池尻川

JR京浜東北線の大森駅西口を降りると、アップダウンが続く地形が広がる。
そのような地形の中、山王の窪地を形成していた内川の支流、池尻川を辿って
みることにする。

現地(写真は池尻川中流付近のもの)にある「昔の内川と六郷用水の流れ」と
称する案内碑を見ると、環七の馬込銀座交差点の南東付近を水源にしている
ように見える。
2014-06-29_61.jpg
しかしながら、現地に行くと、更に上流方向に暗渠を確認することができる。
とにかく谷形状が広がるため、水源がどこにどの程度あったのかは伺いしれな
いが、そんな中、山王2-20から始まる暗渠道を確認することができる。
今回はここをスタート地点としよう。
2014-06-29_7.jpg
その暗渠道は一般道から降りる階段から始まり、北へと向かう。

大森駅の北から環七を結ぶジャーマン通りと称する道路の手前で、流路は西へ
と転じ、ジャーマン通りに並行して進む。
そこには、僅かながらの区間であるが、緑道化された歩行者道もある。
2014-06-29_12.jpg

この山王の住宅街から馬込にかけては、多くの文豪が住み、「馬込文士村」と
称されている。
九十九谷と呼ばれる丘と谷が入り組む地に、大正12年(1923)、尾崎士郎・
宇野千代夫妻が移り済み、その後、士郎の誘いに多くの画家や作家が居を
構えたとされる。
2014-06-29_16.jpg

その文士村の中から、ジャーマン通りの北側にある山王草堂記念館と尾崎士郎
記念館を取り上げてみよう。

山王草堂記念館は『國民新聞』を主宰したことで知られるジャーナリスト、徳富
蘇峰(1863~1957)の旧居跡である。
徳富蘆花(『烏山川2』参照)の実兄としても知られる。
また同志社英学校に学び、大河ドラマ『八重の桜 』でも登場していたので、ご記
憶の方も多いだろう。
蘇峰は、大正13年(1923)、この地に居宅を建て、山王草堂と称して昭和18
年(1943)まで起居した。
現在は建物の一部が保存され、記念館および蘇峰公園として一般開放されて
おり、記念館内では彼の原稿や書簡が展示されている。
2014-06-29_22.jpg

山王草堂記念館から程近い場所に尾崎士郎記念館がある。
代表作『人生劇場』で知られる尾崎士郎(1898~1964)は、前述の通り、大正
12年に馬込の地に移り住み、昭和29年(1954)にこの地に家を持ち、晩年を
過ごしたという。
公開は外側からの見学、および玄関の土間部分のみである。
2014-06-29_30.jpg

池尻川に戻り、下流に向かって進もう。
川筋は、環七に沿って南下する。
環七に沿うというよりも、環七が池尻川の谷筋を利用して造られたと言ったほう
がいいかもしれない。
2014-06-29_34.jpg

池尻川筋の道路は、その先細くなり、山王の住宅街を通り抜けていく。
その通り沿いにも、文士村の旧宅を紹介する掲示がある。
写真左にある掲示は、詩人の藤浦洸と小説家の榊山潤の旧宅跡を示すもの。
この他にも川跡沿いには、室生犀星や山本有三などの掲示も見られる。
2014-06-29_40.jpg

蛇行する道路は、かつての池尻川の流れを彷彿とさせる。
左の植え込み部分が川跡なのであろうか。
2014-06-29_45.jpg

途中の川の東側には山王厳島神社があり、神社の周囲には弁天池がある。
創建年代や由緒は不明、かつては小町弁天と呼ばれていたという。
2014-06-29_47.jpg

神社に隣接する花清水公園内には湧水があり、脇には「御神水 弁天池源泉」
と書かれた立札が立てられている。
ここから弁天池に水が流れ込み、また、かつては弁天池から池尻川へと流れ
出ていたと想像できる。
2014-06-29_53.jpg

池尻川を更に下る。
川の左岸は急峻な崖となっており、住宅などがその崖にへばりつくように建てら
れている。
2014-06-29_56.jpg

道沿いの高台にある高稲荷神社(由緒等不明)から上流方向の眺め。
2014-06-29_66.jpg

その先で環七と交差する。
環七と交差した後も歩道を併設した一方通行の道路に川跡を見出すことができる。
2014-06-29_71.jpg

新井宿春日神社の脇に『いにしえの東海道』と書かれた碑が建てられており、
そこで交差する一般道が古道であることを教えてくれる。
その碑には、次の説明文が彫られている。
此の道は時代により奥州街道、相州鎌倉街道、平間街道、池上往還などと呼
ばれていた古道です。

