道と交差した後は北多摩二号水再生センターの敷地内に入ってしまう。

その南にある上之島神社に立ち寄ってみることにする。
境内にある説明板によると、以前はお伊勢の森という地にあったが、多摩川の
洪水により川原に没したため、村人の土方織部と土方八郎左衛門が当地に遷
座したとのこと。
2015-07-18_7.jpg

水再生センターの北側真で迂回すると、ようやく本宿用水の本流を目にするこ
とができる。
センター内で分水されたのであろうか、ここは2本の流れとなっている。
2015-08-01_24.jpg

その分水を辿っていくと、さらに水が分かれる小さな分水堰をみることができる。
このような分水堰を見ることが出来るのは、ある意味、用水巡りの醍醐味である、
通常の河川では合流点は多くあるが、分水地点を見ることができるケースは少ない。
2015-08-01_31.jpg

本流は中央自動車道まで達した後、中央道に沿って東へと進む。
そこは暗渠となっており、水路上には遊歩道が設けられている。
(国立インターの敷地内を通り、府中用水本流に達する分水路もある。)
2015-08-01_37.jpg

300mほど行った後、中央道のガード下を開渠となって流れていく。
2015-08-01_40.jpg

中央道を潜った後、住宅の間を流れていく。
2015-08-01_44.jpg

住宅地沿いを流れる本宿用水。
この辺りになると宅地と田畑が混在し、用水の水は点在する田圃へと供給され
ている。
2015-08-01_46.jpg

用水に架かる古い小さな橋があった。
橋には相模橋と書かれており、交差する道路は大山道である。
相模国へと通じることから名付けられたのであろうか。
2015-08-01_51.jpg

その先、水路沿いに日新稲荷神社がある。
この地は天神島と言われる多摩川沖積地の微高地であり、谷保天満宮は当初、
この地に創建されたという。
養和元年(1181)、津戸三郎為守により谷保の現在地(下の川2参照)に遷座
された。
2015-08-01_61.jpg

用水という性格上、田畑の中(現在は一部住宅地化)を通っていくため、水路沿
いを歩ける箇所は少ない。
迂回しながら用水を追いかけることになるが、迂回した先で用水を流れる清流
を見る際の清涼感はまた格別である。
2015-08-01_67.jpg

本宿用水はその先も田畑の中を流れていくが、日本電気府中事業場の西側で
暗渠となる。
2015-07-18_42.jpg

用水はその後一旦南下し(南下している箇所では水路は一般道の下に隠れる)、
さらに事業所の敷地沿いに東へと向きを転じる。
そこには暗渠となった本宿用水を確認することができる。
2015-07-18_49.jpg

ここで、ちょっと離れるが、中央道の南にある小野神社を紹介しておきたい。
武蔵國一之宮・小野神社は延喜式神名帳(延長5年(927))に記載されている
古社である。
同名の神社が多摩川の対岸の多摩市にも鎮座するが、これは多摩川の氾濫
によって多摩市側へと遷座されたものと考えられており、残った村人がこの地
の小野神社を守り続けたと言われる。
2015-07-18_70.jpg

さて、本宿用水へと戻り、暗渠の続きを辿ることとしよう。
水路はコンクリート蓋で覆われ、蛇行した道路の歩道として利用されている。、
2015-07-18_55.jpg

その先に鉄柵で囲まれた異様な構造物があった。
ここも分水堰であろう。
本流はなおも道路沿いを進むが、写真に写る住宅裏手の緑地沿いに分水が分
かれていたようだ。
2015-07-18_60.jpg

やがて本宿用水は新田川と合流する。
ここにはかつて行人前橋という橋があったというが、2つの水路とも暗渠化され
てしまっているため、残念ながらその痕跡を見つけることはできない。
2015-07-18_65.jpg

前述の通り、本宿用水では、分水が血管のように枝分かれしている。
ちょっと歩けば、田園の中に用水路が流れる風景をあちこちで見かけることが
できる。
いくつかの分水を辿ってみたが、とてもじゃないが、全てを追うことは難しい。
最後に分水の風景をいくつか紹介して、終わることにしよう。
本宿支流1

本宿支流2

《参考文献》
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』 府中市教育委員会編


  
目次
   
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本