2014-06-29_74.jpg

その新井宿春日神社の創建・由緒は明らかではないが、鎌倉時代の創建とも
伝えられている。
2014-06-29_77.jpg

春日神社から数十メートル行くと、池上通りにぶつかって道路は終わる。
その手前、右から六郷用水北堀跡の道路が右から交差する。(下の写真の右
側。クーラーの室外機がある辺り)
2014-06-29_80.jpg

冒頭に挙げた案内碑によると、東海道線を越えて内川に向かうように描かれて
いる。
ただ、この先には池尻川の跡らしき水路はない。
また、明治や大正期の地形図を見ても、池尻川は六郷用水にぶち当たって終
了している。
おそらく、池尻川を流れてきた水は六郷用水に取り込まれて終わっていたので
あろう。
そうすると、この先の水路は六郷用水開削より前、つまり江戸初期以前に消滅
したと考えるのが妥当であり、近年の宅地開発も手伝って水路跡を辿ることは
断念せざるを得ない。

案内碑に描かれた水路図が正しいとするならば、池尻川は内川の富士見橋
手前に達し、更に南の大森西四丁目交差点付近で旧内川に合流したことに
なる。(現在の内川は大正6年(1931)に開削されたものである)
下の写真は、内川の境橋から富士見橋を眺めた光景であるが、数百年前の
池尻川は富士見橋手前辺りを北から南へと横切っていたのであろうか。
2014-06-29_85.jpg


より大きな地図で 【川のプロムナード】内川周辺マップ を表示

目次
  
スポンサーサイト

内川 2

内川沿いに設けられた馬込桜並木通りの先、100mほどの区間は緑道として整備
されている。
2014-05-31_81.jpg

緑道を抜けると、佐伯栄養専門学院沿いに進む。
中央4-6で道は二手に分かれるが、ここは左へと向かう。
2014-05-31_85.jpg

池上通りの手前、六郷用水北掘と交差する。
2014-05-31_90.jpg

池上通りを過ぎると、内川暗渠沿いの道は真っ直ぐと南東方向へ続く。
通りの先には、東海道線の線路が見えてくる。
2014-05-31_93.jpg

東海道線との交差部には鉄橋が設けられ、その鉄橋の下から内川は開渠となる。
2014-05-31_98.jpg

下の写真にあるように、大雨時の放水時を除き、普段は水が流れない。
海水が河口より入り込んでおり、また水位が潮の干満の影響を受けて変動する
感潮河川でもある。
2014-05-31_103.jpg

そのため、殆ど水は流れず、当然のことながら臭気が漂うことになる。
そのような問題を解決するために、内川では浄化装置を設置して、川の水を清ら
かに保っている。
この施設は曝気式接触酸化法を採用しており、曝気装置により水中の酸素を増
加させ、紐状接触財(バイオコード)に住み着いた微生物により川の汚れを分解
しているという。
かつては、暗渠化も計画されたが、住民の署名運動により撤回となっている。
2014-05-31_106.jpg

内川は東の東京湾へ向けて直線的に流れているが、以前は、現在の川の南側
を進み、京急線の大森町駅付近を通っていた。
大正6年(1931)、周辺の区画整理に併せて、新しく掘削された。
今も内川の南側には、旧河川の一部が緑道として残っている。
2014-06-29_102.jpg

緑道の先も住宅の間に旧水路の細道を見ることができる。
公有地を示す看板が、何よりもその証拠だ。
2014-06-29_105.jpg

さて、現在の内川に戻ろう。
東邦医大通りが架かる富士見橋の先には、内川を紹介する案内板が設置され
ており、内川の流れや、そこに棲む鳥や魚類などが記載されている。
2014-05-31_109.jpg

その掲示板に「内川の歴史」として、『わたしたちの内川』という児童向け
小冊子からの抜粋の文章が掲げられていた。
とても興味深い内容なので、その全文を転記(原文そのまま)してみよう。

馬込や山王の木原山にみなもとを持つ内川は、大森町の山谷通りと、東邦
医大通りの交差する大森西四丁目のバス停近くでいっしょになっていました。
このあたりの内川は水の量が多く、流れが速かったので「ドンドン川」とか
「ドンドン引き」と言われていました。
今の大森四丁目のバス停あたりにとよをかけ、諏訪神社や浅間神社のある
大森西二丁目側に水を送ったのでかけどよのあったこのあたりをとよ口と呼
んでいました。現在の大森西四丁目10-11-12番の交差点付近には”せき”
が作られていました。”せき”と言っても、高さ3メートル、はば30センチくら
いの石の水門が取りつけられただけのものです。
内川は米作りにはむかない水でしたから、この”せき”には、呑川から六郷
用水が引いてきてありました。”せき”の水門はふだんは開けてあり。用水
が川底の低い内川にどんどん流れ落ちるようになっていました。
内川には二つせきがあったので、六郷用水の入ってくる「とよ口」の”せき”
を「入り」と言いました。
”せき”と”かけどよ”の間には水車小屋があり、昼も夜も大切な水がむだ
に使われないように見守ったり、水門を開けたり閉めたりして、水の調節
をしていました。
そして米作りのために、水が必要な5月から9月まで水門は閉められます。
内川に流れ落ちなくなった用水は、この”かけどよ”を通って。大森のあち
らこちらの田んぼにゆきわたるようにしてありました。
この”せき”は、東京湾からの海水があげ潮になったときに、「とよ口」に
流れこまないようにつくられたものです。水門を閉めると、川の落差が3
メートルにもなり、はめ板の上から水が滝のように流れ落ちていました。
大正7年大森海岸に水道会社ができましたが、水道が大森の家庭に広
くゆきわたったのは、大正12年ころです。それまで私たちの町では、水
屋さんから買ったり、自分たちで汲んだりして、内川の水を飲み水として
利用していました。
9月半ばになって水門が開かれると、子どもたちはいっせいに川に飛び
こみ、コイやフナ、ナマズなどを手づかみでバケツいっぱいに取りました。
水泳もこのせきで覚えた人が多く、この”せき”は当時、大森町周辺の
少年たちにとって楽しい遊び場でした。

2014-06-29_90.jpg

四之橋の北側には、上記に出てきた大森諏訪神社がある。
創建年代は不明だが、その昔大森海岸袖ヶ浦へ着岸された御神体を村民が尊
崇して一祠を建立したといわれる。
江戸初期の創建と言われるが、さらに遡るものと思われると、境内掲示の縁起
では記載されている。
昭和11年(1936)に定められ、大森村字山谷(現:大森東二丁目、大森西二・
三丁目)の鎮守であった。
2014-05-31_119.jpg

川沿いにあるのが大森金山神社、諏訪神社の場外末社となっている。
こちらも創建年代は不明、古墳上に金山彦大神を祀った小祠を建てたのが神社
の始まりとされる。
古墳は現在は認められないが、境内に古墳の碑がある。
2014-06-29_94.jpg

その先、内川は京浜急行線と交差する。
2014-05-31_123.jpg

京急線に続いて第一京浜と交差するが、道路を渡ることは出来ないので、近くの
交差点に迂回する必要がある。

北にある大森橋交差点脇にあるのが、王森稲荷神社
なぜか「大森」ではなく「王森」の字を冠する。
創建年代は不詳だが、天保年間(1831~45)には小祠があったという。
鈴ヶ森の神主森田左京衛に依頼し、社殿を建立したと、社伝には記載されている。
2014-05-31_127.jpg

赤い橋は、旧東海道が架かる内川橋
旧東海道は、付近にある字名の南原、中原、北原から三原通り、転じて美原通り
とも称していたという。
2014-05-31_131.jpg
内川橋の先からは、左岸に遊歩道が続く。


川の北にある大森東小学校の脇には、海難供養塔が建っている。
海難事故に会った人々を供養するために、安政2年(1855)に建立された。
江戸町民や武士など約300人に及ぶ名が刻まれており、東京湾沿岸屈指の
規模をもつという。
また、この場所がかつては海際であったことを物語る存在でもある。
2014-05-31_142.jpg

新橋の先、高潮対策の防潮水門として設置されている内川水門が見えてくる。
2014-05-31_137.jpg

内川水門の先は東京湾(平和島運河)。
河口部の左岸には平和の森公園、右岸には大森ふるさとの浜辺公園が広がり
周辺住民のみならず、家族連れなどで賑わう。
2014-05-31_145.jpg

《参考文献》
『大田の史跡めぐり』 大田区教育委員会 郷土博物館編 


より大きな地図で 【川のプロムナード】内川周辺マップ を表示

目次
  

内川 1

大田区北馬込付近を源流とし大森東で平和島運河に注ぐ、二級河川の内川を歩
いてみた。
上流部は昭和51年までに暗渠化(下水道幹線化)され、開渠は東海道本線の鉄
橋から東側の1.5kmの区間のみとなっている。

内川のスタート地点は、環七北側の北馬込2-13の緑道、そこには旧内川源流
の碑が建っている。
2014-05-31_16.jpg
しかしこの碑の唐突な感じは拭えない。
付近を歩き回ってみると、西側の夫婦坂交差点方面のかけて凹凸のある地形が
広がっている。
恐らくこの谷形状の地形のどこかに湧水があり、またこの付近に降った雨水を集
めて流れ出していたものと推定される。
2014-05-31.jpg

また源流碑の北側に位置する宗福寺脇の坂道の側溝では、寺から流れ出たと思
われる清らかな水が下っていた。
残念ながらその水源は追うことは出来なかったが、宗福寺下から出る湧水と想定
される。
2014-05-31_13.jpg

その金光山宗福寺、曹洞宗系の寺院で、開山は天永源堯和尚(天正4年(1576)
寂)。
2014-05-31_8.jpg

境内には登志子地蔵が建立され、馬込子まもり会というNPO法人によって維持
されている。
昭和10年5月、祭礼へ行くために自宅前で母親を待っていた10歳の少女が、
誘拐、乱暴の末、殺害されるという事件がおきた。
犯人は、事件発生の24日後に逮捕されたが、殺害された少女の慰霊と、子供
達の健やかな成長を祈願して維持されている。
2014-05-31_10.jpg

さて、内川は、先ほどの源流碑から数十メートルで環七と交差、その先も南に
向かって緑道が続く。
環七からは緑道へと階段が設置されており、環七が盛土で通されたことが判る。
2014-05-31_24.jpg

環七との交差部の西側にあるのが、馬込浅間神社
由緒は定かではないが、享保17年(1732)馬込村の住人、橋本和泉守が、富
士信仰厚く富士浅間神社を勧請奉斉したことに始まるといわれる。
2014-05-31_26.jpg

緑道を数百メートルほど行くと、東海道新幹線および横須賀線との高架橋が見
えてくる。
2014-05-31_31.jpg

線路との交差部には、開渠時代の河川のトンネルが残されている。
前述の通り、下水道幹線化されたのは昭和51年なので、それまでは内川が品
鶴線(現横須賀線)をこのトンネルで越していたようだ。
2014-05-31_41.jpg

新幹線と交差した先、内川は立正中学校・高校のキャンパスの間を通る。
平成25年に大崎より移転してきたキャンパスであり、新しい校舎の中、内川の
部分には遊歩道が設けられ、一般に開放されている。
2014-05-31_48.jpg

立正高校を過ぎて二百メートルほど行くと、第二京浜国道(国道1号線)と交差する。
その北には、長遠寺と馬込八幡神社がある。

海岳山長遠寺は真言宗智山派の寺院。
寺伝によれば、天仁元年(1108)宥尊上人の草創で、当初は馬込邑堂寺に建立
されたが、建武年間の兵火で焼失、その後、文亀2年(1502)、現在の地に移った。
2014-05-31_55.jpg
十世紀頃の作とされる十一面観音菩薩立像は上大崎の光雲寺にあったものが、
明治初年、廃寺の際に当寺に移されたもので、大田区文化財に指定されている。
(非公開)

長遠寺に隣接して建っているのが馬込八幡神社
建久4年(1193)に、源頼朝の家臣の渡辺対馬守正久が、清水八幡宮の分霊
を勧請、翌5年に当地に遷宮したといわれる。
馬込村の総鎮守とされ、長遠寺が別当寺であった。
2014-05-31_58.jpg

下の江戸名所図会にも、図の上部に長遠寺と馬込八幡神社が描かれている。
馬込八幡宮
江戸名所図会 「万福寺 馬込八幡宮 梶原屋敷」  
                      (国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

またここから数十メートルほどの場所には、時計台がある民家がある。
明治18年(1885)建築の旧馬込小学校の一部を移築して住宅として改造し、
さらに大正14年 (1925)建設の時計台を昭和38年(1963)に移築した。
一般民家のため通りから眺めるだけだが、河原家住宅主屋として国の登録有
形文化財として指定されている。
2014-05-31_65.jpg

第二京浜国道から先、内川は一般道の歩道として整備されている。
歩道の花壇に植えられたツツジが綺麗に花を咲かせている。
2014-05-31_60.jpg

その北側に湯殿神社がある。
創建年代は不明であるが、江戸時代には羽黒権現と呼ばれていたという。
2014-05-31_62.jpg
この湯殿神社がある一帯は、後北条氏の家臣・梶原助五郎の居城といわれる
馬込城址である。
囲が急な崖で、周辺の谷に沼を配し、敵の侵攻に備えていた。
特に神社がある付近の西側は、根古屋と呼ばれ、このあたりが城主の館の跡
と伝えられている。

そこから数十メートルほど坂を上ると、大田区立郷土博物館が右手にある。
歴史、民俗資料などの文化遺産が展示されているが、中でも床一面に貼られ
た六郷用水と二ヶ領用水のルート図は秀逸であり、河川・用水好きにはたまらない。
2014-05-31_69.jpg

内川跡に設けられた歩道は、南馬込の住宅街を南東方向に進む。
馬込桜並木通りと称し、600mほどの区間に90本の桜が立ち並ぶ。
通り沿いには、スーパーやドラッグストアなどもあり、人通りは多い。
2014-05-31_76.jpg

《参考文献》
『大田の史跡めぐり』 大田区教育委員会 郷土博物館編


より大きな地図で 【川のプロムナード】内川周辺マップ を表示

次へ 目次
  
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本